へーちょうなんだ。

ときどき書きます。
4コマ漫画「こねことへんないきもの」略して「こねへん」れんさいちゅう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さびしがりやのうさぎ。

2010-03-23 15:35:58 | にっき
うさぎはさびしいと死ぬらしいけど、たとえばぼく自身のことを考えて、一人きりでいるときと誰かといる時、どちらがさびしいかと問うと、必ずしも一人きりの方がさびしいとは限らない。
もっと言えば、人が一番さびしさを感じるのはどこをむいても知った顔のない群衆の中にいる時なのだそうで、そう考えるとうさぎももしかしたら、ただ一匹でいる時ではなく、群衆の中にいる時にこそ死ぬのかも知れない。
実際に、満員電車の中にうさぎを放り込むと、かわいそうなうさぎはストレスで死んでしまうのだそうだ。
それはさびしさで死ぬのとはちょっと違うかも知れないけど、でもじゃあさびしさってなに?と考えると答えは簡単には見つからない。
けれどともかくさびしさ=孤独というわけではないことは確かだ。
孤独とは単に一人でいる状態のことだけど、さびしさっていうのは、誰かや何かがそばにいて欲しいと思うことで、そう思うことに、今自分が一体どこにいるか、誰といるかってことはそこまで重要じゃなかったりする。
さびしさってのはいわば恋愛と同じように突然やってくる病のようなもので、だからうさぎをも殺すのかも知れない。
Comment

筒井康隆『アホの壁』

2010-03-11 16:09:10 | どくしょ
書店にて『アホの壁』という本を見つけ、タイトルからいまさらバカの壁の二番煎じか著者の顔が見てみたいと思ったら筒井康隆だったので即購入しました。
内容はというと、全編にわたってフロイトを引用しつつアホを分析してみたり、時には笑い飛ばしてみたり、筒井おじいちゃんのかわいらしい自虐ネタが炸裂したり。
大変楽しめるものでした。
特に第四章の「人はなぜアホな計画を立てるか」は、はてなダイアリーで10000ブクマくらい行きそうなお役立ち良エントリーでネット脳丸出しですねすみません。
とにかく面白い本だったので、筒井ファンにもそうじゃない人にも広く読まれて欲しいと思いましたまる。
Comment

あの~すば~らしい~あ~い~ふぉんならね(キリッ

2010-03-01 09:53:35 | にっき
どうもこんにちは。iPhoneユーザー(かっこいい)のへーちょ(かっこいい)です。

iPhone買って一週間ほどが経過したので感想を書きたいと思うので、感想を書きます。
とはいっても、タッチパネルの操作性がいいとか、アプリが充実してる、とか、あるいは、ガラケーにあるようなオサイフケータイとか赤外線通信がないのは不便、とか、電池のもちが悪い、とかいった感想はすでにあちこちで氾濫していていまさら僕が言うまでもないと思うので、そういうことは言いません。
そうすると、特に言いたいことはなくなるので、今日はこれでおしまいです。


それではまた。
Comment