サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

アニメ一週間まとめまっせ。 190928~191005

2019-10-06 16:55:04 | アニメ一週間纏めまっせ。
 っつーわけであらたな季節の到来であります。また私を楽しませてくれることを願ってやみません。
 

 まちカドまぞく #12(END)
 なんかこの……すっごく重たい設定もあったりしたのに、最終的には割とふんわりした百合風味になったというバランスがすごかったと言うか……なんとなくわちゃわちゃした気分なのにスッキリしているという不思議な感覚が楽しく、全体を通して不思議な言語感覚だったり可愛い女の子との修行っぽいイチャイチャが特徴的で、登場人物も基本的には良い子ばかりなので、その点は非常に安心して視聴することが出来たのではないでしょうか。あんまり派手さは無いように感じるけど、手慣れたベテランスタッフに恵まれたこともあって、良作と呼べる水準に高められていたのでは。


 
  

 日曜日
 
 

月曜日


火曜日


水曜日
  
 
 


木曜日
 アズレン #01(new)
 なんというか……二重の意味で情けなくなってしまった。
 一つは、アニメとしてのビジュアル的に、アクションシーンがほとんど手書きだったり担当アニメーターが嬉々として担当箇所を発信してたりして、かなり潤沢な予算を伺わせる。『あっち』は海上シーンの多くはCGだったので……その予算規模の違いが情けない。『あっち』だって、アニメ化の時点でも結構儲かってたはずなのに。噂では劇場版では多少まともになってるとかなんとか……だけどTV版のトラウマから劇場版には手を出しづらい。
 もう一つは……
 軍艦がモチーフの美少女が戦う……っていうイメージからのもろもろのビジュアルが『あっち』から一歩も踏み出してない、全く差別化されておらずに『あっち』のイメージを拝借しただけにしかみえないという情けなさ。特に物議を醸した水上スキーまで踏襲するこたないじゃないか……そっちの意味での情けない。『あっち』よりもゲームで明確にビジュアル化されてるっていう事情はあるかも知れないが。

 個人的には、手書き美少女の布面積が小さいぱんつが拝めるだけでありがたいが、まあ流し観以上にはならないかな……といった程度。お話的にも……アレがアレなんでどう考えてもレッドユニオン側が良い扱いを受けるとは思えないし。



 

金曜日
 グラブル2 #01(new)
 一期の終わりからのお話はひとまず置いといて、オリジナルの世界観説明的なものを挟んで……それはいいんだけど、アリーザにテストリさんの必要性はあったんだろうか。まあいかにメインストーリーに絡まないキャラでも、船に載せちゃったら色々扱いが難しそうだしね。 




土曜日
 僕勉! #01(new)
 まあノリは何も変わっていないので安心した。変えようがないとも言えるが。今回は特にハダカ成分が多めで、冴えカノ一期二期とものオリジナル話を思い出した。でもなんだろうな……同級生組より年上組の方が魅力的に見えるのは……

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年第四期アニメ視聴予定 | トップ | アニメ 調査 ニ 参加 セ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ一週間纏めまっせ。」カテゴリの最新記事