飛び出せ! 北の宇宙基地

北の地である北海道で、人工衛星の開発などを行っている 北海道工業大学 佐鳥研究室の活動日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャイロセンサー

2005-06-30 22:57:47 | 北海道宇宙連合
北海道宇宙連合(HSU)1年(機械システム工学科)の加藤です。
現在、CanSatOBC系を担当しています。
しかしながら、現在はジャイロセンサーの実験をO友先輩と行っております。

昨日の実験では、オシロスコープで波形を出来ずに終わってしまいました。
しかし、今日はなんとかオシロスコープでの波形も確認できました。(よかった~)
こんなペースで打ち上げに間に合うのか不安ですが、不安な分頑張らねば!
コメント

ウイロウウマイ

2005-06-30 14:23:33 | レーザー通信
昨日名古屋から戻ってきたK松君がういろうを買って来てくれた
とても美味かったです。今度は小倉イチゴがイイな・・・
コメント

CubeSatの進捗状況

2005-06-29 22:21:31 | 佐鳥新の教授&社長日記
本日は朝からCubeSat組み立てのためのクリーンブース納品の工事とその立会いがあった。これは北海道衛星の活動を道工大の柴田学長先生が評価して下さったことにより実現した。3m×3m×4mのブースに大型の空気清浄装置が2台付いていることもあり、当初のクラス10,000の仕様に対し、実測値はクラス40~100であった。非常に良い値が出たので、工事に携わった業者の方も驚いていた。

18時からはCubeSatの設計会議があった。この会議はいつも4時間ぐらいの長丁場となる。電子メールを使った会議はいつも行っているのだが、電子媒体と電話による情報交換では、全体像を共有するが難しい。設計図面と試作レベルまで詳細に落とし込めれば別だが、それ以前の段階では同じ言葉(単語)を発しても、それぞれの立場で一見似てはいるが、結果的には微妙に違うものをイメージしているものだ。この調整は簡単そうに見えて実は非常に難しい。

前に組織の縦糸と横糸の話をしたが、組織を単純なピラミッド構造で分解すると大きく間違えることがあるので細心の注意が必要だ。ゼミの大学院生と宇宙連合のリーダー格にはこれからの経験を通してこのあたりのニュアンスを体で身につけてもらう必要がある。
コメント

名古屋名物・・・

2005-06-29 14:15:22 | 北海道衛星
K先輩・・・ういろうおいしかったです・・・・・・

ういろうを初めて食べた気がする北海道宇宙連合の一年生の鳴海です。
CANSATのセンサ班を担当しております、はい。
先輩たちには大変お世話になっています。
ふつつかものですがよろしくお願いします。(;-_-)
コメント

NHKへ

2005-06-28 23:00:59 | Weblog
本日は、北海道宇宙連合メンバーと豊田ゼミ・佐鳥ゼミ・Spleadの方々がNHKに集まった。
9月の「おーい日本」という番組で放送する準備である。
 ひと夏のプロジェクトみたいな形で編集するらしい。
これが、みなさんのひと夏の良い思いでとなれば幸いだ。

 特に、北海道宇宙連合はCanSatプロジェクト・CubeSatプロジェクト・北海道衛星プロジェクトが
動いているので、その辺も撮ってもらえたらいいなぁーと思っている。
コメント

北海道衛星事務局便り

2005-06-28 14:33:10 | 北海道衛星
北海道衛星事務局便り

6月の行事

6月2日 Y氏と打ち合わせ

     レストランシェフN氏と打ち合わせ

     北海道経済産業局S氏と打ち合わせ

     宇宙関連情報050502配信

6月3日 中央農業試験場「ダグデッドファン」の研究打ち合わせ

     R大にてアスパラガスのハイパースペクトル撮影

6月6日 リーダー会議 

6月7日 宇宙関連情報050509配信

6月8日 R大にてアスパラガスのハイパースペクトル撮影

     Cubesat設計会議

6月9日 宇宙関連情報050513配信

6月10日 B社にてCubesat搭載用電源回路の説明を受ける

      大宇宙連合会会合

6月14日 リモートセンシングセミナー

      宇宙関連情報050517配信

6月15日 E市にて野菜のハイパースペクトル撮影

6月16日 宇宙関連情報050519配信

6月17日 A社との打ち合わせ

  北海道工業大学における過去数年の宇宙関連活動の映像のアーカイブ化に関する打ち合わせ

CubeSat電源系の電気箱の予備設計

6月19日 北海道工業大学オープンキャンパス 模擬講義「北海道衛星について」


6月20日 JAXAオープンラボ共同研究のユニット認証 

6月21日 宇宙関連情報050526配信

6月22日 H社のF氏との打ち合わせ

6月23日 第2回宇宙ビジネス勉強会 

     「ハイパースペクトルカメラの技術とその可能性」

     宇宙関連情報050530配信

6月28日 宇宙関連情報050604配信

6月29日 Cubesat設計会議 

     クリーンブースの設営(道工大6212研究室内)





報道関係

野村週報 2005年6月20日号の天眼鏡に掲載 「農作物の成育を見守る人工衛星の目」

雪嶺 2005年 「人工衛星開発プロジェクトへ助成」


コメント

未体験ゾーン

2005-06-27 22:29:46 | レーザー通信
レーザー通信班 菅原です。
現在は、レーザーを使った、
新しい通信形態の実現を目指して、日々精進
していますが、思うようにいかず
試行錯誤の繰り返しが多いです。
それが「研究」することだと思います。
もちろん、時には息抜きも必要です。


そう、、
時には「黒いラーメン」を
食べに行ったりすることも・・・
友人は「ドロラーメン」を食していましたが、
かなりやられた様子・・(笑)
そんな一コマの佐鳥研究室です。



コメント

第2回宇宙ビジネス勉強会

2005-06-23 21:20:27 | 北海道衛星
札幌商工会議所主催の宇宙ビジネス勉強会がありました。
以下は札幌商工会議所からの案内文及と本日の講演概要です。

------------------
北海道衛星プロジェクト ~宇宙ビジネス勉強会 第2回開催のご案内
 
謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素より当所事業運営に関しまして格別なるご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、北海道発の衛星技術の他産業への波及による経済効果をもたらすことを理念の一つとしている「北海道衛星プロジェクト」より情報を受けて、ビジネスモデルを探る「宇宙ビジネス勉強会」の2回目を開催する運びとなりました。
 ところで、北海道衛星「大樹」は、宇宙から水田を撮影・解析して米のたんぱく質含有量を調査し、北海道のコメづくりに資するミッションを予定しております。今回これに関連し、ホテルクラビーサッポロ 料理長 貫田 桂一 様より「コメ・食」の可能性についてのお話と、道産衛星技術の目玉である撮影機器「ハイパースペクトルカメラ」の実演を、開発者の北海道衛星(株)代表取締役社長 佐鳥 新 様と(株)エイティーエフ 代表取締役 江良 聡 様よりいただきます。
ご繁忙の折誠に恐縮ではございますが、是非ともご出席を賜りたく、お願い申し上げる次第でございます。

敬具 



1 と き    平成17年6月23日(木)14:00~16:00 
2 ところ    北海道経済センター 3F 特別会議室B
         札幌市中央区北1条西2丁目 
3 内 容    講  話:「おいしいお米とその食への応用」
ホテルクラビーサッポロ   料理長   貫田 桂一 様
         実  演:「ハイパースペクトルカメラの技術とその可能性」
北海道衛星 株式会社    代表取締役 佐鳥  新 様
株式会社 エイティーエフ  代表取締役 江良  聡 様

------------------ 「おいしいお米とその食への応用」
~シェフの取り組み~
                                
○ 年間60日は産地訪問 ~高級品・未利用資源を調達、土・水をシェフの舌で分析!?
○ 産地&役所巡りで食おこし ~地域の食材を見直してご当地メニュー提案

 美味しいお米とは
  
  感覚的な味覚 ~ねばり、あまみ、色、鮮度など
○ 機械で測る ~アミロース、タンパク質、水分、脂肪酸度など
○ 要因となるもの ~米の品種、土壌、気候、肥料、乾燥・貯蔵の方法など
あまみ アミロースとアミロペクチンの割合 うるち米=2:8 もち米=0:10
ねばり タンパク質の比率 低い→低収穫・ねばりが強い→おいしい
高い→多収穫・ねばりが弱い
窒素肥料を多くすると多収穫 しかし、粘らない
←分解していないたい肥(牛の排泄物)
 
食への応用利用  ~ハイパースペクトルカメラの解析データを利用

○ 農産物のタンパク含有量 ~コメ、小麦、アスパラ、青菜類のおいしさと安全性確認
○ 機能性ミルクなどの開発 ~牧草地のミネラル調査で鉄分含有ミルクやバター
○ おいしい米で客を呼ぶ ~産地特性を生かしたご当地米料理で観光客を誘致


22世紀の北海道 ~北海道の自立は地域の永続農業から
○ 100年後の子孫に味を伝える
○ 北海道がリーダーとなる日

------------------ 「ハイパースペクトルカメラの技術とその可能性」
• ハイパースペクトルカメラの原理
• 撮影の実演
• リモートセンシング市場の動向
• 宇宙技術の民生化の事例
• 北海道衛星プロジェクトの進捗状況

------------------ 北海道衛星プロジェクトの進捗状況

• M-Vサブペイロード搭載決定 (4月25日)
• 日本ハイパースペクトル応用学会設立(5月)
• JAXAオープンラボ共同研究のユニット認証 (6月20日)
• 産総研との赤外ハイパー共同開発開始 (6月)
• 北海道衛星㈱ 増資 (6月末の予定)
• 実験衛星打ち上げ枠を調整中 (4社)


コメント

真夏日の木曜日の宇宙連合

2005-06-23 19:59:47 | 北海道宇宙連合
 最近の連合は活動がバラバラなのでそれぞれが何をやっているか書こうと思います。
 Cansat「きゅん」(懐かしいですねこの名前)の打ち上げメンバーは現在Cubesat開発を主な活動としています。磁気トルカ、磁気センサのシュミレーションなどを現在行っています。
 新規メンバーは8月打ち上げを目指してCansat1~3号機の開発に心血を注いでいます。1年生の方々は毎日夜遅くまで各々の担当した部位の開発をがんばっています。また、3年生でCansatプロジェクトのリーダーの大友君は泊り込みで温度センサー、ジャイロセンサー部位の開発を熱心に取り組んでいます。そんな23日木曜日の宇宙連合でした。
コメント

三菱電機の人工網膜LSIについて・・・

2005-06-21 20:32:45 | ハイパースペクトルカメラ
お久しぶりです。金持です。この記事を御覧の皆様にお願いがあります。
私は三菱電機製のM62471Yという人工網膜モジュール(LSI)をどうしても手に入れたいのですがなかなか見つかりません。本日インターネットで調べ、三菱電機に問い合わせたのですが返答が得られない状態です。
なにやらモバイル製品に使われていたり、その商品単体で販売してるみたいなのですが何かこのM64271Yについて知っていることがあればどんな些細なことでもかまいませんのでお教えいただけないでしょうか。
皆様よろしくお願いいたします。
コメント (2)   トラックバック (1)