さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

あまりに端的な欠落と不足 日本の元王者ふたり、中国で敗れる

2019-05-27 13:42:05 | 海外ボクシング




ということで、昨日はWOWOWオンデマンドにて、夜も生中継が見られるということで、昼間の無念を引きずりつつ、何とか良い試合を、と期待して見ていました。
しかし、配信は夜8時を大きく過ぎて始まり、しかもアンダー込み、第1試合から。

まあ、それはそれで、普段見ることのないものを見られるので、のんびり眺めておりました。
場内の雰囲気、観客が盛り上がるタイミング、その頻度などなど、いろいろ興味深くはありました。

で、日本の元タイトルホルダーふたり、久保隼と木村翔が出たダブルタイトルマッチですが、結果は共に敗戦。
まあそれは仕方ないにせよ、内容的にも、それぞれに「如何なものか」という印象が強く残りました。


======================


WBAフェザー級第二王者のシュー・ツァンは、4回戦の頃に来日経験あり。
そのときは金沢のリングに上がったのですが、ウェルター級の体重で試合をした、と。
それから徐々に身体を絞り、階級を下げてフェザー級、という、なかなか珍しい経歴の持ち主です。

体つきを見ると、長身、リーチに恵まれる上に、筋肉質で厚みもある。
スーパーバンタムから上げて来て、見るからに痩身、という久保隼との差は歴然でした。


初回は、久保のインサイドへのヒットを採れるか、という印象でした。
左ショートがガードを破り、左ボディアッパーは再三決まる。
シューの反撃に場内沸くが、正確に当てているのは久保、と見てもいいかと。

しかし久保、再三好打するものの、過去の対戦相手の中で、大沢宏晋以上に大柄なシューにダメージを与えられるものか、見ていて不安になってくる。
しかも、打った後、動いて外して、そこから別の手立てで試合を組み立てる、という普通の動きを見せず、打った後に止まってしまう。
なら、その位置に踏ん張って、そこからさらに打ち続けるのかというと、そうではない。
当然、シューが打ち返して来て、打たれる。

シューにしても、良い角度で当ててくる久保の左上下は、まったく堪えないわけではなく、もっと変化をつけた組み立ての上に、あの好打が重なれば、打たれて耐えるにも、限度があったはずです。
しかし攻め口は最初から全部同じで、右リードで距離やタイミングを測ったり、変えたりするでもないので、体格や耐久力の差もあり、耐えて打ち返せた。

そして久保が、過去の試合を見れば明らかな通り、長身とリーチを生かして距離で外す選手であるにも関わらず、互いに打てる距離に留まり、シューと比較すれば「防御率」で劣るガード、ブロックを主体に防御して打ち合ったこともまた、シューを大いに助けていました。
ことに久保の右ガードは、このレベルで、この距離での攻防においては甘いと言わざるを得ず、シューの左フックを再三打たれていました。

5回、このパンチで倒れる前にも、右リードが少し出た後は、後続の左など、良いヒットもあったのですが、これなら倒せるという手応えでもあったならともかく、現実に打ち返してくるシューに対する対応が実に悪く、相手がまさっている打ち合いの展開を続けてしまいました。
結果、6回でストップとなりましたが、闘い方の選択、相手との相性をどう見ていたのか、等々、単に優勝劣敗の話以前の部分で、首を傾げたくなるような試合でした。

セコンドの指示と、選手の闘いぶりが一致しないような場面も散見されましたが、単に相手があることだから、という話で済むものとも思えません。
試合前の段階で、様々な面での「合意形成」がないまま、陣営と選手がリングに上がってしまっている、という印象でした。
もっともそれは、久保隼の試合ぶりを直に何度か会場で見たときに、程度の差こそあれ、どの試合にも通じて抱いた印象でもあるのですが。


======================


木村翔は、一階級下げて、こちらもWBAライトフライ級第二王者カルロス・カニサレスに挑戦。
日本でやるよりも、比較的好条件での挑戦だったのでしょうが、カニサレスの止まることのないフットワークに、終始苦しんだ試合でした。

序盤のうちこそ、重みを感じる左のボディーブローを組み込んだ左のダブル、トリプルなどを好打していた木村でしたが、右の追撃は、ヒットがあっても浅い。
対するカニサレスは、序盤早々から、ジャブで木村を止められないとみるや、打つたびにいちいち呻き声を上げ、オープン気味の左右を外から引っかけては足を使う、という、良く言えば懸命、悪く言えば見た目構わず、なアウトボクシングに徹する。
ポイントはカニサレスに流れているだろうが、「絵」として見て、木村はこれなら捉えて打ち込める、という自信を持っているのでは、と思ったのですが、カニサレスの足がなかなか止まらない。

ここでパワーの差を生かして攻め上げられなかったのが、後々に響いてきます。
木村の攻め手が減っていき、6回にはカニサレスの右カウンターが命中。
木村が堪えて前に出続けるが、ダメージあった模様で、これ以降見るからに鈍り、フォームが乱れ始める。

手応えを感じたか、カニサレスは逃げ一辺倒から、機を見て右を打ち込んでくる流れに。
7、8回、木村は右ロングを浅くヒットさせるが、カニサレスの動き止まらず、ヒットは増える。
9回、カニサレスの右またヒット。木村はアゴを気にする仕草、口も開き加減。

終盤になると、木村がボディを打ってもカニサレスが怯まなくなる。
10回、空振りで体勢崩す木村、カニサレスはまた右を決め追撃。木村堪えてボディ返す。
ラストふたつは木村、さらに苦しそうで、自らよろめいてコーナーへ下がり、攻められる場面も。

判定は大差でカニサレスでした。さうぽん採点も10対2、というところ。
仮に中国で大人気だという木村が、彼の地で優遇されている面があるのだとしても、これではやりようもない、という内容でした。
もちろん、最初からそんな事実は無いわけですが。


立ち上がりは、木村の様子に変わったところは見えませんでしたが、徐々に、もっと攻めていけないものかな、と見え始めました。
この辺は、やはり階級を下げたことの悪影響だったのでしょうか。
加えて、一度足使うと決めたら、とにかくそれに徹するカニサレスの足捌きが止まらなかったこと、そして中盤以降打たれたダメージが重なって、木村にとっては何とも苦しく、もどかしい12ラウンズだったことでしょう。
最後の方は、空振りして身体が一回転、というような場面もありました。もう、自分の身体を支えることも難しくなっていたのでしょう。
試合終了後、判定を待つまでの間も、勝利のアピールひとつせず、コーナーに座り込み、精も根も尽き果てた、という様子でした。

今後については、試合の間隔がタイトであるにも関わらず、階級を変えて失敗した今回を踏まえて、慎重なマッチメイクが必要だと思います。
本人が、プロとして高い条件を求めて闘う、と言っていること自体は極めて正しく、ある意味清々しいとさえ思いますが、それをもって、コンディショニングに対して慎重さに欠けた決断をするのは、本末転倒です。それが招いた結果が、今後の「条件」に大きく響くわけですから。

残念ながら、今回の木村には、その辺が原因としか言い様のない、力の不足が見て取れました。
やはり、階級は元に戻して、試合に至るまでの調整を、もう一度見直した方が良いのでは、と思います。


======================


そんなことで、一曲。
the pillows「雨上がりに見た幻」。






コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 邪魔な右足に終始苦しむ 伊... | トップ | ピンチの直後に、代打が牙を... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Neo)
2019-05-27 17:54:05
3試合いずれも見れていませんが、お陰様で概要が分かりました、ありがとうございます。
伊藤はキャリアの浅さというか、小國と同じ様な問題を克服出来なかったのでしょうね。ケンカ四つ、の闘いは急に距離感が分かるときも来るのですが、個人差もありますし、掴めないうちは、本来カウンター使いの彼はどう戦うべきか分からなかったのかもですね。
木村は、最大の武器であるスタミナを階級を下げた事により失い、失礼ながら普通の選手となったのでしょうね。さうぽんさんの記事を読むに、本人もさぞ辛かった事でしょうね。彼には期待したいのですが、年齢もそろそろ良い歳になりつつありますかね。
久保は…難しいですね。階級云々以前の、設計の問題というか、本来国内戦線で矯正されるであろう所謂基本が今回も変わらず…。何か良い出会いがあれば良いですが、個性の強さが先に立つ以上難しいかもですね。
Unknown (月庵)
2019-05-27 19:50:44
木村は1Rの時点で動きが重い、いつもなら行く所で行けない、と不安を覚えるような立ち上がりに私は見えました。私がカニサレスの試合を見るのはそれこそあの田口戦以来ですが、その時と違ってもう最初から打ち合いに付き合わず『捌く』意思をはっきり感じ、これはしんどい戦いになるぞ、という感想を序盤の内に抱きました。

ゾウは追い掛け回している内に勝手に疲弊してくれた、しかし未だ若く充実期にありそのくせごまかしの技も巧みなテクニシャン相手ではそれは希望的観測というものでしたね。どうも日本のファンはカニサレスを過小評価するきらいがある、と私は感じていて、正直今のカニサレス相手に勝算大、と言えるのは拳四朗くらいで、残りの王者は全員普通にカニサレスにごまかされてポイントで負けるか、勝っても大苦戦するのでは? と思っているくらいなので、木村の負け自体は驚きではありませんでした。ただ、予想以上に動きは重かった。

ただでさえお世辞にも攻めのパターンが多彩とは言い難い体力型の木村が、戦う前からその肝心要の体力を削られているようでは、例えカニサレスが打ち合いに付き合ってくれたとしても厳しかったように思います。しかし、一番の敗因はやはり、カニサレスを自分の土俵に引き込めず、終始カニサレスの土俵で戦わされた事。結局、見込み違い、戦術の欠如というところなのでしょう。

久保の試合には心底失望させられました。リアルタイム観戦での日本人の世界戦で、試合内容そのものでは私の中でぶっちぎりの歴代ワーストです(周辺事情を含めれば山中・ネリー2と比嘉・ロサレスです)。考え得る限り最低最悪の試合でした。久保の試合を見るのはローマン戦以来、勝ち負けそのものよりもローマン戦で暴露された様々な欠陥、特にディフェンスにどの程度の進境があったものかを確かめるつもりで試合を見たのですが……。

徐は明らかにローマンに比べれば二枚は落ちる、良くも悪くも直線的で正直、よく鍛えられ己の為すべき事に忠実なボクサーだが、多彩で工夫をこらした攻めを繰り広げる、という類のボクサーには見えない。少なくともローマンに比べれば与しやすい相手だったはず。にも関わらず、はっきり言ってもう1Rの時点で早々に勝ち目なし、と見える精度の差。久保の攻撃で当たるのはボディのみで、徐はその攻撃を特に堪えるでもなく身じろぎもせず、時折的確に久保の顔面にパンチを浴びせる。ここまでなら単純に実力の差かな、で済んだのですが、その後ラウンドを重ねての久保のディフェンスには目を疑いました。

頭を動かすでも、腕を高く上げるでも、フットワーク・ボディワークを使うでもなく、ただ真正面で棒立ちに突っ立って、漫然と徐のパンチを顔面に受ける、というのを一度どころか何度も繰り返すその有様。いかな徐のパンチの一発一発にさほどの威力がないとしても、ああも『無防備』にパンチを貰いまくれば、そりゃ効くに決まってるだろ!

……かつてローマン戦の『評』をしたさうぽんさんは、これは実質世界上位ランカーに対するチャレンジマッチであり、後の成長の糧として必要な試合だったと長い目で見るべき、という趣旨のコメントを残し、私もまあその通りかと思いました。しかし昨日の試合で、ダニエル・ローマンというSバンタム級トップの強豪、堂々たる王者クラスとの戦いという貴重な機会・経験を、久保とその陣営はまったく無駄にしたのだな、と確信しました。奇しくも同日TBSで井上と林田のエピソードが『再放送』されたようですが、林田相手に喫した敗北から学び、しっかりと己の成長の糧とし、入念な研究で相手の策を封殺し、慢心こそ最大の敵と心の底から自戒した井上父子と、ローマン相手の敗戦を何の糧にも出来なかった久保陣営とでは、ボクシングという競技に対する向き合い方に歴然とした差があると言わざるを得ません。

井上より遥かに劣る実力のボクサーが、井上以下の真摯さでどうやって勝てるというのか。井上は怪物だから、天才だから、次元が違う存在だから、という以前に、単純に井上以上の仕事をしていないから結果が出せないんだろ、という話でしかないように思います。それこそフィクションの世界で(そして当然現実の世界でも)しばしば見られる、凡人が休んだり遊んだりしているような時でも黙々とトレーニングや心身のチューンアップ、映像等のチェック、仕事道具の調整に余念がない努力する天才、という描写そのままではないのか。

久保・木村の試合をリアルタイムで見る間、同じくリアルタイムで試合内容を追い、都度コメントが書きこまれるさるブログを当日私も見ていました。感想を書き込みもしました。その中で久保の敗北を見届けたある方の「いい加減にしろよこのジム、犯罪的だろ。世界戦のリングに上げていい選手じゃない。バルデスやニャンバヤルだったら事故になってる」というコメントが、強烈に印象に残っています。チャンスがあればと飛びつくにしても、限度というものがあります。冷徹な戦力分析の末に相手を選ぶというのでなく、このくらいの相手ならうちの○○でいけるやろ、程度の軽い気持ちで組んでいいような試合じゃないです、タイトルマッチというものは。

残念ながら井上(と一応田中)以外全敗という今年の日本人の世界戦。自分の目でリアルタイムで確認した負け試合で、一定の納得感があったのは黒田の試合だけ、後はみな研究不足、希望的観測に基づいた『誤算』という名の無知無謀、戦術の欠如による当然の敗北でしかないのだと思います。井上という日本史上最高のボクサーの偉業に酔うより先に、真剣に考えなければならない事が関係者の方々には色々おありになるのではないですか、と言いたくてならないです。
Unknown (鹿)
2019-05-27 20:38:20
日本ジム制度最大の弱点は会長やコーチが気合ばっかりで戦術や対策を打てない人だとボクサーが全く成長しないこと。
Unknown (ネコパンチャー)
2019-05-27 21:13:06
一時間程度しか時差のない国であんな時間帯の試合を観ることになるなんて。やはり席を立つ観客も多かったようですし、中国のボクシング興行はまだまだこれからですね。

体格やパワー面の迫力は木村。しかしスピード、テクニックは完全にカニサレス。木村が手数であんなにも差をつけられる展開になったのは意外でした。パンチを打った際に体が流れる悪癖も、ここ数戦の中でも多いように感じましたね。スタミナもそうですが、やはり減量の影響ですよね。あとはリングが広い目な仕様だったのもスピード差のあるアウトボクサーに有利に働いてしまったような印象です。
既に一度引退を口にしたことがある木村。気持ちを立て直すのは中々大変そうですが。
Unknown (アラフォーファン)
2019-05-27 22:13:57
木村さんの力強さは一体どこに行ってしまったのでしょうか。カニサレスが落ちず、スタミナとプレスのお化けの木村さんがあんな姿晒すとは。明らかに減量が何かを奪ってしまったのでしょう。再起は難しいですが適正階級での試合もう一度見たいです。
木村さんと伊藤君は実力がある、戦い方や階級でチャンスの芽はありますが久保君はもう結構。ローマン戦から何を学んだのか。今回は穴王者でパワーレスの相手に見事にやられてもはや無理。
距離取る以外勝ち目ないのにそれを徹底する術を持たず、マイペースな感じで本気で世界取る気あったのか、また戦略を考え、選手に実施させる気が陣営にあったのか。
今回真正の二人は前の世界戦から何も学んでない、最初の挑戦がたまたま良い方向に"回ってくれた"だけ、相手が勝手にコケただけの事を、自分のやる事やれば世界に通用すると勘違いしたのでしょうか。足りない部分を補う感じがまるで見えませんでした。
Unknown (アラフォーファン)
2019-05-28 06:44:44
昨日は選手側に批判的でしたが、何やら長谷川さんは選手よりジム側をかなり強く批判してますね。自分が所属した、しかも移籍騒動の時一からジム立ち上げてまで一緒にやってくれた山下さんとジムを批判するなんて余程のことでしょう。長谷川さんはご自身の知名度、発言の影響力は充分理解しているでしょうから真正ジムにどれだけマイナスイメージとなるかも当然予想できるでしょうし。山中君、小西君、久保君と続いて、しかも久保君は一年ぶり、目手術していきなりだしでもう許せなかったのでしょうか。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-05-28 09:35:28
>Neoさん

例えば過去の大きな試合で、サウスポーに対するとき、速いタイプならここから「出」たらええのやなあ、とか、踏み留まる相手ならどっちに回って、戻るときはこうして...とか、そういう「回答」がふんだんに見られる試合というのが、いくつかあるものです。ヘリングは前足でリーチ決めておいて、ダックと右回りもする「折衷型」でしたが、ならば伊藤は基本的にはこう対して、動くときはこちらに刈り込んで、とか、そういう動きを入念に仕込んできた風ではなかったですね。
木村は疲れから動きが落ち、アゴの付け根あたりに右を強打されたダメージが加わり、終盤は本当にきつそうでした。あれでよく、投げずに最後まで闘えたものだと。前に出ることで保たせている、という様子でした。
久保に関しては記事でも少し触れましたが、仰る「個性」の部分が悪く出ているというか、陣営との関係性で、良い方向付けを得られないまま、ここまで来てしまったのかな、と感じます。


>月庵さん

カニサレスは小西伶弥戦で、ボディで完全に止められた反省からか、序盤早々、打ち気を捨て、動いて捌くことに徹しましたね。私は田口戦の序盤、打ってくる姿もけっこう印象的でして、木村がいつもの調子で「圧」をかけていけば、どこかで堪えきれなくなって「来る」と期待していましたが、そうなる前提条件が揃わないまま試合が進みました。
カニサレスに関しては、これだけひとつのことに徹して闘えるとは見ておらず、そこは見誤っていました。

久保は、攻撃に関しては見るべきものもありましたが、その前後の「処理」があまりにも...もちろん、実際どうかなど知れようはずもないですが、心身共に、急ごしらえの調整でリングに上がったのかな、とさえ感じました。万全、水漏れ無し、何が何でも勝つ、という意気ではなく、半ば捨て鉢というか...打った後止まり、相手の反撃を待っているかのような姿には本当に驚きました。同感です。
報じられているとおり、大沢戦から眼疾によるブランクがあり、正味二ヶ月半の調整でリングに上がったことの影響もあったかもしれません。今回、大沢に先んじて挑戦したのは、直接に対戦して勝っているのが久保の方だから、というのは理屈ですが、久保の闘いぶりを見ると、大沢に先を譲って、その間に調整試合を闘った方が良かった、と思わざるを得ません。もちろんそれで勝ち負けがどうにもならないにせよ、見ていて「何でこんなことになるのだ」と首を傾げるような試合にはならなかったかもしれません。
久保自身の、ボクシングへの取り組み方自体も、井上尚弥と比べれば劣る部分は当然あるでしょうが、記事でも最後に触れたように、久保の個性を含めた闘志が、実際の試合において、良い方向に転換されていない、とも感じます。もちろん、己の才能を妥協無く磨き続ける井上ならばこそ、周囲との関係も良好なものになり得るのであり、それも含めて井上の「力」であり、久保がその意味も含めて、井上には及ばない、とも言えるのでしょうが...。
試合が組まれる内実は、勝敗以前に、ボクサーにとって、そしてそれを見る者にとって、幸福なものと不幸なもの、その合間にあるもの、色々なのでしょうね。今回の試合がどうだったか、というのは、試合展開から、はしなくも見て取れてたかな、と思います。相手への研究、対処、戦略の構築などについては、語るも空しいですね。とてもそこまで手が届かないままリングに上がってきているのだなあ、としか。


>鹿さん

ジムや選手によって千差万別でしょうが、そのような現実の方が多数を占めるのでしょう。中にはその「気合い」すら感じられない、或いはそれが全く、選手の力になっていない例もあるらしい、ですね。


>ネコパンチャーさん

中国の会場は、中国人が攻勢に出れば沸きますが、木村の試合などは割と静かでしたかね。会場もマカオではなく内陸の方で、普段頻繁にボクシングを見るというわけでもないのでしょうかね。
木村本人は減量の影響を否定したようですが、カニサレスが「徹した」ことも含め、いろいろ難しい試合になってしまいました。リング、確かに広く感じましたね。まあ、それでも動きに乏しいボクシングで完敗してしまう選手もいるわけですが...。


>アラフォーファンさん

木村は、階級の選択もそうですし、調整期間や手法も、見直した方が良さそうですね。難易度の高い試合を多く闘うようになって、年齢も重ねて、若い頃と同じ、ハードな練習のみに傾倒していれば良い、というわけにもいかないでしょうし。

久保に関しては、我々が普通に思う、苦戦を糧に、というような話の流れからは逸脱したものを感じます。それが久保自身の個性を含めたものに因むとしても、同時に、彼が自分のボクシングに抱く自信、誇りもまた、確かにあるはずです。そうでなければ、衆人環視の中、自分より骨太で大柄な相手に、拳を突き立てて闘えるはずがありません。
しかし、その先にある勝利を掴むための用意、部品の備えがまったく足りず、今回のような試合になりました。仮に選手が独走した結果だとしても、選手をそのような道に走らせた周囲にも、当然責任があるでしょう。
単なる印象でしかないですが、今回の試合ぶりは...単に技量、力量不足としか見えなかったのなら、その方がまだ良かった、と思います。しかし、久保隼は、まるで糸の切れた凧のように見えてしまいました。そして、事情、内実どうあれ、あのように選手を闘わせてしまった陣営に、強い自責の念があって欲しい、と思います。というか、願います。
長谷川のブログ、見ました。仰る通り、彼ならばこそ、重い批判ですね。


コメントを投稿

海外ボクシング」カテゴリの最新記事