風は南から

スペインと花と音楽とそれから写真と俳句

亀鳴く

2016-03-30 10:23:59 | 写真俳句

     お昼時主留守なら亀鳴けり

  

水連の開くとき音がする というので 行ったことがあります。

池のかなり広い面に水連の葉が広がって 花も沢山!

静かに聴いているといると 何か音がするような。 水連が開く音だと 満足で帰ったのですが

後で あれは魚が水面で口を開く音ではないかと 話しになりました。 たしかに あの池には

鯉が沢山いた。でも水連だけでなく 桜も薔薇も白木蓮も 開くときは音がするかも知れません。

聞こえないけど。 何ぞと聞けば あれは水連の開く音

「亀は雄が雌を慕って鳴く」そうですが お腹が空いた!ご飯!と鳴くのもいるかもしれません。

  

 

コメント

桜祭り

2016-03-29 12:56:45 | 日記

4月3日 日曜日は桜祭りですが 雨になりそうです。どうしよう。

娘が「山口県の写真が欲しい!」というので

喜んで あれこれ見せたら「こんな芸術的なのはいらない」と言われたので

この写真をあげた。

これは 2008年4月7日でもう散り始めて 葉桜になりそう。

今年は別の所に行く予定なので調べてないけど 桜祭りのときは 骨董市も開かれる。

何年だったか忘れたけど 基地の人たちのお花見の日だったみたいで

それはもう沢山の人出で(日本じゃないみたい) 腕章をした人が何人もいて見回っていました。

駅の構内で 「初めて」という感じの人たちに 通訳らしき人が駅の説明をしてるのを

見たこともあります。良くも悪くも基地の街です。

 

コメント

桜の頃

2016-03-28 11:42:13 | 日記

懐かしいことばかり思います。桜のころだからでしょうか。

桜は三分咲きの護国神社です。国難に殉じた・・・・とあります。

義父の名前があります。義母が生きていたころは毎年来ていました。

「白菊の会」のみなさんで掃除して手入れして 毎年見事な桜でした。

義母が亡くなって行くことなかったのですが 久しぶりに行ってみました。

そこに 私はいません という歌がありますが この場所で桜を写していたら

義母が居るような ほんとにそこに居るような気がして 涙がでました。

 

 

 

コメント

惜しむ

2016-03-27 10:43:20 | 日記

呼び戻すことができるなら 

僕は何を惜しむだろう 「シクラメンのかほり」

惜しむものがあるだろうか。

今年94歳になる母は 若いときの恋の話をする。

その人が戦地にいくときもらったカメラは戦災で焼けたそうで

今はいいカメラを持っていて趣味は写真。

私は話すべき恋もないし 仕事の話しもないし

惜しむとしたら  中学生と高校生のときの 精神 こころ!

大人になったら もっと自由になって何でも出来ると思っていたけど

違った!もっと不自由になった。  何かで読んだセリフです。

あのころは井の中の蛙だったけど 大海への憧れで世界は広々見えた

と今ならわかる。写真は下校中の中学生  中の一人が私が写真を撮っているのに

気が付いて 手を高く上げた  後ろ向きで 

その一枚を探したけど 見つからないので この写真を

   

 

 

 

コメント

電力自由化

2016-03-26 12:11:32 | 写真俳句
お題「電力自由化についてどう思う?」に参加中!

良くわかりません。オール電化ではないので電気量も少ないし

勧誘の電話なども無くて 説明も何にもなくて

今使っているのが安くなります。手続きを!と「今月の電気代」の紙に有ったので

ネットで見たけど これが良く解らない。で そのままに。

「規制緩和で雇用が増えて 景気が良くなる」のなら 大いにやって欲しい!

電力自由化とは関係無いのですが 

卒業式で新社会人になる季節で  自分にもあったなあと思い出しました。

電車通勤で良く見かけたのが ホームの売店で牛乳を飲んでる 背広姿の人たち

「企業戦士」という言葉をあとで知りました。雇用と景気と賃金と労働条件といろいろあって

当時のことを男性から聞くと 大変だったんだと思うけど 何か明るさとか余裕があったような

気がするのは 若かったからでしょうか。

    朝の駅背広姿でめろんぱん

なぜかこの句が気に入っています。

 

 

 

コメント