星影の小径(小畑実)

2018年01月16日 | Weblog
15日、BSで「名画の暗号 ゴッホと北斎のミステリー」という番組を見ていた。イッセー尾形の指人形とともにゲストがゴッホと北斎について語り合う番組だったが最後にアン・サリーという女性が「星影の小径」という曲を歌った。細くきれいな歌声で、ジャズっぽいその曲がとても素敵だった。

検索してみると、なんと小畑実が昭和25年に歌った曲というではないか。小畑実、聞いたことあるようなないような、とこれまた検索してみると、ヒット曲連発で「貫太郎月夜唄」「高原の駅よ、さようなら」「大利根月夜」とかどれも聞いたことのある歌がたくさん。これはNHKののど自慢や思い出のメロディーで聞いたものだ。さらにYouTubeではちあきなおみ、森昌子、サーカスなどけっこうな人の映像が出てきた。これは美空ひばりも歌っているかと思ったらはたして歌っていた。カバー曲がCMやドラマ主題歌に何回も使われていたようだ。名曲発掘。

小畑実 ザ・ベスト
ビクターエンタテインメント
 本家小畑実。澄んだ高音がゆったりと上品に心地よく流れる。甘い二人の夜、いつまでも終わらないで・・といった空気感まで感じる。

「星影の小径」ウィキペディア
 作詞:矢野亮 ほかに「リンゴ村から」(三橋美智也)「おーい仲村君」など
 作曲:利根一郎 ほかに「霧氷」など

あのころ
森 昌子
ポニーキャニオン
 カバー、イチ押しは森昌子。高音の伸びが素晴らしい。

美空ひばり生誕70年記念 ミソラヒバリ カバーソング コレクション
Columbia
 敬愛するひばり殿。さすがひばり節になっている。

ムーン・ダンス
アン・サリー
日本コロムビア
細い声なのだが途切れない。ジャズのテイスト。か細いうりざね顔の女性が月夜に佇む、といった情景が浮かぶ。

ちあきなおみ 全曲集 〜黄昏のビギン〜
テイチクエンタテインメント
CMに何度も使われたようだ。なおみワールド。








コメント   この記事についてブログを書く
« 阿久悠リスペクトコンサート... | トップ | ギミー・デンジャー STORY O... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事