さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

盛大な公開スパー/転級しなければ/試練の敗戦/これも要注目

2017-05-08 04:33:01 | 話題あれこれ




昨日は一応、昼間の生中継をのんびり見ておりました。

果たして、そんな大層な試合かね、生中継するほどのものではないだろう...
とは、誰の思いも同じだったでしょう。
メキシコで大騒ぎになるのは、まあ仕方ない部分もあるのでしょうが。

まあ、とりあえずルーカス・マティセがKO勝ちで再起したのはめでたいな、と。
デビッド・レミューは、体格差と同時に、あの単調さでは倒せずとも仕方ない、と。

で、メインは、技量の差がそのまま出たらこうなる、としか思うことがありませんでした。
カネロ・アルバレスから見れば、ジュニアさんは図体のでかいスパーリングパートナーみたいなもんやろう、
と思っていた、そのままの「絵」が12ラウンズに渡って見られました。

試合後、ゴロフキンが登場。去年も似たようなことになっていましたが、
今回は9月に対戦合意とのこと。
カネロはあれこれ言い、ゴロフキンは半笑いで応じておりました。
やるのはめでたいことなれど、また何ポンドで、とかごにょごにょ言いやせんかね、というところなんでしょうか。

もちろん、好カードであることに疑いはありません。
強打、剛健の王者に、抜群のセンスを持つメキシコのスターが挑む、見逃し厳禁の一戦です。
あとは「余計」なこと抜きで、すんなり決めてくれれば、言うことなしなんですがね。


==============================================


前日には、ユリオルキス・ガンボアがTKO負け。世界戦以外では初黒星。

しかし、この体格で、ライト級で戦えば、いずれこうなるとしか言いようがないですね。
この人がフェザーで世界獲ったころの強さったら、もう衝撃というか感動的というか、見事なもので、
それと同時に「このクラスだと体格面で苦労せんかな」なんて思ってたんですが。

実際、あのままフェザーで闘い続けてたら、後に王者となった数々のスター選手たちとの対戦で
あれやこれやと楽しませてもらえたんやないかな、と思ったりもします。

ビジネスやマッチメイクの都合で、あれを追いかけ、こっちに飛んで、という具合で
ほいほい階級を変えて、結局はなんのこっちゃわからん、みたいな事例が散見されますが、
この圧倒的な才能の持ち主も、そんな感じになっちゃいましたかね。本当に残念です。


==============================================


加納陸、世界挑戦経験者のフィリピン王者にKO負け

高山勝成戦に続く、試練の一戦となった模様ですが、仕方ないことだとも思います。
19歳のボクサーが、歴戦の高山に続き、現役のフィリピン王者に敗れたとて、
批判するには値しない。むしろ果敢な挑戦をした、と称えるべきことでしょう。

試合の肩書きが、実際の内容、内実よりも大層なものであり、それがファンの評価に
避けがたく影を落としてしまう、その現実が残念ではありますが。

試合後、休養や引退や、ということまでほのめかされたようですが、
若くして、実像以上に、記録や何やという話題と共に語られることの重圧もまた、
実際の過酷な闘いと同様、彼を苦しめてもいたことでしょう。

色々考え直さないかんことがあるな、と、一介のファンでさえ思います。
彼と、彼の周囲もまた、そうであってほしいですが。


==============================================


八重樫東、ミラン・メリンド戦への心境語る、という記事です。

私もそのうちのひとりですが、このクラスではやはり、この前日に名古屋で行われる
田中恒成vsティト・アコスタの一戦に興味が集中されています。
しかしこの、IBFの指名試合もまた、負けないくらいの好カード、ビッグマッチだと言えるでしょう。

この前日には有明でも、WBCタイトルがあり、拳四朗がガニガン・ロペスを攻略すれば、
ライトフライ級四大王座を日本人ボクサーが独占するわけですが、
その翌日、八重樫が陥落し、その独占が早々に破られても、何の不思議もありません。
メリンドはそれだけの強敵です。

負けはファン・エストラーダとハビエル・メンドサ戦、ふたつの世界戦のみ。
世界上位との対戦も多く、その強さはレコードを見れば一目瞭然。
それ故に、日本人との対戦は今回が初めてです。

動画はあれこれ見てきましたが、数が多すぎるので、直近のファーラン戦ハイライトをご紹介。





全盛期の切れや迫力からすると、ちょっと不完全燃焼な印象ですが、
長身ファーランのリーチに苦しんだ面もありましょうか。

しかし左リードから右の繋ぎのみならず、左フックやアッパーを多彩に散らすコンビ、
そしてその威力はなかかなのもの。

非常に好戦的ですが、防御面でも優れている。
距離が詰まった打ち合いに強いのは、上下に打ち分ける左右アッパーの威力と同時に、
下を向かずに顔を上げ、目線を切らないまま小さなダック、ヘッドスリップで避けて打ち返せるから。

年齢的に上昇期ではないですが、充分手強いし、これがラストチャンスでしょうから、
意気込みも相当なものがありそうです。
八重樫とのベテラン対決は、東洋軽量級全体を見ても、なかなかの好カードです。
長年見て見たかった試合でもありますね。

21日の有明は、前日の興行に比べて注目度が落ちるかもですが、
実はこういう、必見と言うべき試合もあるわけです。
この一戦に勝てば、八重樫東の評価はさらに大きくアップすることでしょう。

良いコンディションで上がり、スピードとリズムで上回って、勝ってほしいです。
今から楽しみなような、怖いような一戦ですね。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ヘビー級、栄光の時代再びか... | トップ | 強打が決まるか、膠着するか... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (R35ファン)
2017-05-08 06:41:02
おはようございます。先週の生中継が高貴な頂上決戦だったため、落差が激しかったですね。ゲストの上田さんも「早起きで良いから先週呼んでくれたら良かったのに」と思ってたかもしれませんね。まずだらし無く膨れたチャベスjrは今後二度とこの手の試合には出ないでしょう。親の七光りでもどうにもならん、と言うか。
カネロはこんなどデカイ的をずっと叩き続けてストレス解消にはなったでしょう。ただ最後3Rは要らんかったと思います。偉大なるお父上のテーラー戦再現などはこの試合のどこにも期待出来なかった訳ですし。
加納君はまだ未成年。まだ身体も出来てないし、この試合数だと新人王に出ていても不思議ではない。周りが急がせたせいでこうなりましたが充分すぎるほど挽回の時間は残されてます。何より服部海斗君はここで諦める加納君など望むはずもないので一度ゆっくりして、また立ち直って欲しいです。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-05-09 18:19:51
>R35ファンさん

ボクシングの仕事受けたくても、あのクラスだとなかなかスケジュールが合わないでしょうし、やっと出られたらあんな試合で、ご愁傷様というか。
専門誌とかネットとかでは、一応展望記事みたいなのも書いてありましたが、そんなもの必要かね、と思ってたくらいで、結局は「イベント」でしたね。メキシコ限定の。
加納陸は天才的なセンス、、或いは破格の強打とかいうものはなく、若くしてプロの世界に飛び込んだ果敢さと努力が光る選手で、そこに様々な「余計」を纏わされた苦しみは、きっとあったことでしょうね。再起に期待したいところですが、ある程度時間が必要だろうなと思います。


Unknown (さんちょう)
2017-05-10 17:44:07
カネロVSチャベスjr戦は仕事の昼休みに観て、チャンネル替えたらゴングがカーンとなるまさに先週のヘビー級戦のようでした笑
肝心の内容は、「昼休みの時間返せ!!」的な内容で採点聞く前に席を立ってしまいましたが、その後のサプライズをネットでしり、びっくりしました!
これはホントにもうやっぱ破談になりましたなんてことにならないよう9月に激突してもらいたいものですね。
コメントありがとうございます。 (さうぽん)
2017-05-11 19:48:50
>さんちょうさん

ちょうどお昼休みの時間に当たりましたか。試合後のイベントは、なんか去年も似たようなことあったけど、その後どうなったんやったか...と思いながら眺めていました(笑)まあ、今度こそやるんでしょうね。何ポンドで...なんて話は無しにして、さっさと決めてほしいですね。

コメントを投稿

話題あれこれ」カテゴリの最新記事