さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

強打健在なれど/百年一日の国/半分に分けて見ると/若手は好カードばかりなのに

2019-06-11 20:19:56 | 話題あれこれ



ということで、しばらく更新が滞っておりましたが、こういうものは一旦サボ...じゃなくて、手を止めてしまうと、なかなか再開しにくいものでもあります。
しかし来週は井岡京口ダブル、来月は村田など、あれこれありますので、徐々に調子上げていかんと、ということで、とりあえず見た試合、話題などから。


=====================


日曜はDAZNでゴロフキン再起戦生中継。当然、見ておりました。

スティーブ・ロールズは、悪くない選手だったなあ、という印象でした。
ゲンナジー・ゴロフキン相手に、ジャブをしっかり当て、右、逆ワンツーなども決めていましたし、攻められたときもガードをしっかり立て、3回は上から振り下ろすゴロフキンの左フックを防いでもいました。
ゴロフキンは少し打たれる序盤を経て、3回から巻き返しに出ましたが、得意のガード崩しの連打を読まれていた感もあり。この辺はロールズの研究の跡が見えました。

しかし、4回は斜め上からの左フックを決めて効かせ、追撃して最後は右足が前に出たまま左フック。
これが決まって、強烈なKO勝ちでした。

攻めの威力、迫力はまだ落ちてはいない、けれどけっこう打たせたなぁ、という印象です。
しかしこういう、圧倒的に強かった選手というのは、後から振り返って全盛期、好調時とされる頃の試合を見ると、案外打たれてたんやなぁ、と思い直したりもするものです。
そもそもゴロフキンの声明が高まる過程において、打たれた直後に打って、その一発がKOパンチになった試合があったくらいです。
問題は、打たれるにしても頻度がどうか、というところ、でしょう。

今後に関しては、カネロとの三戦目が当然、本人の望みでしょうね。すんなりとは行きそうにありませんが。
今回の闘いぶりだと、攻めて捉えきれず、受けて防ぎきれず、という展開が繰り返されるだろう...という風にしか思えません。
そして、拮抗した試合になったら最後...という。そういう予見を覆すだけのものがあったかというと、残念ながら、というところです。
もちろん、ファンとしての心情はまた別なのですが。


=====================


もう先月の話ですが、5月31日、タイでのWBCミニマム級タイトルマッチは、ネットで観戦。
画質もまずまず、という感じで、試合の詳細をわりとしっかり見られました。

元WBO王者、福原辰弥は初戦同様、積極的に出ましたが、ワンヘン・ミナヨーティンは前回の苦戦を教訓に、しっかり右ショート、連打を当ててくる。
福原は前回、執拗なボディ攻撃でワンヘンを苦しめましたが、今回はボディを攻める頻度が下がった印象でした。

それに関連する話でもありましょうか、2回にバッティングで福原がカット、出血。
福原は少しずつペースをワンヘンに握られたまま、8回に今度はワンヘンがカット。
こちらは明らかに、福原の方がアタマをぶつける形になってしまいました。

傷はワンヘンの右目上。しかし瞼から離れていて、傷自体も小さい。深さまではわかりませんが。
ところがこれにドクターチェックが入り、一発で続行不可能の裁定。
さほど血も出ていない段階でした。


それにしても、タイのボクシング界というのは、これだけ世界中を情報が飛び交う時代になっても、本当に変わりませんね。
試合時間の変更があったようで、5時から生中継というので、その頃に画面を見たら、もうワンヘンが勝ち名乗りを受けていて、思わずのけぞりましたが、巻き戻して見た試合の終わり方もまた...いかにもタイ、これぞタイ、タイならばこそ、というしかありません。

言うだけ空しいですが、半ば治外法権とも言えるこの状況、どうしたら変わるものなんですかね。
古くはキングピッチの昔から、世界の有力者と強固な誼を築き、それを元に話を回していく、とはよく言われることですが、それこそ統括団体の本部国お抱えの有望選手でも無い限り、あらゆる局面で「強く出られない」挑戦者が泣きを見る、馬鹿を見る、どう言うかは人それぞれでしょうが、同じ事の繰り返しです。

基本的には、もう、関わってもしょうがない、と切り捨てる以外、手はないのかもしれませんね。
業界の方々は、あれこれあって、そうもいかん、と言われるのかも知れませんが、見ているこっちにしたら、こうした「百年一日」にはもう、飽き飽きしておりますので...。


=====================


井上尚弥以外は総崩れ、とお嘆きの貴兄な今日この頃、な日本のボクシング界にあって、井上に次ぐ二番手、希望の星といえば田中恒成ですが、次戦は8月24日、名古屋で指名試合とのこと。
相手は1位の小柄なサウスポー、ジョナサン・ゴンサレスです。

国籍はプエルトリコ。出生地はニューヨーク。
戦績は22勝(13KO)2敗(2KO)1分1無効試合。
KO率は軽量級だからまあ普通かな、と思うところなのですが、レコードを見てみると、デビューから13戦で11KO勝ち、1無効試合、ということで、KOはキャリア初期に集中しています。
以降13戦で10勝2KO、2敗2KO、1分。
こうして、キャリアを半分に分けて見ると、印象がはっきりしますね。上位選手相手のKOは非常に少ない選手です。

試合映像を少し見ましたが、パンチは速く伸びるが、パワーには欠けるか。
13年にジョバンニ・セグラにKO負けした試合は、インサイドから良い左を当てても、セグラの右フックを強打され倒される、という展開で、非力さが泣き所になっていました。

田中恒成が夏場の調整に苦しんだ場合に、こまめに動かれて空転させられる可能性はあると思います。
しかし間違っても、見ていて魅力的な選手だとは思いませんし、勝っても好試合が期待出来るかどうか、という感じですね。
1位としては怖さがない、という意味では安心ですが、違う意味で、色々と難しそうかも...というところです。


=====================


山中慎介トーナメントは、一時期待もされた王者や上位クラスの参戦はなく、若手中心のエントリーとなりました。
しかし期待の若手が大勢参加し、これはこれで要注目です。

元アマチュアの上位選手、地方からのして来たユース王者、パンチパーマの(笑)ベテラン等々、多士済々と言っていいでしょう。
賞金額や賞品も、この規模の大会としては、目一杯の努力の結果、なんでしょうね。今後、もっと景気の良い話が聞けるように願うばかりです。

昨今の日本ユースタイトルマッチに続く、若手同士の好カード実現の流れですが、それに反して、日本上位に上がって行くと、途端にライバル対決が減少するなぁ、という印象でもあります。
階級によっては、国内最強が誰なのか、いつまで経ってもすっきりしないまま、各々が世界世界と打って出てしまう状況が、延々と続いていたりもします。

結局、このような大会が、より大きな規模で行われるしか、その状況を変える方法はないのでしょうね。
問題は、そのような意志や力を、誰一人持っていないのではないか、と見えること、ですが。

しかし、何にせよこの大会、楽しみです。BoxingRaiseで当然、ライブ配信ですよね(^^)


=====================


ということで、本日の一曲。
甲斐よしひろ「レッドスター」。






コメント (5)   この記事についてブログを書く
« ピンチの直後に、代打が牙を... | トップ | またも技巧の冴え、存分に ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アラフォーファン)
2019-06-12 06:37:44
おはようございます。そうなんですよね。ゴロフキン様、倒し方は往年の迫力健在ながらちょっと被弾多いな、と。バックステップで外そうとして伸びる二個目、三個目のパンチをもらう。かつてはビクともしなかったが今はズレる。これは新しいトレーナーになり、スタイル変えの過程での話には見えませんでした。残された時間との兼ね合いでしょうが、カネロ3をやる前にもう2試合くらいあっていいと思います。
福原さんはパワー、スピードに秀でた物はなく、また技術、戦術面も多彩さはなく、とにかく頑張るタイプなので元から厳しかったですが、それにしてもワンヘンつまんねーなと。層の薄いミニマム、地元の守られた王者で記録だけの連勝に今の時代誰も価値を見出さないでしょう。日本では小浦君負けたし、谷口君ももう一つだし、重岡君でしたっけ?期待出来る選手見たいです。
最近ユース王者とかで好試合あって期待してましたが、おっしゃる通り上のランカーになるとこういう大会に出場尻込みする傾向がありますよね。昔最強後楽園に亀海さん出るとなった時ランカーが次々逃げたとかあったそうですし嘆かわしいですね。こんな時主催の山中さんが声上げてランカー出て来いよ、弱虫!ぐらい言って欲しいです。彼にはそれくらい言う実績も威厳もあるし。
Unknown (ネコパンチャー)
2019-06-13 00:05:54
ゴロフキンの衰えについては、たしかブルック戦くらいからちょくちょく囁かれるようになりましたかね。その後、ジェイコブスとの試合で連続koも途切れてしまいました。よくパワーとスピードではスピードの方が落ちやすいと言われますし、この試合でもディフェンスの甘さというか反応の遅れによる被弾が多いように感じましたが、それよりも体幹や下半身のバランスの悪さが気になりました。以前はステップからのジャブにもっと伸びがあり、連打もスムーズかつ多彩な角度から打てていたように思います。今のゴロフキンは全体的なバランスを崩しかけているようで、特にコンビネーションが打つのも引くのも若干ぎこちなくて隙が出来やすい。これだとカネロとの三戦目、ちょっと期待感が薄いですね。かなり巧いけどミドルではまだ試されていない感のあるアンドラーデ戦とか組めないかな、と思います。カネロに関しては、悔しい気持ちもあるでしょうし、金銭的にも美味しいんでしょうが。

タイ。かつてユーリ・アルバチャコフが散々嫌がらせ、妨害を受けた話を聞いて、こんなことが罷り通っていいのか、と憤ったのも今は昔、ああまたか、くらいの感想しか抱けないのが微妙に空しい気分ですが。タイで一番人気のあるスポーツはサッカーだそうですが、自国で国際試合を行ったとして、このような無道はさすがに許されないですよね。野球のWBCやサッカーのワールドカップでの審判の対応なんかは毎回色々と取り沙汰されますし、スポーツ界隈で全くのクリーンなんてこともありえないのでしょうが。しかしボクシングではここまで露骨なことが起こって、しかも大きな問題して取り上げられることもなく、よって改善もされない。一ファンにはどうしようもないことですが、なんだかなー。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-06-14 07:42:19
>アラサーファンさん

打たれた前後の挙動も、印象としてというだけでなく、やはり以前より端的に異変が見えますね。新トレーナーの指導については、序盤の動きの中で、リズム重視の傾向が良い感じで見えたようにも思いました。残念ながら、あまり続かなかったですが。
カネロとの試合は、ビジネスの情勢次第という感じでしょうか。カネロがやむなく、という状況にあるのか否か、なんでしょうが。
ワンヘンについては同感です。これまでも色々思うところはありましたが、今回の試合の終わり方にいたっては、本当に...箱庭の王、ですね。日本のこのクラスだと、重岡の大成には期待しますが、まだ先の話でもありましょうね。
若手にはタイトルやトーナメントがあって、好カードで切磋琢磨する機会が多いのに、上位になると逆の傾向ですね。もっと大きなスポンサーがつくような状況であれば、話は違ってくるのでしょうが、現実はそういう良い話にはなりようがない、というところですね。


>ネコパンチャーさん

下肢の柔軟さ、踏み込みの深さなど、言われてみればそうですね。こればかりは避けようのないことでしょうが。相手のガードを打ち崩す、上下内外の連打はまだ生きていると思いますが、今回はそれも研究されていたか、けっこう防がれてもいました。カネロやジェイコブスを仕留められなかったことは、徐々に、僅かにであっても、衰えがあってこそであり、それ故の拮抗した試合、その後の初黒星でもあった、というのは事実でしょうね。アンドラーデは実力はともかく、ビジネス面での訴求力で落ちるのでしょうね。
タイのボクシング界については、酷い話はいくらでもありますが...パッキャオも秤いじられて負けたり、今回のような露骨な裁定や判定など、枚挙に暇がない、という。かつての日本の大手会長などは、タイで受けた仕打ちに倣って、色々と後に問題を起こしましたし、その流れを汲む?一派もいました。しかしここまで露骨に、堂々とそれがまかり通りはしませんね。当然批判もされますし。タイでは今回のような試合をしても、批判の声が上がったり、選手の人気が落ちたり、という話も伝わってきませんね。最近はタイの情報が専門誌に載ることも減りましたが...。


Unknown (CB400F)
2019-06-16 11:35:11
今度日本にやってくるフィリピンのタコニングという選手は強かったですね。
ご指摘のタイで不可解極まりない裁定で負けにされてました。
7年ほど前ですがこの頃は本当に強かったです。
私見ですがあの当時のロマゴンさんとやっても拮抗出来たかも知れないと思って居りました。
残念ながらピークをとうに過ぎての初来日ですが、逆に言えば今だからお呼びが掛かったのでしょう。
これまた日本的というか・・・。

しかしそれだけにタイという国で勝ち抜ける選手と
いうのは「本物」を滲ませてくれますね。

ゴメス然り、セルバンテス然り、サパタ、ロペス、ユーリetc。

ユーリがムアンチャイとタイで再戦した時にムアンチャイを助けるようにラウンド終了ゴングが30秒ほど早く鳴ってましたが、それより少し前に日本で同じ事が別の試合でありました。
井岡当人がゲスト解説だったのは奇縁でしたね。

リオ五輪の前でしたかバレーボールの女子の試合が
日本で行われていて大接戦で迎えた最終セットでしたでしょうか大ピンチの日本を救うような「えげつない」ジャッジメントがあり強引に日本の勝ちになりましたが日本人として恥ずかしかった記憶があります。
サッカーの日韓ワールドカップの時も地元の
韓国対イタリア戦や、韓国対スペイン戦で唖然とするようなジャッジメントがありました。

いずこも同じような気がします。

アメリカ合衆国は少ないですが。

コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-06-17 16:58:59
>CB400Fさん

タコニングの試合は二試合くらいしか見たことがないですが、確かに強かったですね。拳四朗が日本王者のとき、OPBF王者だったように記憶していますが、結局挑戦はなく、空位決定戦になりました。このあたりはもう、世界とつかないと組まないって感じの話が横行していますね。そういう経緯を経て今回ですが、まあ1位だから、ということではあるんでしょう。
タイで痛烈に勝った人というと、あとはホセ・ボニーヤとか、セレスティーノ・カバジェロですかね。最近はどうでしたかね。晩年のポンサクレックやウィラポンに勝った人とかは、また別枠として、江藤光喜は暫定とはいえ、まずは価値ある勝利でした。ユーリの試合は無茶苦茶でしたね。世界的に「進歩的」レフェリーで売っていたリチャード・スティールが、まるで別人のようなレフェリングをしたのも印象的で、やっぱりタイは色々と...と思わざるを得ませんね。
バレーボールやサッカーは、さほど通暁していませんので何ともですが、アメリカにおけるボクシングの大きな試合は、地元だから勝たせたい、という次元の上にある、良いものを見たい、という需要に応えるための「公」の試合、という風に捉えられるものでしょうね。もっとも最近は、その辺もけっこう揺らいでいる例もありはしますが。

コメントを投稿

話題あれこれ」カテゴリの最新記事