サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話・「やがて恋が始まる」を見て&総括

2006-03-30 10:54:43 | 舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)
 今回は、はずむが決断を下す回。

 はずむは去りがたい想いを抱きながら、とまりと一日を過ごす…本人達は楽しんでいる(ように見える)のに、切なく感じるのは…

 やはり、冒頭のはずむの決断の告白からだろうな。見ようによっては、単なる女友達同士で仲良く遊んでいるようにしか見えないのだけれど…片方は心が男だからな。本物の。

 そして、河原での別れ。

 しかし、なぁ…とまりも一度は別れる決意をしたのに、行かないでくれ、とは男らしくないぞ!あ、女の子でしたね。ここですっぱり心を決めてもらった方がすっきりしたとは思うんだが。

 やす菜も、最後に症状が回復して良かった良かった…要するに、自分が愛されてる、自分も愛していると分かればいい…のか?

 大方の決着は前回でついているようなもんだから、あとはやす菜の問題だけで済んだのも良かった。それだけに、とまりの河原でのへたり込みはちょっと要らなかったかな、という気はするけれど、それだけはずむを欲している、という解釈にしておこうか。

 物語が大団円を向かえたのは良い。あやふやエンドでもなく、且つハーレムでもなくどっかの作品みたいに逆転ホームランでもない…この作品はもともと最後まで余談を許さなかったが…、片方を一応は傷つけて、片方を取るという決断も良かった。

 だけど最後のアレは何だ!?
 この箇所こそこの作品最大の混迷だ!きっと、いろいろな妄想の展開の余地を残してあるんじゃないかとは思うんだが…やす菜は一体はずむに何をいったのか?はずむは、とまりとの思いでの河原で彼女に何を伝えたかったのか?

 済みませんスタッフさん、オレは妄想力はある方だとは思うが、あまりにどうとでも取れすぎるこのシーンは手に余ります…

 まぁいいか。取りあえず、あの優柔不断なはずむが、自分でやす菜と歩むことを決めただけでも評価したい、あゆきの助言はあったにせよ。







 お話:★★★★・カタは付いてたしね。それよりも、楽しそうなはずむととまりの表情が良かった。
 作画:★★★★★いつも良いから、落差が分からない…



~SOUKATU~



 蓋を開けてみる前は、あかほりさとる御大の手になる作品とあって、かなり不安だったのだが…第一話から圧倒的な作画と心理描写によって、あっという間に心を鷲掴みにされてしまった。

 なにより、登場人物が可愛すぎる…特にはずむ自身が!心は男のままということもあり、女の子にしては無防備な振る舞いに心を射抜かれ、もともとの性格からなる、極上の笑みに誰しもが安らぐ…そんな卑怯な主人公の脇を固めるは、もと息子の娘を狙う父親と身体目当ての男友達…ではなく、ある秘密を抱えたやす菜と、幼なじみのとまり。はずむが惚れられる理由がやや薄いものの、少なくともとまりは幼なじみだけに、ひょっとしたら視聴者さえ知らない≠時間の関係で描ききれない、はずむの良いところをたくさん知っている可能性があるから、一概に「何故はずむが好かれるか噸と分からぬ」とも言えぬ。

 幼なじみのままだったとまりが、いざやす菜とはずむとの関係が進展して行くに従い、自分も舞台に上がろうとする様は、王道とはいえ、それ故にいじましく、また切なくもあった。なぜなら、元々はずむはやす菜を、やす菜ははずむを意識していたのだから。あゆきに勧められたは良いけれど、結局は負け戦だったのね…

 しかし、はずむを含めた三人娘の葛藤はお見事としか言いようがない。細かい突っ込みどころは確かに存在するけど、それがどうしたと言わんばかりのビジュアルだったからな…細かい理屈などなくとも、可愛い女の子がいれば、それは正義なのだ!

 もう少しだけはずむの性格設定をしっかりした方が良かったかなとは思うけど、これ以上男っぽくてもなんだかなぁ、という事になりかねないし、増してやさっぱりしすぎていて、悩みもしなかったら物語にならないしな…

 脇を固める明日太やあゆきなども魅力的だし、やや蛇足的な並子先生や親父、ジャン・プウなども面白いと言えば面白い…多分。

 全12話という話数から言って、テーマを一本に絞って進めた為に中だるみも尺足らずの感も起きずに、なんとかすっきり纏まったような気はする。

 というわけで、今期のアニメでは一番の勝ち組(少なくとも、俺の視聴している作品の中では、だけど)となった「かしまし」という作品を創ったスタッフに、心から「腹一杯になりました」とご報告申し上げる次第である。


MVC(Most Valuable Character):大佛はずむ。これはガチ。だって、彼がいなければ始まらなかったんだもの…しかし、MVCレースは始終接戦だった。



 お話総合:★★★★・もう少しビシっとした形で締めてくれれば文句なしだったが。
 作画総合:★★★★★この時代によくぞここまでやった。感動した!
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
« いきなり!ネットラジオ!『... | トップ | 四月っからのアニメ作品視聴... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブレッド)
2006-03-30 12:27:11
ついに最終回が放送されたかしまし。



まず1クール通してハイクオリティの作画を貫いたスタッフは大してものですね。

キャラの心情描写を表情一つで表せていた作品は稀有な気がします。

メインの三人と脇を固めるサブキャラたちも人間的に魅力的だったところにも好感が持てました。



全体的に見ても1話単位で見てもレベルの高い作品だったかと。

あの作画にあの演技のレベルが加われば良作になるのは必然かもしれません。



といてっも残念な点はやはりいくつかありましたね。

主人公のはずむはいいヤツとはいえ、やはり男として見たら微妙ですし。

まあ、最近のギャルゲ・エロゲ原作主人公と違い、自分で決断を下した点は評価したいです。



はずむととまりのやり取り、その後のとまりとあゆきのやり取り辺りが今回の見所でした。



気になるのはED曲が流れた後のはずむとやす菜、はずむととまりの会話です。

ラストの川を渡ってからのとまりへの言葉ということから予想すると、

幼少期の川を渡る=とまりのお婿さんになる=実はとまりENDってことになりますが、

その場合、あれほど紆余曲折の末にやす菜を選んだはずなのに……と首をひねらざるおえませんorz

結局はずむがやす菜を選んだのはやす菜の体質への同情ですよ、と言ってるようなものですし。



DVDで13話追加ってことらしいんですが、それがスタッフからの「DVD買えよ」って無言のメッセージみたいでマイナスでした。

それに発売がまだまだ先みたいなんで、その頃にまだ興味があるかも微妙ですし。

出来ればTV放送内できっちり決着をつけて欲しかったです。



まあ、それでも私的な去年4月~今年3月(今年度)に放送されたアニメのTOP3には入りますが。



1位フルメタルパニックTSR

2位ラムネ

3位かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~



って感じでした。

1位は序盤の鬱展開から最終回のスカッとするヘタレ脱出劇、ハイクオリティな作画とストーリー構成により文句なし。

ラムネとかしましでは作画やシナリオ的にはかしましが断然上なんですが、

それを補ってあまりあるほど健次×七海が好感の持てるバカップルだったことによりこの順位です。

それに同時期にやっていたギャルゲ・エロゲ原作主人公がみんなへタレだったことも健次の株を上げることに繋がりました。



ちなみに、私のかしましのMVCはとまりです。

彼女のようなキャラにこそ恋愛系アニメの主人公になってほしい! と思わせるほどの男らしさを見せてくれました。



全体のMVCはフルメタの相良宗介ですね。

終わりよければ全てよしを地でいく最終回の爆発振りが凄まじかったですし。



ちなみに、サトシアキラさんの今年度最高作品&キャラは誰でしたか?



そして、かしましのレビューお疲れ様でした!

次回私がコメントするのはおそらくスクランかな?

まあ、どのアニメを取り上げられるかによって変わりますが。

Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-03-30 13:24:36
>あの作画にあの演技のレベルが加われば良作になるのは必然かもしれません。



 もうキャストだけで幾らカネが要るか分からないくらいに豪華でしたから…名前だけで無しに、演技力も。



>やはり男として見たら微妙ですし。



 そうですね…中盤のヘタレは少々辟易しましたが…迷いを演出するには仕方がないと割り切るのもちょっと難しかったですね。



>結局はずむがやす菜を選んだのはやす菜の体質への同情ですよ、と言ってるようなものですし。



 確かにそうですが、仮に…ではなく実際にそういう感じですが、とまりもやす菜も同じくらいに大事、だったら自分しか救えないやす菜を選んだ、というのが最大限に好意的な解釈でしょうか…いずれにしても、同情に近い形なのには変わりがありませんね…正直、決着を付けるには、二人とも魅力的すぎますし…



>出来ればTV放送内できっちり決着をつけて欲しかったです。



 最近はこういう手法が多くなりましたね。味をしめてしまったんでしょうか…「DVDでしか見られない回がある」というのは、どの作品が最初なんでしょうか。自分が知っている限りでは、やはり「はにはに」ですが、顕著になってきたのは「かみちゅ!」からのような気もします。もっとあるかも知れませんが…



 しかし、確かにTVで全てを語って欲しかったです。DVDを見るまでは物語が完結しない、じゃあTV放送分はただの未完成品じゃないか!と言ったら言い過ぎでしょうか。

 出来ればDVD収録は後日談に徹して欲しいところです。それこそ、テレ東コードを気にすることなく、お金を出した者だけが見られるに相応しいような。



>同時期にやっていたギャルゲ・エロゲ原作主人公がみんなへタレだったことも健次の株を上げることに繋がりました。



 考えてみると…土見稟(作品自体は見た事ないけど、そういう噂なので)、ズン一、が両巨頭と言うことでOKですか?これらから比べると、健次はさっぱりしてていい奴でしたね。それこそ、古き良きエロゲ主人公の映像化って感じで。



>私のかしましのMVCはとまりです。



 かしましは本文中にもあるように接戦だったんですよね…しかし、そのキャラクターの特異さからはずむを選んでしまいました。もちろん、とまりも男っぽいさっぱりした女の子、と言う点で高評価です。やす菜はどっちかというと受け身のキャラですから、二人には及びませんでした。



>全体のMVCはフルメタの相良宗介ですね。 



 フルメタは、無印を何話か見ただけで金穴になってしまったんですよ…(具体的にいうと、ハイジャックされた辺り)。これも見てみたい作品の内の一つです。



>ちなみに、サトシアキラさんの今年度最高作品&キャラは誰でしたか?



  http://blog.goo.ne.jp/satoshiakira1019/e/b20d57c5598f89bc5f4d7cbf41674534



 この辺りを踏まえ、時間が経ってから冷静に考えた上で、一月開始作品を含めて新たに順位を出すと…



 1位・かみちゅ!

 2位・かしまし

 3位・フタコイ・オルタ



 ってところでしょうか。



 かみちゅ!は、見ていてこれほど厳しい観察眼もストーリーの矛盾に突っ込む必要もない、そのゆったりぶりを再評価しました。



 かしましは…もう少し冷却期間を置かなければ冷静に判断を下せないと思いますが、取りあえずこの辺りで。



 フタコイは、好き嫌いが別れるでしょうが…ノリが大好きなので。アクションシーンよりも、双子との微妙なやりとりが。



 と言うわけで、栄えある総合MVCは…!!





 川本さつき。



 ごめんなさい、大人しいセミロリキャラが大好きなんです。…orz



>次回私がコメントするのはおそらくスクランかな?



 スクランも、おそらくはかなり感想の書きにくい作品になるとは思いますが、コメント待ってます。



 そろそろ視聴予定を曝しましょうか? 
Unknown (ブレッド)
2006-03-30 14:07:15
確かに最近DVDで追加ってのも多くなってきた気がしますね。

まあ、DVDを買ってでも見たい! と思わせる作品がないので被害にはあってませんが。

去年12月に噂されたことりOVAも結局続報は今のところありませんしね。



ヘタレ主人公については稟、ズン一以外にも貴明とかも結構やばかったですね。

自分の意思がないのかこいつ? と思わせるくらい押されっ放しでしたし。

浩樹も結局最後までヘタレのまま終わりましたし。

いい主人公と悪い主人公の差は最終的に自分の力で立ち上がれるかどうかにある気がします。

それと周りのキャラの行動、言動もありますね。



最後までヘタレ一直線のキャラって不自然なくらい周りに甘やかされてマンセーされてますし。



私がMVCに挙げた宗介もラストまではズン一や浩樹以上にヘタレ化してました(まあ、宗介の場合はズン一や浩樹と違ってヘタレてもしょうがない理由があったんですが)。

しかし、そこで周りのキャラに手痛い言葉をぶつけられたことにより、最後はきっちり決めてくれました。

それに対してギャルゲ・エロゲ主人公のアニメ版は脚本の都合による無理矢理なハッピーエンドが視聴者置いてきぼりの最大の原因かと思ってます。

所謂、そのヒロインのエンドなら他のキャラがどうなろうが知ったこっちゃねぇし、主人公がヘタレだろうが、自分の好きなヒロインが幸せならいいんだよ的な人間以外は楽しくない作品の量産の原因ですねorz



良作はメインキャラからサブキャラまで全て大事にしているのが共通点だと思ってます。



>フルメタ



個人的にはかなりオススメな作品の一つです。

アニメは今のところ3作出ていますが、スクラン好きのサトシアキラさんなら2作目のふもっふあたりが楽しめると思います。

はっちゃけた学園コメディモノという意味ではかしましの日常パートとも雰囲気が似ているかもしれません。



>サトシアキラさんのTOP3作品



残念ながらかしまし以外は未見でした。

機会があればレンタルして見てみようと思います。

フタコイは確かに評価が二分された作品だったみたいですね。

でも、メガミ人気投票でことりや愛佳と張り合っていたキャラだけ期待できそうです。



>総合MVC



うっ……このキャラも知りません。

どの作品のキャラなんでしょうか?



>視聴予定



教えていただけるとありがたいです。

新番はまだ全然チェックしてないもので。



Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-03-30 18:08:17
>去年12月に噂されたことりOVAも結局続報は今のところありませんしね。



 まあ、今更辻褄合わせにことりを持ってきても、こちらは釣られるかどうか微妙ですね。



>自分の意思がないのかこいつ? と思わせるくらい押されっ放しでしたし。



 まああの作品は、主人公だけではなく、“作品そのもの”がかなりヤバい出来でしたよね。主人公もそれに追随するものですから、酷くて当然です。



>不自然なくらい周りに甘やかされてマンセーされてますし。



 この点、浩樹も酷いですが純一は…もうどうしようもないですね。フォローのしようがないです。前作の純一の言動込み、でモテているようなものでしょう。



>良作はメインキャラからサブキャラまで全て大事にしているのが共通点だと思ってます。



 言えますね。良作はどんなサブキャラでも、出番が短くてもきっちり見せ場を作ってくれたりしますもんね。



>ふもっふあたりが楽しめると思います。



 思い出してみたら、「ふもっふ」は視聴してました。何故「思い出して」みなければというと、きっと無印あってのこのノリが楽しめると思ったからんですね。だから、どちらかというと印象が薄かったのです。でも、宗介が着ぐるみ着て暴れ回ってたのは印象に残ってます。かなめとちょっとだけ良い雰囲気だったのも。



>フタコイは確かに評価が二分された作品だったみたいですね。



 ハーイ、最近の主人公は物足りないとお嘆きのアナタ!そんなアナタには、この「フタコイオルタ」をオススメしまーす。



 主人公・恋太郎も、最初はヘタレていたのですが、後半で見事に決めてくれます。恋愛模様の他にも、亡父・愛之介 の影を乗り越える姿など、考えさせられますよ。



http://blog.goo.ne.jp/satoshiakira1019/c/186b98b26e1bef4dc474ca54e5628340



 ↑興味がおありでしたら、過去の記事をどうぞ。



>どの作品のキャラなんでしょうか?



 JINKI:EXTENDのキャラです。作品のストーリー自体は、時間軸が分かりづらくて駄作に近い評価ですが、女の子連中が可愛いもので…



http://www.jinki.info/



 ↑この辺りでもどうぞ。



>新番はまだ全然チェックしてないもので。



 ブレッドさんの好みの作品とぶつかるかどうかは分からないんですが、纏めておきます。 
なるほど (智仁)
2006-03-30 23:15:10
かしまし評価高いですね。

あかほりさとるな上に、ただでさえ女性が少ない作品が好みなのに(一応男です。変な意味でもありません)増えるっておいおい、みたいな感じで見るの途中で止めちゃいました。

女性多くても笑える作品なら見たのですがあかほりさんのギャグはどうも……。



今年度の順位は

1位 蟲師

2位 よみがえる空

3位 かみちゅ!

ホント難しいです……。

フタコイオルタも双子がもう少し少なければ間違いなくランクインですし、フルメタは単純に見ることが出来なかったからランキング外なだけですし……。あとハチクロも大好きです。

今年度ではなく05年と06年に分けたら上手くいくのですが。



総合MVCは白河ことりで。

完全に噛ませ犬でしたが好きです。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-03-30 23:29:14
>女性多くても笑える作品なら見たのですがあかほりさんのギャグはどうも……。



 まあ、あかほり御大のギャグに関しては…ほぼ全ての人が一、二回は反応した挙げ句にスルーしたと思います。悪い意味での昭和の匂いがしますしね。



 それにしても男が多い作品が好みとは、硬派ですね。



>蟲師



 フジはまたやらかしてくれたらしいですね。局の姿勢が分かります。作品自体もかなり良かったようなのに…アニメに対する認識の違いですかね。



>2位 よみがえる空



 これも硬派ですね。本郷三佐の言動が人間臭くてたまりませんでした。



>3位 かみちゅ!



 女の子が主人公とはいえ、媚びを売ったような作風ではなかったですから、これも一つの硬派と…ちょっと強引すぎますか。



>フタコイオルタも双子がもう少し少なければ間違いなくランクインですし



 オルタは、他の双子はオマケでしたけど、確かに一通り出てきましたもんね…



>今年度ではなく05年と06年に分けたら上手くいくのですが。



 06年もまだまだこれからですし、良い作品に恵まれる事を祈りましょう。



>総合MVCは白河ことりで。

完全に噛ませ犬でしたが好きです。



 恐らく、霧と双璧の不憫キャラでしょうね…特に、背景と化した

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/29/6d98f1d410582fe41b9f5bd0ff433989.jpg



 ↑この回は酷かった。
Unknown (鏑木)
2006-03-31 00:23:53
感想、お疲れ様でした。



個人的に今クールの本命だった「かしまし」。

クオリティの高さは最終話までしっかり維持されて、

その点では不満なし。

今回の感想は自サイトで好き放題言ってるので割愛しますが、

いかにも「補完はDVDで」的なまとめはちょっと…。



今回を単品で見ても決して悪いわけじゃないし、

総合的に判断しても私の中で間違いなく上位にランクする作品なのですが、

どこかすっきりしないものが残ってしまいました。

本命に高望みをしすぎてしまったのかもしれませんが…



引き続き、次クールでもお世話になりますのでよろしくお願いいたします。

視聴リストのメドさえついていませんが(笑)
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-03-31 00:48:32
>いかにも「補完はDVDで」的なまとめはちょっと…。



 あからさまに過ぎましたね。思わず、自分の録画が切れていないか確認しちゃいましたよ。



>本命に高望みをしすぎてしまったのかもしれませんが…



 やす菜を選ぶ理由がやや希薄だったのが一因かと。あと、もちろん尻切れな「とまりちゃん、あのね」も。



 お互い、お疲れ様でした…出来の良い作品は、視聴して、それを噛み砕くのにもなかなか体力がいるものだと痛感した次第です。



 次クールでは、頭をからっぽにして見る作品をメインにしようかなとも思っております。
どうなんでしょうか (智仁)
2006-03-31 02:32:21
>男が多い作品が好みとは、硬派ですね。

ギャグや軽いのも好きなのですが(例えば極上生徒会)、こういうランキングつけるとやっぱり重厚なのを選びたくなります。なので硬派というよりは……どうなんでしょうか。

ドロドロ系の恋愛話が苦手なんですよね。まだ彼女ができた事が無いので青いのかもしれません。ストーリーの核は別のところに持ってきて欲しいんですよね。なにか大きな軸があって、恋愛が上手く絡んでくるようなのが好きですね。まあもちろん一概には言えませんが。



>ことり

笑いました。w

クレジットでことりの顔だけに被っている画像も笑わせて頂きました。w



かしましと逸れすぎですね。すいません。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-03-31 14:09:15
>なにか大きな軸があって、恋愛が上手く絡んでくるようなのが好きですね。まあもちろん一概には言えませんが。



 ありそうでなかなか見つけづらいですね…一本筋の入った作品は。



>クレジットでことりの顔だけに被っている画像も笑わせて頂きました。w



 あれはありえませんって。いくら何でも酷すぎます。あまりの情けなさに笑ってしまいましたが。

コメントを投稿

舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

61 トラックバック

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話 「やがて恋が始まる」 キャプ感想 (スターフィールド・ザ・ワールド(時は止まる))
はずむ「本当に人が、人を好きになるって・・・・恋って・・・・なんですか?」
かしまし 12話 ~終~ (時空階段)
= え~とハズムはヤスナを選んだ~…Σ(゜д゜lll) = '''という訳でトマリの最後のデート。しかもAパート独占''' == ラストはヤスナとくっ付いたのか?と思ったが… == === ハズムが例の河でトマリに何かを呼びかけている(音声ミュート
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋が始まる」(最終回) (パプリカのアニメ鑑賞よた話)
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ アニメ・パプリカ 何か、はっきりは言えないけど、サブタイままの内容だったんでしょうか? 宇宙仁から、やす菜の病を治せるだろう方法を聞いたはずむは、やす菜のそばにいることを決断する。 とまりも、やす菜と直接話した.
かしまし 第12話(終) (Mugi_Sta 2)
3/15 TX 25:30- 「恋ってなんですか?」 そんな問いで始まった最終回! 一応、はずむは自分で決めたわけですが… 『とまりと1日デート』 気持ちを整理し、決めたはずむはとまりに報告する そこで、とまりの提案通りに最後に1日デート ホントに2人は楽しそう.
かしまし 3月30日付 第12回「やがて恋がはじまる」 (第23軍日常報告)
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~3月30日付 第12回「やがて恋がはじまる」 ついに、かしましも最終回か。 しかし、はずむはやす菜の方に行かなくてもいいのか。結局、とまりとずっ
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話 「やがて恋が始まる」 (現代視覚文化研究会「げんしけん」)
 【はずむ】【とまり】【やす菜】の3人が織り成す恋物語も最終章。【はずむ】の事が、心から好きな【とまり】と【やす菜】。しかし、【はずむ】は2人の想いに答える事ができなかった・・・。そして2人を・・・まるで花を枯らすように傷つけてしまう。そんな【はずむ】に
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話(最終回) (パズライズ日記)
今回ははずむがやす菜と一緒にいることを選んで、とまりと最後に1日だけデートする話でした。 2人の最後の1日は楽しくて、でも最後は寂しくて悲しくて。 そしてはずむはやす菜の元へ・・・。 あのはずむも、ついに決心したんですねぇ。 遅すぎる、と言いたいとこ.
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話感想 (少年カルコグラフィー)
 最終回ラッシュです。  かしましも、遂におしまいですね。  このアニメは、毎週結構楽しみに観ていました。
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 「やがて恋が始まる」と総括 (新・雨のち晴れ、時々曇り)
ついに最終回というわけで、はてさてはずむ君はどんな選択をするのでしょうか~みたいな。 結局やす菜を選択し、とまりにその主旨を伝え……まではよかったのですが。 なんかはずむが最低の男に見えました。(性別上女ですが。) ああいう接し方したら、.
かしまし 第12話 最終回 (アニメは声優 しゃっふる)
「やがて恋が始まる」やす菜ENDでした。本当にありがとうございました。今期深夜ア...
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話「やがて恋が始まる」 (火焔の剣)
かしましもついに最終回。 やばい・・・泣ける・・・。 何この切なさ・・・。 (注・かなり縦長です) はずむは結局やす菜を選ぶ。 その事をとまりに伝えようとするが家には居ない。 諦めて屋上庭園に向かったはずむだったが、そこにとまりが居た。 とまりははずむ
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話『やがて恋が始まる』 最終回-THE END- (青空のむこう~どらちゃんの恋旅~)
たまっていたかしましorz 第10&11&最終回まとめて全部みました もぅ涙が涙が・・・(TT わぁ~とまりがとまりが・・・せつねぇ・・・ 今回はちょっと今までと違った ア
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 「やがて恋がはじまる」 (angel notes.)
自分が今は女だから甘く考えていた。 そうして二人を傷つけたはずむ。 自分なりにそのことについて考えたようだ。 そしてはずむは決めた。 やす菜のそばにいると。 それをとまりに
かしまし第12話「やがて恋がはじまる」 (朦朦たる日記)
気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い…… いや、話自体に文句をつける気はさらさら無いんですよ。 ただなぁ……、最後の最後であんな意味深なシーンを見せられて終わりってのが、こういう感想になっちゃう原因です。最後のシーンで何を伝えたいのか、正直俺にはさっ.
かしまし 最終話 「やがて恋が始まる」 (垂れっ流しジャーマン)
濡れた白いシャツはいい…心が洗われる。 OPねぇぇぇぇ!!!! 夜に山登りをするはずむきゅん…(#´Д`) ハアハア とまりを想う…いつも傍にいてくれた…とまりちゃん、大好き
★かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋がはじまる」 <最終回> (48億の個人的な妄想)
【公式】あのねENDはい、あのねな終わり方でした。視聴者にその後の言葉を想像させる
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 やがて恋が始まる (なななな駄文)
あのね・・・。何よ? 前半のはずむととまりのぎこちない付き合いが、別れの儀式であることに気付くのに時間がかかりました。 別れと言っても選択されないってことだけど。 で、はずむがやす菜を選ぶことでやす菜の症状が劇的に回復して終了。 まだ始まったばかりのよ.
かしまし 第12話 「やがて恋が始まる」 (ミルクレモンティー)
 最終回でしたね。それにしても・・・・、       とまりが痛々しすぎる!    あまりにイタイ姿で見るに耐えん!!  最後なので気合いを抜いていきましょう。(オイ!!)    子供のとまりがスッゲー萌えるな!!  それはさておき、やす菜を選んだはず.
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~第12話「やがて恋が始まる」 (有限と無限)
かしまし~ガール・ミーツ・ガール 3 (3) 電撃コミックスかしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 1TVアニメ「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」イメージソング集 Norte amour 最終回。 悩んだすえ、はずむが選んだ答えとは・・・ 感想いきませう。 続きへどぞー .
かしまし感想始めました#12(終) (とりあえず始めました。)
■かしまし~ガ-ル・ミ-ツ・ガ-ル~#12「やがて恋が始まる」 最終回、やす菜エンドと思っちゃうお話。 「やっと終わったよ・・・」 何でだろう、終盤は楽しめなくなった(感想の為観てるって感が出てるでしょ) あゆきの叱咤もあってはずむはやす菜を選ぶことに。 最後のデ
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話(終) (ニコパクブログ1号館)
第12話『やがて恋が始まる』(終) ついに最終回。 はずむの答えが出たようです。 その答えは・・・やす菜ちゃんのそばにいる。 とまりとのケジメをつけるために最後に1日遊ぶことに。 まずは水のかけ合い。 2人ともびしょびしょに・・・ 服が透けてますよ!! その後.
かしまし 第12話 (ルナティック・ムーン)
[はずむはとまりに告げた。「やす菜ちゃんとずっと一緒にいたい」それがはずむの出した答。とまりは祝福するも、心のどこかであきらめきれない気持ちがうずまいていた。そして、あの
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 「やがて恋が始まる」 感想 (仕様ですにゃ)
あっという間に最終回になった気がする・・・ 最終回なのにやす菜がほとんど出なかったような。 個人的には、とまりにしか興味ないんで 今回の話には大満足ですが(*´∀`)
かしまし 第12話「やがて恋が始まる」 (ねこにこばん)
幼なじみを選ぶか,初恋の人を選ぶか.はずむ,選択のとき.
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋が始まる」 (初音島情報局)
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋が始まる」 ちょっと待てこらぁぁ!!!    ものすっっっごい切ないわ!! とまりがよくても俺が泣く!! ・・・
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ #12 やがて恋がはじまる はヤバいっすよ (シュールストレンミングとかヤバいっすよ)
『もし、君たちの星に選択の時が来たら、どうか、過ちを犯さないでほしい。どんなに苦しくても、どんなに辛くても、愛が無ければ生命は生きていく価値を失うということを………』 まるで悲しみのかけらだわ 街を閉ざすガラス色の雪            
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 『やがて恋が始まる』 (最終話) (INFINITE-COSMOS~Eternal~)
アニメ かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ ◆第12話 『やがて恋が始まる』 について◆ ~優艶ゆうえんなトライアングル~ ◇はずむ ~恋って、何ですか?~◇ はずむは自分が男性だった時の思い出の地…やす菜との思い出の地でもある鹿か縞しま山へと登っていた...
かしまし 第12話「やがて恋が始まる」 (バラックあにめ日記)
これ観るのも、1話で切って以来です。 なんかね、うん。ちゃんと作ろうとしてるじゃないですか。無論あちこちスキル不足だらけで相当辛いのですが、正当なラブストーリーを作ろうという制作者の姿勢が見えます。 観たのは1話と最終話だけなので、予想しか出来ないので
[終]かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ #12「やがて恋が始まる」感想 (endlessspace-無限空間)
感想 はずむ×とまりに時間かけすぎじゃね? はずむの決断、とまりの涙 感動的なシーンですが最後が尻つぼみになってしまいました。 とまりと1日限定デートはよかった。 ますみんの登場も(ぇ やす菜も無事に対人恐怖症なるものも克服したようだしめでた
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話 (Pinkの悪魔)
「やがて恋がはじまる」 や、やっぱりこの引きは真の結末はDVD買えってことじゃないですか?ええ、買いませんとも・・。最後を除けばまあきれいに纏めてはいるんですが、やはりあと1話くらい欲しかったかなとい
かしまし・第12話 (たこの感想文)
「やがて恋がはじまる」 山を登るはずむ。はずむの胸中にあるのは、とまりとやす菜に
かしまし #12やがて恋がはじまる (K@Blog-更新のフリをした日記2)
いきなり重いテーマを背負って始まりましたTV放映最終回。 「女の子同士だから」どっちも好きになったっていいじゃないか! と思うのは俺だけですかそうですか。 「……僕、やす菜ちゃんの側にいる」 「悪い。
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第十二話 (ぶろーくん・こんぱす)
 山に登り、とまりとやす菜への自分の想いを改めて考え直すはずむ。そして、はずむが
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話「やがて恋が始まる」 (恋華の裏ブログ)
かしましも最終回です。 良い作品なので終わってしまうのは残念です。 はずむ・とまりちゃん&やす菜ちゃんの三角関係の結末は・・・ 冒頭のシーンから、はずむはとまりちゃんもやす菜ちゃんも同じぐらい大好きであるのがわかります。 ゆえ.
Solty Rei 「Episode22~23」 (ゼロから)
最後の、やす菜の内緒話とはずむの川の向こうからとまりに言った言葉は、いったい何?
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 「やがて恋が始まる」/*最終回*/ (自由で気ままに ~L\'ala di libert&agravei~)
男から女へ 女の子3人による新たな三角関係の終演
かしまし 最終回「やがて恋がはじまる」 (明善的な見方)
 前回、とまりとやす菜は仲直りし、はずむは、どちらか選ばなければならないと気付く。
(アニメ感想) かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 「やがて恋が始まる」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 1 さて、最終回です。第一話の繊細な描写に惚れ込みここまで見てきましたけど、全体的にギャグ少な目の純愛ストーリー(主人公が女になると言うことを除いては)だったのはちょっと意外でした。あかほりシナリオと言うことで、もっとエ
第1261回 アニメ かしまし第12話「やがて恋がはじまる」(最終回) (ran rabbit junk\'s blog)
今回はやす菜の病気が遂に完治する回でした。 ~あらすじ~ 宇宙仁が地球にやって来た本当の理由がやす菜の病気が治る方法を探ることと聞き、はずむは決心する。 やす菜の病気を知ったとまりもまた、ある決意をするのだった…。 とまりの子供時代は本当に男の.
かしまし#12「やがて恋が始まる」 (今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-)
とまり・・(つД`) いやまぁ。 わかってはいました。 先週の流れからいったら、いったんやす菜を選ぶだろうということは・・ でもそれは「同情」であって、決して「恋」じゃない。 と気づいたやす菜に背中を押され、最終的にはとまりを選ぶ。 ってゆー展開を期
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~第12話「やがて恋が始まる」 (いつまで続くか黄金の意思!!)
昨日からサークルの練習試合が 終わった後、そのまま友達の家に 行っていたのでこの時間まで 更新するチャンスがなかった。 練習試合のあとの飲み会はかなりハード だったし、そのあと友達と映画いくとか 話しになってそれなら泊まるという 展開になってしまう。 かしま.
かしまし【第12回】「やがて恋がはじまる」 (フカヒレ家)
いつもそばにいてはずむの事を1番わかっていたとまり 生きる力を与えてくれる、はずむの初恋の相手やす菜 はずむはやす菜のそばにいる事を選んだ とまりとはずむは最後に1日だけ遊ぶことになる 思い出の河原に行き、抱き合い別れる はずむはやす菜に会いに行き「大好きだよ.
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話「やがて恋が始まる」 (恋華(れんか))
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~いよいよ最終回です。はずむは、どちらを選ぶのでしょうか?(画像がちょっと多くなってます。)夜明け前、鹿縞山をのぼるはずむ。ある決意のもとに。「とまりちゃん。いつも近くにいてくれた。小さい時からずっと、ずっと・・・。ぼくの
かしまし 第12話 やがて恋が始まる (SOBUCCOLI)
交差する3つの想い 選ぶことを拒んできた日々 そしてついに三角関係に終止符が打たれる はずむが選んだ人それは・・・
TVアニメ テレビ東京:「かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~」 第十二話(TV放送最終話) 「やがて恋が始まる」 (SELENECLIPSE)
ま、落しどころはこんなものか。展開は大体予想通り。思ったよりもとまりメインで、やぱりとまりはいい娘だったというニセ最終話。 とりあえずやす菜さんが荷物箱詰めしてたり、デカイかばんに大荷物持って街を歩いていたのはなぜなんでしょう。 自分ではなくやす菜を選
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話(終) 投稿者:アヅラ (~腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ~)
■第12話(最終回)「やがて恋が始まる」これで終わりなのかよっ!!?以前はタマラが書いてた為、はずむ第一主義でしたが、私はとまり>明日太>あゆき>>>(越えられない壁)>>>やす菜>はずむなので、お気をつけて。
『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋がはじまる」 』 (ひろしのアニオタ日記)
『何?これはDVDに収録されやがる最終話
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話 「やがて恋が始まる」感想~ (アニメanimeANIME中心)
かしましの最終回!!はずむはどっちを取るの?ってワクワクしながら見てました。
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 「やがて恋が始まる」 (アニメって本当に面白いですね。)
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~   評価:2.5   [萌え ラブストーリー]   テレビ東京 : 水曜 25:30   テレビ大阪 : 水曜 26:05~   テレビ愛知 : 木曜 26:28~   AT-X : 金曜 10:30~   テレビ北海道 : 火曜 26:00~   TVQ九州放送 : 火.
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 「やがて恋が始まる」 (今日もコレクト!)
一人鹿縞山に登り、とまり、やす菜のことを想うはずむ。 いったいどんな答えを出したのでしょうか。 かしまし、最終回です!
かしまし最終話 (アニメ探索小隊)
今回の記事からキャプも差し込んでいくことにしましたんでどうぞよろしくです。さてかしましもついに最終話。はずむがけじめをつけなかったがために荒れに荒れたかしましワールド、しかしついにはずむも決断を下すときがやってきたわけですね。それではかしまし最終話「や
動き出す世界「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第12話(最終回) (その他省その他局執務記録)
ついに決断をしたはずむは、とまりと1日を過ごし、そして、やす菜のもとへ……。 第12話「やがて恋が始まる」です。 はずむの出した答えは、やす菜のそばにいるというものでした。 それは、とまりも覚悟していたことではありますが、気持ちに区切りをつけるために、はず.
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋が始まる」(最終回) (電撃JAP)
・・・・・・orz かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 1バンダイビジュアルあかほりさとる(その他)桂遊生丸(その他)中西伸彰(監督)植田佳奈(出演・声の出演)堀江由衣(出演・声
やがて恋が始まる (詩稀村通信)
『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』第
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~第12話「やがて恋が始まる」感想 (たまにもゆる)
いや~とりあえずハッピーエンドで良かった良かった。 でも終わり方が気になるなぁ。この続きはDVD収録の13話ってとこかな。  無理して元気にしてるとまりが痛々しいよ・・・
かしまし 最終話 「やがて恋が始まる」やがてじゃねぇよゴルァ(゜д゜ (腐麗蝶の柩)
正直とまりをフる為に 30分使った感のある 似非最終回だったな 『かみちゅ!』では許されると思うが(あんま支障ないし 『かしまし』とかでやっちゃダメだよ~!! 今期では一番(舞-乙
かしまし #12 「やがて恋が始まる」 (師匠の不定期日記)
真の最終話をDVDでやるのとかは、その作品を見続けていた視聴者にとってはあまりに痛い販売戦略。はずむが最終的に選んだ相手も明らかになるのですが、原作とは違う展開を見せているし
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋が始まる」 (ぬる~いアニメの日々)
 正直シリーズ後半から飽きてしまっていて、ラスト3話目ぐらいで切ろうかと思ってい
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 最終話実況メモ (Hones)
3611 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/03/30(木) 01:30 ID:???ああOPが・・・・ 3613 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/03/30(木) 01:30 ID:???OPコネ━━━━━━(\'A`)━━━━━━ !!!!! 3641
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~「やがて恋が始まる」 (KenjiMのブログ~アニメと野球と音楽と)
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~「初めての夏物語。」(限定版)マーベラスインタラクティブこのアイテムの詳細を見る  はぁ~、やっぱりやす菜エンドでしたか。前回とまりが「はずむを一番必要としてるのはやす菜だ」って言ってたから、おおよそ予想はついていたけど、こ
よみがえるかしまし 灼眼の乙HiMEタン~虹色の輪舞曲~ (詩稀村通信)
 遅くなったけど、3月期終了アニメでレビ