S嬢のPC日記

2004年から2007年まで更新を続けていました。
現在ははてなで活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ブログを使った新しい情報コミュニケーション」の一例

2005年03月27日 | ○○さんにトラックバック!
何でもかんでも総ブログ化計画で、「ブログを使った新しい情報コミュニケーションとは?」という募集が、11番目の「お題」としてあげられています。
「ブログを使った新しい情報コミュニケーション」とは、そのブログのコンセプト、内容、方向性がはっきりしているときに生かされていくものだと思います。
つまり、ブログという媒体の機能をどう生かしていくか、どう生かされていくか、その可能性はブログ自体の内容によって左右されていくものなのではないかと。

「存在に意義があるブログ」gooブログ版 というわたしが上げた記事に紹介した5つのブログの中の一つに、「まっち~の三日坊主日記」があります。
このブログは、「ブログを使った新しい情報コミュニケーション」という機能を持っているとてもいい例だと思われます。

 まず、このブログが発信する「情報」ということでですが。
このブログは、「モラルハラスメントという虐待を日常的に受ける生活をする人」に対して、ブログ主本人が数年に及ぶ日常的なモラルハラスメントの被害者としての立場であったことを通して、「自分自身が『自己を大切にすることに向かい合う』ところに至るまでの経験」や、「そこに行き着くまでの心の動き」を「情報」として手渡しています。
また、被害を自覚してからの行動の記録や、被害からの脱出の方法論としての「情報」も充実させています。
「自分自身を大切に生きよう」という意志と勇気を閲覧者に感じさせ、また具体的な方法論の提示も存在するという、このブログならではの「情報」です。

 次に「HPと、ブログという媒体の違い」ということで。
HPは、整理されてアップした情報と、その内容に対しての閲覧者とのやりとりを掲示板で行うという形になりますが、このブログでは、ブログという形態を利用することで、日々更新によって出される記事ひとつひとつに閲覧者がリアルタイムに感じていくという要素があります。
ひとつひとつの記事内容に対して、同様の被害を体験する人が管理するブログからのトラックバックもあり、相互でのやり取りも行われています。
また、ブログという、更新に高度のテクニックを必要としない媒体を利用していることや、このブログがブログ主本人をも精神的に支えている要素を感じることで、閲覧者が自分のブログを持つことへの発展性につながっていく可能性を持っています。
これがブログという媒体の特性を生かしていることなのではないかとも思われます。

 そして「情報」が「現在進行形」で閲覧者に手渡されていく上で、このブログが閲覧者に込められている「情報以上の要素」がここにはあります。
モラルハラスメントの被害者がその被害に気づくという作業は、実は自己を傷める作業でもあります。それは自己犠牲を持って作ろうとしている幸せが、「砂上の楼閣」という虚像ではないかと気づいていってしまうことからくる「痛み」です。また、モラルハラスメントの被害の中で、すっかり見失ってしまっている「自己」に向かい合うことは、被害の中にいる自分自身と向かい合わなければならない作業でもあるからです。
このことを熟知しているのは、その痛みとのたうちまわりながら向かい合った経験を持つブログ主本人でもあります。
ブログ主本人が熟知しているからこそ、ここであげられる記事群には、常にそうした「被害者たち」への愛情が込められています。
モラルハラスメントの被害者たちがこのブログに出会ったときに、閲覧する記事ひとつひとつに反応していきながら、ブログ主がひとつひとつの記事に込めた閲覧者に対しての愛情を感じることで、その自己を傷める作業で発生する「痛み」を緩和させていくのではないかということ。
これがこのブログでの「情報以上の重要なコミュニケーション要素」を持っていることではないかと思われます。

 このブログ中の「モラルハラスメント」という言葉に出会ったばかりのあなたへという記事には、こんな記載があります。
あなたは悪くない。
あなたはひとりじゃない。
あなたにはのびのびといきいきと輝いて生きる価値がある。
あなたには「安心・自信・自由」を得る権利がある。
それを求める権利がある。
 これは実は、彼女が過去の自分に向かって、再度、伝えていることでもあります。
離婚が成立していない現状の中で、彼女の「モラルハラスメントの被害者」としての人生は、まだ完全に終わったわけではありません。
そうした彼女の人生の経過の中で、彼女は自分が開いたブログで意志表明をし、決意と気持ちを語る。
ブログ主本人が、ブログという場を得ることで、どんどん精神の自由を手にしていこうとしている姿がそこにはあります。
この「現在進行形」の彼女の姿が、潜在的なモラルハラスメントの被害者たちをどんなに勇気づけていくか。
そうした「力」を大きく持っているブログだと思われます。

・経験を通して、決意と共に、閲覧者に対して愛情を込めて発信される具体的な「情報」。
・現在進行形で進む記事群や、トラックバックでの相互交流という「ブログの性質の有効利用」。
・閲覧者に愛情を持って対し意志と勇気を与えていく「コミュニケーション」と、新しいブログを生みだしていく「可能性」。

これらの要素を大きく持ったこのブログは、文字通り「ブログを使った新しい情報コミュニケーション」という機能を持ち、ブログという形態を大きく生かされた形で展開されており、閲覧者への影響力をも内在しています。
モラルハラスメントとは、被害者が第三者に理解されにくい虐待という要素があります。そのため、その被害から勇気を持って脱しようとするときに、モラルハラスメントを知らない第三者から、無理解のために傷つけられる「二次障害」というものも存在します。
このブログが、ブログという不特定多数の目に入りやすい形態で展開されることで、啓蒙活動的要素も含まれていく。

ネット上に存在する多くのブログの中で、存在に大きな意味と意義を持っているブログであるとわたしは思います。

*トラックバック先
何でもかんでも総ブログ化計画「【募集11】ブログを使った新しい情報コミュニケーションとは? 」
まっち~の三日坊主日記「『モラルハラスメント』という言葉に出会ったばかりのあなたへ・・・続き」
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 2005年3月25日 | トップ | 「こんな使い方があったのか... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます! (まっち~)
2005-03-28 00:41:49
こんばんは。

私のブログについてたくさん書いて下さり、有難いお言葉をかけてくださって恐縮です。

本当にありがとうございました。

嬉しいやら、Sさんにこれまでずっと助けていただいたことを振り返るやらで、涙でぐしゃぐしゃになりながら読みました。

精神世界の迷子になりかけたときも、

夫に心身共にズタズタに傷つけられたときも、

行くべき道に迷い、立ち止まったときも

いつも私の心のそばで、ミチシルベでいて下さったこと、言葉では到底言い表せないほど深く感謝しています。



そもそも、gooブログを始めようと思ったのも

Sさんのブログが行きつけになっていたから

なんとなく始めたというのがきっかけでした。

このようにたくさんの方に来ていただいたり見ていただいたりするようになった事、本人が一番驚いています。

今も流れに任せて、伝えたいことを振り返っては活字にして行こう、そのうちにまた方向性が見つかるだろうと思っています。

私以上に私を知って下さっているSさんに見守ってもらっていること、

何より心の支えになっています。

これからもよろしくお願い申し上げます。
Unknown (S嬢)
2005-03-28 08:21:48
2004年1月。

あなたはレモンティの掲示板で、特定の人物に、執拗な言いがかり的攻撃を受けていた。

もともとROMの場でもあり、わたしは静観を決め込んでいました。

ぶっ飛んだのは、当事者であるあなたの最初のレスを見たとき。

弱々しい笑顔で、打たれた両手をさらに打たれるのを望むかのように差し出していたから。



おい!

怒っていいんだよ?コレ。

どう考えたって、言いがかり的「攻撃」なんだよ!?



で、「コレはちょっくら行ってこなきゃなりませんな」と。

それがそもそもの出会いでしたね。



あなたのブログの中で、再三くり返される「恩人のSさん」という表現。

わたしはあえて、この表現に抵抗していないのだけれど。

本当はね、あなたの「恩人」は、あなた自身なのですよ。

わたしは、実は何もしていない。

ただ、あなた自身が気づきたくて、でもあなた自身が気づくのにカギをかけてしまうことのひとつひとつに、「本当にいいの?」と問いかけていただけのことのように思う。

そして、あなたの経験を、自分を大切にする材料として生かし、他者支援という可能性を持ち始めているのも、全てあなた自身の力だと思う。



遠隔地に住みながら、インターネットという媒体を最大限に利用して、メールを使ってたくさん会話を積んだけれど。

家を出てから揺り戻しの時期、「さちこ板」で話したこともあったねえ。

アレは「みな」が「まっち~」になっていく経過の貴重な一時期でもあったねえ。

「自分自身を愛する」という詩の紹介。

「自分自身を生かして育てる日常的な創作活動の大切さ」なんて話題もあった。

コレ、全部消えてしまったでしょ、件数限定のレンタルの掲示板だったから。

ちょっともったいなかったね。

もっともっとたくさん保存ができるブログという媒体を生かしましょうね。
昨日のことですが・・・ (まっち~)
2005-03-30 00:36:29
昨日、Sさんに頂いたメールを読み返してました。

途中で、自分の苦しんだ軌跡と記憶が戻ってきて

吐きそうになり、それでも、半分読みました。

Sさんの言葉の数々に、どれだけ「答え」をもらったか

そして、そのお陰で長い道のりを随分ショートカットさせてもらったと、痛感しました。

実は半分ぐらいでキーボード叩いておいおい泣いてしまい、中断したのですが。。。

「本当にいいの?」もあったし

「いやらしいんだよ」もあったし

「卑屈」もあったし

「基本的信頼感」もあったし

でも、課題をひとつひとつ乗り越えることよりも私は

そういう中で、Sさんのあたたかい愛を感じていました。

その居心地のよい世界に、今も継続して、浸かっています。

きっとそれも伝えたいと思ってくださっていたことのひとつかなと思います。

自分がまだ、それを受け取れて、間に合ってよかったと思います。

Sさんに教えていただいたことで一番感謝しているのは

「自分自身は、存在するだけで

 かけがえのない存在なのだ」

です。

言いつけどおりあの信じ難いメッセージを繰り返し唱えて

気がつけばそれが自分のてのひらに流れる血のあたたかさを

感じ、感謝するおまじないになっていました。

今日も私はおまじないのお陰でしあわせに眠ります。

ありがとう。



はいはい (S嬢)
2005-03-30 07:54:28
実はわたしも昨日、読み直していました。

いや~~~~~~~~、

ホント、いろいろあったなあと。

「脱出」は第二幕の始まりでもあったなあと。

精神的なもの、あの状態を経て、よくここまで来たなあと思う。



わたしは文字上でも、普通の会話でも、

「そうね」で終わらせるということができないのですよ。

「その先」という言葉が、本当によく出てくる。

「そうね」で確認される共感はあっても、「さあ『その先』行こうぜ」と思う。

コレによくついてきたなあとも思う。

引きずったつもりも引っぱったつもりもないけれど、「いいの? 行きたければ行くよ?」という「その先」。

這いつくばっても「その先」に行こうとしたあなた自身の力、これはとても大きい。

本当に大きいと思う。

この力をあなたに与えたのは、実はダンナだということもある。

皮肉なことにね。

「精神」というものをここまで迫害されつづければ、「自我の死」を選ぶか「逆転復活」を選ぶかしか無いものね。



さて、ブログ。

あなたがあなたのままで進み、あなた自身が書きたいことを更新していく。

これはそのまま、同様の被害を持つ人にとっての「ひとつのビジョン」になる。

立ち上がろうとしたときに、きつい傷を受けることがあるのだと。

でも、人というものは、必ず「先を信じる」ことができるのだと。



わたしはあなたと、あなたが作り出すあのブログという世界の「存在」を肯定し続けます。

どどーんとね。
自分を愛する(ウーリッチ・シェイファ-) (あ・うん)
2005-04-03 01:04:38
Sさん!あ・うんです☆ここにも一人居ますです~!

Sさんから教えてもらった詩「自分を愛する」で生き返った人間が!あの詩は衝撃的でした!

私も落ち込んだ時などに、何度も読み返しては自分を奮い立たせておりました。



>僕がきみを自分より愛するなら 

>ほんとはきみなんか愛してないんだよ



自分を大切にすることを忘れてしまったら、夫を愛することも出来ないんだなと・・

今では私の「座右の銘」になっております(笑)

ほいほい (S嬢)
2005-04-03 01:38:06
前述、「まっち~」の「言いつけ通り」ってのは、ホントに「言いつけ通り」だったのよ。

あのね、彼女がフラッシュバックに精神がやられてる時に「言いつけ」たの。

それが「必要」だと思ったのでね。



以下、当時の「送信分」の該当部分をコピペしますね。

あ・うんさんは、見事に「抜けた」ようだけれど、もしも必要になるような心境になったときは、試しにやってみてください。



---------------

形から入りますが。



床に、大の字になって寝た姿勢を取ってください。

足のつま先から、指、足の甲、

足首、すねの筋肉、ひざ、腿、

そして、手も末端から、

自分で自分の体を意識して、

少しずつ体の力というものを全部抜いていってください。

胴体も一部ずつ、念入りに。

首と頭は最後です。

頭から首というのは、

自意識と感情が一番影響する部分なので、

意識して確実に力を抜いてください。



人間というものは、

体の力を抜いていけば抜いていくほど、

秘めた感情が表出しやすくなります。

頭から首は特に、

緊張という、体に入る力をといていこうとすれば

自己防衛のシステムとして、

体に緊張が走っていきます。

確実に体から力が抜けていけば、

この感情の表出との戦いになりますから、

意識して、ていねいに、

自分の体の一部一部から、

体の力を抜いていってください。



そして、力が抜けていったと思うときに、

体が大地に一体化しているような感触をつかむことができます。

これをなんとなくでいいからつかんだら、



「自分自身は、存在するだけで

 かけがえのない存在なのだ」と、

自分に対して、言い聞かせてください。



あなたに今、一番欠けているのは、

多分、このことなんだと思うので。

ここで出したやり方は、

ただ、その「心へのはいり口」としての、

単なるテクです。

完全を目指さずに、八分目くらいの感触で、

少しずつ進んでかまわないから。

---------------



コレ何?

いや、肉体のトレーニングと「自己愛の育成」を、わたしが勝手に組み合わせた「まっち~救出『オレ流』大作戦」(笑)。



この時の展開ですが。

--------------------

> これ早速やってみました。

> いきなり、思い切り寝てしまいました(笑)



よし!

遠隔操作で、よく眠るとこまで持っていけるほど、

「方法論」を理解したと拍手。



体として、この方法は、

「眠りに入る」ってのは、かなり自然。

そして、素直。

-------------------



で、後は、彼女が彼女なりに「オレ流」を作っていったのでしょう。



「自分自身を愛する」は、書籍紹介で記事上げ、かな。

コメントを投稿

○○さんにトラックバック!」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

【発表11】ブログを使った新しい情報コミュニケーションとは? (何でもかんでも総ブログ化計画)
「【募集11】ブログを使った新しい情報コミュニケーションとは?」には、かなり長文の力作エントリーが寄せられました。こちらも手を抜くわけにはいきません。発表時刻が遅れておりますが、その点はお許しください。 「コミュニケーション」の意味合いについて 《CONCORDE:
ブログ始めて2ヶ月が過ぎました。 (まっち~の三日坊主日記)
このブログを始めて、早2ヶ月が経過しました。 つたない私のつぶやきにたくさんのコメントと、応援の言葉、メッセージを頂き 本当に有難く感謝の気持ちでいっぱいです。 日記の苦手な私が、三日坊主に終わらなかったのは、 あたたかい皆さんのお陰だと、心から感謝しており