サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第12(最終)話・「桜色の未来たち」を見て&総括

2007-03-27 18:16:14 | 舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)
 さて。物議を醸した本作品もこれにて終了。しかし、最終回を見た感想はやはり『最後は急ぎすぎたかな』であった。
 今までの季節の進み方が遅かったのに、いきなり卒業式だもんなぁ…これが例えば2クールの作品ならもっと感慨深かったんだろうけど。何も強引に卒業式に結びつけなくてもよかったかなぁ、と。そのあと、ゆるゆるとした日常を描いてくれるだけでも嬉しかったのに。
  それでも、価値観が多様化した時代での進路の決め方には個人の特色が出ていて興味深かった。

 最後まで桃葉のキャラの根底を示してくれなかったのは残念か。むっちーやみかんなどは一度は単体で取り上げられていたからその行動にも合点が一応はいったが。

 でも、とにかくここまで突っ走ってこられたのはひとえに丁寧な作りのお陰だと思うし、その点については特にこれといった不安がないのも事実。しかし、話に関してはどうしても辛めになっちゃうかも。
 『友達から仲間へ』というにもかかわらず、学園祭の作業に参加した以外の人間がどうして心惹かれたかの言及がイマイチ不確かだった。これだと、学園祭の準備には状況に酔わされ、勤しむけど終わったらハイそれまでよ、的な流れになってもおかしくないというか。あれだけ(新生徒会室の改装)で70パーセントの署名をとるのは絶対に難しいだろうし。
 もともとまっすぐなテーマを取り扱っているのだから、軸がブレたら補正は難しかったかな。テーマといえば、友達と言うよりもむしろ『学生時代には学生時代しかやれないことがある』というテーマの方がむしろ強く感じた。
 16やそこらで社会の歯車に成り下がるのもどうかと思うけどねぇ…
 
 つまり、この作品で面白かったのはむしろテーマそのものを描いた回よりも、個人を取り上げた回の方が格段に上だったとは言えるかも。
 
 しかし何にしても、今期を引っ張ったのは今作品で間違いないし、圧倒的な作画で楽しませてくれたことは素直にアニオタやってて良かったとしみじみ想う出来でした。

 …しかし、最終回何気なしに一番作画が安定してなかった様な…


 WEB拍手ボタンです。セミロリ協会への入会、その他ご意見などがありましたらどうぞ。
コメント (8)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« WEB拍手レスっす!休止中... | トップ | ときめきメモリアル Only Lo... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (by 木乃香)
2007-03-27 00:04:24
かわいくって感性豊かで僕たちと同じ目線のみかんを通して、

天真爛漫でカリスマ性を持つわれらがまなびによって学生らしさを失ってしまった学園が変わっていくところや
それに感化され少しずつ変わっていく生徒達を
またそれらに関わった少し変わっている大事な仲間の生徒会のメンバーをうまく映し出していったところがよかったかなぁ。


だけどもう少し
変わっていく生徒たちの最初のころの変化に戸惑いや抵抗があるところをこの僕たちと同じ目線のみかんと
うまく混じり合わせながら両方変化させていくとろや

最後に我々に最も訴えかけるものとして
みかんがまなび抜きにもしくはみかん中心に大きくものを為すところが描いてほしかったなぁ。


にしても個人的に、こんなペンネームを名乗っているけどホントみかんはかわいかった。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2007-03-27 00:31:15
>またそれらに関わった少し変わっている大事な仲間の生徒会のメンバーをうまく映し出していったところがよかったかなぁ。

 最初はどうしても怠惰な振る舞いが多かった彼女らですが、
 まなびという黒船の襲来で目を覚ます辺りは効果的でしたね。

>みかんがまなび抜きにもしくはみかん中心に大きくものを為すところが描いてほしかったなぁ。

 確かに、まなびに良かれ悪しかれ引きずられた感は否めませんでしたか。
 しかし、みかんというどちらかというとおとなしい子をここまで変えた事実は、
 それだけまなびという黒船の存在の大きさを示していたということにもなりますかね。

>こんなペンネームを名乗っているけどホントみかんはかわいかった。

 外見的にも内面的にもツボでした。泣き虫なところは、
 この作品について良く言われる『ホンマに高校生かいな』というのを助長させてましたけどね。
 ついでにいえば中の人も私のマイブームです。  
Unknown (鏑木)
2007-03-27 23:11:23
どうもお世話になっております。

> 今までの季節の進み方が遅かったのに、いきなり卒業式だもんなぁ…

たしかにこれは驚きました。
しかも卒業する段になっても(さらに言うと後日談においても)全然外見変わらないと言う…

> この作品で面白かったのはむしろテーマそのものを描いた回よりも、個人を取り上げた回の方が格段に上だったとは言えるかも。

まったく同感です。
みかんとめーちゃんの回は神掛かっていたとさえ思います。学園祭編は…前半と比較すると苦しいかな、と言う感じですね。署名の一件もありますし。

> 今期を引っ張ったのは今作品で間違いないし、圧倒的な作画で楽しませてくれたことは素直にアニオタやってて良かったとしみじみ想う出来でした。

これまた同感です。
半分以上中の人目あてで見ていましたが、ufotableの底力を見た気がします。

それでは!
申し訳ありません (はつゆき)
2007-03-28 00:37:09
現在、こちらから「goo」にTB出来ない事象が発生しています。申し訳ありませんが、コメントにて失礼させて頂きます。
鏑木さん江 (サトシアキラ@管理人)
2007-03-28 18:35:10
 こちらこそ毎度お世話になっております。お忙しいようですがくれぐれも身体にはお気を付けて。

>しかも卒業する段になっても(さらに言うと後日談においても)全然外見変わらないと言う…
 
 体型は徹底してましたね。こうなってしまうと、芽生意外は全く勝ち目が無くなってしまいますね(何に??)

>みかんとめーちゃんの回は神掛かっていたとさえ思います。学園祭編は…前半と比較すると苦しいかな、と言う感じですね。署名の一件もありますし。

 ですねぇ…文化祭ではなく、もっと別の燃える題材に向けて奮闘する姿でも良かったかも…
 などと勝手な妄想を述べてみます。確かに、自分らの時代でも文化祭に燃えるって事はあんまりなかったですからねえ…

>半分以上中の人目あてで見ていましたが、ufotableの底力を見た気がします。

 中の人も良ければ内容もなかなか、これが幸福ですね。
 数ある作品の中には、内容に引っ張られて中の人の技量を再認識する作品もありますし、だからアニオタは止められません。

 それでは。
はつゆきさん江 (サトシアキラ@管理人)
2007-03-28 18:35:56
 了解いたしました。
 それにしてもトラックバックの相性が悪いってどういう仕組みなんでしょうねぇ…
ゴー (ろぜっと)
2007-03-29 01:12:04
どもですです

このアニメは結構好きな部類ですね、1クールだというのが残念です。
まぁ最終回は同じく飛びすぎかなと思います。
2クールでもっとまったり見たかったんです。

学園祭のバンド演奏もハルヒと違った良さもありました。
学園祭CDも速攻で購入してきました(笑)

作画も崩れずに全話良い感じで続いてくれましたね。
今までのOPが最終回の伏線だったのはちょっと感動しました。
まーっすぐ (サトシアキラ@管理人)
2007-03-29 17:45:10
>2クールでもっとまったり見たかったんです。

 ネタ的にはあとワンクール分くらい確実にこさえることが出来るでしょうしね。
 あのクオリティが維持できるのかという問題はあるにせよ、あれだけ力が入っているのですから
 このままにしておくにはおしいですよね。

>学園祭のバンド演奏もハルヒと違った良さもありました。
学園祭CDも速攻で購入してきました(笑)

 これ見よがしという感じじゃなかったですね。それがまた慎ましやかで…
 普通ならあれでも十分凄いんでしょうけど…全く罪作りですな。
 でも歌も良いんですよね…歌っている人も、周囲が言うほどアレだとは思いませんし。

>今までのOPが最終回の伏線だったのはちょっと感動しました。

 あれは効果的でしたね。今までやってきた事の積み重ねが一気に来ました。

 それでは。

コメントを投稿

舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)」カテゴリの最新記事