長久手みなみ里山クラブ

長久手みなみ里山づくり活動の情報です!

ゲンジボタル 二年子幼虫を知っていますか?

2017年12月01日 | 里山ニュース
ゲンジボタルの幼虫は二年かかって成虫になるものがいます。
この幼虫を二年子幼虫と呼んでいます。

不思議なことに一年目は大きくなりません。
これも自然の不思議なところですね。種の保存(何か起きても全滅しないようする)ためでしょうか?

ところが二年子幼虫は次の年に生まれた幼虫と一緒に育てると早く大きくなりすぎて死んでしまいます。
そのため、春から夏にかけて断食期間を設けてエサを控えめにします。


<二年子幼虫。生まれて一年たってもこの大きさです>

<二年目の秋になりました。大きく成長しました。>



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 穏やかな日 収穫祭を行いました | トップ | 紅葉 落ち葉 御嶽山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

里山ニュース」カテゴリの最新記事