恋はもうもく

はいあがってくるしずけさをうたでみたすー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バットライフゴーズオン5

2015年12月22日 23時04分14秒 | バットライフゴーズオン
 実際のところ、高校生活だって楽しくやっていた。サッカー部のキャプテンだったし、体育祭のリレーも走った。同じ高校に兄がいて、教員として父がいた。先輩からもかわいがられていた、と思う。
 高校生の頃、feel like seventeenとlove handleの7インチを買って、最高にクールだなって、部屋で一人ずっとWOWOW言っていた。feel like seventeen歌詞がわからなかったので、メールで問い合わせた。家のアドレスから。はじめてのEmailだった。「パンクスからしたら、くそみたいなことかもしれませんが、卒業間近にして割りと学校楽しい。i have a lot of clazy friend.とは言わないが、ここに少しは友だちがいます。」という風なことを書いたように思う。とても恥ずかしい。丁寧に歌詞が送り返されてきた。ありがとうございました。プリンタはなかったので、紙に書き写して歌っていた。



 だけど、大学に行けばって、東京に行けばって思いもずっとあった。高校のとき、同じような音楽を好んで聴く友達が、自分を入れて三人いた。ひそひそとCDの貸し借りをしていた。それで、いまハイスタを聴いているみんなが大学に行ったらスナッフとレザーフェイスを聴くものだと思い込んでいた。
 兄のオープンキャンパスについて東京にきた。はじめてディスクユニオンに行った。見たことのないものがたくさんあった。感動した。wallとenvyとswipeとwise upの7インチを買った。下北沢のCD屋でFACTのデモテープと水中、それは苦しいのCDを買った。
 京都のベースに行ったとき、ここに全部あるって思ったし、ディスクユニオンに来たら見たことないものがたくさんあった。東京はそういうところなのだと思った。



 大学に行けば、東京に行けばって思っていた。ニューキーパイクスとヌンチャクとswitch styleに夢を見て、after foreverに希望を見て、千葉に来た。夢と希望は、現実とはかけ離れていた。レザーフェイスをみんなが聴いているわけではなかった。僕はお酒が飲めず、大学生のワイワイした雰囲気にまるで馴染めなかった。
 凍えるほどに寒くじっとりと蒸し暑い六畳一間で森田童子とI EXCUSEを聴いて半ば溶けていた。何度も道に迷い、千葉市の三叉路、五叉路を呪った。
 初めて一人で渋谷に行って、ネストでsoleaを観た。渋谷で道に迷った。リュックサックでキャップの青年になんとなくついていった。エレベーターで一緒になって、それがサファリングフロムアケースの伴君だった。実際テキサスイズザリーズンの方が好きだって話をした。スナッフィースマイルのライブとかキーポンスマイルとかに足繁く通った。伴君に紹介されて高森君とか石田先生とかとあった。
 しばらく溶けて、女の子に振られたりした。女の子に振られたりして、また森田童子とI EXCUSEばかり聴いていた。


We are as good as dead. When the season changes, I may wither and fade away…
 その頃はよく次兄に連れられてライブに行っていた。下北沢シェルターでFLASH LIGHT EXPERIENCEとキウイロールとロストエイジとカムバックマイドーターズを観た。二月だった。大して人のいないシェルターのフロアだった。震えた。興奮を抑えられなかった。ちょうちょうかっこよかった。それから、次兄と、それから翔太とバンドをはじめた。バンド名はswipeの歌詞の日本語訳からとっていくら僕がぎゃーと叫んでも空は高いってした。小岩で柿沼さんと会い、下北沢で西田さんと会った。小林君と会った。レザーフェイスを観にいって眼鏡が吹っ飛んだ。終演後、一緒に探して見つけてくれたのが篠沢君だった。西田さんが八王子によんでくれて、川又さんとか、ようすけさんとか土屋さんとかスクリブラーとかとあった。

 あー、それからいろんなことがあって、10年余りが過ぎて、まだやっぱり続けている。続けることに何か意義があるとかそういう事柄ではない。だけど、中塚君が言う、続けてなきゃ勝てないっていうのは本当にそうだと思う。バットライフゴーズオンだよ。
明日、新代田FEVERで企画をします。
日時: 12月23日
バットライフゴーズオン2
出演: 東京スーパースターズ , T.V not january , HelloHawk , SHIPYARDS
場所: 新代田fever

 併設されているPOPOで各バンドのジャケットなど描いているアーティスト総勢12名の展示も同時開催中です。明日まで。
 予約の上ご来場いただいた方には、特典としてジンをつけます。月刊仲野と違って、ちゃんとイラストレーターとか使って印刷会社にお願いしたやつです。
 その中に、翔太が一筆ふるっていて、思うにとてもいい文章です。なので、ぜひご予約の上ご来場いただきそのジンを手に取ってもらいたい。翔太の文を読んでほしい、と思うのです。だれがどうじゃなくって、バンドをやっていることが重要なわけでもない。僕(ら)は僕(ら)でやっている。ただそれを肯定していく。肯定していくっていうのが、僕(ら)が僕(ら)であることの唯一の方法だし、中塚君の言葉で言うなら、それを続けていくしか勝つ方法はないと思うのです。バットライフゴーズオン2
 新代田にて、ご来場お待ちしております。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バットライフゴーズオン4

2015年12月05日 20時10分46秒 | バットライフゴーズオン
 メイキングザロードが出たのが中三の頃。イケてるやつらはハイスタのCDを貸し借りしていた。「さーくん、今はもうブルーハーツやないんやで。」とGROWING UP、ANGRY FIST、MAKING THE ROADが三枚セットで回ってきた。やたら速いし英語だった。速いし洋楽みたいだなって思った。「さーくん、実はハイスタよりかっこいいバンドがいるんやで。」ワッディデュッセイって鼻歌で歌って、イケてるやつらはライブで先輩が演っていたコピバンの話をしていた。ブラフマンだった。ブルーハーツは過去のバンドだった。

 中学校の卒業を控えたころ、初めて「ライブ」に行った。一つか二つ上の高校生たちの企画だった。その頃、福知山の高校生たちは、新西半会館という国道沿いの二階建ての貸しビルでライブをしていた。期間限定のウィンタースポーツ用品のセールとか、洋服の閉店セールが回ってくるビルだった。
 ビールケースを針金でつないでステージを組み、アンプ、ドラム、照明やなんかをどこからか借りてきて、だいたいチケットは500円だった。10バンドくらい出て、その中に2つか3つはハイスタンダードのコピーバンドがいた。ホーンなしのケムリとかモンゴル800とかゴーイングステディとかが入り混じったコピーバンドがいた。ダンスユニットが出ることもあった。ティーンズだかなんだかのバンドコンテストでグランプリになるようなバンドが一つ上の先輩にいて、盛り上がっていた。
 DIYなんて言葉そのときはぜんぜん知らなかったけれど、パンクとかハードコアーの崇高な思想にふれるまでもなく、田舎の高校生たちは否が応にもDIYだった。5年経って東京に来て、ああ、あれに憧れているのかと思った。贅沢な話だなあって、ちょっと思った。
 「今の人たち、かっこよかったな。」「あれもコピーやで。」先輩に教えられた。ゴーイングステディだった。青春パンクと揶揄されていたようなバンドがとても好きだった。You & Iが出てBOYS&GIRLSが出る時だった。やっぱりブルーハーツだったのだと思う。スキンズも青春パンクも3つか4つのコードで、似たようなメロディで、拳を握れとかって暑苦しいこと言って、拳を握っていた。ブルーハーツは拳握れとは言わなかったけれど。だけど、ゴーイングステディもスキンズもブルーハーツもとても好きだった。


ゴーイングステディ

 アビックス北村(レンタルCD屋)のパンクのコーナーのCDを端から借りた(小さな棚だった)。メタル刑事とか、感銘を受けた。


 東京にはこんなバンドがまだまだいるのだ!駅前のマーブルって古着屋に毎月5部くらいエクストラ(ディスクユニオンのフリーペーパー)が置かれていて、月の初めにはいつ来るかなあって通った。アビックス北村でときどき売られていたインディーズマガジンとそれとが情報源だった。それがパンク(というべきかバンドカルチャー)だし、東京だった。高校生の頃、フルーティの編集版が出て、エクストラとインマガの情報を加味して、フルーティというのはビートルズみたいな規模の偉大なバンドであると本気で思っていた。勘違いだった。
 「モノ」があるということ、「流通」を通すということ、僕にとってはとても大切なことなのだ。そんな田舎の高校生が実在を感じる(ピストルズとクラッシュ以外の)パンクバンドに触れるきっかけはイースタンユースだし、ゴーイングステディだった。UKとかスティッフィーンとかが流通通して、そこまで届けてくれたから、届いた。例えばCD作って流通通したからって地方でさして売れるわけでもないだろう。だけど、あの頃の僕に届けなくては意味がないのだ、という思いがいつもある。

 その頃我が家にも電話回線のインターネットが入ってきた。電話回線だからインターネットを使っているときは電話が使えない。夜中にこっそり使った。どこかの掲示板でガガガSPとかゴーイングステディをこき下ろしている人がいて、その人が偉そうに「スナッフィースマイル」のバンドを聴けって言っていた。何を偉そうに言っていやがるのだと思った。
 駅前のマーブルには何枚かレコードも売られていた。LPと7インチが合わせて10とか20枚とか。後で聞くと、舞鶴のマウントポジションの委託で置いていたもので、店員もパンクやハードコアーをそんなに聴くわけではなかった。そこにスプレイペイントとゼロファストのスプリットがあった。ああ、これは(スナッフィースマイルではないけれど)あの偉そうな人が言っていたバンドの一つだと思った。買った。聴いた。なるほどかっこよかった。初めて買った7インチのレコードだった。それ以来、サッカーの試合の前には大将の7インチとスプレイペイントとゼロファストのスプリットを聴いて高めるようになった。マイウィンタージェインとションベンのスプリットを買った。壬生狼とジェットトゥブラジルのLPを買った。20枚委託してそれって、なかなかに攻めた品揃えだなとは思う。


zerofast

 それからインターネットでユアチョイスとかハイパーイナフ大学みたいなテキストサイトに夜な夜な通ってメモをとった。メモを見せてアビックス北村に取り寄せを頼んだけれどほとんどのCDは取り寄せてもらえなかった。
 しばらくして、京都のレコード屋を知った。ベースとかアビスとかだった。ここに、ぜんぶある!感動した。アビックスで取り寄せられなかったものが全部あった。京都は片道二時間で、高校生にひょいと行ける距離ではなかった。年に数回、京都に行く機会を見つけるごとにベース、アビス、ビーバーで散財するようになった。



spraypaint
5:33からi get use to alone, day by day.ってどれだけの僕らを勇気づけただろう。

日時: 12月23日
バットライフゴーズオン2
出演: 東京スーパースターズ , T.V not january , HelloHawk , SHIPYARDS
場所: 新代田fever
コメント
この記事をはてなブックマークに追加