”さわらの羽”

さわらのステッチ日記

Gera!さんから個展のお知らせいただきました。

2018年04月06日 | ステッチ全般

丸岡京子 個展 Cross Stitch Stories
2018年4月16日(月)-4月21日(土) 
11:30-19:00 最終日は17:00まで

GALLERYHOUSE MAYA

港区北青山2-10-26
Tel 03-3402-9849
銀座線外苑前駅より徒歩5分
http://www.gallery-h-maya.com/

いつも笑顔で「大変~」といいながら
目標を次々こなしていくGeraさん。
見習いたいものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いします。

2018年01月05日 | Weblog

お初にお目にかかります。りんです。
とり年の去年このうちに来ました。

雛の時、慣れない箱の中で、
「えさくださーい!」と大きな声で要求してたら、
おじさんとおばさんの二人連れが1時間半も僕のことを観察して、
「元気だよね。足太いし」とか
「色つやもよさそうだし、活発に動くね。」とか
「鳴き声も大きくてうるさいよね。」
とか結構デリカシーのないことを連発していました。

なんでも前任のももさんが体が弱かったらしく、
後任は「元気、丈夫、できればオス!」
とかあさんは決めていたそうです。
で、僕に白羽の矢が立ったわけです。

大きくなってさえずり&雄ダンスをしてあげたら
二人ともすごく喜んでいました。

お兄ちゃんは普段は
「こいつあほじゃね?」とか
「おばかだなぁ~」とかひどいこと言うけど
一人でお留守番とかしてると、
「しゃーねー、だしてやるか」と
一緒に遊んでくれます。

ということで、戌年ですが、
引き続き僕がこのうちで「元気!丈夫!今日も餌がうまい!」と
盛り上げていく所存です。

今年もよろしくお願いします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖い絵展

2017年12月15日 | Weblog

怖い絵展行ってきました。上野では今度の日曜日までです。

私が行ったのは2週間前の午後3時過ぎですが

その時の待ち時間が140分。

この週末はまさに待ち時間が怖い。

写真のレディ ジェーングレイの処刑は

ものすごく見応えありました。

だけど、他はあまり私にはピンと来なかった‥

中野京子さんの本は面白いので、

そちらの方がオススメです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふたり展 ベビールーム行ってきました

2017年11月18日 | Weblog

先日の「ふたり展 ベビールーム」凄かったですね。

私は日曜日、午前中予定があったので、
午後遅い時間に拝見することができたのですが、
圧倒されすぎて頭がくらくらしてしまいました。

なんだかもう神の領域に先生が行ってしまった…という感じで
最近作られたという新しい作品とか見ると
前人未踏の手仕事の世界に突入しちゃってるんだなぁ。
芸術品とか美術品のレベルだよなぁ。

と、ため息とともに、先生が遠く感じられて寂しいのですが、
いやいやその先生と直接お話したり、質問したりできる
幸運をかみしめて頑張らなければ、と身が引き締まる気もしたり。

ただ先生、謙虚すぎます。奥ゆかしすぎます。
どうかご本を出すとか、どこかで作品を見る機会をこれからも
世界の人に作ってあげてください、と切に願う。

で、帰りの電車でほっとして
「あぁたこさんウィンナーかわいかったな。
何かお買い物してくればよかった。」と思うのです。
(あまりに圧倒されすぎてぼーっとしてしまってた。)
お皿もかわいかったなぁ。
でもたくさんあってあの時間内では
選び切れなかったよなぁ。と
展示会後も思い出しそれはそれで楽しかったのでした。

(先生に画像の許可がいただけましたので、写真追記します。)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふたり展 ベビールーム

2017年11月09日 | 白糸刺繍

ホワイトワークでお世話になっている先生が
お友達と共に展示会を開かれます。

「ふたり展 ベビールーム」

11月10日(金)~12日(日) AM11:00~
ギャラリー・アン(杉並区松庵3-11-20)
西荻窪駅より徒歩圏内

主に絵と刺繍の展示となるそうです。

上の葉書の左上にベビーシューズ、右下にビブがあるのですが、
白地に白なので画像がわかりづらくてすみません。

実際に赤ちゃんがつけるサイズよりも小さく、
お人形サイズに作られたそうです。

先生の作品はどこまでも繊細で
ため息がでるほど素敵ですので、
hedeboやホワイトワークがお好きな方はぜひ。

ベビーの物だけでなく、以前個展でだされたものも
今回出されるそうです。

毎年個展します、といったタイプではない、
何事にも控えめな先生なので
前回(私が拝見できたのはたぶん10年くらい前)
見逃された方にも、おすすめです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Who are you?

2017年06月10日 | ステッチ全般

これは牛?でしょうか…。

なんとも気の抜けた気の動物、
材料を揃えたら気になって気になって

ちょっとだけ刺してみるつもりが
思わず1頭刺してしまいました。

でも40ctで細かいので
目がつらく、続けられるかどうか。

糸がシルク糸なのも夏には不向きだわ~。

と、続けられない言い訳を
今からしている軟弱ものです。

「His eye is on the spallow」
heartstring samplery

40ct newcastle linen
WDW, gentle art糸使用

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ももは空へ

2017年06月09日 | Weblog

大好きだった文鳥のももは2月初め空へ行きました。

「卵詰まり」が原因でした。
文鳥は秋から春に卵を産みます。
我が家は一羽飼なのですが、
この時期に可愛がりすぎると、
無精卵を持ってしまうことがあります。

繁殖目的でない限り、体の負担が大きいので
文鳥の雌の飼い主さんは、
「ふるるるる」としっぽを振るサインを見せたら
なるべく刺激しないように気を付けます。

我が家もかなり気を付けて来たのですが、
風邪を引いた後、栄養価の高い餌を続けてたし、
どうしても心配で甘やかし、かまってしまったのが
裏目に出る形になりました。

体が重そうなのに気づき、
もしや?と思い病院に連れていったところ
レントゲンで卵が確認されました。
産卵できればよかったのですが、
病中「ボレー粉」(牡蠣殻を砕いたもの)を
あまり食べなくてカルシウムが足りなかったのか、
柔らかい卵のままお腹の中で大きくなってしまっていました。

もともとほっそりした小柄なタイプで
このまま行くと卵詰まりで命を落とすだけなので、
体力もあるし、今のうちに卵は取りましょうということになり、
病院で施術することになりました。

でも、帰ってこれませんでした。
卵管に癒着している部分があったそうです。
もちろん、手術中に持たない可能性も聞いていましたが、
元気な姿のまま病院で見送ったので、
正直、受け入れるのに時間がかかりました。

同じころ友人が若くして亡くなったり
つらいことが重なりました。

ももはきっと天国でも女王様気質で
わがまま言って飛び回っていると思います。

私も今はすっかり元気です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

草間彌生「わが永遠の魂」とミュシャ展

2017年05月03日 | Weblog

国立新美術館で開催中の
草間彌生「わが永遠の魂」展
(5月22日まで)と
ミュシャ展(6月5日まで)に行ってきました。

実は草間さんのこの展示に行くのは2度目です

もう一度行きたいなぁ、と思っても
実際はなかなか2度行く機会はなく、
めったに同じ展示に2度行くことはないのですが、
今回は機会があった!
というか根性もあった(笑)。

気になる混み具合ですが、
一度目は開催された週の一度目の土曜日午後2時。
この時はチケット売り場が15分待ち。
お土産売り場が20分待ち位。

今回は先週の土曜日4時でチケット売り場の待ち時間はなし、
お土産売り場はやはり20分くらい待ちでしょうか…。

GW中なので時間が遅いとはいえもっと混むかと思っていたのですが、
GW中は夜8時まで開いているせいかそこまで混んではいませんでした。

前回はがっつり全部回って見たので
今回は「わが永遠の魂」シリーズが展示してある巨大スペースを
しっかり楽しんできました。

わが永遠の魂シリーズは一番最近のものらしく、
私はこのスペースが一番よかった。

ここ以外の展示室のほうが、総合的に草間さんの作品が見られます。
初期の物から代表作の有名どころまで見られるのでもちろん必見ですが、
なかなかに重い作品もあり、
「その境界線に近づいてしまってよいものか」と
心の危険信号が赤く点滅するものもあり…。

その点、永遠の魂シリーズは心が解き放たれるというか
不思議とぶわーっと自分が広がっていくようなイメージに包まれます。

喜びや幸せだけでなく、そこには確かに苦しみや恐れの感情も
あらわされているのですが、草間さんの「描く」→「描ききる」という
突き抜けた表現力と、ただ前へ前へと突き進む力が
「自由」や「率直さ」となって空気を作ってくれるのかもしれません。
表現したいものがある人に、その情熱と手段があり、
それが人に伝わっていく素晴らしさはすごいです。心が震えます。

実際、会場はいろいろな言語が飛び交う
通常の展覧会場とは違う不思議な空間になっています。
お時間のある方はぜひお出かけください。おすすめです。

ミュシャ展は「スラヴ叙事詩」が全部見られるという大掛かりなもの。
目にするまであんなに大きな絵だとは知らずびっくり。
(実は実物を目にしても、こんなに大きなものを全部運んだとは
考えられなくて、もしかしてレプリカも入ってるの?と思いました。
全20作すべて本物だそうです。)

こちらもなかなかな混み具合です。
両方みたいという方は時間に余裕を見て
お出かけになった方がよさそうです。

画像は草間さんのカタログ。
厚さ3cmほどもあり、かなり重かったです(笑)。
本当はお土産売り場で草間さんグッズも欲しかったけど
あのレジ待ちの列に並ぶのがしんどくてあきらめました。

カタログだけなら地下のミュージアムショップで
待たずに買えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Gera!さんの個展 行ってきました。

2017年05月02日 | ステッチ全般

Gera!さんの個展、行ってまいりました。
お天気も良くて表参道はすごい人。
キディランド前ではふなっしーに似たキャラクターが!
あぁでもふなっしーではないのねー 残念
(ふにゃっしーとふなごろーだったらしい)

Gera!さんは連日の疲れも見せず、笑顔で迎えてくれました。
入れ代わり立ち代わり個展を見に来る方がいらして、
とっても盛況でした。

実際にステッチされた物が壁一面に飾られていて
とってもかわいい。サイトで拝見しているはずなのに
やっぱり見落としているというか、
ちゃんと目が開いてなくて、その素敵さがわかっていなかった
作品もあって、あちこち目移り

途中、10年位前(?)にオフ会でお会いした刺繍歴の先輩方にも
お会いできて、とてもうれしかったです。
久々にお話しすると、あぁ、オフ会であのサンプラーを見せていただいたな、とか
くまさんのお顔のスタンプワークをあの時初めて見せて貰った、とか
フレメもたくさんあったなぁ、とか
作品の数々も思い出されてきました。

そしてそのころ既に皆さんが刺繍の最前線というか
ものすごく完成度の高いディープな作品をいかに手掛けていたのか、
ということが10年経って改めてわかる、
自分のふがいなさに今頃気づくというがっかり…。
思えばクロスステッチを始めたばかりのペーペーの私が
よくあの時オフ会に入れて貰えたものだ…皆さんすみませんでした。

Gera!さんの作品を拝見しながら
どのチャートを購入しようかと迷っていると、
「このリネンの色と糸の色が絶妙にあってる」とか
自分の気づいていなかった点に
先輩方の感想が入ってきて、すごく勉強になる。
そうだわ、ただ単に「あ、これかわいい、ほしい」って
気持ちだけじゃなくて、ちゃんとどうステッチするか考えなくちゃ。
うーーん、この年になって自分の考えの貧弱さが露呈していく

結局悩んで、今まで買ったものと被らないように
4つ選んで決めました。
でもやっぱり「持ってたような気がする」と思って
買い控えてきたのに、持ってなかったものもあり!
GWが過ぎて、少ししてからサイト購入もまたできるようになるそうです。
そこでまたお願いしようと思います。

Gera!さん皆様、楽しい時間をありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Gera!さんの個展

2017年04月24日 | ステッチ全般

お久しぶりです。
1月からいろいろとあってこちらを放置してしまいました。
申し訳ありません。
95%位解消できたので、戻ってきたいと思います。

Gera!さんから個展のお知らせ葉書をいただきました。
Geraさんありがとう
とっても嬉しかったです。

丸岡京子クロスステッチ展 Gera!

2017年4月25日(火)-30日(日)
12:00-19:30 ギャラリー ドゥ ディマンシュ 青山にて
渋谷区神宮前3-5-6

たくさんのワンちゃんが並んだめちゃくちゃ楽しい葉書なのに
(犬種の特徴がよくとらえられてます!)
カメラの調子が…写真がアップできない…
す、すみません…

販売中止中のチャートも一部販売されるようです。
販売リストがGeraさんのサイトに発表されていました。
もちろん、かわいいワンちゃん葉書も
Gera!さんのサイトで見られます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加