辻井伸之/debut

2009年07月30日 | クラシック
debut
辻井伸行
エイベックス・マーケティング




コンクールのテレビ映像を一目見て聴いて魅了されてしまいました。これまできいたどのピアノより(ってあまりクラシック聴いてないですが)軽やかな音。CDが届いてから3日ばかり通勤の行きかえりに聴いています。

なんというかたくさんの輝く真珠が小さな音をたて踊っているような、きらきら輝く川面のたくさんの光が舞っている様な、夢見るような軽やかな音でした。
1枚はオリジナルですが、やはりショパンの方が軽やかな音の洪水をより楽しめます。リストの「ハンガリー狂詩曲」ああ、このメロディがこの曲だったんと納得。この曲はもっと重々しいく騒々しい方がいい気もしますが、こう軽やかに弾くとすべて夢心地に聴こえてきます。
コメント (2)