小沼ようすけ

2017年11月26日 | ジャズ
かっこいい小沼ようすけさんに再びはまる

11/19 ジャズオルガンのKANKAWA氏のコンサートで小沼ようすけ氏がゲストで出演。初めて小沼ようすけ氏を生で観ました。那須野が原ハーモニーホールで一部は、ホール備え付けのパイプオルガンで枯葉を、読響のバイオリン奏者小森谷巧氏とのデュオ。

そして2部がハモンドオルガンでのクインテット編成の演奏。ホーン2名にオルガン、ドラム、そしてギターの小沼ようすけ氏。左手から入ってきましたが、「か、かっこいいー!」顔を傾げ髪が半分かかってしまうのですが、これがまたよいのですね。足細ー、地模様のある少し光沢のある上下揃いの黒。・・外見ばっかり書いてますが、音は、実はここ10年ばかり聴いてませんでした。サーフィンにはまっているというのを何かで読んだきり。でも検索してみると続けてCDは出していたのですね。「最近髪を40cm切ったサーファーです」とKANKAWA氏の紹介でしたが、ちょっと体を曲げて演奏する姿にくらくらしてしまいました。コンサートの後、持っていたCD「The Three Primary Colors 」を聴いてみると、演奏スタイルは変わってないんですね、その和音が流れるというのか、小沼節が確立してるのですかね。

リーダーがオルガンなので正面にハモンドオルガンがでんと構え、ドラムは向かって右奥に、ギターはその前に、ホーンは左にといういでたち。なかでも「キャラバン」が緊張感溢れる演奏でした。またKANKAWA氏のピアニカと小沼氏のアコースティックギターのデュオの「ひまわり」はピアニカってこんなにも豊かな音が出るんだとピアニカ再発見でした。
寒川敏彦オルガン、浜崎航テナーサックス近藤和彦アルトサックス(なんと米米クラブに)、吉川昭仁ドラム


そもそも小沼ようすけ氏を聴くきっかけが、このジャケ写真からだった。。。
Jazz 'n' Pop
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
→2006年2月のmusic diary

 →小沼ようすけオフィシャルHP
 →KANKAWA氏HP
   小沼氏はツイッターで、KANKAWAさんはブログでコンサートの事が書いてありました。
 →鎌倉の喫茶 TSUU は小沼氏の家族がやっているお店。喫茶のほかライブも行い、もちろん小沼氏も出ることがあるようだ。
 →小沼ようすけインタビュー(ヤマハ) 2016.2.1
 →小沼ようすけインタビュー(JPMA) 2014.
 →小沼ようすけが語るグオッカの魅力(ブルーノート東京) 2017.4.6
 →秋田経済新聞インタビュー 2008.2
 →アコースティックギターワールドインタビュー 中学からギターをするきっかけ、コンテスト出場など初期の経緯から 2014?
 →情報誌「響」インタビュー(秋田市)2005.8 ここにKANKAWA氏と2005.6共演の写真が。随分古い付き合いだったんだ。


Naja
キングレコード
 2017.7発売のこれを聴いてみようと思う。

小沼ようすけ ニュー・スタイル・オブ・ジャズ・ギター [DVD]
アトス・インターナショナル
 2014.10発売 教則本DVDもある 







コメント   この記事についてブログを書く
« 音楽談義(保坂和志) | トップ | ロッキング・オンの時代(橘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジャズ」カテゴリの最新記事