見出し画像

至福のひとときは食べている時

手話サークル 否定の表現

おはようございます。

どんよりした空模様、これから雨が降ってくるんだろな。

今日はOFF、夕飯は私が作ることに(^▽^)/

 

さて、手話サークルに行ってきましたよ♪

今回のテーマは、否定の表現である「~ない」について。

特に「ない」の表現の使い分けです。

例えば「泳ぐ」を否定表現すると。

・泳がない

・泳いでいない

 

の2つの違いは

「泳がない」は自分の意思で~しない(ことに決めている)とうこと。

手話の表現方法は、片手で左右に「ない」と振ります。

「泳いでない」は、~泳ぐつもりがない。

経験がないことに対して

手話の表現方法は、両手を胸くらいの高さで2回ほどヒラヒラさせる感じです。

 

このような例題を8つ反復練習します。

今回の「経験の否定」は、今まで3か所のサークルでは一度も教わっていません。

例題も日常密着している例なので、とても覚えやすい。

 

さらに「お酒」の語源は興味津々でした。

表現方法は、5本指すべてを伸ばして開いた手の指先をあごとおでこにつけます。

最初はおでこだけだったそうですね。

大原省三さんの話を聞き、この方の著書を手に入れようと思ったくらい。

いや、購入することに決めました!

 

講師曰く「手話は自分でつくるもの」


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

goo blogユーザーが出品しています

他の出品作品をマルシェルで見る
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「手話サークル」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事