風は南から

スペインと花と音楽とそれから写真と俳句

ルリタテハ観察の記

2019-11-26 10:01:14 | 生き物
ルリタテハの幼虫は最初二匹 大きいのと小さいの
10月29日 どこから来たのか1匹増えた。
 
10月31日 全部居なくなった。庭のどこかで蛹になり
羽化して来年 又やってきて写真撮らせてくれたらいい!と
思っていたけど・・・
11月01日 10:45 一匹残っていた!
 
11月02日 12:40 
 
11月02日 14:08 やっと蛹になった。
 
11月09日 夜間の気温が5度になって 羽化できないのではと
思ったので 悩んだけど鉢ごと部屋に入れた。
 
11月15日 まったく変化無いので 死んでいるのかと
触ってみたら 大きく震え始めて 10秒くらい震えて
ホトトギスの茎まで震えて びっくり!
 
11月23日13:38 少し前から蛹の色が黒っぽくなったので
もしかしたら羽化するかと思ったけど この時は変化なかった。
 
11月24日 10:48 羽化してた!
 
11月24日 10:58 まったく動かない!
 
11月24日 12:44 触っても動かないので
死んだのだと思って ホトトギスの花と一緒に
埋めてやろうと・・鉢を動かしたら 動いた!!
 
11月25日8:47 動いたは良いけど まったく羽を広げない!
取りあえず陽のあたるとこに置いたら・・羽が震えて少し開いた!
飛びたつとこを写そうと カメラを準備して一枚写して・・
 
つぎの瞬間 飛びたった!キアゲハは羽を広げたり閉じたり
準備体操をしたから沢山写真が撮れたけど ルリタテハは一瞬だった!
部屋に入れてたから ホトトギスが未だ咲いています。 おわり
 
 



 







 


コメント   この記事についてブログを書く
« ルリタテハの観察の記 | トップ | 羽化の蝶 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

生き物」カテゴリの最新記事