さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

転級確定?/参考/王座とは/ずっと休んでてエエで

2012-06-13 22:39:51 | 話題あれこれ

ちょこちょこと話題を。
こうでもしないと更新頻度が...あああ、姑息ですね。すみません。

============================================

この手のアドバルーンは日頃からいくらでもありますが、
こればかりは本当であってもらいたいです。
ミニマム級は、本当に今度の試合で最後であってもらいたいと。

さらにいうなら、宮崎亮のライトフライ級も、次が最後だったらいいなぁ...。
フライ級の...というか、事実上WBCに限定されるんでしょうが、
タイトルの行方、情勢を考えると、充分可能性アリと思うんですが。

============================================

とはいえ、別にこの人に負けてほしいと本心から思っているワケじゃないんですよ、ええ。本当に。
そりゃ、テイケン嫌いの関西依怙贔屓は事実ですが、選手そのものを無条件に嫌うわけじゃないです(^^;)

ブラドリーの冷静さ、しぶとさは大いに参考にすべし、ですね。
相手の力をフルに発揮させないための戦略を、しっかり練っておくべきです。
ハロ、パンチは底抜けみたいですから。

もっとも、あの試合が「攻略」であったのかどうかは、未だ議論百出なわけですけど...。

============================================

日本ヘビー級王座、ですかぁ。
その昔、作ったはええけど立ち消え、みたいな話は聞いたことありますが。

なんか、いかにもTV局主導の話って感じがするんですがどうなんでしょう。
そもそも、あの選手を売り出したいけど、オセアニア方面から相手呼ぶばかりでは何かとアレで、
さりとて欧米から呼ぶとこれまた何かとアレで、それまでに10~15試合くらいはやらせたいでしょうし。

色々大変なのは事実だと思うんです。
しかし、タイトルって「そのため」に作っちゃうと、ね。
もっとたくさん選手がいると良いんですけどね。
他の格闘技からの転向、解禁になってるんですから、他にももっと人材が来ないもんでしょうか。

============================================

おまけ。といっても古い話題ですが。

まあ、両拳が痛いなら仕方ないですよね。
なんなら一生休養でもええ、かまへんかまへん、という感じですが。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 意外で残念な失速 | トップ | 勝ち負け以前の期待充分/また... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アラサーファン)
2012-06-16 07:42:28
井岡君の転級は前から分かってました。五十嵐君フライ級王座挑戦も分かってました。ただそのしわ寄せを宮崎君が喰ってる感じが可哀想です。ライトフライ級のWBCのタイ選手も井岡君の予約済みみたいな雰囲気で、ロマゴンは別路線。
過程も踏み、あれだけ才能ある選手が何でこんな待たされるのか。気の毒です。
五十嵐君の相手はこれ以上ない狙い目なのでブラッドリー参考にするとか言う以前に普通に勝てそうですよね。これに勝ってフエンテスやソーサに勝てば認めますけどね。
ヘビー級は人いないし王座云々の環境は整って無いので問題外。あのK1からきた選手を日本王座にして話題づくりしたいだけでしょうかね。
休養王者にされた清水さん、悔しくて泣きましたよね。おてて痛い言いながら関ジャニの番組で腕立てしてましたよね。まあ本業タレント、副業ボクシングの方にとって王座とはこんな物なんですね。タレントとしてもたかがしれてますがね。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2012-06-18 02:52:15
アラサーファンさん

宮崎亮の遠回りには私も似た感情を持ちますが、片方では、彼の試合ごとに出来不出来の激しさや、そのボクシングの特性を考えると、遠回りもまた良し、だったのかなと感じてもいます。世界戦はおそらくフライ級になるのでしょう。私はハロvs五十嵐戦を、世評のような五十嵐の好機だとは必ずしも思っていません。負けて欲しいとは思いませんが、私が何を思おうと結果は出ますし(笑)宮崎の体力面を考えても、ライトフライ級挑戦は無かったものと割り切って応援しましょう。
ヘビー級王座の件は話題作りの必要性の話にしか見えませんね。まあ、少しずつ強味を持つ相手とやらせるまでには、せめて10戦くらいやらせたいのでしょうが、その経験のための試合にも商売のうまみを求めているわけでしょうね。まあ、無理のある話というのは結局は無理な話に過ぎず、行く末も知れていると思いますが。
新休養王者の方については、まあ私に限らずボクシングファンの脳内においてはすでに休養状態だったとは思いますが(笑)タレントとしては、最近どんな様子かは知りませんが、とにかく面白いことを言えない、間が悪い、保たない、という印象しかありません。赤井英和などは、引退後に真のプロの人生が待っていましたが(笑)このお方については、悪いですが格が違うという感じですね。

コメントを投稿

話題あれこれ」カテゴリの最新記事