さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

とりとめもなく昨夜の試合について

2008-01-11 23:32:16 | 長谷川穂積

あれやこれやと忙しい上に、平日にこんな興行されると大変です。
と、いきなり愚痴ですが、ホントに大変でした。
いつもなら当日遅くにでも試合を振り返るところなんですけど、
昨日はさすがに無理でした。

ということで、なんとか行ってきました府立体育館(写真はこちら)。

まず、池原信遂ですけど、心情的には健闘と言いたいところなれど、
ボクサーとしての技術を比較する以前の問題で、基本の出来が違いました。
上体と下肢とのバランスがバラバラで、腰の座らない池原に対し、
シドレンコはくっついても離れても、きちんとしたフォームで打てます。

2R、池原の左肩の上を滑るように決まった、小さく強い右クロス一発で、
両者の格付けは完全に済んでしまったように見えました。
とはいえ、そのあとも懸命に手を出し続けた池原、よく頑張ったと思います。


メインの長谷川穂積ですが、序盤に切ってしまい、それがヒットによると
判定された時点で、今日は鮮やかでなくても勝てば良いと、それだけを思っていました。
それでも毎回、何か仕掛けては山場、見せ場を作ろうとし、
実際にそれを作って、明白に勝ってしまう長谷川は、やはりさすがです。

ただ、ヘナロ・ガルシア戦でもやっていましたけど、
ロープ際に詰められたときに回らず打ち合うのはどうかなと思います。
あれは見ていて面白い反面、やはりリスクが高すぎると言わざるを得ません。
ましてカットしてて、それがヒットによると判定されている試合です。
いくら地元だから、最終回だから、と言っても。ちょっと疑問です。

さて、試合前、良い試合だったら、KO勝ちだったら、という言い方で
米国進出の話が出ていましたが、私には充分良い試合だと見えました。
某ナベツネプロモーター(笑)は、「追試」という言葉を使って、
先送りを示唆したそうですが、私は次が米国進出であっても良いと思います。
しかし、「追試」とはね...他に言い方はないんですかねぇ(呆)

欧州王者で世界1位のマルドロット、相手が長谷川でなければ
もっと強さが見えたと思いますが、何せ反応が速く、判断が速い長谷川に対し、
たまに良いの当てても、長谷川のリターンを怖れて
追撃の手が止まってしまう場面がちらほらありました。

しかし、あのスイッチ戦法はそれなりに面白かったですね。
かつて鳥海純の右フックを相打ちされてぐらついた長谷川を研究して、
サウスポーからの右フックを狙っていたのであれば、怖さも感じたでしょう。
どうもそういうことではなく、単に自分の技だからやっていただけでしたが。

以前からぼんやりと考えていたことですが、長谷川穂積に勝てるとしたら、
どんな選手でしょうか。私は、相打ちだけでなく、長谷川が右後方へスウェーするとき、
その長谷川のアゴを追いかけて、前に伸びる右フックを打てるサウスポーだと思います。
タイプとしては、レパード玉熊を破ったエルビス・アルバレスのようなボクサーかな、と。


何にせよ、世界王座を5度も守れば、世界中のボクサーから研究されるでしょう。
長谷川穂積はその才能を順調に伸ばし、世界王者となりましたが、
まだ彼の壮大な夢は実現していません。
昨日の負傷(しかし、もうちょっとしっかり止血してほしいです)が癒えたら、
ごちゃごちゃ言わず、すぐにでも米国での試合に向けて動いてもらいたいです。
長谷川とて、いつまでも世界王者でいられる保証などないのですから。


コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 明日はバンタム二本立て+久... | トップ | 全力を尽くす、と言いますが »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (m.yoshi)
2008-01-12 01:49:19
生観戦お疲れ様です,そして羨ましい!!
ああいう試合を一度でいいから会場で生観戦してみたいものです。

長谷川選手は2Rのカットでプランの変更を余儀なくされましたね。しかし,それでも世界1位の選手に圧倒的な差をつけて勝ってしまうのですから凄いとしか言いようがないです。
ただ,TV観戦で少し気になったのは傷に対する処置ですね。素人なので実際どうなのかは分からないのですが,ラウンドの開始直後,打ち合う前から血がにじんでいるように見え少し粗いかな?と感じました。的外れな感想かもしれませんが。ただ,今後さらなる高見を目指していく上では,カットマンを含めた陣営全体の向上も必要じゃないかなと思いました。まだ若いジムですし。

池原選手は技術力の差がもろに出てましたね。シドレンコ選手のがっちりとした軸のぶれないスタイルと,要所でショートに鋭く打ち抜くパンチが印象的でした。あのスタイルを崩すのは骨が折れる作業そうですね。

まぁ,長谷川選手が戦えば勝ちますけど!(根拠無し)

コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2008-01-12 22:19:18
どもです。かなり厳しかったのですが、やはり会場で見ると楽しいですので。

長谷川陣営の止血に関しては、私もちょっと疑問を感じました。確かに傷自体が深かったのかもしれませんし、バッティングが重なりました(4R、マルドロットは狙って頭で「追撃」したように見えました)ので、無理もないかも知れませんが。

池原は大きな実力差がありながら頑張りましたが、以前から身体全体のバランスをびしっと決めて打てない
ところがあります。ただ、あれが不思議なことにサウスポー相手だと、少しマシになって、良い具合に右から打って行けたりするんですが...。

シドレンコは、丁寧に作り上げられた戦闘マシンという感じでしたね。でも、私も長谷川がやれば勝つと思います(^^)
Unknown (ないすぼでぃ)
2008-01-13 10:41:53
どうもおひさです。前、西岡記事の時に立ち寄った九州…です。今回、自分としては、不満なコメントをするつもりだったんですが、もう一度じっくり試合を見直したら、やっぱり長谷川は、戦前から言われたブランク、減量苦そして序盤早々でのカットを考えたら、ほんとによく戦ったと思いました。最終12Rの打ち合いは減量に苦しんだとは思えないスタミナで、最後はマルドロットのほうが手が出ていませんでした。しかしながら最近の試合を見ていたら、ウィラポンを右フック一発でKOして以降、右の大振りの空振りが目立ち歯がゆく感じます。鈴木アナがよく右フックをだした時「ウィラポンを倒した右フック!」と叫びますが、今のフックと違いもっとスムーズでコンパクト、腕の力で放つのではなく、体の回転で放たれている見事で何度見てもボクシング好きにはたまらない快感のフックでした。長谷川は最近ファンのためにKO発言したりしてましたが、そんなの狙うんじゃなく長谷川にはスピードとスタミナがありますから、そこをどんどん伸ばしてほしいです、そしたら自然にKOも増えると思います。今回も少し出ていましたが、サイドに動いてすぐ放つ左右のショートパンチ、これが効果的だと思います。たぶんスーパーバンタム、バンタムのチャンピオンの中でスピードは一番じゃないでしょうか?長谷川の今後ですが、さうぽんさんと同意見で、早く米国に行ったほうがいいと思います。いきなり世界戦じゃなくともノンタイトルでもいいので、敵地の雰囲気のなかで試合したらいいんじゃないないかと。そして、アルセかバンタムが無理ならバスケスとやって、やっつけて欲しいです。両方アグレッシブで強いでしょうが長谷川が普通以上の調子であればカウンターの餌食になるのではないでしょうか?しかしバスケスは変化をつけて中に入り込んできますんで難しいでしょうが、長谷川なら快勝で勝てると思います。マルケスとの死闘でダメージもあるだろうし…甘い考えですかね?長谷川に勝つのはどんな選手かの問題ですが、自分が見ていて心配に感じるのは、長谷川は顔面は打たれ強い方だと思いますが、ボディには疑問が湧きます。ガルシアのように下からしつこくこられて下から上に打ち込んできて、なおかつショートパンチが強いコリアンファイタータイプが怖いです。げんに結構ガルシア戦打たれてたように思います。今韓国は、ボクシングが不況なんで安心してますが、韓国人は心が強く顎がでかく、日本人相手に燃えるやっかいな相手です、何のスポーツでも。今では目立たない韓国ボクサーですが、日本人はたくさん苦汁をなめさせられてますから、忘れたらいけないと思います。といいつつ、結構好きです、あきらめない根性が。とにかく長谷川には今年はたくさん試合して日本にも凄い選手がいることを世界にしらしめてほしいと同時に日本のボクシングといえば亀田兄弟、内藤しか思い浮かばない人たちに、日本には凄いチャンピオンがいる事がわかってもらえるようなチャンピオンになってほしいです、彼なら世界の長谷川!になれます!そしたら日本メディアも無視できんでしょうね!ちなみに日テレは宣伝が足りんですね、歯がゆいです。サッカーのトヨタカップはバカみたいにするくせ…
お久しぶりです (calm)
2008-01-14 09:04:14
だいぶ前にコメントさせていただきました。いつもこちらで勉強させていただいております。この試合、私も観戦いたしました。さうぽんさんのいうとおり池原選手とシドレンコ選手は基本の差が明白に出た試合だったと思います。体の軸、足のポジション、ガードの位置、左ジャブ、拳の握り込み。私のような初心者にもその違いがクッキリと見えました。基本って大事だなーと痛感いたしました。

長谷川選手はカットで最後までひやひやしましたが、それを除けばこんな安心して見させてくれる日本人初めてですよね。子どもの頃に見ていたボクシングの外人側と逆転した感じです。ずっと応援していきたいです。地元ですし(^O^)
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2008-01-14 22:50:23
>ないすぼでぃさん

長谷川のパンチの軌道は、ちょっとループ気味なのが多いですね。昔、具志堅さんが打っていたような、ベタに基本通りの、小さくてまっすぐな右ジャブ→左ストレートのワンツーも交えれば、孤を描く軌道のパンチも逆に生きてくる、相乗効果があると思うんですけど。もっともそういう基本通りのパンチこそ、実際に試合で打つとなると一番大変なんですが。

精神面では、良い試合、KOを目指すという志向が強くなっているせいかも知れません。千里馬神戸にいた時は、会長夫人のマネージャーさんが「必ずしもKOしなくていい、判定で良い」という、ある意味、ボクサー長谷川の資質を心底から信じていないと言えない言葉で支えていました。今のジムに移って...というか、事実上帝拳傘下のボクサーになって、某ナベツネプロモーターが発する「良い試合、KOが出来たら米国進出」という、ぺらんぺらんの言葉に多少なりとも影響されているのかも知れません。ちょっと残念です。

ファイターとの相性でいうと、バスケスは怖いですね。ただ、長谷川はファイターが入ってくるところに、左アッパーのボディ(レバー)打ち→左フックを上、というダブルパンチを合わせるのが巧いです(ジェス・マーカをこのコンビで倒しました)。あの技を本場米国で有名選手相手に披露する長谷川の姿、見たいですね(^^)
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2008-01-14 23:03:41
>calmさん

この拙いブログで「勉強」とは恐縮です。どうか今後とも広い心でおつきあいくださいませ(^^;)

シドレンコは、池原との実力差があったとはいえ、それこそ練習通り、型どおりのような、当たり前の動き、当たり前の打ち方を、実際の試合でやれてしまう、凄い選手だと思います。上のないすぼでぃさんへのコメントで具志堅さんのワンツーについてちょっと触れましたが、練習通り、基本通りの動きを、実際の試合で、それこそ目を血走らせてかかってくる相手と差し向かいの状態で実行することほど、大変なことはないわけですから。あらゆる意味で、池原とは役者が違いました。

今回の池原は、実のところ、私としてはちょっとがっかり、でした。技術とは別の面で、もう少し...まぁ、このあたりは単なる観客の立場で、言ってはいけない領域の話かも知れませんが...。


長谷川の安定感についての例えは、本当にその通りだと思います。こういう水準の選手は、より高いレベルでの挑戦を見てみたいです。川島郭志はジョニー・タピアやダニー・ロメロと闘うことなく引退しましたが、長谷川穂積には是非、米大陸のスター選手とグローブを交えて欲しいと思っています。
隣の隣? (tetsujin)
2008-01-15 22:18:51
はじめまして。ここ数日の世界戦についてのブログ見て徘徊して読ませてもらいました。
長谷川のファンで一度、生で見てみたくて大阪日帰りツアーでした。一番最初の写真を見て、自分の席のあたりだと思いました。そういえば隣の隣にカメラ構えて、的確な技術論を述べてた方がいました〔別に聞き耳たててないけど〕。もしそうじゃなかったら御免なさい。
個人的にはすごく満足して楽しめました。特にWBC。シドレンコの長年のキャリアに培われたテクニックもやかったけど、やっぱり、プロのスピード、ガッツにあふれた、長谷川選手がいいです。
でも終了後、高速バスターミナルから公道に出る500Mに渋滞で2時間半かかったのには参りました。おそるべき、今宮戎。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2008-01-15 23:51:24
tetsujinさん、はじめまして。今後ともよろしくお願いします。
袖すり合うも多生の縁と言いますが、もしその男が私だったら、的確な技術評とはいかず、ぎゃあぎゃあうるさいだけだったと思います。どうもすいません。

遠方から日帰りで大阪に長谷川を見に来られたのですね。関西の長谷川ファンとしては、嬉しいお話です(^^)
でも渋滞大変でしたね。500mに2時間半ですか。ちょっと想像がつきませんが、お疲れ様でした。これに懲りずにまた関西に来てください。でも、ホントに大変でしたね...(^^;)
あけましておめでとうございます (とみー)
2008-01-18 10:26:19
 どうも、ごあいさつが遅れて申し訳ありませんでした。
シドレンコ、みごとですね。的確な位置取り、タイミングのいいジャブ。右はボディ、アッパー、ストレート、全部重そうでしたね。
左ボディも、小さなアッパーでみぞおちを打ったり、フックでレバーを狙ったり、うまいファイターでした。池原も序盤で、いいパンチをくらってから判定までもちこんだ根性は良かったと思います。ただボクシングは話しになりませんでしたが。

長谷川は、右フックの狙いすぎでしたね。
しかし、あれだけころころとスイッチする相手にまずまずの勝ち方だったと思います。
ただ、あのカットはまずいですね。
今後、弱点にならなければいいのですが。
僕も、長谷川は左のダブルが必殺パンチだと思ってます。あの回転で、あの切れ味、はやくアメリカで見せてほしいものです。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2008-01-19 23:04:56
とみーさん、どもです。本年もよろしくお願いします。
シドレンコは最初から最後まで、一定の余裕を持って闘っていたように見えました。池原の闘いぶりはある程度の評価を得ているようですが、私の目には、シドレンコを本当に脅かすことはなかったように映りました。

長谷川の先行きには、壮大な期待をする一方、心配な面もいくつかあります。傷もそうですし、彼のボクシングそのものにも、です。今回はひとまず勝てばよい、という気持ちで見ていましたが、次は少し違う観点で語らないといけないのかもしれませんね。

コメントを投稿

長谷川穂積」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事