ランナウェイズ(映画)

2019年06月23日 | ロック
ランナウェイズ [DVD]
クリステン・スチュワート,ダコタ・ファニング,マイケル・シャノン,ステラ・メイヴ
アミューズソフトエンタテインメント
 2010アメリカ

なんだか痛い映画だった。当時「チェリー・ボム」の印象は強烈だった。腰を折って上目遣いのあの下着姿と不遜な面持ちの黒髪のジョーン・ジェット。だが、シェリー・カーリーに隠された淋しさがあったとは・・ また売り出したプロデューサーの力とかデビューの状況を知ることができたのはよかった。

TV放送で見たので「ランナウェイズ」?どんな内容かとヤフー映画を見たら、「1970年代の音楽シーンにすい星のように登場した実在のガールズバンド」 あのランナウェイズの映画なのか、しかし「実在の」とはねえ、40年も前とはいえそうなのか。70年代の洋楽好きなら知らない人はいないでしょう、という感じですが。

映画でシェリー・カーリーの自宅で日本人が写真を撮る場面があったがあれは篠山紀信の「激写」だったようだ。77年の来日時はファンも殺到してバンド絶頂期ではないかという気もしたが、映画ではその日本人ファンに対して好意的には描いていない。日本公演のライブアルバムも出たのに。

シェリー・カーリーの自伝を基に作ったのでシェリー目線のランナウェイズということになるか。
eon Angel: A Memoir of a Runaway」 Cherie Currie 、 Tony O'Neill 1989出版のが2011に再版されたようだ。
Neon Angel: A Memoir of a Runaway
Cherie Currie,Tony O'Neill
It Books


2019.2.23スターチャンネル1


激写 ランナウェイズ 篠山紀信緊急撮影 (別冊BIG GORO)
篠山紀信
集英社
 1977.7.1
カーリーはマネージャーに写真を撮るから、とだけ言われてあまりよくわからず被写体となったようだが、この写真集が出たことにメンバーは怒っていて不和の遠因になった描き方だった。

コメント