サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話・「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」を見て&総括

2006-07-04 10:32:37 | 涼宮ハルヒの憂鬱(完)
 さて…名残惜しいが、どう纏めてくれるのか。早速いってみよう。

 コンシュウノ ミドコロ

 mikuruフォルダを巡って、みくるとキョンがマウスを巡ってじゃれ合う…
 キョン!手前ぇをSATSUGAIしてやる!
 やばい…みくるさんが可愛すぎる…そしてハルヒに脅えるその姿も…そのじゃれ合いを見つめる有希の姿も印象的。

 有希といえば、「また図書館に」。
 あれ、やっぱり楽しかったんだ…無表情なのはもちろんだけど、確実に感情が入っていたんだね。

 そして、もちろんコレがハイライト。
 キョンがハルヒとキスすることによって、閉鎖空間が一気に消滅…つまり、ハルヒがこちらの(元の)世界に戻ろうと決めたわけだな。元の世界も捨てた物ではない、それを一つのキスで知らしめてしまったキョンという人物は…やはりハルヒにとって特別なのか。

 結局、何が何だかよく分からないままだった…かな。一つだけ言えることは、ハルヒを御せる人間はキョンだけという事実。それだけ。もっと小説の巻数が進んでいけば分かるかも知れないけど、このシリーズだけではこの程度の解釈で限界だぁ。

 

 



お話:★★★(三つ半)盛り上がった…とは言えないよな。
 作画:★★★★・相変わらず。


 

~SOUKATSUせよ!SOUKATSUせよ!~



 …うーむ…結局はハルヒが何故世界創造&破壊の力を持つに至ったのか…という点、何かしらの理由というか…要するに三年前に何が起こったのか、断片的にでも知ることが出来ればまた印象が違ったのだろうけど…

 この『涼宮ハルヒの憂鬱』というシリーズだけに限定してみれば、ハルヒの能力の萌芽の過程自体は、全く触れる必要が無いということが分かっただけだったかな。ほら、『かみちゅ!』で、なぜゆりえが神様になっちゃったのか、(少なくともTVシリーズでは)説明がなかったでしょ?説明がなかったということは、気にしなくても良いって事なんだ、多分。

 つまり、ハルヒに振り回される面々の姿を見て笑って&萌えていればいいという…それだけだったんじゃないか?どうやら第2期やる気マンマンらしいし、それならそっちで解明を待っていれば良いのかも。

 で、冷静になって思い返してみると…

 ストーリーとして盛り上がっていく所って無いよな?「おおっ」と思わされる箇所は、クラスのアイドル的存在だった朝倉涼子が白刃を煌めかせた辺りぐらいで…
 
 全体的に見ると、『涼宮ハルヒという人物が世界で孤独を感じている』のが最初に来てる。そういった青春期の鬱屈は、ハタから…いい大人になってから見てみれば、とんでもなく独りよがりだった事も否定できないわけで。同年代の人間が見れば共感できる部分は多々あっても、悪い意味で大人になってしまった今から見れば、「自分はちっぽけな存在だった」というのがどれほど当たり前なのか、説明するまでもない。

 …難しいなぁ。極力冷静に見つめようとしているのだけど、実に難しい。何故なら…やはり、この作品は『京アニ印の鬼作画』によってのみ牽引されているのだと思うから。話数SHUFFLE!から来るストーリー構成の巧みさはあるけど、うがった見方をすれば、そうしなければワンクールで構成できないものだったんだろうし。

 例えばこれ…並の会社が手がけた所を想像すると…結構寒くなる可能性が高いんだよね…先に挙げた朝倉涼子とのバトルでも、あれだけ動かなければ話題にならないだろうし。本編とは一応関係ない野球回とか、コンピ研との対戦の回とか…画のクオリティが低ければ見向きもされないよ、多分。

 しかし、記事の中でも言ったかもしれないが、俺は『アニメ』を見ている。つまり、根本的に画が動いてナンボ、ってわけ。その点、京アニ印という、最早この業界では奇跡のようなブランドに支えられていたから、『アニメ作品』としては無類の良作になった。

 一言で言うなら…『画は剛速球』。
 それも、150~160㌔の、踏ん張れば人間が打ち返せるレベルではなく、200㌔越えの、金属バットでさえねじ曲げてしまうような、とてつもないパワーを秘めた、かな。

 …どうにも上手く纏められないが、要するに…アニメとしてみるなら、良作だったって事。細部へのこだわりとか…ただ、ストーリー的にアニメ初心者に易しい作品ではなかった事も確かかな。「作画崩れ」「ちぐはぐな脚本」「原作を無視した展開」、これらを(残念ながら)認識できた中級者(俺が言うのも偉そうだが)以上が楽しめる作品だったのではないかと。

 結局は、原作とはまた別のベクトルで見るべき作品なんだろう、これは。多分、原作の軽快な文章ありきだと思うんだ…

 お話総合:★★★(三つ半)あれだけ自分で盛り上がっておいて何だけど…
 作画総合:★★★★★文句なしでしょ、うん。ここの箇所だけは誰にも否定できまい。

 WEB拍手ボタンです。セミロリ協会への入会、その他ご意見などがありましたらどうぞ。


 最高回:朝比奈ミクルの冒険。ここだけは、次に何が起こるのかというパワーに満ちていた。

 MVC(Most Valuable Character): 難しいが…SOS団の女子団員全員!一人になんて決められん!


コメント (14)   トラックバック (88)   この記事についてブログを書く
« 平野綾さん、HEY!HEY... | トップ | つよきす Cool×Sweet 第1... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雅弘)
2006-07-04 12:17:23
結局みくるのホクロの件は期待通りにいきませんでしたね…いや~残念…それにしてもキョンはスケコマシだな…



確かによくよく思い返してみるとストーリーの盛り上がりは無かったかも…

この作品はいわゆる青春ドラマですからね。

ホント作画とEDが神で良かったです。



俺のMVCはやっぱりキョン妹です。

キョンを起こすところ、めっちゃ良かったです。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-07-04 13:16:43
>結局みくるのホクロの件は期待通りにいきませんでしたね…いや~残念…



 ほんとですね…案外あっさりバラしちゃったり。



>それにしてもキョンはスケコマシだな…



 結局は全員の♥をがっしり掴んでましたね…番外を含めても、有希も懐いてますし。



>この作品はいわゆる青春ドラマですからね。



 SF的要素もそれなりでしたし、やはり単純にセイシュンモノと捉えたほうがよかったのでしょうか。



>ホント作画とEDが神で良かったです。



 ですね。人によってはミクルの冒険で唖然としている所に、誰にでも凄さが分かるダンスは圧巻でした。



>俺のMVCはやっぱりキョン妹です。



 意外と計算高い所なんかも…可愛いと言えばかわいいですか。
Unknown (ブレッド)
2006-07-04 19:48:03
作画のクオリティと中の人の演技力のクオリティの高さは流石でしたが、

最終回としては今までと比べて少々盛り上がりに欠ける内容でしたね。



まあ、1クールで放送するなら憂鬱のラストを最終回に持ってくるのが妥当でしょうし、

これも仕方ないと言えば仕方ないんですが、放送順を通常通りにしていた方が良かった気がしないでもないです。

まあ、次シリーズのアニメ化もかなり高い確率で実現するでしょうし、

そういう意味でいうなら最終回と言うよりは小休止って感じですね。



”アニメ”としてのレベルは言うまでもなく最高でしたし。

やはり京アニ最強! は当分の間は不動って感じでしょうね。

キャラの勢いは今期のアニメの中でも随一だったかと。

話題性もやはり一番だったでしょうし。



最高回はやはり学園祭の回ですね。

あのクオリティの高さは同じく京アニが手がけたフルメタTSRの最終回並みでしたし。



MVCは文句なしにキョンです。

SOS団唯一の凡人であり、ある意味では一番の大物。

彼の心情内ツッコミがあるからこそ、三人娘も古泉も映えるんだと思います。

次シリーズでも団員達に振り回され続けるんでしょうが、再びあえる日が楽しみですね♪
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-07-04 20:29:37
>これも仕方ないと言えば仕方ないんですが、放送順を通常通りにしていた方が良かった気がしないでもないです。



 難しいところだったんでしょうね。ただ「憂鬱」だけでは短すぎるから、と苦心した様子は覗えました。



>最終回と言うよりは小休止って感じですね。



 根本的に何も解決していないし、そもそも解決する物がないですからね…ハルヒのご機嫌取りくらいですか。



>キャラの勢いは今期のアニメの中でも随一だったかと。

話題性もやはり一番だったでしょうし。



 実際にいろいろなムーヴメントを見てみれば、盛り上がるのも当然の作品だったことは疑いようがなかったです。



>最高回はやはり学園祭の回ですね。



 見せつけてくれちゃいましたよね。本筋とは関係ないところでアレですからね…本当に恐ろしい。



>MVCは文句なしにキョンです。



 うーん、なるほど。

 ただ者ではない3人娘の心を掴んでしまった(?)辺りからしても、それも妥当な選択でしょうか。



>再びあえる日が楽しみですね♪



 一年かそこらは待つことになるでしょうけど、それまで温める物が沢山ありますから、良いインターバルでしょうね。
Unknown (rent)
2006-07-05 00:20:31
お初にお目にかかります。

元々、原作からしてストーリーの盛り上がりに感動し、感激するタイプの作品ではないですからね。

散りばめれた複線の数々、細かな心理描写etc・・に関心し、感心して「なるほど」と楽しむタイプですので(極論ですが)そういうのが面白いと感じる事が出来る人にはうってつけであり、万人が面白いと感じるかは難しい所です。

その意味ではアニメ版「ライブアライブ」は異色中の異色でしたね(コンテ・演出の山本氏の作家性が突出してたせいかも)その上、ハルヒの根幹をなす「時間」に関わるエピソードを全て封印してなお、この騒ぎを起こす京アニの原作消化・昇華能力は恐ろしいです。

MVCはブレッドさんと同じくキョンですかね。そもそも主人公ですし(笑 とゆうかキョン役の杉田さんがアニメ化成功の立役者でしょうか。まだ若いのにあの老練な芝居は中々出来るものではありませんです。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-07-05 00:52:34
 こちらこそ初めまして。よろしくお見知り置きを。



>そういうのが面白いと感じる事が出来る人にはうってつけであり、万人が面白いと感じるかは難しい所です。



 なるほど、その辺りも原作に忠実に、それでいてアニメ的に構成されたモノだったのですが…



 初っ端からアレを持ってきて、ふるいに掛けた理由が最後に分かったような気がします。あれは伏線のカタマリでしたもんね…



>その意味ではアニメ版「ライブアライブ」は異色中の異色でしたね



 単純に青春モノでしたもんね。こういう方向性もあるんだ、と思わせておいて単なる一エピソードで、しかもあれほどのものを作ってしまう、やはりそれが京アニというものなんでしょうかね。



>とゆうかキョン役の杉田さんがアニメ化成功の立役者でしょうか。



 そうかも知れませんね。よどみなくハッせられる台詞の小気味良さは、原作でのキョンの語り口調を体現しているということでしょうか。



 
Unknown (智仁)
2006-07-05 04:00:09
あー、僕は皆さんと意見が結構逆かもしれません。

もちろん、京アニの作画最高というのは一致していますが、あの構成・ストーリー・ラストともに満点の出来だと思いました。



最近は「第1話>最終回」といったアニメが多く、「あのね商法」なんてものも登場する中、駆け足になることなく尺ぴったりに綺麗に終わらせることができた(少なくとも原作既読者である僕は)と思いました。

まあ短編連作型を取っているのでそうなるのも当然といえば当然ですが。

とにかく「おいお~い」などというツッコミも全く無い、いい最終回だったとお思いました。



原作既読者といたしましては、このアニメ原作以上に面白いものでした。ライブアライブ、そしてこの最終回なんて原作より面白かったと思います。

ライブアライブ:やはりハルヒは映像作品なんじゃないかと思いました。彼の小説の「文」ではあの映像を超えられないでしょう。その点「フルメタ」は京アニ映像にも喧嘩売れるくらいの「文」だと思います。

最終回:やっぱりハルヒのポニーテールが見られたのはツインテールよりポニー僕といたしましては嬉しい限りです。元の世界に戻る戻らないのくだりも原作よりよかったかと。

まあ結局原作→アニメの順で見て「原作も凄いけどアニメもっとすげぇ」って感じれば一番良かったのかもしれませんね。



最高回:ライブアライブ(今思ったのですがこれ「alive」にもかかってるんですかね)

MVC:杉田智一(前にも言いましたがハマリ役だと思います。鶴屋さんと同じく)
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-07-05 09:03:29
>とにかく「おいお~い」などというツッコミも全く無い、いい最終回だったとお思いました。



 このご時世、駆け足にならなかっただけでも大したことですね。仰るように、納得は出来ましたし。



>やはりハルヒは映像作品なんじゃないかと思いました。彼の小説の「文」ではあの映像を超えられないでしょう。



 文をそのまま映像にする事が出来ないのが分かっているからこそ、ならば、と独自の解釈でアニメならではの映像を作った…と言うところでしょうか。



 この印象が原作を読んだ後にどう変わるか分かりませんが、とりあえず「憂鬱」は読んでみたいと思います。



>原作→アニメの順で見て「原作も凄いけどアニメもっとすげぇ」って感じれば一番良かったのかもしれませんね。



 そうですね…基本的に既読の方がずっと楽しめることは間違いないわけですし。



>今思ったのですがこれ「alive」にもかかってるんですかね



 間違いないでしょう。あの躍動感、生き生きとした人物達を見るに。



>杉田智一



 中の人ですか…でも、そう言われても納得の行く演技でした。
はじめまして~ (aegis)
2006-07-05 14:55:49
TBでいつもお世話になっています。

色々なブログを読むと皆さん賞賛の嵐で問題点等を指摘されている人は少ないですよね。

私はどちらかと言えばこの作品をそれほど高く評価していないのでまあ時々サトシアキラさんのような評価をされている方が居ると共感を覚えます。



脚本等についてここのところ原作がある作品の失敗が目立つ中で成功したため高く評価したくなりますが、本来はこれぐらいは当然のレベルですし、この作品をお手本としてこれからは原作がある作品についてはしっかりと原作を生かし切ってほしい物です。



「この作品は『京アニ印の鬼作画』によってのみ牽引されているのだと思うから。」という部分には大いに賛同です。

この作品は京アニが映像化したからこその良作であり、京アニでなければ確かに誰も見向きもしない作品になっていた…というか京アニのクオリティじゃなければみんな第1話で切っていた気が…w



ちなみに私は原作>アニメです。

スニーカー大賞をとったほどの作品ですが、それは本という媒体であの独特な文体を含めての評価であり、アニメ化した場合でのストーリーの評価はせいぜい良作というか凡作の気がします。

ではでは。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2006-07-05 15:17:38
 こちらこそ、直接コメントをいただくのは初めまてでしたか。



>私はどちらかと言えばこの作品をそれほど高く評価していないのでまあ時々サトシアキラさんのような評価をされている方が居ると共感を覚えます。



 自分でも感想を読み返してみると、作画及びそれに釣られた形(要するに女の子連中)への賛辞は最大限に送っていますが、

 よく見るとストーリーに関してはそれ程言及していないんですよね。



>というか京アニのクオリティじゃなければみんな第1話で切っていた気が…w



 ですね。

 掴みの筈の第一話で、あれだけ本編とは直接関係ない(伏線というか、原作か本編を見ていれば分かる点は満載でしたが)エピソードを持ってきてましたからね。

 自分たちの産み出す作品に自信がなければ、とてもああは出来なかったと思います。



>アニメ化した場合でのストーリーの評価はせいぜい良作というか凡作の気がします。



 やはり原作ありき、ということなんですね。小説では独特の文体を楽しみ、そしてそれが映像化されるとこうなる、という…言うなれば、原作とアニメを同時に見るて楽しむのが一番正しいような気がしてきました。



 それでは。

コメントを投稿

涼宮ハルヒの憂鬱(完)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

88 トラックバック

涼宮ハルヒの憂鬱を観る(最終回) (うにゃ丼亭)
YUKI.N>また図書館に――――ッッ!!(悶絶) ああッ!! もうッ!! 有希さんッッ!! そんなにッ!! それほどまでにッ!! 楽しかったのか?! 図書館?! わたしという個体も あなたには戻ってきて欲しいと感じている。――――ッッ!!(昏 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終話) 涼宮ハルヒの憂鬱? (ミスター馬鹿侍の戯言)
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話の感想でござい。 スペシャルです。 しかしなんだ・・・・ 有希が最後に「sleeping beauty」と打ち込んだの見て、あの時点で 最後のオチが丸見えになった人も多いのではないでしょうか? (
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 (バラックあにめ日記)
やっぱ最終話を観終わったら長大な感想文を書かなきゃなんないだろうなあ、と思って覚悟して観たんですが、以外や書くことが無い。 あれ? と思ってもう一度見返したんですが、やはり同じ。 それでいて満足感はあり。 どっぷりハマっていたんですね。つまり ...
涼宮ハルヒの憂鬱 VI (Old Dancer's BLOG)
 恐らく「あえて」おとなしい表現に留められていた先週「憂鬱 V」の、いや既に放映順で第4週の「退屈」において既に某「光の巨人=アダム」に似せた姿を見せていた「神人」が、こともあろうにマーラー交響曲第8番の「創造主」を招く調べに乗せて、堂々たる存在 ...
「涼宮ハルヒの憂鬱」#14(最終話) 涼宮ハルヒの憂鬱〓 (今どきアニメ♪)
いよいよです・・・寂しくなるね。 それでは・・・'''完全燃焼だーーー!''' (今回は最終回のみの感想です。総括は後日に書きます) ---- [[attached(1)]] [[attached(2)]] なんか最初にキョンがいろいろ振り返っていたけどさ・ ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」&平野綾のHEY×3とか (ぷらすまいなす研究所 ~in the azure~)
「よくやった!!」と称えてやるのが、このアニメを評価する上では一番相応しいのでしょう。 最期まで作画、シナリオ、その他諸々に非の打ち所が無かったと思います(話がゴチャ混ぜだった所には少し混乱したが・・・) でもこれで第二期がなかったら嘘ですよね ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回) (萌え喫茶)
                  あー、なんだろう…本気で感動したとまではいかなかったのですけど、なぜか最高の評価を上げたくなる最終回でした。 涼宮ハルヒの憂鬱 最終章の6話キャラに感情移入で ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回) (萌え喫茶)
                  あー、なんだろう…本気で感動したとまではいかなかったのですけど、なぜか最高の評価を上げたくなる最終回でした。 涼宮ハルヒの憂鬱 最終章の6話キャラに感情移入 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回) (萌え喫茶)
                  あー、なんだろう…本気で感動したとまではいかなかったのですけど、なぜか最高の評価を上げたくなる最終回でした。 涼宮ハルヒの憂鬱 最終章の6話キャラに感情移 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回) (萌え喫茶)
                  あー、なんだろう…本気で感動したとまではいかなかったのですけど、なぜか最高の評価を上げたくなる最終回でした。 涼宮ハルヒの憂鬱 最終章の6話キャラに感情 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回)感想 (アニメ電脳羅針盤)
世間を大いに盛り上げたこの作品も遂に最終回。最終話もしっかりと、楽しませていただきました。ハルヒ…ツンデレ全開ですね!どうみても引き金はキョンとみくるちゃんがイチャイチャしてたのに対する嫉妬ですよね~w
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 (Todasoft Blog)
第14話「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 いい意味で世間を騒がせた問題作「涼宮ハルヒの憂...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終回) (パズライズ日記)
「大丈夫。私がさせない」 長門有希の最後のセリフはこれでした。 なんだかいつにも増して力強い口調で、凄く良かったです。 ハルヒやみくるはともかく、長門有希だけはもっと見ていたかったんですけどね。 ということで、涼宮ハルヒの憂鬱も最終回。 そ ...
涼宮ハルヒの憂鬱 14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回)感想 (月の砂漠のあしあと)
強引にエピソードを入れ替えてまで、『憂鬱』のラストを最後に持ってきただけはある、素晴しい最終回でした。 原作を忠実に再現する事だけに留まらず『アニメで作り直した』とも言える程、アニメ化は難しいと言われていた本作の魅力を、映像化する事によって ...
涼宮ハルヒの憂鬱第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (腐麗蝶の柩)
"憂鬱"だけを通して見ると一端の映画どすな ↑をクリックすると拡大表示します 早いもので…ハルヒも最終回ですね まぁ本当は6話だけどね(笑)
涼宮ハルヒの憂鬱・第14話 (たこの感想文)
「涼宮ハルヒの憂鬱?」 いよいよ「涼宮ハルヒの憂鬱」も最終回。 今回は主題歌なし
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 (アニメに漫画それが私のシアワセ)
        「涼宮ハルヒの憂鬱?」  本当にぬかったなキョン。 逐一戻していくなんてまどろっこしい方法を採用せず、 windowsキー+Dでしまってしまえばよかったものを。  そうやって絡み合うキョンと朝比奈
涼宮ハルヒの憂鬱 14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?(最終回)」 (Starlight Breaker)
ハルヒもついに最終回。 すばらしい作品をありがとう京アニさん。 間違いなく今期NO.1でした。
涼宮ハルヒの憂鬱:第14話 (こどBのじかん)
公式サイト 本編「憂鬱」最終章で最終回。「さらばハルヒ、ふぉーえばぁ~」な話。
涼宮ハルヒの憂鬱 14話  (さくぞうの半ヲタ日記)
涼宮ハルヒの憂鬱? 涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.1 涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ(平野綾) 畑亜貴 鈴木マサキ 終わりはある日突然に 古泉がなぜハルヒを神格化しているかといえば、本当に神がいるならば、どこぞの宗教のように人にとって都合のいい ...
[終]涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (布達の橋)
評価:★★★★★[公式サイト] 遂に、ハルヒの溜め込んでたものが、爆発を通り越して「今の退屈な世界から新たな不思議ミステリー一杯の世界へ」という考えに至り、選ばれたキョンと供に改良型の閉鎖空間へ。 古泉の力も及ばず、不完全な形での侵入&話すだけ ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第十四話 (ぶろーくん・こんぱす)
 ハルヒもついに最終回。でも、本当の最終回は既に放送済みで、今回は放送上の最終回
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 感想 (Let it be TWCIOV)
遂に最終回を迎えた涼宮ハルヒの憂鬱。 この作品を毎週楽しみにしていただけに1クールで終わるのはもったいなあと思い、是非第二期、第三期(もちろん制作は京アニで)もあって欲しいなと思いながら見ていました。 まず最終回
涼宮ハルヒの憂鬱14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (月桂樹)
久しぶりにキョン妹登場。 キョンを起こしにきました。 登校中谷口に会い一緒に登校。 キョンが谷口に「俺って普通の男子高校生だよな」と聴くと 「どうかな。普通の男子生徒は教室で女の子を押し倒したりしねえだろ」と まだ誤解が解けてないんですか!? 釈明は ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (初音島情報局)
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 めがっさ素晴らしい最終回だったにょろ 実際は第6話だとかそんなツッコミはやめましょう(爆) と言うことでこの作品のメインとなっていた「憂鬱」もこれで終わりです。
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終回) 「涼宮ハルヒの憂鬱〓」 (リリカルマジカル)
[[attached(1)]] OPがなかったですね。 私も妹ちゃんに起こされたいw 何気に仲がいい兄妹ですよね。 こんな妹が欲しい。 [[attached(2)]] 絶対にありえない物語ですw 有希は全部後姿だったのが残念。 部室に居座るハルヒをどんな表情で見てたのか ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (LIV-徒然なるままに)
      「てへっ☆」 (*´д`)ぁぁあああwww お持ち帰りしてぇぇぇぇぇ!! ハルヒにちょっと萌え、みくるタソに萌え、長門に萌えてきたこのアニメですが、 最終的に一番萌えたのってキョンの妹だった気
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (垂れっ流しジャーマン)
斬り拓けない道はないんだッ!!!! W螺煌斬!! 宇宙人長門、未来人みくる、超能力者古泉… 全部、自称ですが。 彼らが集ったのは、ハルヒが望んだから… ではキョンは? 俺はまさに一般人、普通の男子高校生
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (おもちやさん)
最終回「涼宮ハルヒの憂鬱?」の感想です。 ついに最終回かぁ・・・。 4月期のアニメの中では最高峰の出来と言っても過言ではなかったので この番組が終わってしまうのは非常に残念です。 前回古泉に閉鎖空間の存在を見せ
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」 感想 (仕様ですにゃ)
ハルヒ最終回。ハルヒの憂鬱?。 時系列では第六話。 今回はいつものオープニングがありませんでした。 とは言ってもオープニングでの内容は極普通。 みくるとじゃれあうキョン(*´ー`) 前回の話でキョンはハルヒの
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱 6」 (ふらふら雑記帳)
「針のむしろ」という言葉があります。 いてもたってもいられないような、今すぐにでも逃げ出したくなるような、そんな状況を指して使う言葉ですが、今回の導入部分が、まさにその言葉通りの様相でした。 その理由は2つあります。 1つは、キョンがSOS団の部 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (面白い漫画・アニメ・ゲーム)
今回も阪急電車が登場したので速度を計ってみると、 1車両通過するのにかかった時間が0.32秒 前回と同じく、時速200km以上で運行しております。 やはりこの世界の阪急は、時速200kmで運行するのが普通みたいだな
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (S u n S e t S k y)
面白く話題性のあるアニメほどあっと言う間に終わってしまう・・・ なんだか寂しい感じがします。 それでも、2期を期待して待っている自分がいるのですがw さて、物語は『憂鬱』の最終章。 最も重要と言うべきお話にし
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (~MUDAI"無題"POWER~「アニメとか模型とかのブログ」)
今回でついに最終回!! 「涼宮ハルヒの憂鬱?」です。 はぁ、終わってしまうんですね。
涼宮ハルヒの憂鬱 。。。。 第14話 涼宮ハルヒの憂鬱? 。。。。 こうして世界は救われましたとさ 。。。。 結局、摩訶不思議な体験し (幻影現実 私的工廠 ブログ)
例によって キャプチャー画像は後ほどアップします。 ストーリーの説明はなし。 感想ONLY それが ここの流儀 「SOS団は どうするんだよ?おまえが作った団体だろ?」 「いいのよ もう。私自信が 今 不思議な体験しているんだし(以下略」 キョン ...
涼宮ハルヒの憂鬱「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 (藍麦のああなんだかなぁ)
涼宮ハルヒの憂鬱「涼宮ハルヒの憂鬱VI」です。 祭りは終わった。 ついに「涼宮ハルヒの憂鬱」も本当の最終回です。色々楽しませてもらいましたが、最後は正当派、王道ですね。 らしい最終回でした。 あらすじ: キョンは、SOS団の部室でパソコンを操 ...
[終]涼宮ハルヒの憂鬱 #14「涼宮ハルヒの憂鬱VI」感想 (endlessspace-無限空間)
感想 終わっちゃいましたねぇ まとめ方としてはよかったかと。 途中で話がわからず 落ちた人もいると思いますが変に話に手を加えられるよりはいい 個人的には間違いなく今期一番のアニメでした。 天下の京アニ様様ですな このアニメ化は間違いなく ...
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (火焔の剣)
「あら?霊夢と咲夜はどうしたのかしら?」 「あー・・・。霊夢なら萃香とどっかいったし、咲夜はフランが暴れだしたもんだから鎮めているらしいぜ。」 「あらあら。まあいいわ。今週は涼宮ハルヒの憂鬱の最終話ね。」 「時間軸上では6話 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 (まるとんとんの部屋)
「涼宮ハルヒの憂鬱VI」  期待通りの出来で大満足です!今回で最終回なのがとてもとても残念で仕方がないです、できれば第二期をやって欲しいものです。  今回は前回の続きと云う訳で「ハルヒ」の様子が少し変化が現れて
涼宮ハルヒの憂鬱 (まるとんとんの部屋)
「涼宮ハルヒの憂鬱VI」  期待通りの出来で大満足です!今回で最終回なのがとてもとても残念で仕方がないです、できれば第二期をやって欲しいものです。  今回は前回の続きと云う訳で「ハルヒ」の様子が少し変化が現れて
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」 (ねこにこばん)
「涼宮ハルヒの憂鬱」も最終回.ひそかにこの妹,好きでした.
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 (King Of ヘタレ日記)
■涼宮ハルヒの憂鬱■
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回) (パプリカのアニメ鑑賞よた話)
涼宮ハルヒの憂鬱 オフィシャルサイト アニメ・パプリカ 最終回な今回。 やっと、みくるちゃんが未来人であるという根拠が示されたことが嬉しい最終回。 ここまでくれば予想どおりといえばそうなんだけど、さすがに凄く面白かった。 結局ハルヒは、好き ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話『涼宮ハルヒの憂鬱VI』(最終回) (温泉ミカンの宝物★アニメだよ♪)
(最終回)...と、タイトルに付けたくはなかった・・・ 惜しい、非常に惜しい、今世紀稀に見る極上の神アニメが終わってしまう・・・ というわけで、とうとうこの時が来てしまいました。 最終回『涼宮ハルヒの憂鬱VI』はじまります・・・ ||<#ffAA ...
涼宮ハルヒの憂鬱 最終回  (ナナメから見てみる)
あれ?なんだか なんだか  ふつー ( ・ω・) 肩透かし的に終わっていった感じが。 あれだけ途中で沸騰したのに、 今までの騒ぎはなんだったのかと思ってしまうほど 特に残るものが無いような気さえしますが・・ ああ、いや、明ら ...
涼宮ハルヒの憂鬱 - 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ (JUNK KOLLEKTER)
涼宮ハルヒの憂鬱 14話                                                                             散りばめられた情報量が非常に多かった作品だったが、とうとう最終回。 なる ...
涼宮ハルヒの憂鬱第14話・最終回(涼宮ハルヒの憂鬱?) (アニメのあらすじと感想)
 今年の春から始まったアニメの中で最も面白く話題性があり、アキバを席巻した涼宮ハルヒの 憂鬱も今週で最終回です。いや終わってしまうのは残念ですが、でもまだハルヒの原作の物語は 続いていますので、第2シリーズも当然期待したいと思っています。だって ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 涼宮ハルヒの憂鬱6 (PEN:PENの雲外蒼天)
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 涼宮ハルヒの憂鬱6、ついに最終回を迎えてしまいました。最初、ハルヒはかなり退屈な時間が続いて機嫌が悪く、それが原因で今回の異常な閉鎖空間が生まれてしまいました。異常な現象を目の当たりにして最初は動揺していたハルヒです ...
07/05 声優日記更新・涼宮ハルヒ最終回 (laughingman)
今期話題をさらった涼宮ハルヒの憂鬱も終わってしまいましたね。シリアス展開で見入っていたら「フロイト先生も爆笑だぜっ」で吹いてしまいましたw原作では「フロイト先生も爆笑しそうな(後略)」だったのであのキョンのトーンでいわれるとつい……。 *SF フ ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終回) 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (神速の錬金術師の更なる練成~三位合体~)
いよいよ最終回を迎えるハルヒ1クールと短い間だったが、2006年上半期最高のアニメ作品であり、世間でも話題を呼んだ作品として後世にその名が受け継がれることを切に願う
涼宮ハルヒの憂鬱 (まるとんとんの部屋)
「涼宮ハルヒの憂鬱VI」  期待通りの出来で大満足です!今回で最終回なのがとてもとても残念で仕方がないです、できれば第二期をやって欲しいものです。  今回は前回の続きと云う訳で「ハルヒ」の様子が少し変化が現れて
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (angel notes.)
まあしっかりとまとめられていたと思う。 ここのところ原作がある作品が次々と失敗しているわけだがハルヒは期待以上の出来栄えだった。 今回の話しについても校舎からキョンとハルヒが逃げるシーンにおいて単調な映像で
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話 『涼宮ハルヒの憂鬱?』 (ティンカーベルをください)
面白さは今期ダントツでした。 ありがとうございます。 とうとう最終回を迎えてしまった「涼宮ハルヒの憂鬱」 最終話のキーワードは「白雪姫」! さぁキョン!すべては君に託されたのだよ!! ※ネタバレあり
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(終) (ニコパクブログ1号館)
第14話『涼宮ハルヒの憂鬱?』 初めて第1話を見て、見るのやめるとかいいながら最終回まできました!! これは本当切らなくてよかった!! 原作まで買っちゃったしね。(まだ憂鬱しか読んでないけど。) ビックリな終わりでしたね。(閉鎖空間行っちゃったり・ ...
日常あるいは特別な日々 (銀河後悔日誌)
 7月3日、鉄道仲間の自宅へ初めて伺った。  帰りは一人だったが、初めての土地の倣いとして、迷った。  目的の列車に乗れず、書店に立ち寄った。  「メガミマガジン」、表紙は『涼宮ハルヒの憂鬱』。中に監督のインタビューが載っており、手にとって立ち読み ...
涼宮ハルヒの憂鬱 14話 「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 (欲望の赴くままに…。)
 長門有希に激萌えな最終回でした…!!!  多分ほとんどの感想はキョン×ハルヒが良かったって感想になるんでしょうけど、途中から長門の魅力にやられた管理人はあえて長門有希に焦点をあてて感想をアップしたいと思
(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版 いよいよ、最終回の時を迎えました。前回のキョンの言葉では、今回とてつもない何かが起こるのだと言うことを示唆していたわけですが、予想通り最終話にこの話しを持ってきましたか・・・。この三月間、十分に楽しませてもらったわ ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (PAWA-TYPE ~Zの鼓動~)
今回で最終回かぁ・・・本当に毎週毎週楽しませてもらいましたよ。 今まで時系列が滅茶苦茶だったのはこの「涼宮ハルヒの憂鬱?」を最後に持ってくるためだったみたいですねぇ。 構成上の最終回「サムデイ イン ザ レイン」
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (アニメ生活)
「今更だが、このアニメってギャグものじゃなくて、恋愛ものだったんだな」 「大筋が恋愛で、ギャグで肉付けといったところですね」
涼宮ハルヒの憂鬱 14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終話) (こころに いつも しばいぬ)
しかも、ただ好きになったじゃない。 その想いは想像以上に純粋で、めちゃめちゃ深くて激しく一途。
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話「涼宮ハルヒの憂鬱 ?」感想 (じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~)
今日は、涼宮ハルヒの憂鬱最終話の感想にょろ。 <ネタバレ> まだ見てない方はお気よ付け下さい(笑) さぁ、いよいよ最後になってしまいました。 涼宮ハルヒの憂鬱最終話! キョン君はこの前の長門さんとの事故
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (NON日常)
もう終わっちゃうんだぁ・・・。と思うと自然と涙が出てきそうですが、ハルヒでは泣かずに、笑って締めたいと思いますw。 そんなハルヒ14話。最終回です!! 1話(放送回2話)「涼宮ハルヒの憂鬱?」 2話(放送回3話)「
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話 (暇潰し日記)
ついに最終回の涼宮ハルヒの憂鬱、妹さんの可愛さが限界突破です、リミットブレイクです、臨界値です。 妹さんはもちろん谷口もなんだか輝いていただけに、一般人部門代表の鶴屋さんも出てきて欲しかった・・・残念。 国木田も出てきていなかったけど、彼はまぁ ...
涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの憂鬱VI」/*最終回*/ (自由で気ままに ~L'ala di liberte&agravei~)
色々と話題となったハルヒの最終回 どんなラストを持ってくるのやら
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱VI」感想 (如月のオータールゥーステーション)
思わず溜息買いました。 最終回を見たときに 「二期目は作らない方が良いかな?」と思ったのですが こりゃーいりますね。消失はOVA化する(かな?)ようですので 次回作は、「涼宮ハルヒの溜息」ってことで まぁ、感想!
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱VI」感想 (如月のオータールゥーステーション)
思わず溜息買いました。 最終回を見たときに 「二期目は作らない方が良いかな?」と思ったのですが こりゃーいりますね。消失はOVA化する(かな?)ようですので 次回作は、「涼宮ハルヒの溜息」ってことで まぁ、感想!
涼宮ハルヒの憂鬱第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (オタクだっていーじゃない妄想日記)
終わっちゃいましたねぇ。原作一巻だけは見たことある身としてはまあ大体内容は把握してたんですけど、それでも改めてみるとやっぱ感慨深いものはありますな。 んではさっくり感想いきまーす。
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」(最終回) (恋華(れんか))
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」いよいよハルヒも最終回です。
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終回)「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (Eightのブログ)
ついに最終回が来てしまいました。 というかこのブログではまだ1回も紹介してなかったんですが…(後悔)
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 (世界のどこかでアホ毛と叫ぶ)
自称・宇宙人に作られた人造人間 自称・時をかける少女 自称・少年エスパー戦隊 少年エスパー戦隊って表現なんか笑えるな 相変わらず妹はいい仕事してますねぇ~ とまぁ冗談はさておき 今回もOPカットで詰めてきたね 谷口が誤解してるのを弁 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」 (万聞は一見に足るやも)
星の数ほどアニメがあり 星の数ほど出会いがある ━そして、別れ。 アニメはどちらかというとあまり見ないほうなのですが、そんな少ない出会いの中でこれほどの作品と出会えた奇跡に感謝を。 いやはや…とりあえ
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (明善的な見方)
宇宙的大ヒット!!したこのアニメもついに最終回。 かなりの長文になってしまったので気長にお付き合い下さい。
涼宮ハルヒの憂鬱 #14「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 (アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ!)
パピプペブルマがクイ込んじゃ~~~う 昨日の剃毛吉とでた~ (´∀`) <くいこみ戦隊ブルマちゃんのテーマなんて歌ってないでちゃんと感想かけよ き~み~のそばにも~~そ~れ~はあるはず~だよ コジコ
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 俺の苦労はこれからだ! (今更館)
【涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「涼宮ハルヒの憂鬱?」】◆注意!此処「今更館」では、TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の感想を放映順ではなく時系列順に書いています(伝えるのが遅くなってスミマセン・・・)今回の話の内容については、
涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 (いずみんの日記)
ついに涼宮ハルヒの憂鬱のTVアニメも今回で最終話。 隠していたmikuruフォルダがみくるちゃんにばれてしまう。本人がすぐ近くにいるのに警戒しなさ過ぎだキョン。フォルダが気になったみくるちゃんはべたべたとキョンとじゃれあう、このやり取りをみてキョンに ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (Sky High!)
ついに長かった涼宮ハルヒの憂鬱も最終回。一体どんな結末になるのやら。
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 (二千万パワーズ)
いよいよこのアニメも最終回。 人気の原作小説、ハイクオリティで有名な京アニが製作とあって注目されたけど、その期待に答えハルヒは数々の伝説を視聴者に見せてくれた。 あの不朽の名曲「ハレ晴れユカイ」を生み出したり等だ。 それに1話目からあの話を放送し ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」(終) (AGAS~アーガス~)
----おわったぁああああああ。 6日遅れは結構辛かったで御座いますよ、TVQさん。 こっちでは次は恋するアンジェリーク?だそうです、NHKじゃないのかよ。 てかキッズステーションが放送最速じゃん、TVQは・・・また放送ビリか、どうせ見ないけどね。('A`) ...
涼宮ハルヒの憂鬱「涼宮ハルヒの憂鬱」 (KenjiMのブログ~アニメと野球と音楽と)
涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.3 朝比奈みくるランティス朝比奈みくる(後藤邑子), 畑亜貴, 橋本由香利, 藤田淳平, 安藤高弘このアイテムの詳細を見る  最終回でした。何というか、爽やかにまとめてくれましたね。  いつだったか、かなり前半の方の ...
TVアニメ 「涼宮ハルヒの憂鬱」 第14話(第6話)(最終話) 涼宮ハルヒの憂鬱VI (SELENECLIPSE)
まず何より先に声を極大にして、 京都アニメーション様。本当に本当に素晴らしい作品をありがとうございました!!! ということでさてどんな風に書いてみようか。 なんというか物語の発端となったこの日にレビューが書けるのにある種幸福感を感じますが。 朝 ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 (本を読みながら日記をつけるBlog)
「涼宮ハルヒの憂鬱?」 最期まで京アニクオリイティは健在でしたね。 ストーリーは前回からの流れで、予想どうりのエピソードを持ってきましたが、物語に区切りをつけるという意味ではあれ以上相応しいものはないでしょう。 今回はOPもすっとばして本編に突入で ...
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」(最終回) (電撃JAP)
やっぱり最後まで京アニだけはガチだった!!
涼宮ハルヒの憂鬱 追記11 (Geallza's Power)
= 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱〓」 = '''ハルヒが新しい世界を作り出す!? 伝説のアニメ、ついに最終回。''' [[attached(1)]] 「自称、宇宙人に作られた人造人間」 [[attached(2)]] 「自称、時を駆ける少女」 [[atta ...
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話 実況メモ (Hones)
テコ入れ 2875 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/07/04(火) 01:19 ID:???ブルマキタ─wwヘ√レvv~(゜∀゜)─wwヘ√レvv~─ !!! 2884 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/07/04(火) 01:19 ID:???ぶるまキタ━
【感想】『涼宮ハルヒの憂鬱』最終回「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 (『遍在 -omnipresence-』)
「遍在するラピスラズリの懐かしい…」 今回は最終回ということでTBをさせて頂きました。 超長文ですが、宜しくお願いします。
涼宮ハルヒのあっかんべ~ (ぎあ魂なblog(たぶん別館))
『涼宮ハルヒの憂鬱』のアニメが終わってしばらく経って 新しいアニメが始まってきました。 まぁ『涼宮ハルヒの憂鬱』は今期のアニメの中でも 最後までテンションも落ちず、とても面白かったです。 よく「是非、第二期やっ
涼宮ハルヒの憂鬱全話見ました~!-結局はハルヒの脳内だったということでFA? (作品凝視鑑賞♪)
DVDが予想外に売れた、というニュースを聞きつけて、 ちょいと見てみようということで見始めてみました~。 でも当初は、「・・え? これ、何が面白いの?」という状態で、 一旦、見るのをやめてしまったり。(ぇ
涼宮ハルヒの憂鬱のアニメってどーなの? (ひたすらアニメの日々)
高校時代の友人は、涼宮ハルヒの憂鬱のアニメにハマり、現在原作も読み進めています。 私も彼女に薦められて本編を視聴したのですが…。 彼女ほどハマりませんでした。 私は、このアニメを「作品」として評価することはでき