BSで 全米ベストヒット

2007年03月26日 | ロック
2,3日前TVでこの番組の宣伝をみて楽しみにしていた。最近はけっこう洋楽のフィルムなんかをBSでやったりするが見ないことも多い。この「ローリングストーン」が選定した「最も偉大な500曲」から上位100曲をやる、というのはそそられる。このリスト去年?おととし?あたりにリストアップされたと思うが順位はあまり知らなかった。

今回放映されたのは全部ライブ映像。しかも割りと発表年代のものが多かった。もったいぶらずにどんどん紹介してくやりかたも気持ちよかった。一番!と思ったのがクリームの「SUNSHINE OF YOUR LOVE」動くクリームを見たのは初めてだった。音楽評論家たちが選んだのがどう順位を左右したのかわからないが、なんといってもこれはアメリカの順位だということだ。ゲストの小倉エージさんも言っていたがソウルミュージックの比重の重さだ。

映像はTV番組でのスタジオと思われるのもあったが、チャック・ベリーの「ジョニー・ビー・グッド」は彼一人ギターを弾いていてスタジオに観客がいる。アフリカ系の観客は画面では2,3人くらいで白い顔と金髪に囲まれてた。なんか違和感のある画面だった。逆にマービン・ゲイの「WHAT'S GOING ON」は野外のコンサートでほとんど観客がアフリカ系。アメリカの実情なんてやはりよく分からないなあと思う。

選んだ人の年齢は40以上なのかよくわからないが90年代で唯一入ってるのがニルバーナの「SMELLS LIKE TEEN SPIRIT」ということだが、80年代の曲もマイケル・ジャクソンとU2位だったか。

ビートルズは何曲も入ってたけどそれを押さえて2位が「SATISFACTION」だった。ビートルズは後追いだけどかなり夢中になった。ストーンズはあまり聴かなかったが、「SATISFACTION」1曲でビートルズ全部に対抗できるんじゃないかと思ってたのでなんかこの順位は自分の感覚と同じ人がいるのかと思った。「SATISFACTION」も後追いだけど高校の頃きいて、NO SATISFACTION と詩がほんとに体に入ってきた。けど30代あたりになると家庭をもったり「SATISFACTION」状態になりこれは若者の歌だなあと思っていたのだ。だが半世紀を生きてしまった今日きいたら全然そうじゃなかった。若い時とは別な「NO SATISFACTION」状態の心情なのだ。若いミックの顔が歌う「NO SATISFACTION」がじわーと心にしみてくる。若い時はエネルギーが発露を求めて行き場を探してる感じだが、今はその矢印がUターンして自分に向かっている。・・ま、ちょっとくたびれてるってことです。そんな年齢になって同じ言葉が別な感慨で体に入ってくるのに驚きました。

それにしても住吉アナウンサーの英語の発音、すごいですねえ。

BSのHPみたら30日はほていさんとチャーをやるらしい。みなくては。

ローリング・ストーン誌の500曲
コメント (4)   トラックバック (2)

リッチー・バイラーク/恋とはなんでしょう

2007年03月25日 | ジャズ
恋とは何でしょう
恋とは何でしょう

解体の度合いがすごくて・・ ピカソを通りこしモンドリアンの絵みたいな感じ。
スタンダード集であるが馴染みのメロディがつかめない。私の耳が悪いのね。
しかしピアノは透明なバイラークだった。

ナーディス

これもおなじグループ作「エルム」と較べるとなにかちょっと耳に馴染みにくいかな。




コメント

モグワイ/ハッピー・ソングス・フォー・ハッピー・ピープル

2007年03月23日 | 2000±
Happy Songs for Happy People
Happy Songs for Happy People
 2003/6/17 モグワイ

それとなくblogで目にしていたモグワイ。レンタル店にピックアップされてたので聴いてみました。
パソコンに向かって2回位流しました。
環境ミュージックといっていいのか、とてもいい感じです。
お店のピックアップテーマが「きいたことのない音楽」
そこにCANとかといっしょにありました。

CDジャーナルの紹介文だと「狂気ともいえる大轟音のフィードバック・ギターが特徴」とありますが流れてくるのは澄んだギターの音にやさしいドラム。

モグワイ CDジャーナル

モグワイ トイズファクトリーのページ
コメント (4)

ベント・ファブリック/ジュークボックス

2007年03月10日 | ジャズ
Jukebox
Jukebox
 2006/1/24

ブラピの携帯のCMで聴いて、オッこれはいいなと思ってましたが、いつものCM曲検索サイトで調べたら、店頭でピックアップされてたジャケットで、ああこれだったのかと思い購入。家に帰るまでにCM曲を5回くらい繰り返し聴いてしまいました。

このベント・ファブリック氏、なんと80才を越えていると知ってまたまたびっくり。
CMの曲は「Jukebox」でヴォーカルが Allan Vegenfeldt。よく知りませんがくぐもったような声がいいです。このCDではあと2曲歌ってますが、順に聴いていて彼の歌ってる曲にくると声質ですぐわかる。ベント氏のピアノもリズミカルでいいですが、このAllan Vegenfeldtの声が気に入りました。

ヴェント・ファブリック

Allan Vegenfeldt 
 これがよく分からない。all musicでは参加アルバム紹介のみ
 Sandmenというグループのヴォーカルらしいのだがall musicでは「Western Blood」1988というアルバム1枚が紹介されている。ジャンルはオルタナティヴポップ・ロックになっている。
SandmenのHP ベント氏と同じデンマーク人なのか。
 日本のアマゾンでは「Charlie Butterfly」というCDが出てくる。
 




コメント (2)   トラックバック (1)

ティーン・スピリット3

2007年03月07日 | 90年代
ティーン・スピリットに紹介されてたCDの続き
プライマルスクリームは映画「トレインスポッティング」に使われてた曲が印象的。レディオヘッドとか聴いてるようで聴いてない。よく聴いたのはオアシスかな。

No Need to Argue
No Need to Argue
 1994/10/4 The Cranberries

Wheatus
Wheatus
 2000/8/15  Wheatus(ウィータス)

Screamadelica
Screamadelica
 1991/10/8  Primal Scream

Songs From an American Movie
Songs From an American Movie
 2000/7/11  Everclear

ORIGIN OF SYMMETRY
ORIGIN OF SYMMETRY
 2001 muse(ミューズ) ♪はusで

Celebrity Skin
Celebrity Skin
 1998/9/8  Hole

The Bends
The Bends
 1995/4/4  Radiohead

(What's The Story) Morning Glory?
(What's The Story) Morning Glory?
 1995/10/3  ○Oasis






 

コメント