さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

ピンチの直後に、代打が牙を剥いた ポッチャリの星ルイス、筋骨隆々ジョシュアをTKO

2019-06-02 13:50:13 | 海外ボクシング



ということで、先月はWOWOWが放送でオンデマンドで、生中継を連発してくださいました。
ところが、今月はDAZN逆襲月間?というわけで、今日を含めてライブ配信、3興行を予定とのこと。
まあ、カードとして、勝敗への興味はというと、カンシオ、マチャドの再戦が一番で、あとはスター登場ではあるけど、勝ち負けはまあ...という感じで、のんびり見ていたようなことなんですが。


=====================


挑戦者アンディ・ルイスのことは、数年前にWOWOW生中継のアンダーか何かで初めて見ました。
一目見て忘れられん、可愛らしい童顔とぽっちゃり体型。
ところが打ち出すと、ジャブ、右クロスにスリーパンチがけっこう速い。
見た目のコミカルさと、ボクサーとしての良さのギャップがなんとも言えず、一気にファンになってしまったものです。
人呼んで、というか、私が勝手に呼んでいるだけですが、この選手は「ポッチャリの星」である、と。

しかしその後、WBO戦で敗れ、試合映像もあまり見る機会がなかったのですが、今回の試合に代打で出場が決まり、久々に試合を、というより前に、その姿を見ることとなりました。
以前より入れ墨が増え、髭も伸ばして「闘うキューピー」のイメージはだいぶ失せたものの、それでも「味」のあるとこは、一目見て変わらず(笑)。
あまりに対照的な外見の、筋骨隆々が度を超しているアンソニー・ジョシュア相手だと、大変そうだけども、ええの一発当てるなりして、爪痕は残してほしいなあ、くらいに思っていました。


=====================


初回、ジョシュア、ルイス共に慎重。見て立つ、という表現がぴったり。
ルイスの左ジャブは、外見からは想像つかないくらい、普通に速い。ジョシュア左ジャブで距離取る。
イーブンつけたい回。

2回、ルイスが早々に出て、左から右クロス、くっついて連打。ラビット気味のも混じる。
ジョシュア冷静に防いで、ジャブ。右ストレート長いのが、ルイスのこめかみに届く。ややジョシュア?

3回、ジョシュアが出る。右アッパー入れて、返しの左フックでルイスダウン。
ダメージありそうなルイスに、ジョシュアが追撃するが、ルイスが返して打ち合いになる。

ここでジョシュア、若干雑に狙った感も。そして、距離が詰まったときに、右ガードが低くなる。
打ち合いでルイスの左フックが決まり、逆にジョシュアがダウン。MSG騒然。
ジョシュアが立って、しばらく持ちこたえるが、ラウンド最後になってルイスが右クロスから攻め、ロープ際で、ジョシュア二度目のダウン。
ジョシュアダメージありあり。だがほどなくゴングが鳴り、レフェリーは続行を許可。

後から思えばですが、普通の、というか、もっと「小さい」試合なら、ここで止めていたかも、と思うくらい、ジョシュアにはダメージを感じたし、レフェリーの見極めも慎重なもので、これがこの試合の最後にも繋がっていたのでしょう。

4回、両者音無し。ルイスは傍目に「もっと攻めんと!」と言いたくなる慎重さ。
5回、ジョシュアはルイスの詰めの甘さに助けられたか、きつそうだが少しずつ手は出始める。フック気味の左リードが決まる。

6回、ジョシュアが回り、ルイスがじりじり追う。共に左がヒットしたあと、ルイスの右ボディフックが突き刺さる。
ジョシュア、身体の運びが重く、あまり動けないところにボディを打たれ、上体が伸び、表情にも苦しさが出てしまう。

7回、両者左相打ち気味にヒット。直後、ルイスの右ロングフックがジョシュアに命中。ジョシュア、これは見えていなかったか、ダメージ甚大。
ここからの追撃、連打の速さはルイスの真骨頂。ジョシュアのガードを打ち崩し、最後はジョシュアが前に手をついてダウン。
立ったが、ルイスが左右フックで打ちかかると、この回二度目、通算四度目のダウン。

レフェリーがコーナーに立つジョシュアを、長い時間をかけてチェックしたあと、ストップが宣告されました。
これで続けたら、ただのロングカウントやないか。健康管理の目的を利用して、何を勝手な...と思ったりもした場面でしたが、上記の通りの経緯もあり、レフェリーはこれ以上は危険、と断を下しました。


=====================


敗れたアンソニー・ジョシュアには、過去の試合ぶりを見て、その都度、鍛え上げられた肉体によるスピード、パワーは凄まじいものの、その肉体の鍛え方そのものが、ボクサーとしての持久力を損ない、または技術面での練度にも追いついていないのでは、という危惧を感じてきました。

今日の試合でも「露呈」のレベルで見えましたが、離れたところでガード下げても、くっつきゃ自然に上がる、そう訓練されているのが(一流の)ボクサーというものでしょうに、ジョシュアは離れたところで手が上がり、距離が詰まると、右手を下げる癖があります。
見ていて何度も「逆やがな」と思った次第ですが、この弱点が、3回最初にダウンを奪った後の、追撃する場面において出てしまいました。
ルイスの左フック「着弾」を許したことが、その後の破局に繋がったわけです。

このような粗を出さないよう、慎重に手控えて自重して闘う...というか、闘わねばならないジョシュアの限界は、過去の試合にも見て取れました。
KOシーンは派手なジョシュアですが、試合内容、過程を見れば、その心技体のバランスは非常に歪で、危うさを抱えたものであると。
そういう自覚は、今日の初回、2回にも充分出ていました。しかし3回の好機に、一瞬それを忘れたか、迷ったか。
米国デビュー戦、殿堂MSGでの試合、という要因も、そこには絡んでいたのかな、と思ったりもします。

いくら筋肉の鎧を身に纏い、明朗快活なイメージで売ろうと、ボクシングという闘いは、結局のところ、人間を裸にするもの、なのかもしれません。
そして、ボクサーが持つ真の強さとは何か、という問いに、今日の試合はひとつの回答を示したのかも、とも。

予想が不利であろうと、代打出場であろうと、己の力を信じ、危機にあっても果敢に、懸命に闘う。
強大な相手であろうと、恐れず挑みかかる剥き出しの牙こそが、闘いの場において、もっとも鋭く、恐るべきものなのだ、と。


=====================


ということで、アンディ・ルイスが世界ヘビー級チャンピオンになりました。なりよりました(笑)。
しかも3団体のベルトを一手にしたわけです。
DAZNに多額の投資をもたらした立役者であり、ヘビー級の次代を担う期待の星。
時代の最先端を行くフィジカルトレーニングで作り上げた筋骨隆々の戦士。
朗らかに自己主張のスピーチを繰り返す、当世風のスターボクサー。
そんなアンソニー・ジョシュアに、ポッチャリ体型のメキシコルーツのアメリカ人が、ニューヨークの殿堂、マジソンスクエアガーデンでKO勝ちし、ヘビー級の新チャンピオンになる。
実際に試合が行われれば、どんなことでも起こる可能性はある。それがボクシングだとわかっていても、やっぱり、これを予想、想像しろと言われても、無理というものだったでしょう。

今後についてですが、3強時代と言われるヘビー級戦線に、とんでもない新たな主役が躍り出てきて「4強」時代となった...と言えるかどうかは、まだ少し時間が必要かな、とも思います。
アンディ・ルイスの戦力には、今日の勝利を見てなお、ある程度の限界を感じもしますが、しかし確かな強みもあり、それが結果による裏付けを得て、確固たる自信が身につくのかもしれません。その答えは、これからの試合で、すぐに見られることでしょう。


=====================


今日のライブ配信は、DAZNの目玉商品たる、欧州チャンピオンズリーグのファイナルと一部時間が重なる、早朝6時半からのライブ配信、と予定が出ていました。
なんで米国東海岸の試合がそんな早い時間になるのや、第一試合から全部やるのか。メインはいつになるものやら...と思っていたら、DAZNのHPに「メインは11時半以降配信」と※付きで注意書きあり。
これは本当に驚きました。なんと親切な。どないしましたんや、DAZNさん(笑)というのが、率直な感想です。

真面目な話、シーサケット、エストラーダ再戦の2時間待ちぼうけ事件を受けて、さすがに抗議が殺到...まではいかなくとも、やはり苦情が数件はあったんでしょうね。
何にせよ、冗談抜きでこれは有り難かったです。安心して、9時半くらいまで寝て、ゆっくりと試合を見ることが出来ました。
まだ、DAZNはWOWOWオンデマンドと違い、見ている最中でも、巻き戻して前座の試合を見ることも出来ます。
この辺の便利さは、やはりオンデマンド本業のDAZNと、サービスの一環でしかないWOWOWオンデマンドの、明白な差ですね。
と、良いところがあれば、ちゃんと褒めておきます。


そんなことでセミはカラム・スミスが、あのアッサン・エンダムを3回までに3度倒してTKO。
初回、2回に左フック。3回は右ショートで倒しました。
エンダムは、ダウン食っても判定まで行く、という特技を今回は出せず。体格、パワーの差は歴然でした。



=====================


ということで、本日の一曲。
The Birthday 「さよなら最終兵器」。






コメント (7)   この記事についてブログを書く
« あまりに端的な欠落と不足 ... | トップ | 強打健在なれど/百年一日の国... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (月庵)
2019-06-02 15:41:21
基本的にはフューリー・ワイルダー・ジョシュアの三強なのだとしても、フューリーを除く二人には明確な欠陥があって、上手く戦うか相手がミスすれば勝つチャンスはある、という程度の力の差しかトップボクサーには存在しないんだろうなと改めて思いました。なるほどウシクが勝機ありとヘビー級に進出しようと思うのもわかります。パワー差激しいと思いますが。総合力で言えばフューリーが頭二つくらい抜けていると思いますが、一発叩き込めさえすればどうにかなるとワイルダーが証明もしたわけで、ビジネス上の駆け引き含めてまだまだヘビー級の混沌は続きそうですね。

アルバレスはスミス戦回避しそうですね。少なくとも当面は。元々アルバレスはカウンターパンチャーではあるが、あれでは自分から踏み込むのはリスク高すぎるし、ミドル級のトップ相手で倒せるパンチがないのは過去の試合で示した通りなので、物議かもす判定以外に勝つビジョンは現状では見えてこないですね。アルバレス本人が試合を望んだとしてもDAZNが拒否しそうです。ジョシュアがあんな事になった以上は。
Unknown (アラフォーファン)
2019-06-02 16:54:19
ジョシュアはジャブの後足浮いて身体流れる場面が2Rくらいにあり、この日はそもそも不調だったのかなと思いつつ、それでもあの3Rにダウン奪うあたりでもう勝つだろうと思ってました。それがまさかああなるとは
。かつてパーカーに勝った試合でクリチコ化しつつあると言ったと思いますが、まさか打たれ弱さやガス欠の早さ、またその後の回復の異常な遅さまで引き継ぐとは。ヘビー級はまた混沌としそうですね。
Unknown (ネコパンチャー)
2019-06-03 18:15:49
ジョシュア、やってしまいましたね。
効かされつつもインファイトでの打ち合いで挽回してみせたスミスは見事でした。しかしウラジなら、バックギアで距離を取りながらのジャブ&クリンチで完封できていたように思います。ジョシュアは徹し切れませんでしたが、けれどあのスタイルの再現を観たいともあまり思えない。安定感や長期政権を求めるのであれば、ああするのが一番なのでしょうが。

とりあえずジョシュアも復帰に前向きな様子なので、再戦でどう出るか、どうなるかが見物ですね。
Unknown (NB)
2019-06-04 00:25:00
ボクシングの見た目からですが、ワイルダーより先に陥落するとは(笑)、でも致命的に悪い部分は明白に表していましたから、納得はいきます。
まぁ、ワイルダーでも怪しい相手かもしれませんがね。

ベビー級の大柄チャンピオンには過去にもこのような負けは見てきましたが、レノックスルイスなど再戦では無難な勝利で結局ほぼ油断が敗戦の原因みたいな感じでしたが、今回のジョシュアの負け方はそれらとは違う、もっと重い敗戦に見えました。
でも、どうせ再戦では勝つんだろな、と思ってますが。
ワイルダーとの対戦に重みが小さくなった事や、また対戦まで時間がかかる事が残念でした。
「いやぁ、ベビー級って本当、怖いもんですね。」
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-06-04 01:22:39
>月庵さん

ジョシュアとワイルダーは「総合力」でフューリーに劣る、とは言えるでしょうね。ジョシュアはその粗を隠して闘わねば、という自覚が強く、ワイルダーは何考えてんのかわかんない(笑)という違いはあるような気がしますが。ジョシュアは今回、その自覚を一瞬、忘れたことが破局を招きました。
アルバレスのスミス戦、と言われて、一瞬何かわかりませんでした。私の脳内では、最初からやるはずのないものとしてインプットされていました(笑)やるわけないと思います。カネロはヒスパニック系ファンベースを取っ払えば、強敵相手に「勝負」が出来ない、巧いミドル級、ってところでしかないでしょうしね。DAZNにとって今回の結果は、今後に色々影響するんでしょうね。


>アラフォーファンさん

立ち上がりのジョシュアは不調とも思いませんでしたが、確かに冴えているわけでもなかったですね。3回の好機が、一転危機を招く事態になってしまった所以は、私には油断、判断ミス、集中力の欠如、これら全てが相まったものだ、と思えますが、身体の不調だったかどうかは...何かあったのかもしれませんが、今のところは見て取れていませんね。
打たれた場合の話は、何しろヘビー級だし、というのが前提ではありますが...ルイスがヘビー級としては連打が効き、ガードの内外を打ち分けて打ち崩す巧さに、抜群のものを持っていたせい、でもあるでしょうね。ある意味今回の負けは、仰るところの「クリチコ化」に失敗した、またはそれが不完全であったが故、とも言えるのではないでしょうか。


>ネコパンチャーさん

やってしまいましたねえ。上記コメントにも書きましたが「クリチコ化」が不完全であった、という敗戦に見えました。
しかし、ジョシュアほど素質に恵まれていれば、粗を隠すために安きに流れるのでなく、正統派の攻撃ボクシングの密度を高めて、防御の欠点を修正する、という方向性を見せてほしいですね。その上で時に敗れることがあったとて、それをとやかく言うことは誰にも出来ない、と思うのですが。ヘビー級チャンピオンはボクシング界の顔なんですから、そこでドンガラ下げた大男が、打っては揉み合い、しがみつき、のしかかり、とやられてはたまらんですからね。
再戦はまあ、英国で、ってことになるんでしょうが...ジョシュア君、試合後、ルイスのインタビューのケツに食いついて、マイク取って喋って、ブーイングされてましたねえ。ああいうとこがねえ...(笑)


>NBさん

ワイルダーは確かに色々アレなんですが、マーク・ブリーランドが教えてるっていうんで、基本離れて闘うベースで作られてはいて、そこが質の高い相手になっても間が持つ一因ではあるんでしょうね。
ジョシュアはトレーニングの方向性、身体作りの目的が、ボクシングに必要なものを備えるためになっていない部分がある、と感じます。単に重いもの上げるか否か、とかいう話ではなく、優先順位や配分が違うんじゃないかなあと。再戦は、先制のダウンを奪ったあとの展開を見直せれば勝てるのでしょうが...直接再戦を英国でやれるなら、勝算は大きいでしょうね。もし、その辺の条件が揃わなかったら、どうなるかなあ、という感じもしますね。
その後、ワイルダー戦があったとしても、さらなる遠回りになりますかね。試合の価値は、そこに至るまでの試合内容にも左右されるのでしょうが...。


Unknown (CB400F)
2019-06-07 15:36:49
遅ればせながら、やっとこさこの試合の映像を見ました。
あくまで私見ですが、これ再戦ありきの雰囲気を
何やら色濃く感じております。
もとよりプライズファイターは稼いでナンボなので
無敗同士でデオンタイといつになるやら分からない最終決戦なんてさらさら考えていないんじゃないかと。
これロンドンにもっていきゃ結構値が付きますから。
もちろんアンディの方はベストを尽くしたし喝采ものだと思っています。
ジョシュアとすれば「最初のダウンで勝てるものならそれでよし、商品価値の無い者とはそれで終わり」くらいの感覚でやっていたのではないですかね。

ただアップライトに構えるオーソドックスなヘビー級の名選手がたるみ気味のファイターに一本取られそうになる事は結構ありますね。
ルイスの本家ジョー・ルイスが色物トニー・ガレントにダウン喰ったのは80年前だそうで。

それよりも注目していたのが前座のウェルター級
10回戦でニュー・レイ・ロビンソン対英国で売り出し中のジョッシュ・ケリーの一戦でした。
チャンピオン大バーゲンセール中のボクシング界で
ほぼ絶滅危惧種になりつつある「曲者」(多くのチャンピオンより遥かに貴重)の一人あるロビンソン相手に今やるか?と思っていましたが、流石に勝たせてはくれませんでしたが、中身のある引き分けだったと思います。
サウスポーに構え前足でステップインさせにくくしておいて更に半身ですので遣り難かったはずなんですがロビンソンの前戦でやはり引き分けたカバリウスカスよりも大胆に踏まれたら踏返すくらいの太々しさを見せました。
同じ引き分けでも曲者ロビンソンを大いに削りました。試合後のロビンソンの状態が違いました。
ロビンソンの当日のコンディションにもよりますが。

伊藤の記事で書いて居られましたがあそこで強引にでも攻め込めるかどうかは一つの分岐点だったと思います。遠慮したら負けですね。
この一戦で7〜8戦分くらいのキャリアを構築出来たのではないでしょうか。

アンディvsジョシュアとともにロンドンで再戦したら今度は明確に勝つのではないですかね。
まだまだ頂きは遠いですが。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-06-08 11:44:25
>CB400Fさん

この立場の挑戦者が勝った場合、すぐ再戦という縛りはよくある話ですね。ひともめふたもめしそうでもありますが。
当人や陣営が、しかるべき唯一の王者となることより、稼ぎ第一というのは当然ですね。それは古今東西、基本的に。しかしその意のままに話が進むばかりでは困る、という力が、昔日のボクシング界には存在しました。それは統括団体の権威のみならず、それを常識として見るジャーナリズム、そしてファンの声でもあったのでしょうね。
ジョシュ・ケリーはスコットランドの竜巻さんと色々似ているので、最初混同してました(笑)ニューロビンソン、私は今回初めて動いてるとこ見ましたが、やりにくそうな選手でしたね。ケリーは試合数だけ見れば冒険でしたが、終わってみればしっかりやれるところを見せた試合でした。
前足の陣取り合戦については、最初取られたら、それこそ相手の足首を踵で踏みつけにいったり、足払いかけたりするくらいの勢いが欲しいところですね。何も上半身だけで、拳だけで闘うのがボクシングではないですからね。

コメントを投稿

海外ボクシング」カテゴリの最新記事