さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

強敵の「決意」をも、早々に粉砕 井上尚弥、ロドリゲスをKO!

2019-05-19 07:16:21 | 井上尚弥



ということで待望の井上尚弥、同年代のタイトルホルダーとの王者対決、でしたが、
またしても...なんかもう、試合のたびに同じ事書いてますが、
毎度の通り、とりとめもなく。



試合前に、予想というか展望というか、まとめて書けば良かったんですが。
当然、どんな試合にも不安とか懸念はあるもので...
ただ、井上尚弥に関しては、過去にことごとく、そんなものは無意味であった、
ということが繰り返されていて、こちらもなかなか書きにくかったりしますが。

とはいえ今回は、功成り名を遂げた名王者、元王者、という類いではなく、
共に上昇期にある年齢とキャリアの、IBF王者エマヌエル・ロドリゲスが相手。
その過去の試合ぶりも、正統派でパンチもあり、手強そう。

直近の試合が苦戦だったこともあり、少々軽く見られている風でもあるが、
一見スピードでは井上に劣りそうに見えても、全体のリズムがゆったりとしているだけで、
動き自体は滑らかで、かつ打ち込む時の一瞬の速さは、充分なものがあり。

好機を掴んだときの攻め、特に左フックのダブル、上下の打ち分けでなく、
効かせたときに「上上」と二発、同じところに打つ攻撃など、なかなか怖いなと。
プエルトリコの先達、ウィルフレド・バスケスを、より多彩にした攻撃力の持ち主、
というようなイメージを持っていました。

もちろん、機動力、という面で井上が優位ではあろうが、
パンチ力も体格もあり、左フックの強打を狙う井上が、同じ間合いに捉えられた場合、
危機に陥る可能性も充分ある。試合前はだいたい、こんな風に思っていました。



初回、ロドリゲスの体格が、一階級分くらい、井上を上回っているように見えました。
井上がこの回に数度見せた左の空振りは、体格に押されている選手の空振りの仕方そのもの。
左ジャブを当て、右クロス、動きで外して左。しかしロドリゲスも際どく右を飛ばし、左フック。

ヒット、という食い方はわずかなれど、かすめるようなのも含めると、けっこう危ない感じ。
ポイントは、よく見ればより正確に井上の方が当てている、という内容でしたが、
ロドリゲスの体格、圧力が、さらに言うなら、早々に自ら「出て」、攻めて行こう、という闘い方を
選択したロドリゲスの、この試合に賭ける「決意」が、井上を時に危ない距離、位置に追い詰めてもいました。


今日という今日こそ、序盤のKOなどはない。際どい展開が続くかもしれない。
外して打つ流れで、強打するより正確に当て、セーフティーに外せるか、
大橋会長の言う「技術戦」で巧くやれるかが問われる試合になりそう。
攻め崩しに出られるとしても、中盤以降ではないか。
初回を見終えて、そんなことを思っていました。


毎度の通り、なのですが、全くの的外れでした。
井上尚弥は、こちらの思うところにすんなり収まるようなボクサーではない、
それを改めて、思い知ることになりました。


2回早々、速いスリーパンチ、左フックが上に返り、追撃。
次の攻めが、インサイドに入って右ボディ。返しの左が、低く抑えた軌道を描き、
ロドリゲスのガードの隙間に、カウンター気味に突き刺さる。ダウン。

ロドリゲス立つが鼻血が見える。井上追撃。まさに「残忍な」意図を秘めた左右のボディ。
二発目の右は、腹筋を締めるタイミングを外されていて、見るからにきつい。
洒落じゃないですが「胃の上」に入った?ようにも見えました。
ソーラープレキサス・ブロー、ってやつでしょうか。

倒れたロドリゲス、立とうとするが、初回に見えた「決意」は完全に打ち崩され、
コーナーに向けて弱気そのものの貌をさらしてしまっていました。
再び立ったものの、ここからは蛇足でした。三度目のダウン、ストップとなりました。


まあ、言い訳というかなんというか、初回3分、あの展開を見たあとで、
2回以降を、外しにかかるんではなく、切り込んで行って、すぐに懐取って、
そこからカウンター取って倒して、なんて、ちょっと想像しませんでした。
こんな展開の変え方、ありますかね。びっくりしました。

まあ、井上尚弥を語るのに「普通」の考えなど、無意味なのだというのは、
過去に何度も思い知っているはずなんですが、それでも改めて驚かされました。
中立地である欧州、スコットランドのリングで、同年代の対立王者、
しかも、水漏れ無しで仕上げてきた相手が、一歩も引かぬ決意を押し立てて向かってきた。
にも関わらず、その決意を早々に打ち崩しての、衝撃のKOを実現してしまう。


やっぱり、この人は凄いとしか言いようがありません。
試合後、決勝で対戦するノニト・ドネアと顔合わせをして、
互いに敬意を語り合っていましたが、
本当に、若い頃のドネアに匹敵するか、ことによると超えているか?とさえ思います。

今後について、トップランク社と契約か、という話も出ていたようですが、
米国のリングで継続的に試合が組まれるようなら、井上尚弥はドネアやロマゴンのキャリアをなぞる、
或いはそれを超える成功を掴むことだって、充分出来そうに思います。
マニー・パッキャオと同様、とまではさすがに難しくても、軽量級としては、
過去最高のスターボクサーとなりうるのでは、と。


それにしても、こんな試合を全世界注視の中でやってしまうと、
その評価は、いよいよもって「捨ておけん」レベルにまで高まってしまいそうですね。
ドネアとの決勝戦、日本でやってくれたら、当然見に行くところですが、
これまた試合前に出ていた、サウジアラビア開催、という話とはまた別に、
これなら充分、米国でも興行になるんではないか、という機運にもなりそうです。
それはそれで、困ったなぁ...という感じですね。


試合前は、当然期待するところ大、しかし何しろ真剣勝負、何があっても不思議なし、
という、まあ言ってみれば普通の前提で、楽しみだったり心配だったり、というところでしたが、
終わってみれば、やはり井上尚弥は偉大でした。
この試合に賭けられた、リングマガジンベルトを肩に微笑む井上の姿は、
我が国ではファイティング原田以来、史上二人目の「世界バンタム級チャンピオン」そのものでした。


欧州の試合を生中継で見るというのは、サッカーなどを愛好する方々にとっては日常なのでしょうが、
我々ボクシングファンにとっては、ちょっと不慣れな行いだったりもします。
しかし、今朝は本当に、清々しい朝のひとときを過ごすことができました。
井上尚弥に改めて脱帽、そして感謝です!お見事でした!




コメント (13)   この記事についてブログを書く
« 「日本対世界」の厳然たる差... | トップ | 邪魔な右足に終始苦しむ 伊... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アラフォーファン)
2019-05-19 07:59:07
やれやれ。1Rに尚弥様のジャブに右合わせたり、尚弥様にしたら左空振りありでこりゃちと苦戦あるかなと。それでもジャブの差し合いは一枚上、結局中盤以降倒すかなとか思ってましたが…やれやれ。
あの最初の左も斜め下から綺麗にガード間抜きましたね。頭後ろに逃がすリスクヘッジもばっちり。
そのあとボディで冷徹に仕留めたスナイパー振りも何もかもが最高級。
何なんですかね。
ロドリゲスも上質、上級の王者なのは最初に分かりましたが今回で恐怖を覚えたんじゃないかと。そのくらいの衝撃でした。
そりゃタクマ君、弟でいるのが嫌んなるぜ、と冗談を言うよなと。
Unknown (アラフォーファン)
2019-05-19 08:01:36
そうそう、それから尚弥様の衝撃が凄すぎて後のパランチェクの試合が全く頭に入りませんでした。
Unknown (neo)
2019-05-19 09:32:01
ロドリゲスもこれまでで一番強く見えましたね。1Rガード上げて前に出る構えは威圧感ありました。
1Rは両者パンチの振りも鋭く、見ごたえのある攻防。先に手を出した点、またパンチの振りがより速く大きい点、より深くパンチを体にコネクトしている点などから、井上やや優位とは見えましたが、接戦の印象でした。
2R、ハイレベル・ハイスピードの相手を前に、井上は高揚したのか打ち合いを楽しみ出したような軽やかな体のキレ。翻ってロドリゲスはやはり井上のパワーに改めて警戒しだしたか少し硬い印象。井上はキレたステップで早々に切り込みに成功、打ち合い上等とパンチを振るう。警戒しているロドリゲスは迎撃を選択も、結果として「見て」の対応、後手になってしまった様に見え、序盤硬いところに致命打を食う、という予想外の早期決着になりましたね。
やはりパッキャオと比較したくなるレベルの、真の怪物ですね。次戦が先代のアジアン・レジェンドのドネアであることも、ドネアの勝ち上がり方も含めて、彼が持っている物語が引き寄せている何事かに見えて仕方ありません。彼の最盛期を見守れる事がただただ嬉しいですね。
Unknown (月庵)
2019-05-19 11:39:04
ロドリゲス、文字通り人生と命を懸けて前に出ましたね。口では色々言っていましたが、結局100回中99回倒されるとしても残りの1回を引き寄せる為には、ああして最初から『吹かして』井上を下がらせるのに賭けるしかない。自分が下がってしまったらもう終わり。ガス欠しようが絶対に下がらない。そんな覚悟とプライドを感じた……のですが。

かつてリカルド・ロドリゲス相手にやった、自分だけ一方的に相手に突き刺す左をこのレベルの相手にやるというのは尋常じゃないですね。そして顔効かせているのに当然のように腹を破壊しに行くという冷静さ。普通手応えを感じたらその手応えに頼って試合したいのが人情です。一流の王者でも。それがダウン奪った直後にあんな所撃たれるのロドリゲスは全く想定していなかったのではないでしょうか。ちょうどこの試合の直前、『怪物に敗れた男たち』の第三弾、ワルリト・パレナスの特集がありましたが、自分ではまだ闘志があるつもりでも、無意識では既に心が折れてしまっていた、というのをなぞるようなロドリゲスの表情に見えました。それでも三度立ち上がるのはパレナスとの格の違い・プライドがありましたが……余談ですがあの記事は参謀の阪東ヒーローが井上最初の一撃で「ウォズ(パレナス)の心が折れた」と思った、というのが試合そのものの記述では一番印象的でした。

井上とトップランクの提携。村田がもう使えなくなる可能性が高いという状況から来れば必然の選択であるように思います。岡田・伊藤とBサイド要員、売出し中の王者という『駒』を手に入れていましたが、そりゃあ、本命は井上に決まっていますね。モロニー兄弟も既に駒の一つに加えているし、既に名前が挙がっているバーネット・テテと共に彼らも当然対戦候補になる。ジェルウィン・アンカハスもバンタムに上げて井上と戦う流れになるでしょう。今の井上にはそれだけの商品価値がある。世界中の猛者が井上の首を獲りスーパースターの座を狙いにやって来る。スーパーフライ時代は陣営の力不足と不運で遠回りさせられましたが、遂に実力相応の待遇を受けるべき時が来た、機が熟した。そんな感じです。まずは決勝、しっかりと油断なくドネアに引導を渡して貰いたいと思います。
Unknown (燭台切り)
2019-05-19 22:30:12
初回はややロドリゲスに見えましたね。このレベル相手ではすぐには決まらないだろうと思った矢先にアレですよ(笑)苦悶の表情を浮かべて、顔を左右に振るロドリゲスを見ることになるとは思いませんでした。
今回のを見たらバーネット、テテ、ウーバーリとはやらなくていいかなと思いました。優勝したらSバンタムに上げてナバレッテかリゴンドーとやるのが見たいですね。
Unknown (盛者必衰)
2019-05-20 02:23:59
wowow申し込み間に合わずに、結局地上波での試合観戦でした。。
仕事に備えて早く寝ないといけないのに興奮いまだ冷めやらずです。
皆さんと同じく、初回見たときは結構長引くかと思いましたが、結局次で決めてしまいましたね。
最初のダウン後の盛り上がりの中、ボディいくのはさすがですね。
今後については、トップランクとの契約は実現すれば本当に嬉しいです。
その類い稀な才能に見合った報酬を得てもらいたいですし、その強さに引けをとらない強敵との試合を見たい。夢はつきません。
決勝戦、日本で開催してもらいたいという気持ちは本音としてありますが、海外で開催したほうが、井上の強さを世界にさらに知ってもらうためにはよいのかもしれないですね。
すばらしい試合を見せてもらって、本当に感謝です!
Unknown (おう)
2019-05-20 10:38:11
早朝から緊張してテレビを見たのは、いつかのサッカー日本代表の試合以来でしょうか。
ボクシングのビッグイベントは10時くらいが多いので初めての経験かな。
加えて主役が日本人となれば緊張感もMAXでした。

いやあいいものを見せてもらいました。
これだから生観戦はやめられません。
試合の感想はみなさんが感じた通りだと思うのであえて省かせていただきますが、個人的に別アングルでの映像、もしくはブレていてもいいので現地映像が見たいですね。
特に序盤から行きっぷりが違った2R目
ダウン取る前のワンツースリーと、その後いきなり放った右ストレート。
公式映像ではどれもアングルが悪いんですよね。
絶対効いてるはずなんで、ぜひ見たいものです。

ドネア戦を楽しみにそれまで頑張ろう。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-05-20 13:08:35
>アラフォーファンさん

最初、けっこう押されてる感じに見えましたね。あの左の、当ても無い空振りの仕方は、そういう選手の仕業だと。ただ、外して、ブロックしてから当てていたのは井上の方で、多分、ミット打ちでやっているような、防御からお返し当てる攻防の鮮やかさは出ていましたから、ポイントは取っていると見ましたが。
2回は早々から切り崩し、倒しましたね。倒し慣れている人間の、手練れぶりが十全に出たかなと。ロドリゲスは長年に渡って身に纏ってきた鎧を、全て剥がされたような状態に見えてしまいましたね。恐ろしいことですが。
まあ拓真に限らず、同時代に生きる選手も、多少趣は違えど「勘弁してくれよ」と思っているのでしょうね。私、メインの方はまだ見てません(笑)


>neoさん

闘い方として、是非どうというより、腹括ってるな、と見えました。おそらく、最初から力を全部出し切って攻めよう、疲れたり削られたりしたあとで頑張っても遅い、という覚悟だったのではないでしょうか。
初回は見応えありましたね。あの3分を経て、どう外せるか、と考えず、押されないように重心落として、切り込んで行って、入って、出てカウンター、とやってしまう常識外れには、またしても言葉を失いますが...。
ロドリゲス、初回終えた時点で、そうは見ませんでしたが、打たれていてダメージもそこそこあったのかもしれない、と今になって思います。良いのも打たれてましたからね。脅威を感じてはいたでしょう。そこに構え直した井上が襲いかかった、という。
ドネアとの対戦は、色々劇的な要素を帯びるものでしょうね。仰るとおり、歴史的に語られる試合になるのかもしれません。


>月庵さん

上記のとおり、試合が進んで戦力が落ちてから勝負賭けても遅い、という感じで、ロドリゲスの立ち上がりには並々ならぬ覚悟を感じました。しかしそれをたった2回で撥ね付け、打ち砕いてしまうのですから...。
左フックのカウンターは、「殺しのパターン」がいくつかあり、今回は上ずった、外からのやつの後、小さくインサイドに突き抜くようなのを合わせましたね。河野公平戦で、三連打する中で調整して、三発目で合わせたのがありましたが、あれに似た感じでしょうか。「クッキング」の段になってしまうと、殺し技の多彩さはさらに光りますね。上下の散らし、なんて普通に言いますが、自然、当然のこととしてそれが出来る、滅多にいない類いです。パレナスの記事は私も読みましたが、確かに今回の試合に重なる部分がありますね。
トップランクの動きについての記事を見て、バーネットやテテの動向はこの動きも背景としてあったのかな、という気もして、ちょっと嫌な気分ではあります。負傷による試合中、試合前の「棄権」の理由を、これに直接結びつけるわけではないですが、決断自体はやむなしとしても、その後の身の振り方、次善の策として、トップランクが提供する場での、井上との対戦を考えたのではないかな、という。井上自身については、とりあえずどこへ行っても通る実力があるのは明らかですので、大いに期待ですね。


>燭台切りさん

初回は見方が分かれているようですね。ロドリゲスの出方が予想以上に、決意に満ちたものだった、というところは共通するでしょうが。
二度目のダウンのあとの表情は、本当に驚きましたね。あのレベルの選手が、こんな顔するのを見ることって、まあ無いですよね。
バンタム級完全制覇、というのも見てみたいですが、実際問題として、こんな試合してしまうと...というのは確かにありますね。テテ戦はタイプ的に興味がありますが、Sバンタムなら、確かにナバレッテ戦は面白いかもしれません。リゴンドーは...どうなんでしょうね。色々考えちゃいますね。


>盛者必衰さん

地上波放送も、録画のわりに10%くらいあったそうで、けっこう評判取っているようです。嬉しいことですね。
2回の攻め込み、ダウン奪取から詰める流れは、本当に衝撃的でした。詰める段になったら速い、厳しい、残酷、というのは過去の試合もそうでしたが、試合のたびにその度合いが増しているように思います。
トップランクとの契約は、しっかりやらんと、必ずしもバラ色とはいかん、という面があり、あのレナードでさえ偉い目に遭いかけた、という話があるくらいです。そこは陣営の健闘に期待です(笑)
実は、次は日本で固い、なんて話を聞いていたんですが、昨日の試合内容で、それが一気に揺らいだ、という情勢のようですね。嬉しいけど困ったものです。海外でやった方が良いと基本的には思いますが、直に見たいという気持ちもありますし。今のところ米国、サウジ、日本なら大阪ドームとか書いている新聞社もあります。どうなりますかね。


>おうさん

日本のボクサーが海外で闘って、これほど期待が大きかったことはないかもしれませんね。それに比例して緊張もするものですが。
試合についてはあれこれ語り尽くされているでしょうが、仰る通り試合映像はいまいち...全般的に、ちょっと寄り過ぎですよね。現地映像、というか、放送されたものがそれなんじゃないでしょうか。日本のテレビ局がカメラ持ち込んで独自に撮ったものではないと思います。ちょっと残念に思いますね。2回早々のスリーパンチ、ダイレクトの右、いずれも凄いパンチでしたね。井上の場合、良いの打ったあとの「次」が速いんで、ちょっと困りますが(笑)
ドネア戦、楽しみですね。大阪ドームなら見に行くの楽でいいんですが...。

Unknown (NB)
2019-05-21 02:42:59
凄すぎです(笑)。もぅ完璧、言う事なしです。日本での開催ならこうなるだろう、の事を海外でやってくれた。最高の気分です。
それにしても、ロドリゲスが強いから井上の凄さがモロに見えた試合でした。
何が良いか?顔ですかね~(笑)、逞しくなりましたよね。強い選手って顔つきとかオーラが凄いじゃないですか。
もぅ本格化です、お父さんは良くこんなボクサー育てたなーと、凄い、行けるとこまで行って下さい!
そして、他の日本人ボクサーも続いてほしいです。
今からの井上には夢広がりまくりですが、こんな事真面目に思います、本当国民栄誉賞もらえるボクサーになってほしいです、こんなチャンスないので。そのためにも日本ボクシング界はしっかりしないとですが(笑)。
こんな朝早ようから、心臓張り裂けそうな緊張感、ワクワク感、そして痛快爽快な気持ちにさせてくれるスポーツ選手ですから。松井でももらってるんだから…好きですけど(笑) 

次はドネア戦…ドネア好きには心が痛む、見れないな~。
Unknown (海の猫)
2019-05-21 10:00:41
もう言葉もないですね。またもや衝撃でした。試合前は全てがうまくいけば、序盤KOも十分あり得る、とは思っていました。でも決して「うまく」はいってなかったのですよね。ロドリゲスは体つきと動きから万全の仕上がりを感じさせ、天才エリートの本気を見た思いです。一方井上は、試合後本人も語っていたように、立ち上がり動きが硬かった。USデビューのニエベス戦をちょっと思い出しました。あの時ほどひどくはありませんでしたが。さらにのっけからプレッシャーをかけてくるロドリゲスにやや先手をとられた形。力の差がなければもってかれてもおかしくない展開。それでも徐々に動きが良くなり、ヒット数から1Rのポイントはとったと思いましたが、試合の流れを作っていたのはロドリゲスかなあと。それが何であの2Rになるのでしょうね。ロドリゲスのような良質な世界王者があのように崩れ落ちる様はショッキングですらありました。1Rで井上のパンチの強さは感じていたと思うのですが、ダウンまでは一歩も引かず。試合後も一切言い訳せず。本当に誇り高き王者でした。
早朝から緊張感をもって試合を見るというのは新鮮でしたね。井上の大ファンである自分は、WBSS参戦が決まってからずっと楽しいです。この後ドネアとの決勝に米国再進出。本当に幸せですね。

コメントを投稿

井上尚弥」カテゴリの最新記事