ミック・カーン

2011年01月05日 | 70年代±


ミック・カーンが亡くなった。たまたま4時近く、ヤフーのトップ画面を見たら出ていた。ふぁ~っ 記事全文を見る。肺がんだったのか。記事の下にはコメントがその時点なんと160位。わずか2時間でこんなに・・ しかもみんなミックのベースはかっこよかったと言っている。ジャパンのファンはやはりたくさんいたんだ、と驚いて嬉しくなった。

この「音楽専科」の増刊は、奥付を見ると1978年12月20日が第1刷、79年3月31日が第2刷とある。ということは4月に入って買ったのか? なんだか3月6日のコンサートを見てすぐ買った気もするのだが・・ もう30年以上も前なんだなあ。デビッド・シルビアンのあの見た目に反するしわがれてるけど細くはない声、スティーブのドラム、そしてミックのベース、といいたいところだが私はベースよりたまに吹くホーンの方が印象に残っている。リチャード・バルビエリにロブ・ディーン、メンバー全員の名前を覚えている最後のバンドだ。

永らくどこかに行ってしまったと思っていたがちゃんと本棚に残っていた。メンバー5人の手形とか、それぞれへのインタビュー、たくさんの写真が満載で、きっと買った当時は見てうっとりしていたに違いない。

ミックには「どうして赤なんですか?」の問いに「最初、赤に染めるには何か理由があったはずだけど、今は忘れてしまったよ」「何故この色に染めてるのか、自分でもよく分からないんだ。とにかく自分の感情にあってる色じゃないかと思うんだ」「本当の髪の色は黒だよ」と言っている。生まれはギリシャの近くにある島で家族でイギリスに渡ってきた、と答えている。映画が好きでアイドルはジェームス・ギャグニーだったということだ。

なにか静かな終りといったところか。青春の1ページがまた消えていくなあ。

ジャパン 拙HP musicwaveのページ。

このblogでジャパンの記事
苦悩の旋律 2004年10月 画像付き再発CDを買った
コメント (2)

A HAPPY NEW YEAR

2011年01月01日 | Weblog


コメント