ランナウェイズ(映画)

2019年06月23日 | ロック
ランナウェイズ [DVD]
クリステン・スチュワート,ダコタ・ファニング,マイケル・シャノン,ステラ・メイヴ
アミューズソフトエンタテインメント
 2010アメリカ

なんだか痛い映画だった。当時「チェリー・ボム」の印象は強烈だった。腰を折って上目遣いのあの下着姿と不遜な面持ちの黒髪のジョーン・ジェット。だが、シェリー・カーリーに隠された淋しさがあったとは・・ また売り出したプロデューサーの力とかデビューの状況を知ることができたのはよかった。

TV放送で見たので「ランナウェイズ」?どんな内容かとヤフー映画を見たら、「1970年代の音楽シーンにすい星のように登場した実在のガールズバンド」 あのランナウェイズの映画なのか、しかし「実在の」とはねえ、40年も前とはいえそうなのか。70年代の洋楽好きなら知らない人はいないでしょう、という感じですが。

映画でシェリー・カーリーの自宅で日本人が写真を撮る場面があったがあれは篠山紀信の「激写」だったようだ。77年の来日時はファンも殺到してバンド絶頂期ではないかという気もしたが、映画ではその日本人ファンに対して好意的には描いていない。日本公演のライブアルバムも出たのに。

シェリー・カーリーの自伝を基に作ったのでシェリー目線のランナウェイズということになるか。
eon Angel: A Memoir of a Runaway」 Cherie Currie 、 Tony O'Neill 1989出版のが2011に再版されたようだ。
Neon Angel: A Memoir of a Runaway
Cherie Currie,Tony O'Neill
It Books


2019.2.23スターチャンネル1


激写 ランナウェイズ 篠山紀信緊急撮影 (別冊BIG GORO)
篠山紀信
集英社
 1977.7.1
カーリーはマネージャーに写真を撮るから、とだけ言われてあまりよくわからず被写体となったようだが、この写真集が出たことにメンバーは怒っていて不和の遠因になった描き方だった。

コメント

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

2018年11月18日 | ロック
ボヘミアン・ラプソディ【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]


クイーンはリアルタイムで聴いてきた。熱烈なファンというわけではなかったけれど、フレディの生き様が大音量で劇場に流れる音とともに迫ってきた。そして圧倒的な強さでクイーンにのみこまれてしまった感じだ。帰りの車の中では70年代ヒットCDに入っていたキラー・クイーンを繰り返し聴きながら帰ってきた。けっこうクイーンは自分の中に入っていたのかな、と驚いている。

映画はフレディが空港で働いていて、前身の「スマイルズ」に入るところから、「キラー・クイーン」や「ボヘミアン・ラプソディ」など順を追って4人で曲を作る様がスリリングに描かれ、そうか、こうやってこの曲たちは創られたんだととても興味深かった。

クイーンの記憶というと、エアチェック(死語?)したことと、「ボヘミアン・ラプソディ」の四人の顔がひし形に映るビデオクリップだ。記憶では74年秋頃NHKFMの午後4時頃からの番組で「輝ける七つの海」「谷間の百合」とか「ナウ・アイム・ヒア」「ブライトン・ロック」など5,6曲録音した。でも収録アルバムは調べると74年末日本発売だ。「キラー・クイーン」は大学入試が終わり下宿探しをしていた駅前の果物屋で流れだし嬉しくなったのを鮮明に覚えている。75年3月のことだ。「ボヘミアン・ラプソディ」は曲のよさがわかるようになったのはつい最近かもしれない。

しかし4人ともよく似ている。よくも集めたものだ。フレディー役は出っ歯すぎ、ロジャーは丸すぎか?とも思うが、曲づくりの場面など本当のクイーンがやっているような錯覚に陥る。なのでフレディーの彼女、彼、親、妹たちとの私生活もすんなり入ってきてフレディの生き様が強く入り込んでくる。小さく載った新聞の死亡記事がオーバーラップする。

rokin'onの記事を読んでいったので、冒頭20世紀FOXのテーマがブライアン・メイとロジャー・テイラーのクイーン版だ、というのを心して聴くことができた。
→rokin'onの記事

映画館は平日10時の田舎なのに30人くらいいた。往年のファン年齢から20代位の若者もけっこういた。そしてエンドロール、文字の左にリアルの映像が映っていたせいもあるが、最後まで誰一人立たなかった。パンフを買おうとしたら4日目なのに売り切れだった。

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)
Universal Music =music=



2018.11.12劇場で

コメント

ギミー・デンジャー STORY OF the stooges(映画)

2018年02月02日 | ロック
ストゥージズの記録映画を見てきた。
イギー・ポップからストゥージズファンでもある監督のジム・ジャームッシュに「俺たちの映画を撮ってほしい」とオファーがあったそう。メンバー、家族、録音スタッフなどへのインタビューや当時の映像を交え、時代を追って構成されている。

当時上半身裸の何か不穏なグループといった印象で情報はあまり持ってなかったが、「NO FUN」のインパクトは強かった。1969.1発売のファーストアルバムに入っているが、聴いたのは1979年頃。映画では「ボブ・ディランならah ah ahと長く言ったろうけど、俺は短く、少ない単語で、作ることにした」そうだ。そう、これがストゥージズの魅力だ。

ファーストアルバムに写っている4人のうち、実に3人までも鬼籍に入っている。撮影は8年かけて作られてるのでインタビュー画面にはアシュトン兄弟は何度も出てくる。イギーは最初はドラマーで、「小学生の頃工場見学に行って、鉄板をバシ、バシ打つ音が気に入って、それだ、と思ったそうだ。だが「ドラムをたたいて他人のケツを見てるのに飽きたんだ。いままで見た中で一番いいケツは〇と〇だった」と男女一人づつ名前を挙げていたが忘れてしまった。

みかけの過激さとは裏腹に、けっこうまじめな印象も感じた。
 →公式HP


Gimme Danger [DVD] [Import]
STORY OF the stooges 2016アメリカ 監督:ジム・ジャームッシュ
輸入盤ですが、もうDVD化されています。


Stooges
Elektra / Ada
 1969 「NO FUN」はこれに入っている。

Fun House
Elekt
 1970 
1970にベースのデイヴ・アレクサンダーがやめ、ジェームズ・ウィリアムスンがギターで参加。

Raw Power
Columbia
 1973 この3枚で一旦解散。

ラスト・フォー・ライフ
クリエーター情報なし
EMIミュージックジャパン
 1977 ソロアルバム。デヴィッド・ボウイのプロデュース。このタイトル曲を知ったのは「トレインスポッティング」公開時1996なのだ。77発売なのに何故知らなかったのか。ジャケットには見覚えある。

→イギー・ポップ、追悼インタビューでデビッド・ボウイから何を学んだか語る NMEJAPAN2016.2.1

→イギー・ポップ、亡くなったスコット・アシュトンとの思いでを語る ロッキングオン2014.3.21

映画完成でイギー・ポップとジム・ジャームッシュお互い褒めちぎる VICE2016.12.08
コメント

ア ハード・デイズ・ナイト(ビートルズ)

2016年06月18日 | ロック
A HARD DAY'S NIGHT(初回限定版) [Blu-ray]
バップ
 


BSで。初めてみたのは1974年夏。地方の小さな映画館でヘルプと2本立てだった。夏休みの映画館は観客もまばらだった。前年に出た赤盤・青盤で遅ればせながらビートルズの虜になってしまっていた。観るのは40年ぶりである。

この映画で一番印象に残っていたのが、ポールのおじいちゃん。列車の座席で「ボクにはおじいちゃんが2人いるんだ」というセリフと、老人が「わしらはあんなやつらのために戦ったのかい」というセリフで、60年代初頭は戦争がすぐ近くにあったんだなあ、と思ったのだが、その場面がなんか覚えていたのとちょっと違っていた。「わしらは~」のセリフは、騒いでいた4人が去ったあと、老人2人が顔を見合わせて言った、と思っていたのだが、昨日のは4人の中に座った中年の紳士が4人に向かって言っていた。

TVに映る4人はとても若々しく初々しくて、なによりとても仲がよさそう。わずか数年で溝ができるんだよなあ、ジョンとジョージはもういないんだ、などと若い顔を見ながら思う。そしてなんと、この映画のあとの番組がロン・ウッドがミュージシャンと対談をするもので、相手がポールだった。最近の収録らしく、長生きしたポールがいた。
コメント

デビッド・ボウイ

2016年01月11日 | ロック
デビッド・ボウイが亡くなった。NHKでニュースと9時の冒頭で流れた。大きな扱いに驚く。キャメロン首相のコメントも2回見た。初めて知ったのは73年の来日の新聞記事だ。歌舞伎の隈どりに興味を持った、というのが小さく載っていた。顔的には眉毛の無いあの時代のが一番好き。78年頃に紀伊国屋ホールで「地球に落ちてきた男」を見た。内容はほとんど覚えてないが、目を剥がす、ように見える場面があって、それがたぶんソフトコンタクトレンズを単に取っただけだと分かったのは自分でソフトコンタクトレンズを使ってからだ。曲では「ジーン・ジニー」を同時代的に聴いてる気がするが、一番好きなのは「世界を売った男」。これは実はニルバーナのアンプラグドで知ったものなのだ。っていうことはあまり熱心な聴き手ではなかったかな。LPはもちろんCD買ってないかも、ベスト盤はあったか。エアチェックのテープは2,3本ある。でもそんな聴き手でもポッカリと寂しい。



地球に落ちて来た男 [Blu-ray]
 1976制作。ボウイが出ているから、という理由だけで見に行った。「ラスト・ショー」との2本立てだったように思う。



世界を売った男
 1971 



アラジン・セイン
 1973  やはりこの顔。



nasumayoさんの「Diskジャンキーズ」 デビッド・ボウイ関連記事。アーティストの好みが重なってます。



コメント

テイラー・スウィフト

2015年11月05日 | ロック
1989
テイラー・スウィフト


2015.4.29購入。TVで姿をみて一目ぼれ。顔もかわいいし、何より背が高いところが好き。ポップミュージックは若さの発露なのか。キャッチーなメロディ。
コメント

パリの散歩道/哀愁のヨーロッパ

2014年02月14日 | ロック
ここ数日「哀愁のヨーロッパ」が頭に響きます。目には麗しい羽生選手のスケート。そうです、スマートななかにもキリッとしたあの若者の華麗にして緊張感のある踊る姿の裏に流れる湿ったギターのなつかしい響き。郷愁をそそる音色、あれ、そうかな? そうなような違うような。調べてみるとそれは、ゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」という曲でした。「羽生」「サンタナ」で検索すると簡単に行き着きました。

 1978.9発売 
「Back on the Streets」に入っている「パリの散歩道(Parisenne Walkways )」が羽生選手のバックの曲。

それにしても似てますよね。よく聴くと違うのですが、情感に訴えるゆっくりとした曲調と音色。パリ~は1978で哀愁の~は1976発売。発売当時、哀愁のヨーロッパに似ているという声もあったようです。「哀愁のヨーロッパ」が出た時はジェフ・ベックの「哀しみの恋人たち」の系譜だなあと思ったものでした。ん~ でも、パリ~ は当時記憶にないんですよね。ゲイリー・ムーアだったのかと分かってなぜか白塗りの顔のあの人だ、と思いましたが、ゲイリー違いで白塗りの方はゲイリー・ニューマンでした。

 「哀愁のヨーロッパ」が入っているサンタナ「アミーゴ」

まちがえてしまったゲイリー・ニューマン


(続)我流・天声・を・書くさんのblogに詳しく載っています。
コメント

サッポロビールのCM~Wild Thing

2014年01月04日 | ロック
昨日、TVから流れてきたCM曲、久しぶりにおっいいじゃない、誰が演ってるんだろう? しかしどこか既視感ならぬ既聴感、バックのギターが、いつかどこかで、オアシスじゃないし、何だろう? CMの曲は奥田民生の「挙を天につき上げろ」だと分かった。でもあのバックギター というわけでこのblogのもくじをつらつらみてると、もしかしてCMの曲トロッグス のこれだ似てるなあ。(このblogで2006年5月)

拳を天につき上げろ(初回生産限定盤)(DVD付)
奥田民生
KRE


奥田民生の拳を天につき上げろ you tube

トロッグスの wild thing you tube

wild thingについてまとめてみました。
映画メジャー・リーグでのwild thing you tube こういう風に使われてるのですね。CMの大群衆との一体感と通じるものがあります。X(ロサンゼルスのバンド)というグループのカバー すっきりしてなかなかいいです。

ジミ・ヘンドリックスのwild thing you tube クラーク大学で1968
ジミ・ヘンドリックスのwild thing モンタレー 1分17秒あたりで始まる このあとギター炎上

もともとは、チップ・テイラー(Chip Taylor/1940-)作曲の曲をワイルド・ワンズというアメリカのグループが1965年にヒットさせた。2006年に三菱地所のCMでも使われていた。


カヴァー意欲を掻き立てる曲なのか。ジェフ・ベックとチャーもやっていた。どちらもジミヘンが下敷きのよう。
ジェフ・ベックのwild thing  

charのwild thing

the pinupsという女性グループのwild thing  youtube

カヴァーソングコレクションというblogでも取り上げられてました。
ジェフ・ベックのwild thingについてのblog記事LAZY SMOKeY DAMN 1986年に軽井沢でのライブでwild thingを演奏。シングルCD LP?を出したらしいが品切れ。

ワイルド・シング~ソングス・オブ・チップ・テイラー
ミュージック・シーン
 チップ・テイラー曲集。自身の演奏ではなく提供した人の演奏。トロッグスのwild thingが入っている。

Hit Single Anthology
Polygram UK


TRADROCK ”Jimi” by Char
インディペンデントレーベル
 2010年初台でのライブCDとDVD 

Major League
James Newton Howard
Curb Records
 映画メジャー・リーグのサントラ。Xのwild thingが1曲目に。
コメント

アデル/21

2013年06月01日 | ロック
21
 2011.1.19

3月のグラミー賞授賞式をtvで見て、なんだこの太ったおばさんは?と思って見ていると、歌い出したらすごくいい。しかもおばさんなどではなくなんとまだ24歳だというではないか。さっそくこの「21」と受賞なった「スカイフォール」を買った。3月4月5月とずっと通勤の行き帰りほぼ毎日聴き続けている。安定した声の伸び、そして歌ってるのも仁王立ちといった感じがまたいいではないか。歌詞も全然理解してないし、イントロがいいとか、楽器の部分ではさほど目立ったものもないのに、いい。来日するようなことがあったら、ぜひ見に行きたいものだ。しかし子供より若いんだよね。


スカイフォール
アデル


こちらはYOUTUBE で歌詞を見ました。We will stand tall Face it all together の部分がいいです。この歌のおかげで映画も見てみようかなという気になります。

コメント

ナツメロを買う。ツェッペリンなど。

2013年01月12日 | ロック
2012年は吉松タルカスで明けタルカスで暮れました。通勤中はほとんど毎日吉松タルカス。それに伴いELPのタルカス、恐怖の頭脳改革、そしてタンジェントとプログレ漬け。というか車のオーディオ装置にこれらを録音して、新しいのも買ってないから聴いてたという感じ。しかし毎日聴いても飽きませんでした。プログレって凄い。2012年後半はもうナツメロオンパレードでした。


祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)
ワーナーミュージック・ジャパン
 2012.11.21発売
2012.12.17購入 
なんだか新聞に、世紀の再結成ライブは奇跡でそれを見られた人はとても幸運で、それがDVDで発売されるんだゾ、と載っていた。これは映像をみなきゃなるまい、と買ったのでした。ケースの中にそれなりの御年になった二人が写って。。 結局音は車で聴いたけど、肝心の映像はまだみてない。


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012
ユニバーサルインターナショナル
 2012.11.14発売
2012.11.24購入
なんとストーンズのCDは初めて買った。74年ころsatisfactionとか4曲入りのミニレコードを買ったきり。あとはエアチェック。改めて聴くと、今でもすっと入ってくる。マリリン・マンソンがちょっといいや、となったのになぜだろう。青春時代のものだからか、それともオーソドックス?、なふつーの?ロックだからか、もはやナツメロになってるからか。サティスファクションは別格として、ホンキー・トンク・ウイメン、悪魔を憐れむ歌あたり何度聴いてもいいな。



ボーン・ヴィラン
ビクターエンタテインメント
 2012.5.1発売
2012.7.3購入
久しぶりに聴いてみたくなって。ジョニー・ディップが1曲参加している。
よくきいてたのは1999年あたりから数年か。この頃の音の片りんがあるが、もはや今はこういう音は自分では求めてないようだ。2004年にベスト盤を買ってるんだなあ。


ZIG ZAG ZONE-LIVE 2CD+DVD-(DVD付)
クリエーター情報なし
ZICCA RECORDS
 Char 2012.4.21発売 
2012.7.3購入
ライブだというので。TVCMで枯れた姿を見るたびに嬉しくなっていますが。
コメント