さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

清々しく分ける/離れて完封/才と甘さと/壮絶に逆転

2019-05-02 15:55:16 | 関東ボクシング



ということで、週末毎にあれこれとライブでボクシングを見られる昨今ですが、
我らがBoxingRaiseも、負けじとライブ配信戦線?に参入、奮戦してくれています。
令和最初の日、5月の配信予定が発表され、さっそくその日にライブ配信。
源大輝vs阿部麗也という注目カードを、ホールに行かずしてライブで見られました。
本当に有り難いことです。

他にもカード一覧の通り、18日、墨田総合体育館の日本タイトルマッチ、
田村亮一vs久我勇作戦をライブ配信する他、
どうにかして映像見たいなあと思っていたカードが、いくつも見られます。

3日のクドゥラ金子vs安達陸虎戦は、行くつもりだったけど難しくなり、
8日の小國以載、26日の坂本vs阪下戦などは、見たいけど、
とても会場には行けそうもない、という試合だったので。

BoxingRaise、今月は大盤振る舞いの様相です。これで980円はお得です。
未加入のボクシングファンの皆様、そろそろご加入されては如何でしょうか。
と、すっかり先方の回し者と化す私です(^^)

そんなことで、昨夜のライブ配信を始め、今回はBoxingRaise観戦記、感想文です。


====================================


メインは日本フェザー級タイトルマッチ、源大輝vs阿部麗也

右左、ファイターとボクサー、雑草タイプと天才肌、
何から何まで対照的な上に、試合前からバチバチと煽り合って
大いに盛り上がっていて大変結構(^^)な、必見のカードでありました。

立ち上がり、阿部は、上体を立てず、こちらが思うより、少しだけ前がかり?な感じで、
前見たときの印象と違う、と感じた次第。リズミカルに動き、軽いが速いコンビ。
源はいままで見た通り、上体を左右に揺らし、翻しつつ、前に前に。

阿部が大過なく終わらせた、と見えた初回終盤、右の相打ち。
源が即座に右をもう一発、阿部がこれを食ってダウン。

ダメージはさほど、序盤だし、と見えたのですが、2回に入ると、
阿部が両足同時に撥ねるようなフットワークになっていて、
これは良くない、タイミングひとつ、一押しで倒れる、と思っていたら案の定。
源の右ロングで阿部、二度目のダウン。

序盤の大量失点、精神的にも阿部は迷い、揺らぐだろう、源ここは攻め時か、と思ったが、
3、4回、阿部が苦しいながらも立て直す。動いてジャブで触れ、速いコンビ。
ダウンシーン以外の展開を再構築。この辺は見た目以上に、心身共に「確か」だなぁ、と感心。

5回は源が左フックで阿部をのけぞらせ、脅かす。
しかし折り返しの6回、阿部の速く小さい左がクリーンヒット。源、初めて?自ら後退。
阿部が二度、源をロープに追う場面。源、左を空振りしてよろめく。鼻血も見える。

ここは阿部が強打で打って出られる選手だったら、と思ったところ。
阿部は前に出ることで「保たせて」いたが、けっこう厳しかったのでは。

7回以降も、両者、手法は違えどよく動き、打ちにくい的であり続ける。
しかし、阿部が右リードに力入れて打つ回数が増え、後半を支配。

ただ、8回だけは別。源が右で攻め込み、軽い連打で喫したヒットを上回り、得点。
これが終わってみれば大きかったか。
9、10回は阿部。10回は左アッパーの好打で、源が失速。
ここも阿部に一押しがあれば...と思った場面。


採点は95-94で、ひとりが阿部支持ながら、残るふたりが94-94、
マジョリティ・ドローというやつで、源の防衛。
さうぽん採点は、源源阿阿源、阿阿源阿阿、94-94でした。

序盤、二度のダウンを奪った源の勝負強さがギラリと光り、
阿部もまた、ピンチを脱し、立て直せる「確かさ」を見せた。
双方の特徴、魅力を存分に見られたのみならず、共に「本物」であることを証してくれた、
見応え十分のタイトルマッチでした。両者に拍手です(^^)


試合後は、双方再戦を見据えながらも、互いを称えるコメントを残していました。
決着がついていない内から、そういうことを言うのは甘い、という意見もありましょうが、
そこはやはり、獣でも兵器でもなく、人間同士のやることだから、と思っておこうかな、
というのが、見終えた時の、率直な心境でした。

まあこれが、国際的な舞台であれば、源、阿部共に、また違った情緒が求められるのかも
しれませんが、日本タイトルマッチというのは、こういう空気感であっても良いでしょう。
見終えて、そういう寛大な気持ちになれる、清々しい内容の試合でした。
双方、ややこしいことも汚い真似も一切なし、真っ正直な闘いでしたしね。

重ねてこれをライブで見られたのは有り難いことでした。
BoxingRaise様々です。DANGAN万歳!というところでしょうか(^^)


====================================


セミファイナルは丸田陽七太がコーチ義人を80-72×3で完封
試合全般を通じ、丸田のジャブが支配。コーチは距離を詰められず仕舞いでした。

どのボクサーにとってもそうでしょうが、自分の間合いより遠くから来るジャブほど
難儀で嫌なものはないでしょうね。この日のコーチは、まさに「ドツボ」状態。
それでも終始、緩まず抵抗し、反撃の機会を狙って、奮闘していました。


丸田は基本、遠くからジャブを当てつつ、少しずつ距離を近づけて、
違う攻め口を模索もしていた様子ではありました。

2回には一度、右サイドに出て攻めようとしましたし、
3回はジャブ、右ストレートでボディを狙いました。
4回は離れてジャブに徹し、6回はガード上げて少し前進。
7、8回はワンツー、右ストレートを狙っていき、ヒットもあり。
ただ、大きく局面が動くことはありませんでした。


内容も、採点上も完勝ですし、フェザー級に転じてまだ2戦目ですから、
このレベルの相手に十分な勝ち星、と言えるでしょう。
しかし、距離を厳しく維持し、ジャブで支配、ではその先は、となったとき、
正直言って物足りない部分が...という印象が残ったのも事実です。
丸田陽七太が好素材であり、転級も正しい選択だった、と思えるだけに、余計に。

ここからどのような上乗せがあるものか、或いは。
マッチメイクにも関わってくる問題でしょうが、要注目ですね。


====================================


緑ジムのホープ、矢吹正道が、前日本ユース王者で日本2位の大保龍斗と
50キロ契約の8回戦で、6回TKO勝ち。

デビューから新人王戦を経て、厳しい試合の数々を闘っている矢吹が、
ランクでは上の大保を序盤から圧倒する好スタート。
余裕を持って足を使い、右ダイレクト、アッパーで迎え撃ち、大保早々に顔が赤い。
小柄な大保が果敢に出て、左ボディを決めるも、矢吹が即座に左アッパーで迎え撃ち。

2回まで快勝のプロセスだったが、3回、矢吹が手を下げ、足を止め加減に。
要らない余裕を見せる。大保が攻め込み、ヒットを取る。
4回は近い距離で打ち合い、ヒットの応酬に。ここで大保、ヒットにより出血。

距離を取れば、矢吹が打って外して終わり、ポイントも来ようというものなのに、
距離を詰めるものだから、互角の打ち合いでも、打ち終わりに手を出すのは大保の方に。
そのせいで、印象が微妙になってしまう。この辺、試合運びが、どうにもよろしくない。

天与の体格、当て勘、センスを持っている矢吹だが、
そういう人にいかにもありがちな甘さもまた、垣間見える展開でした。

5回も矢吹の正確さを見るが、場所も場所だし、大保の攻勢を見る向きもあろう、という展開。
6回、大保の出血にチェックが入り、TKOとなりました。
矢吹正道、素材としては変わらず楽しみな反面...まあ、このように「ままならぬ」人の姿を見ることもまた、
ボクシングを見ることなのだ、とアタマではわかっているつもりではあるんですが。


====================================


日曜日、岡山の桃太郎ファイトも、BoxingRaiseにて後日配信で見られました。
岡山のヒーロー、ユーリ阿久井政悟が、昨年の全日本新人王技能賞、湊義生を初回に逆転KOしました。

初回早々、阿久井が右クロスを決め、湊がよろめく。阿久井が追撃、湊が応じて打ち合いに。
これが距離的に「噛み合う」感じ。阿久井の左フックで湊の顔が跳ね上がるも、
直後、今度は湊が、タメを作っての左フック。阿久井まともに食って、ドスン、と尻餅。

池原信遂レフェリーがカウント8まで数え、再開。
湊が出て、ボディを叩き、左アッパーをインサイド狙いで上に返す。
狙いの見える「詰め」に出るが、阿久井クリンチでしのぎ、右を振って反撃。

湊は左アッパーをボディに入れ、右クロス。良い攻めだったが、阿久井が右を決め、
追撃の連打を浴びせる。この辺は阿久井の真骨頂、湊ダウン。
左フックから右で、湊二度目のダウン。かなり効いていて、再開直後、
湊が右をミスし、阿久井が左から右を当てたところでストップとなりました。


短くも壮絶なノックアウトでした。
前回の試合は、腕の負傷などもあって無念の敗北でしたが、
今回は再起戦となる一戦で、若く手強い新人王を相手に、
打たれた点は課題なれど、逞しさと爆発力をまたも見せて、劇的な勝利でした。

以前ならあまり見る機会もなかったであろう、岡山での試合。
私も岡山での試合観戦は、確か二度しか経験がありません。
しかしこうして配信映像が見られるのですから、嬉しいことです。

ことにユーリ阿久井政悟の試合、果敢な挑戦そのもののマッチメイクの数々、
そして勇敢な試合ぶりは、かなう限り見て、影ながら応援したい、と
ボクシングファンなら心底から思えるはずの、貴重な輝きです。
何とか、中谷潤人への雪辱戦が実現するように、と願わずにはいられませんね。


====================================


そんなわけで、一曲。
Galileo Galilei 「クライマー」。








コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 右構え、奏功せず/得たもの、... | トップ | 果敢に挑むも「一枚上手」の... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宇弓)
2019-05-03 22:39:54
いや会場に行ってきましたが、本当にダンガンはあらゆる面ですげえなあと。
現状ボク界で唯一ちゃんと、
他格闘技に並ぶような「プロ運営」をしてるんじゃなかろうかと。

もう進行もテキパキと無駄な休憩もなく、
何より感心したのが、煽りⅤが非常によくできてて、
阿部麗也が例によって半笑いでボロクソ源ディスってる部分を抜き出し、誇張して描き、
源フアンがその映像に大ブーイングと⦅爆

もうプロレスや他格闘技の会場のように、
初めてこの両者を見た初心者客でさえ、すぐにこの試合に乗れるような情報や空気作りができていると。

本当に何か月か前にボクビーで、ダンガンの社長の古澤さんのインタビューが出てて、
もう一言一句、
ボク界の現状の問題点やら打開策やらの、具体的な示唆に富んでて、

・・・・・・・・
本当にもうとっくに21世紀で、令和の時代にもなったと言うのに、
いまだに頭の中昭和なのかよ!!
ってな感じのボク界のお偉いさんのおじさん、いやお爺さま方は、
この古澤さんのインタビューを壁に貼って、
毎朝、論語と一緒に音読してほしいもんですが(孔子笑

しかもダンガンの本拠地の、瀬端さんのリーゾン大貴ジムは、
井岡選手も抱え、あの莫大な赤坂マネーも流入し??
バンタムの山中杯だの、フエザーのはじめの一歩杯だの、
もう矢継ぎ早に業界改革を推し進め、
しかもこのトーナメントって、ジムじゃなく選手から公募って、まあもちろん最終的にジムの許可はいるにせよ、
・・・もはやジム制度すら根底から変えかねない意欲的な試みと。

・・・・・・いや、
正直言って、花形さんや山下さんよりも、
この古澤さんを協会長にした方が、一気にボク界変わるんじゃ??
って気もしますが。
んまあどんな切れ者でも、まだ30そこそこの若い兄ちゃんじゃ、
ボク界に巣くうお爺さま方が、素直に言うこと聞くわきゃないですが(害笑

まあなんにせよ、
ダンガンガンバレ☆ってことで、
さっそく18日の墨田ボクフエスの、ゾンビ田村と久我戦もダンガンサイトでチケ注文しましたが。
井上ロッド戦の16時間前に、
ウオーミングアップのつもりで行って来ようかと(援笑

そういうわけで、
これからも日本ボク界の、
カードやら運営やらネット配信やらプロモやら、
あらゆる意味で頼んだぞDANGAN!!
こっちも余力とお金の許す限り応援するぞう☆
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-05-04 07:02:31
>宇弓さん

VTRは配信映像でも見られました。大型モニタをカメラで映していて、上が少し切れてましたけど(笑)
しかし両選手も陣営も、応援団も、ある程度まで「おお、言いよるな」と半分承知?で盛り上がってるように感じましたが、どうなんですかね(笑)なんか、いろんな意味で良い雰囲気やなと感じましたが。
DANGANに関しては、逐一同感ですが、爺様方そのものと同時に、背後にいる方々がまた...って感じじゃないですかね。何しろ戦前から幅を利かせてきた類いのジャンルより、後発の方が先進的なのは、これはもう致し方ないところではありましょうね。
件のジムは、今後TBSと関わっていくんでしょうかね。「マネー」の流入、窓口体制、となると、長年それを手にしてきた某ジムの「顔」をどうするんや、みたいな、それこそ地べたを這いずり回るような話になるんでしょうが...もう、そういうのは当てにせず、どうにかしていかんとなぁ、とは思うところですね。
ああ、そうか18日の興行が昼間なのは、終わってから早く寝て、翌日早朝に備えましょう、ってことなんでしょうね。ますます素晴らしいですねDANGAN(^^)

Unknown (宇弓)
2019-05-04 09:54:56
いや昼間にやるのは単に公共の体育館は昼間の方が安いからではと(笑
翌朝の井上戦までボクフアンにコンデイション整わせるためになんてことなら本当に神運営ですが。
ダンガンスタッフや、田村や久我も井上戦ゆっくり見たいだろうしと⦅爆

いやパンフにも書いてましたが、
この墨田大会って、同時に同じ会場のサブアリーナで夕方まで、
すみだボクシングフエス2019☆
とかやるそうで、
サンドバック殴ったりバンテージ巻いたりの体験アトラクションや、
チャンピオンベルトと記念撮影☆
みたいな催しも併設されるとかで、
だから昼間に同時にやるのかなあと。

いや本当に、
新たなフアン層拡大とかプロモ効果とかも狙って、
こんな家族連れでにぎわう休日の都会の街中の、錦糸町の駅前の会場であえてやるんだとしたら、
・・・・ちょっとますますダンガン侮れないなあと。

本当にボクシング界しか知らない昭和のお爺さま方と、
そのバックの金だけ出すけどな~~んも革新的なプランも無く惰性でやってるような皆さんも、
もうちょっとは時代に合った形で色々と知恵を絞ってはいただけないでしょうかと。

井上と村田と井岡選手が現役で、
まだ何とか世間に通じるボクシングのステイタスを死守し続けてくれてる間にどうにかしないと、
本当にこの3人がいなくなった時点で、日本ボク界は一気に韓国ボク界みたく、
世間一般誰も知らずに終了!!☆
ってことになりかねないしと(焦燥
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-05-04 12:10:29
>宇弓さん

どうなんですかね、使用料と集客の兼ね合いなんでしょうが、気遣いもきっと理由に含まれているはずでは(笑)
単に自分たちも早起きして見たいし、ということでもあろうかと(笑)
イベントの件は、昨日の府立でも富樫リングアナにより告知されました。昨日の試合は、後日配信とはいえBoxingRaiseで見られる試合だし、中川健太と闘う那須亮祐がインタビュー受けてましたし、色々地味ながら繋がってました。次世代にとり、ボクシングの存在が「無」になってしまわないように、業界挙げての取り組みがほしいですね。
韓国との比較については、だいぶ昔ですが、ある人に「韓国は結局、最盛期でも、地域の有力者がチケット丸抱えで配ってたっていうじゃないですか。チケット買う習慣が元々ないんじゃ、しょうがないですよ」と言ったら「そんな習慣、日本にだって無いよ」とあっさり言われてしまいました。まあ、一般的ではない、という意味ではまったくその通りですね...。


Unknown (宇弓)
2019-05-04 14:41:58
ならいまだにせっせとチケ買って会場行ってる私らは一般的じゃないんかい!!
・・・・と言いながらふと冷静に考えれば、
反論する材料が全くないことに慄然としますが(震笑

まあ韓国のようにスポンサーがチケ丸抱えとは言わないまでも、
大方の客がジムや選手の身内や知り合いという状況では・・・・
そりゃ大して変わらん話だよなあと(悲

いや本当に、
今までボクシングなんかに来なかった新規客をいかに呼び込むのか、
ライジン様だライズだ新K1だみたく、
会場いっぱいにもはやボク会場でとんと見ないような、若い兄ちゃん姉ちゃん客でワーキャー言ってるのを見ると、
ボク界も何とかしてほしいもんだよなあと。

それこそ鶏か卵が先かじゃないけど、
新規客がいっぱい来るようになれば、自然と興行運営も洗練されて、
客も増えれば注目度もスポンサーも増して、選手のギャラや競技人口の増すきっかけも増え、
いい循環に回るわけで。

そうやって興行が洗練されれば、
ダラダラ長時間興行やったり、試合中にフラフラ客が歩き回ったり、
選手含め勝手に人の席に座ったりとか⦅爆、
あらゆる面で素人の手作り学芸会みたいな空気もなくなって行くんだろうになあと。

だからそういう意味で、
何気に6月の井岡選手の世界戦はちょっと注目してますけどね。
あのダンガンが、井岡選手って世間に通じるスター選手と潤沢な赤坂マネーを、
どんな感じで有効活用していくんだろうかとか、

何ならここで山中杯とか一歩トーナメントとかやって、
優勝者は世界挑戦権ゲット!!☆
とか言って、
CSのTBSとかでやってくれれば、
なんか興行として先々に連続してつながってく流れみたいな感じになっていいのになあと(希望

・・・まあとかなんとか、
もう時間もあまり残されてないことを重々自覚して、
ボク界全体であらゆる知恵と手段を講じてほしいもんですが。
誰よりも命賭けて日々戦ってるボクサー達のためにもね!!(熱願
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2019-05-05 00:52:14
>宇弓さん

ま-、会場で試合見てると、明らかに身銭切ってないな、と「匂い」でわかる(笑)方々が多数派やなあ、と思いますね。一言では表せないような感情が心中に渦巻き...というのは、はるか昔の話で、実のところは、とうの昔に感情を失ってますが。
「手作り学芸会」状態に関しては...ホールを中心に試合を見られている方がそんなことを言っていたら、府立地下に来たら卒倒しますよ(笑)ホールには一応係員がいますが、いくら小規模会場とはいえ、実質、何もなしでやってますからね。視界を遮る位置に立ってスマホで試合撮影とか、普通にやってくれますからね。開場時の行列の管理ひとつまともに出来ませんし。今回も、並んでいた行列を無視して、クドゥラの応援団と覚しき外国人の一団が割り込んで先に入場するのを、制止せずにそのまま入れてましたし。まあ、いちいち腹を立てていたら身が持ちません。
DANGANの今後はどうなるものでしょうかね。TVマネーを有効利用する、という好ましい展開になるのか、またはその真逆のことが起こるのか...明るい予見が少しでも現実になってくれるように、と思いますが。

コメントを投稿

関東ボクシング」カテゴリの最新記事