ア ハード・デイズ・ナイト(ビートルズ)

2016年06月18日 | ロック
A HARD DAY'S NIGHT(初回限定版) [Blu-ray]
バップ
 


BSで。初めてみたのは1974年夏。地方の小さな映画館でヘルプと2本立てだった。夏休みの映画館は観客もまばらだった。前年に出た赤盤・青盤で遅ればせながらビートルズの虜になってしまっていた。観るのは40年ぶりである。

この映画で一番印象に残っていたのが、ポールのおじいちゃん。列車の座席で「ボクにはおじいちゃんが2人いるんだ」というセリフと、老人が「わしらはあんなやつらのために戦ったのかい」というセリフで、60年代初頭は戦争がすぐ近くにあったんだなあ、と思ったのだが、その場面がなんか覚えていたのとちょっと違っていた。「わしらは~」のセリフは、騒いでいた4人が去ったあと、老人2人が顔を見合わせて言った、と思っていたのだが、昨日のは4人の中に座った中年の紳士が4人に向かって言っていた。

TVに映る4人はとても若々しく初々しくて、なによりとても仲がよさそう。わずか数年で溝ができるんだよなあ、ジョンとジョージはもういないんだ、などと若い顔を見ながら思う。そしてなんと、この映画のあとの番組がロン・ウッドがミュージシャンと対談をするもので、相手がポールだった。最近の収録らしく、長生きしたポールがいた。
コメント