さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

思い切り拍手してきました

2012-06-21 00:26:14 | 井岡一翔
ただいま、府立体育館より帰ってまいりました。

いやはや、あんなに人の多い府立はいつ以来でしょうか。文字通りの超満員でした。
二階席の通路や、一階席の後方は立ち見の観客で埋まり、共に空席はほとんどなし。
ものすごい熱気の中、井岡一翔と八重樫東の激闘を見てきました。


こちらは二階席からの観戦ですので、TVで見た方の印象とは少し違うかも知れません。
私の元にはTV観戦の方から「僅差ではなく大差で井岡」「引き分け」などなど、
異なる意見が聞こえてきました。

私は115-113井岡、と見ました。
一打の威力でまさる八重樫の有効打が抑えた回より、
ラウンド全体でのヒット数、ペース掌握、防御の良さで井岡が取った回の方が多かった。
簡単にいうとそういう見方です。


井岡の左リード、振りの小さい左アッパー、好機に鋭く飛ばす右ストレートに対し、
八重樫は井岡の右ガードの隙間を左フックで叩き、右で追撃し、連打で対抗する。
基本的にはこういう攻防が続いたと思いますが、勝敗を分けたポイントとしては、
なんといっても初回、そして3回、八重樫の両まぶたが腫れ上がったこと。

場内に「八重樫選手のまぶたの腫れはヒッティングによるもの」とアナウンスがされ、
場内のモニタに目をやると、まだ始まったばかりなのに、明らかにわかる酷い腫れでした。
この腫れを確認するためのドクターチェックが6回、7回に二度行われ、試合続行を危ぶんだ八重樫は、
結果として中盤、勝負を急いで猛攻を仕掛けましたが、ここを井岡に乗り切られ、反撃を受けました。
この無理な展開が無ければ、とは、どうしても考えるところです。

そして、この展開の中で、井岡はジャブで突き放す展開を敢えて捨て、
視界、距離感が悪くなった八重樫が期待する打ち合いを挑んだ場面がありました。
これにより井岡は被弾が増え、終盤の失速というか劣勢の場面を招きました。


八重樫の負ったハンデが、井岡の有効打による腫れだったとすれば、
それも勝負のうち、ではあります。
試合終盤、八重樫が、ヒットを取ったにもかかわらずバランスを崩す場面がありましたが、
これは相当、視界が悪いのでは、打つ標的が見えていないまま打っているパンチもあるのではないか、と思いました。

ひとつ繰り言を許していただけるなら、こういう勝負の綾がないまま、
八重樫のもっとダイナミックな仕掛けと、井岡の冷静な対処の末の、最後の選択肢としての打ち合いを見たかった、
という気持ちも若干あったりします。


しかし両者は、こういう勝負の綾、自分にけっして幸いしない状況に直面しても、
ひるむことなく相手に立ち向かいました。
試合を打ち切られるかもしれない恐怖を背負い、退路を断って捨て身で打ち合いを挑んだ八重樫。
勝つために最善とはいえない選択を何度か繰り返し、危険を承知で自らの誇りを満たそうとした井岡。
息をつく間もない、濃密な闘いを思い返すと、私の繰り言など、そもそも何の意味もなさないのだ、とも思います。


大きな会場を埋めた大観衆を、鍛え抜かれた肉体と、圧倒的な技量と、燃えるような闘志と、
そして闘い終えた後の美しいマナーで魅了した、二人の偉大なチャンピオンに、感謝と拍手を送りたいです。



...ていうか、実際、試合終了後の会場では、判定のコールを待たずして
スタンディング・オベーションが沸き起こり、私も当然、その中のひとりとして、
席を立ち、思い切り拍手をさせてもらったわけなんですが(^^)

いや、素晴らしい試合でした。見に行って良かった!



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 勝ち負け以前の期待充分/また... | トップ | あれこれと長い雑感 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さんちょう)
2012-06-21 13:12:26
僕もテレビの前で拍手しました!!2人とも素晴らしいです。井岡選手のジャブはすごいですね。ただ、減量の影響か最後は失速したように見え、八重樫選手が逆転してしまうかと思いました。 これからもこういう試合が観たいですね。
今日の新聞に会場のファン100人に聞いた今後観たいと思う日本人対決というので、西岡VS長谷川がダントツでした。僕もこの2人の対決が1番観たいです。究極の黄金カードと思います。ジムがどうのこうのとか言わずに是非実現させてほしいです。
Unknown (おう)
2012-06-21 17:35:29
いやあ、素晴らしい試合でした。
TVではさかんに辰吉VS薬師寺戦の再来、みたいなことを煽っていましたが、あの当時のような必要以上の舌戦もなく、それがかえって純粋にどっちが勝つのだろうと試合をより楽しみにさせていた気がします。
日本人には時には相手の家族をも罵倒してしまうような舌戦なんて似合いませんて。

それはさておき、ボクシング(に限らず)はどちらかに肩入れして見ていたほうが絶対エキサイトしますので、今回私は八重樫を応援していました。
八重樫、子どもと奥さんのためにも頑張れ!という感じです。
トランクスの「とうちゃんがんばれ」は泣けましたね。
初回から目が腫れたのが悔やまれてなりません。
練りに練ったであろうプランを大幅修正せざるを得なかったであろうに、よく頑張りました。
終わった後のお互いを健闘しあう姿には目頭が熱くなってしまいました。
負けてなんら恥じることのない、あの戦う姿勢は井岡が返上するであろうベルトにもう一度チャレンジして欲しいものです。
素晴らしい1日でした (tetsujin)
2012-06-21 23:44:26
自分の席は南アリーナの真ん中でしたが、前方の人の頭が邪魔で、メインは八重樫応援団席の後方立ち見でした。府立は2階中央がいです。

普段はあまり大声は出さないんですが、この日はかなり叫びました。会場で見た分には、116-112。、帰ってTV見てからでは115-113、どちらも八重樫。感情入っているの承知の印象です。
八重樫への声援がラウンド重ねるごとにどんどん増えて終盤はアウェーでなくなった感じでした。
今日のラジオで桑原征平さんは116-112で八重樫だと語ってました。あの人の採点も自身の芸風と同じでファイター好みですね。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2012-06-22 23:17:35
>さんちょうさん

この二人の試合が、色んな意味で「成功」したことが、今後のボクシング界に好影響を及ぼしてくれたら何よりですね。そういう意味で勝った井岡はもちろん、敗れながらもその名声を高めるような闘いを見せた八重樫こそが、この一戦の殊勲者だったのかも知れませんね。
西岡も長谷川も、次の試合が難しそうなら、名誉王座タイトルマッチでもなんでも良いから、このふたりのカードをやって欲しいです。そしたら「名誉」という言葉にも、本来の意味が出てくる、と思ったりもしますね。やってほしいです。

>おうさん

薬師寺vs辰吉の試合は、成立した理由や入札の経緯などから、大手である帝拳側のうらみつらみがあり、それに乗っかったようなマスコミ報道も含め、今思えば誰も彼もが、どうかなってしまった状況でしたし、あらゆる意味でマトモじゃなかったですね。選手もまた、それに引っ張られた面があったように思います。ことに辰吉側は、本人のみならず陣営も、でしたね。

八重樫のバックボーンについては関西でも広く知られていましたね。「えらい手強そうやけど、ええ感じの人やねー」「何か野次りにくいなぁ、困ったこっちゃ」的な受け止め方をされていました。あの瞼の腫れは、バッディングも一因だったかもしれませんが、最初はジャブと右のヒットによるものでしたかね。いずれにせよあれは試合の流れをある程度決め、八重樫の闘い方を限定した感じでした。
両者はこの試合でそれぞれの価値を高めたと思います。今後もそれにふさわしい試合を戦ってほしいですし、階級を上げての再戦も期待したいです。

>tetsujinさん

お疲れ様でした。私は二階席東側、やや北よりに陣取って見ておりました。府立のアリーナがあれほどの人で埋まっていたのは、私が直に見た中では、今を去ること21年前の柳明佑vs井岡弘樹戦以来のことです。
私たちの周辺でも、大半が関西の観客のはずですが、八重樫に対する拍手は大きかったですね。彼は敵地のはずの観衆を魅了していましたね。プロのファイターとして、最高の誉れだと思います。
判定については、TVで見るとどうしても八重樫の瞼が見えるんで、印象は井岡の方に行く感じですね。私は会場で八重樫につけた回が、TVで見ると井岡につけざるをえないようなことがありました。

コメントを投稿

井岡一翔」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事