恋はもうもく

はいあがってくるしずけさをうたでみたすー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

0604.お弁当

2017年06月04日 22時30分32秒 | 色恋沙汰α
少し疲れた。弱音くらい吐かせてくれよ。とも思う。

思うけど、仕事には誇りを持っている。
「先生は愛妻弁当ですよね?」
子どもたちが笑いながら言う。
「いやいや、自分で作ってるで。」
「あー、朝早いもんね。」
「あはは、いや朝は早いけども。今時料理はお母さんとか、昭和じゃないんやから。」
笑っていうと、彼らはそんなもんかなって顔をするので、そんなもんだよって顔で応えた。

小さな戦いが、ある。些細なやり取りの中で、社会を今自分が作っているのだって思う。
君らが、一人ひとりが、社会を作っているという自覚を持ちなさいと伝え続ける。ことばを変えながら、伝え続ける。自分がいきる社会くらい自分でよくしろ。よくしよう。僕は僕のやり方でやるから。君らは君らのやり方でやってくれ。小さな小さな戦いを続けている。

この国、とかこの世界、とか、状況はどんどん悪くなるように見える。そう思うような年頃か。ライフステージか。気のせいか。気のせいであってくれ。これ以上負けるわけにはいかないのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 0520.一月、雪が降った日のこと | トップ | 0625.明るい帰り道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

色恋沙汰α」カテゴリの最新記事