さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

リスクを乗り越え世界へ挑む

2008-03-22 22:45:29 | 関東ボクシング
クレイジー・キムの世界挑戦が、文字通り「具体化」していますね。

話としては、ターゲットとする王者の前座で組まれた試合をして、
その結果と内容次第で、次の挑戦者に選ばれるかどうか、ということですね。

ずーっと地元で試合をして、そのうち王者を呼んで、地元で挑戦する。
これが日本のボクシング界では当たり前だったわけですが、
特に重いクラスの方だと、この常識は通じません。
今回のキムは、日本の常識に背を向け、世界の常識に沿った形で、
世界に挑もうとしています。

もちろん、非常にリスクの伴う試合でもありましょう。
次に闘うというPABAタイトルマッチの相手がどういう選手かわかりませんが、
敵地で、先方が用意した相手と闘うわけですから、楽ではなさそうです。
でも、そういう厳しい試合を乗り越えて、きちんと評価された上でタイトルに挑む。
これぞ、クレイジー・キムにこそふさわしい挑戦だと思います。

とはいえ、重量級だと、なかなか日本の選手にはチャンスがないのは確かですが、
キムのように、自分から外へ打って出て、チャンスをつかむ選手が
他にもどんどん出てきて欲しいなと思います。


先日、ニューヨークでの試合で、アイリッシュの人気ボクサー、
ミドル級世界ランカーのジョン・ダディがひどい地元判定で勝ちを拾いました。
もちろん、あれはダディにとり、例外的な不調だったのかもしれませんし、
ダディというボクサーがそもそも、あの程度の選手だったのかもしれません。

が、それをさておいて、もしあの試合の対戦相手が
江口啓二や佐藤幸治や鈴木典文だったら、どうだったでしょう。
充分勝てると思ったのは私だけでしょうか。
もしそうなっていたら、今頃、彼らのうちの誰かが世界ミドル級のトップテンに入り、
それこそケリー・パブリック挑戦が決まってたかもしれないのです。

現実には、そういう「世界への挑戦」は、皆無です。
もちろん手強い相手に手痛い黒星を喫することだってあるでしょうが、
そういうリスクを怖れていては、いつまで経ってもチャンスは来ないし、掴めない。

今回、キムの挑む世界前哨戦、その先のことがどうなるかはまだわかりませんし、
彼がライトヘビー級で世界に挑むこと自体も、ちょっと厳しいと感じますが、
出来ることなら、良い形で挑戦が決まってほしいと思います。
私がボクシングファンになった頃からすると、日本のいわゆる「重量級」、
ウェルターやミドルにも好選手が揃ってきた感があるだけに、
彼らがより高みを目指すときの好例を、キムに作ってほしいと思うのです。


ところで、先日、フィジーの選手とチューンナップファイトをやった模様が
スカイAで放送されまして、2回KO勝ちでした。

試合も試合後のインタビューも共に絶好調でした(^^;)
あえて再録はしませんが、なかなかに味わい深いというか。
しかし、どうでもええけど、誰か止める人おらんですか、あれ。
面白いっちゃ面白いですけど、ちょっと怖いです、ハイ(^^;)


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 東洋初の三冠なる | トップ | 名城、沖縄で勝つ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レノンバッファ)
2008-03-23 00:49:35
キムのトークは毎回ハラハラしますね・・。
溜飲が下がる部分も大いにあるんですが、ありゃ地上波で放送できんよなぁと毎度思います。SKY-Aもよくノーカットで流しますねー(笑)。あっぱれ。

ただ、ときおり真面目な表情になって技術分析したりする、あの顔がいいですね。

好漢キムへ、世界の扉が開かれることを心から祈りたくなります。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2008-03-23 16:10:57
本当に、地上波では無理ですよね、あれ(笑)
ただ、試合後リング上でのインタビューは、もうちょっとインタビュアーに配慮するべき点があると思います。

でも、これまでもこれからも、彼はリングの上で、然るべき過程を経て闘ってきたし、その上で世界に挑もうとしているので、ボクサーとして支持できますね。PABAタイトルマッチ勝利と、その先のWBA王者グリーン挑戦が実現されるよう願っています。
Unknown (ちゅうくん)
2008-03-23 16:20:27
確かにインタビューだけ聞いてると頭おかしいちゃうん!!!て言いたくなりますが、ボクサーとしての姿勢は尊敬しますね☆

ただ次戦勝ったけどチャンピオンの都合で有耶無耶になることだけは避けてほしいですね(^^;)
Unknown (VAN)
2008-03-23 21:31:21
重量級での世界挑戦、キムにはぜひ頑張ってもらいたいです。それだけにママニ戦は悔しかったですね・・・

ダディの試合は私も見ました。見ているほうが気持ち良くなるくらいバカスカ貰ってましたね笑
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2008-03-23 22:25:29
>ちゅうくん

なんというか、他人に危害を加えるような危なさがあるんですよね(笑)
実際には何もしないと思いますが(←当たり前や!)

相手のダニー・グリーンが勝たないと、挑戦話もないですからね、うまく行って欲しいところです。しかしオーストラリアのミドル級オーバーのクラスって、良い選手がたくさん出ますが、その中でもグリーンは強いなぁ、と感じさせられた選手でしたね。見たのは数年前のスーパーミドル級のときの試合だけで、今どんな感じなのかはわからないんですが。


>VANさん

ママニ戦はすごいドラマでした。結果知ってびっくり、映像見てまたびっくり、という。ああいう試合で負けるということも、普通のボクサーには出来ないワザです。皮肉でもなんでもなく。

ジョン・ダディはCSのSXBで何度か見てたんですが、そのときは結構強いと思ってたんです。ところがこないだWOWOWでやってた試合は、腹のたるんだ噛ませ的なイメージの相手にぼこぼこに打たれてて、こりゃ何だ?という感じでした。あの日のダディ相手だったら、日本のミドル級のトップクラスで充分勝てたと思うんですが。

コメントを投稿

関東ボクシング」カテゴリの最新記事