悲しき玩具~吉松隆ギター組曲(福田進一・ギター)

2012年03月10日 | クラシック
優しき玩具~吉松隆ギター作品集
福田進一(ギター)
コロムビアミュージックエンタテインメント
 2009.12.13

もう1枚、吉松隆氏のを聴いてみました。こちらはギター曲。久しぶりに聴く福田進一さんのギター。2,3年前、バッハのギター曲にはまりいろいろ聴いて、その時福田進一さんもずいぶんききましたが、そちらはわりと大仰な感じがしたのですが、ここでは曲のせいもあるのかすごくリラックスしてやわらかい感じです。曲そのものが、優しい感じがするせいでしょうか。
コメント

サイバーバード・組曲/須川展也

2012年03月10日 | クラシック
サイバーバード-サクソフォン協奏曲集
須川展也,グラズノフ,ドビュッシー,イベール,吉松隆,パリィ(デビッド),フィルハーモニア管弦楽団,小柳美奈子,山口多嘉子
EMIミュージック・ジャパン
 1996.7.10

タルカス以外の吉松隆さんの曲を聴いてみたくて購入。以前須川氏のサックスを聴いたことがあり、音色がいいなと思っていたので、これにしてみた。期待にたがわず、明るく溌剌とした、またジャズとは違ったサックスの魅力がある。曲そのものは、なにか平清盛を思わせる旋律がある。


コメント

ピーター・バーンスタイン・カルテット/ライヴ・アット・スモールズ

2012年03月04日 | ジャズ
ライブ・アット・スモールズ(LIVE AT SMALLS)
OFF MINOR/disk union(原盤:SMALLS LIVE/US)
 
2008.12/17.18ライヴ録音

今年、辰年のお正月、ゴンチチのFMの番組で干支にちなんだドラゴンに関係のある曲の特集をやった。確かパフとか燃えよドラゴンのテーマとか、かなり!な型破りな選曲であった。そんななか「ドラゴンフライ」というギターの曲がかかり、それこそドラゴンフライが水面を目をくりくりさせて飛んでるような流れるようなギターの曲がかかった。で、車で運転中だったので、バーンスタイン、という名前を頭の中で忘れないようにして帰ってきた。で番組HPで確認すると、ピーター・バーンスタインだった。

amazonで検索したり、blog検索すると、この「ライヴ・アット・スモールズ」のがお勧めだったので購入してみた。ドラゴンフライは入ってないが、その流れるようなギターの音は期待どおりで、ここしばらく通勤の友である。

ゴンチチの世界の快適音楽セレクション


「ドラゴンフライ」が入ってるのはこの、「EARTH TONES」というアルバムだった。
EARTH TONES
CRISS CROSS


2003年1月号のジャズライフ誌のページが出てきた。筆者の常盤武彦さんのページでした。1967.9.3生まれのようだ。

バーンスタインだけで検索すると、あのクラシックの大家も出てきてしまうのだが、ピーター・バーンスタインだと矢野沙織とかジョシュア・レッドマンが出てくる。持ってるCDのジャケットが出てくるので知らずに聴いていたことか。もしかして矢野沙織もジョシュア・レッドマンもコンサートに行ってるので生で見てたりしてる可能性も。。 矢野沙織のコンサートはバックは大御所だったし、ジョシュア・レッドマンのグループに参加していたとも書いてある。
ピーター・バーンスタインでの検索結果

02
矢野沙織,ハロルド・メイバーン,ナット・リーヴス,ジョー・ファーンズワース,ピーター・バーンスタイン,エリック・アレキサンダー
コロムビアミュージックエンタテインメント


フリーダム・イン・ザ・グルーヴ
ジョシュア・レッドマン,ピーター・マーティン,ピーター・バーンスタイン,クリストファー・トーマス,ブライアン・ブレイド
ダブリューイーエー・ジャパン


ストレンジャー・イン・パラダイス
ピーター・バーンスタイン+3~フィーチャリング・ブラッド・メルドー
ヴィーナス・レコード
 ブラッド・メルドーともやっていた

アイム・オールド・ファッションド
ビル・チャーラップトリオ
ヴィーナスレコード

ビル・チャーラップトリオにも参加していた

コメント

ピーター・バラカン音楽日記

2012年03月01日 | 音楽本
ピーター・バラカン音楽日記
ピーター バラカン
集英社インターナショナル
 2011.9.30

2002年10月号から2009年1月号まで月間プレイボーイに連載していたものに追加・再構成をしたもの。連載は終刊をもって終わりとなった。
最初プレイボーイ誌からの依頼に躊躇し、特に女性には読んでもらいにくいだろうと思ったと書いてありますが、単行本となり確かに読むことができたわけです。

NHKFMの番組が朝早くに移動してしまい、なかなか肉声がきけなくなってしまいさみしかったのですが、久しぶりにこの本をなんと図書館でみつけ思わず手に取りました。日記とあるように、ひとつひとつのタイトルはミュージシャンになっているのですが、バラカン氏がその音楽をどんな状況で聴いたか、ということが書かれているので、正に氏の生活も垣間見られる日記となっているところがおもしろいところです。・・しかし、知っているミュージシャンがあまりでてこない。TBSのテレビ番組「CBS60ミニッツ」昔のCBSドキュメントの司会を引き受けたくだり~音楽バカで経済は素人程度しかしらないけど担当者から、あなたがミュージックビデオを紹介した後にそれについて正直な感想をコメントするのと同じように、社会問題に関するドキュメンタリー映像についての感想を話せば大丈夫です~なんか興味深かったです。この番組は逆に時間が遅く見逃しがちですがやはり氏のコメントは興味深いのです。

バラカン氏の魅力は、そのTBSの担当者が言ったように、正直なコメントにあるのでしょう。評論というものに関しての存在位置を示しているのかとも思います。一体に評論家、コメンテイターは自分では何も実行・表現しないくせに言いたいことを言っている、と考えてしまうこともありますが、ことバラカン氏の言説に関してはそれが自分とは違う考えであったにせよなにかあたたかいものを感じます。それはきっと正直な感想、に含まれる思慮深い表現からくるのかな、と思います。興奮気味の鋭い物言いより、一歩引いた表現、というのが案外説得力があるんだ、ということでしょう。一歩引いた表現になるのは、英語が母国語の氏が日本語をしゃべるせい?もあるのかな。

ちなみに氏はどうしても肩書が必要な時は「ブロードキャスター」と名乗るそうです。これはテレビやラジオの放送媒体を通して、自己表現をして生計を立てる人(放送する人)で、決してジャーナリスト(報道関係者)ではないとのことです。

ピーター・バラカン氏のblog 氏の直接の書き込みではなくスタッフのようです。氏の出演番組のリンクあり。
コメント (2)