木の温もり伝わる手造りの家「澤井建築」のブログ

日々の出来事、家作りの様子、製作秘話などを続々更新

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011-04-13 22:03:46 | 日記
 サクラ咲く季節になってきました。富山市では、松川が満開だそうです。一部では、東日本大震災の影響で、ライトアップの中止などもあるようですが、連日の報道にもあるように、自粛ばかりでなく、東北のお酒や食材でお花見することも支援に繋がると思います。

 春の陽気はT邸(富山市)にも訪れています。足場も全て外されて、その全貌が現れてきました。まだまだ外溝工事は残っていますが、快晴の青空によく映えていました。







 先週土曜日には、T様との打ち合わせも進み(ありがとうございました!)、内部ではクロス工事の下地工程が進んでいます。





 また、井戸を掘る工事も無事に作業が終了しました。井戸水は畑作業や、冬場の融雪などにも大きな役割を果たしてくれる貴重な資源(財産)です。


 
 最近は、現場や工場、さまざまな場所で現在進行形で物事が進んでいるので、なかなか全部を伝えられないのですが。。。できる範囲でこれからも発信していきたいと思います。


 

3週間。。。

2011-04-01 22:58:52 | 日記
 東日本大震災が起こってから今日で3週間が経ちました。

 もう3週間なのか、まだ3週間なのか、とらえ方は人それぞれかと思いますが、未だに全容がつかめず、先行きもわからない状態が続いています。

 そんな中でも、気持ちだけは前向きに、そして被災地への想いを継続させながら、自分たちの生活を大事に営んでいこうと思います。

 この3週間で、T邸(富山市)の工事も大きく進みました。
 
 今日は塗装工事が本格的に行われました。前日に、養生や下地処理を施していました。外観色の決定は難しくて、毎回ギリギリまで悩むところなのですが、今回のT邸もイメージ通りの配色に仕上がったのではないかと思います。





 内装もほとんどの壁が仕上がりました。残るは細かい棚や押入れ、ダイニングテーブル製作などです。

 写真はダイニングキッチンの様子です。



 陽の沈む時間もだんだん長くなり、夕暮れ時の作業もしやすくなってきました。今月も頑張ります!
 

 

春の陽気

2011-03-30 21:42:42 | 日記
 暖かくなってきました。今も被災されている方々のことを思うと言葉がみつからないのですが、それでも新しい季節の訪れに、刻々と時間は流れていっているのだなと感じさせられます。

 前向きに一歩一歩、復興への足踏みが進んでいくことを常に願っています。そして、自分たちにも何かできないか、という気持ちを忘れずにしていきたいです。

 滞り気味のブログでしたが、最近の工事の報告をします。陽気な日差しに照らされ、T邸(富山市)の工事は外部や外溝の工程も進んでいます。

 外壁の塗装工事へ移るにあたり、塗装屋さんが養生作業に入ってきました。






 道路側では、道路との側溝や地境を整備する工事が行われています。




 実は、昨日・一昨日と職人さんが多く出入りすることがあって、ちょうどよいタイミングでT様と打ち合わせをすることもできました。今後の作業にあたってスムーズに進めることができそうです。

 T様、いつもあたたかいお心遣いをありがとうございます。

 内装工事の大工仕事もいよいよ終盤です。写真は1階リビングの様子です。



 明日で3月も終わり。季節の変わり目でもあるので、体調管理をしっかりしていこうと思います。


和室

2011-03-24 20:58:37 | 日記
明日で東日本大震災から2週間になります。未だ被害の全貌などがつかめないまま、もう一方では福島原発の深刻な問題も加わって、少しでも早く収束に向かってほしいことを願うばかりです。

 T邸(富山市)の工事はここ数日で着々と進んでいます。本当にいつもどおり仕事が続けられる現状に感謝しながら、日々がんばっています。

 1階和室の様子です。和室にも澤井建築のこだわりがたくさんつまっています。

 





 天井は何重にも回り縁を重ねます。



 手間はかかりますが、その仕上がりは、豪華で立体的な印象を与えます。竿天井も一本一本、手加工してきたものを丁寧に納めていきます。天井板も竿と並行に無垢の突き板を貼っていきます。こうして、本物志向の和室が出来上がっていきます。

 前面道路にも変化がありました。前面道路と敷地の境の側溝を整備する工事も始まりました。



 完成までもう一息です。 
 
 


 

 

支え合いの心

2011-03-19 22:45:27 | 日記
 東日本大震災から一週間が過ぎました。。。富山県も含めて、全ての都道府県で被災者の方々の受け入れ態勢も本格化してきました。支援の輪がどんどん広がっていることを感じます。

 支え合いの心で、これから一歩一歩復興していくことを心から願っています。

 すでに建築業界も震災の影響が出始めているのですが、T邸(富山市)のキッチンは無事に搬送され、昨日から組立作業に入りました。写真は作業の様子です。





 その他の部屋も着々と仕上がってきました。

 1階寝室の様子です。



 2階リビングと子供部屋の様子です。各子供部屋には、作り付けの大きな机も設置されました。





 大工工事もいよいよ終盤にさしかかってきました。完成に近づくにつれて、造り手の自分たちも嬉しくなってきます。もうひと頑張りです。