S嬢のPC日記

2004年から2007年まで更新を続けていました。
現在ははてなで活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジベル薔薇色枇糠疹

2005年10月11日 | つぶやき
ジベル薔薇色枇糠疹。
なんか、かっこいい名前ですねえ、
「じべるばらいろひこうしん」と読みます。

先週、娘のお腹あたりに、ぽつぽつと、発疹らしきものが出ました。
なんじゃ、こりゃ。
と思いましたが、特に変わりなく元気なので放置。
この辺が、いわゆる「大きい子」に関しての対処ですねえ。
赤ん坊や幼児なら、とっとと小児科に行くものの、ちょっと大きくなってくるとあんまり病気しなくなってくるので「とりあえず様子見」が多くなる。
学校から帰ってわざわざ「さあ医者に」って感じでもないし、もちろん学校に遅刻して病院行くほどでもない。
土曜に行こうと思えば行けた。
でも土曜は小児科も皮膚科も混んでる。
で、放置。

連休中、どばどばと増えました、発疹。
元気です、食欲も旺盛、なんら変わりなく。
ただ、入浴のときにびっくらする。
…、なんじゃこりゃ。
お腹だけじゃない、かわいらしいオッパイにも、ぷりぷりのふとももにも、背中にも。
でも体調、機嫌、なんら変わりなく、そんな感じで。

さて、本日、連休も明けたし、やっと重い腰をあげて受診。
明日から宿泊学習で帰宅早いし、明日から宿泊学習だし。
全身状態特に変わりもないので、皮膚科でよかろ皮膚科で。

ジベル薔薇色枇糠疹

腹部の発疹、ぱっと発疹見た途端に、医師、次々と質問。
というか、ぱっと腹部の発疹見ただけで。
でも、思い当たることばかり。

「太ももにも出てるよね」
「先週くらいからちょこっとお腹に出て、ばっと広がったでしょ」
「本人、特に変わりないかな」

へいへい、そ~ざんす。

「軽い方だよ」
「掻き壊しもしてないからかゆみも無いはず」
「かゆみが全然無い人も多いから」
「見た目は派手だけど、たいしたことない病気だからだいじょうぶ」
「伝染しないから、集団もだいじょうぶ」
「首には出るけど、顔には出ないんだよ」

…、確かに。

帰宅して、さっそくネット、ネット。
検索、検索。
どうやら小児科ではなく皮膚科受診で正解だった模様。
皮膚科サイトをいくつか見てから、さてお楽しみの個人サイト。
そんなに多くはないがいくつか見つかった、この病気に関しての体験談の中でピカ一はこちら。

こんにちは。バラ色の新山です。

うーむ、それにしてもバラ色病、調べるとなかなかおもしろい病気だ。

バラ色の夢は見なかった。

以上、「たべすぎ・ねっと (tabesugi.net)」のコンテンツからご紹介。

ここでお願いがあります。
是非、この、「たべすぎ・ねっと (tabesugi.net)」のトップから、「このサイトについて」というところに飛んでいただきたい。
そして「管理人について」と書かれた下にある、「ごらんください」ってとこに行ってみていただきたい。
わたしはこのセンス、好きだ。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 「女のドラマ」と「女のロマン」 | トップ | 公開された場に思考を刻む »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その後どうでしょう? (りぃ)
2012-06-12 22:03:27
うちの小学生の娘も「ジベル薔薇色…」と診断されて2週間。
大人の病気なのでは?
血液検査した?
本当に2~3カ月このまま?
大丈夫ですよね…?
Unknown (S嬢)
2012-06-12 22:41:17
りぃさん、こんにちは。

えっと、この文章は2005年の秋に入れたものです。
当時、娘は14歳です。
中学2年生ということになりますが、知的障害ありまして、特別支援学校の中学部2年在籍という時代です。

さて、わが家にとっては「懐かしい過去」になったジベル薔薇色ですが。
へー、そんな病気があるんだー、というトリビア的経験で終わってます。
つまり、ネット上で出てくる情報通り「見た目は派手だがなんてことない病気」でした。

>大人の病気なのでは?

20~30歳台の人に多い傾向があるようです。しかし大人の病気と限定されるものでもなく、幅ひろい年齢層で確認されるようです。

>血液検査した?

しませんでした。
発疹の様子から診断される疾患だそうです。
発疹の様子が梅毒からくる発疹に似ているところがあるので、梅毒を疑われる場合はその診断のための血液検査をする場合があるようです。

>本当に2~3カ月このまま?

不安のない湿疹ととらえて、とりあえずの日常として受け止めてしまえば、「気づいたら消えてしまっていた」的なとこで終わっていくと思います。

>大丈夫ですよね…?

「ジベル薔薇色枇糠疹」は、「大丈夫な疾患」だと思いますよ。
そんなこともあるよね、的疾患です。
大丈夫です。
見た目ではなく、かゆみ等の症状強ければまた、症状の相談として再度受診して、医師の指示をあおげばいいと思いますよ。
ありがとうございます (りぃ)
2012-06-14 10:08:56
まだまだ続くかんじですが少しほっとしました。
が、今度は日本脳炎の予防接種が絡んできました…
昨日は娘の誕生日だったので、病院ではなく普段通りに過ごせた事に感謝です。
あっという間に、うちの娘も中学生になるのね~

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事