サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フタコイ・オルタナティブ第6話を見て

2005-05-13 12:53:43 | 舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)
今回は、恋太郎とその可憐な助手二人が、とあるスパに出かけるお話。
一条姉妹が出てきたのはいいんだけど、完全に脇役扱い。というより、他の姉妹全員が出番一回こっきりか。ちょくちょく顔を出するるらら姉妹は例外としても、それでも彼女らの活躍は第一回目のアクションシーンのみ。徹底的に沙羅双樹をメインとするようだ。
で。
裸Yシャツ。
ケツ×2。
いや、そんなことはどうでもいい。本当に、どうでもいいんだってば。はぁはぁ。
お約束的に混浴な温泉の中で、突然シリアスに。恋太郎に裸で寄り添う沙羅双樹。時間がないという彼女らは、11月23日の16歳の誕生日になると一緒に居られなくなると言う。理由はどうあれ、思い切った行動に出た訳だ。
でも、ここの場面は良かった。
後姿からせつなさが語られているようで、沙羅双樹の思いの強さが良く分かる。しかし途中で恋太郎にビンタをかまし、二人は東京に帰ってしまう。複雑な乙女心にふりまわされつつも、それを追いかけて事務所に帰る恋太郎。そしてそこには、沙羅双樹の姿が。そして、双子はいう。
「温泉の続きをしよう」、「一つになりたい」と。
この二人がそんな思いつめた事をいうのだから、「16歳の区切り」が彼女らにとってどんなに重要で、絶望的なことなのか。
うらやましいとか思うより、先にそちらのほうの事情が気になってしまった。
脇役の双子たちも出揃って、いよいよ沙羅双樹の物語が動き出す!!…のか?次回はいよいよ三人が新規な関係になるまでのエピソードが語られるようだから、それを楽しみにしたい。願わくば、それを見た後で、「だから沙羅双樹はこんなに恋太郎にべたべたなんだ」と思う内容であれ。
コメント   この記事についてブログを書く
« かつてのヒーロー、セリカXX | トップ | で、ダイエットの続き »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)」カテゴリの最新記事