やんごともなく

日常・・あぁ日常。
ブログに書くこと何もなし。

人はこうやって原理主義を掲げるのか?!原点回帰する思考と開かれざる原典怪奇とは如何に?

2020-10-27 10:40:27 | 日々の戯言
先日購入したベストアルバムのオマケであるDVDを見て涙する日々。


余りの感動に何かしながらの手が止まってしまい見入ってしまう。いつまでたっても次の釣り用のFGノットが完成しないで困るw


ついぞは欅坂46原理主義者を名乗ろうかと。




***


閑話休題


世間は猫も杓子も鬼滅一色ですが件のヴァイオレットエヴァーガーデンも良作として興行成績を伸ばしているようです。
100万人そして15億円を突破し順調との事。でもそりゃ当然でしょ?





だって泣けるもの!!


冒頭5分で号泣ですよ号泣。そんな他に映画ある?勿論ある程度の下地がないと無理かもしれんけどこのシナリオ考えた奴は天才に違いない。
知り合いの女の子(23)も泣き過ぎてカロリー超使った!と思わぬダイエット効果も認められた(らしい)


とにかく鬼も良いけど(←ワラクシ興味ナイ)コチラも傑作ですので是非!


その冒頭10分


***


それを言うなら初期オリジナルメンバー時代を経典とするのが筋なのかもしれないがニワカのワラクシは5thからなので
既にもう数人居なくなっていたし、やがて二期も加入してつまり本当の原理の定義には当て嵌まらないかもしれない。


それでもその頃の平手を中心にした欅が私にとっての原点であり原典とするのだ。


ともかく改めて映像を見ると本当に凄い。それを懐古主義と揶揄されようとも良いものは良い。
OVERTUNEスタートのワンパターンではなくそれぞれのテーマに沿って非常に凝っていて素晴らしいステージングだ。


勿論コンサートはメンバーありきなんだけどそれを支えるスタッフがさぞかし優秀だったんだろう。
アイデア豊富で多人数のメリットを活かした大胆な演出。


でも実はかの平手も演出アイデアを出していたとか。しかも早い段階から。それって15歳16歳とかか?
この辺が他のアイドルとは違う評価を得る一つの要素でありのその能力は傑出したものだったと聞く。


その平手アイデアの一つが余りに過激な表現で最終的に映像化お蔵入りになった血みどろの「不協和音」。
っかアイドルのステージ映像でそんなR規制がかかるか?!しかもエロじゃなくてグロだって。どんなだよ!


イラストによると平手はこんな風だったらしい


はぁ・・・でも残念ながら今後もうアーカイブが増える事はないんだろうなザンネンムネン


***


余談ですがDVDではなく本編CDで良いなと思ったのは2枚目ラストの「Deadline」
元来ワルツテンポの曲って好きなんだけどそれに力強さを乗せたサビが非常に恰好イイ。
欅全体の歌ではないが(歌唱メンバーは菅井守屋理佐田村松田)私が想う「欅らしさ」を一番内包する曲。


あと意外な再評価でゆいちゃんずの渋谷川w
今泉は欅イチ歌の上手い子だけど(だったけど)このシンプルな音で彼女の謳いまわしが際立つ。


***


だって運営はナウ全面的に櫻坂推しですからねぇ。まぁ当たり前か。


でもさー過去のアーカイブでまだまだ稼げると思う関係者もいるだろうからそうゆう方々の地味な努力に期待しましょう。
欅5年間の蓄積は価値の有り過ぎる都市金鉱ですよ。もっとも極々一部に刺さるだけですが。


因みに解散(解体)直前に最終的には配信ライブになってしまったので行き場のない今回の公式コンサートグッズと
過去の(余った)ツアーグッズが売りにだしてました。思わず幾つかリアクションバイトしたのは内緒の話w


まだ手元には来てないけどいつか紹介出来ればと。


あーつい最近の事なのに欅坂カフェとかもう懐かしいかも。なんだかんだ結構好きだったのね自分・・・


今年の話とは思えん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラストトラストサティスフ... | トップ | やがて回帰する人生のショー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の戯言」カテゴリの最新記事