金融そして時々山

山好き金融マン(OB)のブログ
最近アマゾンKindleから「インフレ時代の人生設計術」という本を出版しました。

「アメリカ市民であることがほとんど恥ずかしい」JPモルガンチェースCEO

2017年07月15日 | ニュース

昨日(7月14日)の四半期決算発表後、JPモルガンチェースのダイモンCEOはアナリスト達の質問に対して次のように答えた。

  • 世界中を旅して、アメリカ人として耐え難い言葉を聞かされるのはうんざりだ、アメリカ市民であることがほとんど恥ずかしい。
  • アメリカは地球上で、最も官僚的で、混乱し、訴訟好きな国になっている。
  • リーマンショック以降8年たつ。政治面の愚かさと停滞にも拘わらず、ビジネス部門はパワフルで強く、1.5%~2%の経済成長を達成してきた。私はもし知的な意思決定が行われ、政治面の停滞がなければ、もっと経済成長は強かっただろうと言いたい。

またダイモンCEOは「銀行の自己資本規制が厳しすぎたため、銀行は住宅購入者や新規事業者に十分な融資ができなかった。もし5年前に自己資本ルールが改善されていれば、1兆ドルか2兆ドルの融資が可能だったので、経済成長を押し上げただろう」と述べた。

JPモルガンチェースの四半期決算は、アナリストの事前予想を上回ったが、同行が貸付金利息収入予想を引き下げたことから、株価は1.5%下げた。

ダイモンCEOはトランプ政権でビジネス諮問会議の議長を務めているが、共和党が過半を占めても税制改革・インフラ投資など経済成長政策の立法化が進まないアメリカに不満をぶちまけた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素晴らしい夕焼け。一瞬は永... | トップ | 雨の後の八方尾根から唐松岳 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Shironeko&Kuroneko)
2017-07-16 11:24:24
米国の銀行屋が何を言ってるのか、笑止千万。サブプライムローンの出鱈目をして、リーマンショックを引き起こし、政府保護に逃げ込んで全く責任を取らず高給を食んでいる。その人達が偉そうに講釈を垂れている厚顔無恥。エマニュエル・トッド曰く、「すべてを巻き戻して銀行を国有化すればよい」

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事