ミロシュのギター

2013年09月29日 | ギター
ミロシュ・デビュー!~地中海の情熱(初回限定盤)(DVD付)
ミロシュ,ドメニコーニ,テオドラキス,タルレガ,リョベート,グラナドス,アルベニス,ワトキンス(ポール),ルーウィン,ヘイゼル,イギリス室内管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック


7月、ミロシュのコンサートに行ってきました。クラシックギターの新星を見つけました。偶然目にしたコンサートの記事。チラシのそれは、ふーんといったものでしたが舞台から出てきたとたん、おおーカッコいい! 回りからもざわざわと声にならない驚きの声があがります。背が高く足も長い。そして細面の顔は端正できまじめ。そしてたったひとりイスに座りギターの音が出たとたん! なんという優しい音色。しかし芯がある。もう第1音で魅了されてしまいました。テクニックはもちろんですが、なんといってもその音色がいいです。福田進一のようなかちっとした音ではなく、ジョン・ウィリアムスのようなやさしい音色ですが、ジョン・ウィリアムスが暖色系の単色だとすると、それに緑とかの色が点々と混ざってるといったような感じです。演奏では曲のイメージ世界の中に自分をとりこみながら演奏するようで、しばし曲の前と後に目をつぶってました。
(栃木県総合文化センター小ホール)

コンサートに行くまでまったく何も聴いてなかったので、デビューCDとラテンの2枚を買いました。・・CDはコンサートの音色が出ていない気もします。しかし、ミロシュさんの手にかかったいろんな曲が聴きたい。今のところCDは、色んなジャケットがありますがこの2種類? ミロシュさんまた来て生の音を聴かせて下さーい。

Pasion
Deutsche Grammophon
 ラテン曲のです

6月に上のラテンのアルバム発売に合わせ来日していたようです タワレコで寺井尚子と

youtube 2012.7王子ホール  
     何かの番組?     
コメント

フェルナンデス/ギター名曲集

2010年03月24日 | ギター
禁じられた遊び、アルハンブラの想い出~ギター名曲集
フェルナンデス(エドゥアルド),アルベニス,グラナドス,ファリャ,
ユニバーサル ミュージック クラシック

詳細
 2009.5.20

ラテン版?リュート組曲にびっくりしたフェルナンデスだったが、なにかもっと聴いてみたくなって、このいろいろはいってるのを聴いてみた。こちらのギター名曲集になるとなにかフツーという感じだった。アストゥリアスもそれほど劇的でもなく、むしろ抑えてるような。

福田進一さんとの共演のCD

アトム・ハーツ・クラブ・デュオ(福田進一 meets フェルナンデス)
フェルナンデス(エドゥアルド) 福田進一
コロムビアミュージックエンタテインメント

詳細
 2008.12.17

タンゴ・ミレニアム
福田進一&E.フェルナンデス
コロムビアミュージックエンタテインメント

詳細
 2000.12.21
コメント

バッハ100

2010年03月21日 | ギター
ベスト・バッハ100
オムニバス(クラシック)
EMIミュージック・ジャパン

詳細


もっとバッハをというわけでこのオムニバスを購入。マタイ受難曲とかミサ曲とかひととおりはいっている。もちろんリュート組曲も少し入ってるのだが、やはり好きなのはギターの音色なのだと再確認した。どうもバイオリンはだめだ。生で聴くとそうでもなかったりするのだが、オーディオで聴くとだめ。ビオラ、チェロと大きくなるにつれ許容できてくる。

コメント

バッハ/リュート組曲

2010年02月15日 | ギター
バッハのリュート組曲でまだ聴いてない人のを買う。検索で探し出す。

J.S.バッハ;リュート曲全集 (2CD) [Import from France] (Bach: L'Oeuvre de Luth)

Naive

詳細


リュート奏者・ホプキンソン・スミスによるバッハ。フランスからの輸入盤。前に聴いた
ユングヘーネルという人の同じバッハ集より音がくっきりしてる感じ。

J・S・バッハ:リュート=ハープシコードのための音楽集
ヨハン・セバスティアン・バッハ
Naxos

詳細
2008
2007.8録音 アメリカ、ミシガンマンチェスター、ブロガーハウス

これはリュート=ハープシコード(ラウテンクラヴィーア)という楽器。通常のハープシコードの弦の代わりにリュートのガット弦を張った楽器らしい。これがギターとはまた違ってなかなかよかった。同じ弦でも機械的に引っ掻くハプシコードはリュートより音が強かった。ハープに似たような響きもした。このデリザベス・ファーという弾き手はけっこう自分で装飾音をいれたり、タメた弾きかただ。

帯によると、バッハが愛用し2台所有していたと文献には残っているが、楽器が現存していないので詳しいことはわからず、その文献に基づいてキース・ヒルという人が復元した楽器を用いたとある。


バッハ:リュート組曲(ギター版)
フェルナンデス(エドゥアルド)
BMGインターナショナル

詳細
2003.10.22

2000.10.9-10ドイツで録音。今回新たに知ったギタリスト。どなたかのHPでこのCDを聴いてクラシックギターにはまったと書いてあった。が、いきなりの装飾音と、タメた弾き方にとまどいが。。 でも2度目に聴いたら、これもいいかなと思えてきた。帯にある1952ウルグアイ生まれ→南米→情熱的 という短絡的な先入観があったのかも。来日して福田進一とデュオもあるようだ。

J.S.バッハ:リュートのための作品全集
田部井辰雄
フォンテック

詳細
 2007.6.20
1945宇都宮生まれ・在住。0986.3,4月、埼玉・北本カルチャーセンターで録音。オビには6弦ギターによる世界初のCD全集とある。
これまで聴いた中では一番テンポがゆっくりかも。
田部井辰雄webサイト

バッハハウス 川口在住の方のページ 曲や楽器ごとのCD紹介

遊々道楽本舗 ギターとリュートのバッハ関係ページ、ギタリストのページ

ようこそバッハのページへ

・・なんとセゴビア選曲バッハを二重買いしてしまった。


コメント (2)

アルベニス/アストゥーリアス

2010年01月18日 | ギター
昨年ジョン・ウィリアムスのコンサートに行って、アストゥーリアスがよかったので違う人のも聴きたいと思い検索でいもずる式に買いました。

ベスト・オブ・バルエコ
バルエコ(マヌエル)
EMIミュージックジャパン

詳細



アルベニス作品集
鈴木大介
ベルウッドレコード

詳細


バルエコは初めて聴く名前でしたが、これがなかなかよかったです。他のも聴いてみたくなってます。鈴木さんのはまずジャケットが気に入りました。これがバルエコと全然ちがう。別な曲みたいです。

バッハ:作品集(セゴビア編曲)
セゴビア(アンドレス)
ユニバーサル ミュージック クラシック

詳細


こんなのも目に入ったので。今のところギター曲でいいなと思うのはバッハ。セゴビアさんのも確か聴いていたが氏自らの選曲というので。なにか落ち着いてます。

バッハ : 無伴奏チェロ組曲(ギター版)
バンゲンハイム(アンドレアス・フォン)
BMGインターナショナル

詳細


そうしたらこのバンゲンハイムさんの演奏がよい、というのが載っていてとりあえずこれを。この方もなかなかよいです。このバッハは寝る時がいいみたい。車ではちょっと眠くなる?

超絶のギター・デュオ
ウイリアム(ジョン) ブリーム(ジュリアン)
BMGビクター

詳細


ジョン・ウィリアムスとのデュオが出てきたので誘惑に勝てず。しかしデュオ、どちらがどうだか聴いてて分かりません。

この中で一番よかったのはバルエコさんでした。

コメント

ジョン・ウィリアムズ/J.S.バッハ リュート・組曲

2008年12月01日 | ギター
バッハ:リュート組曲
1995.3.24 


ギターの曲もアンドリュー・ヨーク氏のCDで手に入るものはみんな聴いて、次にはったのがバロック。福田進一さんのバッハを聴いてからですが、先のブリームの次に聴いたのがこのジョン・ウイリアムズのバッハです。1975年にLPで出たものでした。

ブリームさんより音がくっきりしてる感じです。いつも聴き較べてしまうのがジェスロ・タルでなじみのある「ブーレ」

このCDはバッハのリュート組曲をジョン・ウイリアムズがギターで弾いてるもので、「ブーレ」は「組曲第1番ホ短調BWV996」に入ってます。ジェスロ・タルはかなりフェイクしてますがこの端正なもともとの形もとても好きです。

ギターの練習も最近かなりさぼってますが、ジェスロ・タルの「ブーレ」の楽譜があるので、メロディだけ弾いて遊んでます。この楽譜の載ってる雑誌は1972年のものなのですが、いずれupしたいと思ってます。

コメント (2)

ブリーム/バロック・ギター名曲集

2008年08月15日 | ギター
バロック・ギター名曲集
バロック・ギター名曲集 2007.11

凹んだ気分の夜、これを聴くと少し心が休まります。
音はすごく素朴な感じがします。総じてみな同じ長さの音、三連符もなく、衣服が黄土色の世界・・というのを思い浮かべてしまうのですが・・

バロック・・確かに昔世界史の教科書に出てきた気はするのですが、改めて安直にネットで調べてみました。

大辞林によると「〔(ポルトガル) barroco(歪んだ真珠)からという〕一六世紀末から一八世紀中頃にかけて、ヨーロッパ全土に盛行した芸術様式。ルネサンス様式の均整と調和に対する破格であり、感覚的効果をねらう動的な表現を特徴とする。本来、劇的な空間表現、軸線の強調、豊かな装飾などを特色とする建築についていったが、激しい情緒表現や流動感をもった同時代の美術・文学・音楽などの傾向、さらには、時代概念をさすに至った」とありました。

ルネサンスーバロックとくるわけですね。

さらに大辞林のバロック音楽は「一六世紀末から一八世紀半ばに栄えた音楽の様式。互いに独立した複数声部の対立と、それを支える和声的低音の組み合わせがつくる強い緊張感、激しい情緒表現などを特徴とする。主たる曲種はオペラ・カンタータ・ソナタ・コンチェルト・オルガン音楽など」とあり

こうなると音楽に限らず「激しい情緒表現」が特徴のようです。それが「歪んだ=バロック」という表現になったのでしょうか。・・しかし控えめ・素朴・簡潔というイメージなのですね、このギターの音は。

バロックの後は古典派のハイドン・モーツアルト・ベートーベンとくるそうで、こっちは装飾音だらけの感情だしまくりといったイメージを受けるのですが・・

収録作曲家はガスパール・サンス(1640-1710)、フランシスコ・ゲラウ(17C-18C始)、シルヴィアス・レーオポルト・ヴァイス(1686-1750)、ローベルト・ヴィゼー(1660-1725)、フレスコバルディ(1583-1643)、スカルラッティ(1685-1757)、ドメニコ・チマローザ(1749-1801)、JSバッハ(1685-1750)
コメント

大萩康司/想いの届く日

2008年07月21日 | ギター
想いの届く日
想いの届く日 2008.3.19

大萩さんの最新作。
なじみの深い名曲ばかり。大萩さんのギターの音色はやさしいなあという感じはしていたが、今回のは特にそう感じる。
「ロマンス」などギターの曲を聴くようになってイエペス、福田進一さん、荘村さんなどを聴いたなかでは一番音色がやさしい感じだ。ゆっくりとかテンポの問題じゃなくギターを曲をいとおしむ感じがする。ただ大萩さんを聴く時はどうしてもあのジャケットの麗しい姿を思い浮かべてしまう、というのもあるのですが。。
コメント (2)

荘村清志最新ベスト

2008年04月14日 | ギター
荘村清志最新ベスト「愛のロマンス」
荘村清志最新ベスト「愛のロマンス」 2007

やはり荘村氏のも聴いてみなくては、と思い最新ベストを買いました。
去年のギター教室の番組で使われた曲がだいたい入っています。あとはビートルズナンバーと、バッハなどです。番組の中で「禁じられた遊び」は、指使いがセーハなどに変わる所は、そう性急にせずに、ちょっと間を空けていいんですよ、と言ってましたが、なるほどそういう感じで演奏されてます。全般にポピュラーの曲は荘村氏は”ため”る演奏なんだなあ、と感じました。

バッハのはジェスロ・タルで親しんでいた「ブーレ」が入ってたのでよかったです。原曲初めて聴きましたが、ジェスロ・タルの発想もすごいなあ、と改めて感心しました。

荘村さんて、ギターの番組を見ていて、すごくやさしいくて誠実な感じを受けたのですが、このCDの演奏もその人柄が出ている感じがしました。
コメント

acoda アコースティック・ギター・セレクション

2008年03月10日 | ギター
acoda-acoustic guitar selection(DVD付)
acoda-acoustic guitar selection(初回生産限定盤)(DVD付)
 2007.6/20

現在活躍中のアコースティック・ギタリストの演奏のオムニバス。14曲(組)。小沼ようすけさんの”アコギ・ワンポイント・レッスン”と題するDVDが付いてます。

6割くらいは名前は知ってる人でした。
オムニバスものだとそれぞれ特徴が出ておもしろいです。パっと聴いて一番特徴が分かったのはゴンチチかな。ゴンチチはCMとかで聴いてるので或いは一番耳に入ってたかも。「デパペペ」というグループをここで初めて知りましたが、これがよかったです。曲は「さくら舞う」というのが入ってましたが聴いた事があるような気もしました。

「デパペペ」HP 2002年11月結成。徳岡慶也、三浦拓也の二人組み。 

DVDは小沼ようすけさんの「Mystic Rites」という曲。
宮島に行った時にメロディが浮かんでそれをモチーフに作ったということです。
それをスイングバージョン、ボサノヴァ、16ビート、ブルース、ハーモニクス、ルパート・バージョンと次々に弾いてみせてくれます。いやこういう風に変化させるのかと。。 それにコードはAm C Bm E7で、ペンタトニックがこうでと次々にメロディーをつけてきました。プロはこうなのかとアマチュアでもできる人もいるんでしょうが、・・もうとりあえずは音符どおり一歩一歩やるしかないよね。しかしその音符どおりもいかないわけで。。 しかし小沼ようすけさん、かっこいいワ。

収録曲とアーティストの詳細はこちらで 小沼さんのDVDも少しみられます

コメント