女性管楽器奏者

2005年11月27日 | ジャズ
新聞でおもしろい記事をみつけたのでメモ。

この前、矢野沙織を聴いていいなあ、と思ってたら日経夕刊11/24に、ジャズの管楽器で若手女性奏者が活躍、という記事がカラー写真入りで載ってた。

今までジャズの管楽器に女性はあまりいなかったが最近は若い女性奏者の進出がめざましいのだそうだ。
ジャズに限らずこの前聴いたオーケストラ・イン・金沢もオーボエとか大き目の管楽器に女性奏者が何人かいた。

矢野沙織は「演奏で大事なのは曲を自分の中に取り込んで”歌う”こと」だという。写真は「02」のジャケットより随分大人になって、髪型もボリュームのあるソバージュでなかなかの迫力。身長が172cmでステージ姿はモデルのようだとのコメント。

あと小林香織(24才)はサックス。
ソーラー
ソーラー
 なんとcharの「スモーキー」をやっているではないか。聴いてみたい。

市原ひかり(22才)はトランペット
一番の幸せ」というCDを出している。

二人は洗足学園大のジャズ科出身だそう。
その先輩には堤智恵子というサックス奏者もいるらしい。

そういえば去年の東京JAZZで女性だけの管楽器バンド「ブルー・エアロノーツ・オーケストラ」が出ていた。

コロムビアの矢野沙織のページ  ジャケットをクリックすると何曲か試聴あり♪
コメント (2)   トラックバック (1)

山下和仁/展覧会の絵&火の鳥

2005年11月23日 | ギター
「展覧会の絵&火の鳥」

CDを整理していたら真っ白なのが出てきた。
聴いてみるとクラシックギター1本で弾いてる展覧会の絵。

ここまでやるかと驚きである。しかも1981年山下氏20歳の時の作品。アレンジも自分でやっているようだ。

ネット上で初めて知って図書館で借りて録音したようだ。

山下和仁プロフィール
コメント (2)

矢野沙織/02

2005年11月22日 | ジャズ
02
02
 2004.5発売

店頭でよく見かけていた矢野沙織、やっと聴いてみました。
音がでたとたん、ナベサダを思い浮かべました。
似てると言われるのはあまりアーティストは喜ばないんだろうけど、ひとなつっこい音色が似てると思います。

しかし1986年10月生まれ。このアルバムが出た時は高校3年ということになる。
サックスっていうとオトナの男性のものという先入観があるせいか、信じられない音色とフレーズだ。

「ワーク・ソング」とか「スクラップル・フロム・ジ・アップル」とか馴染んだ曲があるので聴きやすい。最後の「オープン・マインド」はテレビ朝日の報道ステーションのテーマ曲。なんとこれは松永貴志作曲だとのこと。

公式ページ




コメント (2)

タンジェリン・ドリーム/ストラトス・フェアー

2005年11月19日 | 70年代±
Stratosfear
Stratosfear
 1976

タンジェリン・ドリームも名前だけでよく知らなかったので聴いてみました。
お店の棚にこの輸入盤だけ1枚あったので、どれにしようか迷うこともなく聴きました。
確かプログレの範疇に入るバンドだよな、と思いつつ1曲目、う~ん広がるイマジネイション・・・
絵で表すとまさにこのジャケットのような雰囲気。
くっきりした輪郭は無く、もじゃもじゃとした線。
でもけっこう気に入りました。エニグマと似てるかも。

試聴はこちら♪

はてなの説明・・ドイツのグループなのか

all music guideのページ。すごい数のアルバムを出してる。現在も活動中らしい。

映画音楽も手がけてるらしい

「恐怖の報酬」1977ほか
コメント (4)   トラックバック (1)

ムーディー・ブルース

2005年11月17日 | 70年代±
THE BEST 1200 ムーディー・ブルース
THE BEST 1200 ムーディー・ブルース


ムーディー・ブルースといえば「サテンの夜」
丸山健二の小説にも「サテンの夜」というのがあった。1,2ページで挫折してしまったが、ムーディー・ブルースもこれ1曲しか知らないしこの際聴いてみようと思ってこの手ごろなのを買ってみました。
1曲目「YOUR WILDEST DREAMS」これがいいです。1986の作品らしいです。
あーしかし1200だからなのか、曲の発表年は書いてあるんだけど、解説が無い。
「サテンの夜」より軽快で覚えやすいメロディ。
あとのはなにかさらーっと流れていく。
オビにはプログレッシヴ・ロック・バンドの元祖として60年代イギリス・ロック・シーンに輝くとあるけど曲はどれも短い。普通のポップソングに感じる。

1964年イギリス・バーミンガムで結成。メロトロンをロック・サウンドに初めて(かつ大胆に)導入したグループとして、プログレッシヴ・ロックの元祖的な印象の強いバンドだということだ。

Days of Future Passed1967発売。これに「サテンの夜」が入ってる ♪

こちらのベストで「YOUR WILDEST DREAMS」の♪あり 1986のアルバムに入ってる

ファンサイト メンバー紹介。ディスコグラフィーなど。写真がある。

SWINGARTさんの解説
コメント (7)   トラックバック (2)

フライド・プライド/ヒート・ウェイブ

2005年11月13日 | ジャズ
ヒート・ウェイヴ
ヒート・ウェイヴ


一応ジャズのカテゴリーに入れたが、なんというんだろう。
女性ヴォーカルshihoとギターの横田明紀男のユニット。
1曲目「smoke on the water」 どひゃー こういう風に歌えるんだ
ボーカルの可能性ってこうも大きいんだ。
去年の東京jazzに出ていたが、彼女はかなり細身。太い声ではないが存在感のある声。
ギターのアレンジはもちろん横田氏だよね。ギターも必聴。

「Come Together」とか「宇宙のファンタジー」とかロックの原曲とは全然ちがうけど、
ロックでジャズみたいな オモシロイ!


オフィシャルサイトで試聴あり♪
NY.ブルー・ノートの映像

Double Face 横田氏のソロアルバム。帽子と髪型にノッポさんを連想してしまう。。
コメント

マルーン5/ソングス・アバウト・ジェーン

2005年11月06日 | 2000±
ソングス・アバウト・ジェーン Special Edition-
ソングス・アバウト・ジェーン Special Edition-2004.7/21

店頭でライブ盤がピックアップされていて初めて名前を知った次第。
こちらのスペシャルエディションを聴いてみました。
どれもポップでキュートなナンバー。
今気になってるCM曲があって探そうと思ってたら、8のSunday Morningだった。
トヨタのVitzのCM。しゃれた感じのする曲。
sunday morning rain is falling
 ・・
come and rest your bones with me
driving slow on sunday morning

でも1曲目なんかはラップみたいな感じもするし、いろんなタイプの曲がつまってます。
ボーカルの声が魅力的。

4.She Will be lovedはノエビア化粧品のCMにも使われているらしい(今も使われてるのか04.12かららしい)

Songs About Jane
Songs About Jane
 オリジナルは2002.6発売 ♪
グラミー賞、最優秀新人賞を受賞。

公式サイト
コメント (4)

岩城宏之&オーケストラ・アンサンブル金沢

2005年11月05日 | クラシック
コンサートに行ってきました。
指揮者はもちろん、オーケストラ・アンサンブル金沢を前に聴いた人からすごくいいと言われていたので。

演目はシューベルト:交響曲第8番 「未完成」
ベートーベン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」

始まる前に解説があって、3人はモーツァルト、ベートーベン、シューベルトの順に生まれて順番に生きてたような気がしますが、実はベートーベンとシューベルトは没年が1年しか違わず、3人ほぼ同時代に活動しているとみてもいいんですよと。
そしてモーツァルトは宮廷人相手の音楽の「わかる」人が聴き手なので、洒落をきかせた音楽なのに対し、ベートーベンはフランス革命などを経て市民も音楽を聴くようになり、そういった「しろうと」相手なので、これでもかというくらいしつこい構成になってるんですよ、となかなかおもしろい話を聴きました。

「未完成」う~んあまりぴんとこない。「皇帝」あ、知ってるこの旋律。しかし重ったるい。ピアノの田村響さん、なんと18才です。れんがを積み重ねるようながっちりした演奏。「ジュピター」おお、軽い! バイオリンの音色もなにか生き生きしてる。このオーケストラはベートーベンよりモーツァルトの方が合ってるかも。それはアンコールの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」ではっきり感じました。曲としてはベートーベンの方が好きかな。やっぱり市民なのかな。

しかしクラシックは日頃あまりというかほとんどCDも聴かないけど、生で聴くとやっぱりいいです。ベイオリンはその不安定な音が苦手に感じることもあるのですが、このアンサンブル金沢の音色はすごくよかったです。
コメント (4)