サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

神曲奏界ポリフォニカ 第8楽章・「セレナーデ 人と精霊の狭間に」を見て寸評

2007-05-23 18:16:41 | 神曲奏界ポリフォニカ
 やっぱりこの双子の絡む回は見ていて微笑ましいと同時に楽しい。タイプの違う二人なれど、お互いを想い合う(今回はペルセがプリネを、だけど)場面が可愛くて仕方がなかった。

 割と重い身の上だった(こう書くと、字面上は身重っぽくなっちゃうな)プリネ。半人半精霊って、考えようによってはとんでもなくシビアだよなぁ…そもそも寿命とかはどっち寄りになるんだろう。
 また、彼女に宿っている精霊・ドーリスラエも、彼女に降りかかる困難を承知の上、それを乗り越えられる前提で同化したのか、と深読みせざるを得ない。俺はのめり込みすぎだろうか。

 そういや、なぜペルセは満更でもないんだ…レンバルトが気になっているように見えたのはミスリードなのか?姉妹で同じ人間を取り合いっこするよりは余程マシだが…

 しかし、相変わらず良いとは言えない画(たまにとんでもない引き画があったりするのも最早ご愛敬)の中で、崩し画は諸刃の剣とも言えるがまずまず可愛かった。特にプリネが照れてる場面とか。これもキャラ立てがなせる業か。

 って、所長はまた天丼ッスかw若い内は良いけど、年を取るごとにキツくなりまっせ。丼からはみ出るくらいの大きさのエビ天は良いが、大きさをウリにする部分って大概が衣が大きいだけなんだよな…たま~に一尾まるまる使ったのもあるけど。俺はエビ天よりもアナゴ天が大きい方が嬉しい。
 
 気がつけばもう三分の二を消化しようとしている本作。始まった当初はどうしたものかと思ったが、毎回楽しみです。応援し続けていた甲斐がありました。




 WEB拍手ボタンです。セミロリ協会への入会、その他ご意見などがありましたらどうぞ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ぼくらの 第7話・「傷」を... | トップ | ながされて藍蘭島 第8話・... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愚兄チャベス)
2007-05-23 20:57:49
我慢できずにニコニコでフライング視聴しちゃいました。
今回のポリフォニカは本気でよかったですね。
6話に匹敵、いや凌駕する傑作回でした。
正直、泣いてしまいました。挿入歌が流れる回想シーンはかなりきました。
やっぱキャラ立ちが抜群でユギリ姉妹が可愛いこと可愛いことw
プリネが俺の嫁すぎて我慢できないwww
作画は相当悪いにも関わらずこれだけ萌えれるのって結構凄いと思います。
キャラが立ってるから感情移入もしやすいので人間ドラマにしっかり入り込めます。
作画さえ良ければ文句なしの高評価を与えられる回だけに勿体無くもありますね。
いい話でした。
Unknown (サトシアキラ@管理人)
2007-05-23 21:12:49
 うはは、見ちゃいましたかw兄者も相当お気に入りになったようで、お察しいたします。

>正直、泣いてしまいました。挿入歌が流れる回想シーンはかなりきました。

 あの流れは良かったですね~。姉妹愛、父娘愛、そして父と精霊との絆…ぐっと来ましたね。
 挿入歌はOPのカップリング曲みたいですけど、これも良い歌ですな。

>やっぱキャラ立ちが抜群でユギリ姉妹が可愛いこと可愛いことw
プリネが俺の嫁すぎて我慢できないwww

 今回でプリネ株が急上昇ですよ~。本当に良い子ですね。兄者が仰るように、中の人の優しそうな声もたまりまへんw

>作画は相当悪いにも関わらずこれだけ萌えれるのって結構凄いと思います。
キャラが立ってるから感情移入もしやすいので人間ドラマにしっかり入り込めます。

 これでも原作とかに比べればまだライトな描写なんだそうです。
 キャラの設定とかは、この手の基本をなぞっている感じですけど、
 それでも一話をきちんとキャラのために費やしている姿勢が良いですね。

>作画さえ良ければ文句なしの高評価を与えられる回だけに勿体無くもありますね。
いい話でした。

 全くですよね…とにかく画の方面には予算の限度があっても、
 お話の方は腕次第でどうにでもなるという見本のような回でした。

 それでは。

コメントを投稿

神曲奏界ポリフォニカ」カテゴリの最新記事