ノグチサトキ

  京都のアマチュア・ロック・ミュージシャン!
  

続 コンデンサ交換

2018-09-30 | ギター・エフェクターほか

気圧の関係でしょうか、

昨日は、耳がつまった感じになってました・・・。

 

・・・では、前項よりの続きを。

 

コンデンサについては、以前から興味があったので、

過去、何度も交換もしてきたが、

こうして、引き比べたのは、初めてのこと。

先ずは、0.1、100V→0.022、600Vへ

本来、ハムバッキン用とのことながら、試しに装着したところ、

ちょっとびっくり、こんなに顕著に違いが出るとは、想像以上。

Vの違いか、音の広がり自体は豊かになったものの、

単音弾きとなると、

テレキャスらしさが損なわれる感が無きしもあらず。

 

続いて、ヴィンテージ、70s初期のストラトに付いてたモノを。

今一、ピンと来ず、続いて、0.33、600V

先の0.22は、ちょっと行き過ぎの感あったので、

今日のところは、この当りが、ちょうどいい頃合、

気分転換かねて、しばらくこれで行くつもり。

  

まあ、微々たることではありますが、

これはこれ、趣味の一環、こういう楽しみ方もあるということで。

 

さておき、台風24号、京都地方は、

今のところ雨も降らず、むしろ、いい天気。

これから、どうなることやら、どなた様も、ご注意ください!


テレキャス コンデンサ交換

2018-09-30 | ギター・エフェクターほか

台風24号接近!

今朝は、7時前に起床、雨も上がり、日差しも出てる。

嵐の前の静けさ・・・。

 

さて、最近、メインで使ってるテレキャスター、

FJ最終期のモノで、入手して2年くらい、

作りもしっかりしてて、生音もよく鳴っている。

 

より、好みに近づける為、

ブリッジ、ピックアップの交換等、

今まで、あれこれ手を入れてきたが、

テレキャスっていうのは、構造がシンプルなだけに、

少しの改造でも、大きく変わるのが面白い。

 

今回は、コンデンサを見直すこととした。

現在、0.047MFD100Vを装着

押入れゴソゴソしてたら、ありました。

どれに交換しようか思案中。

 

ちなみに、手前のオレンジは、ヒューマンギア製、0.022MFDの600V、

その奥のオレンジは、同じく、0.033MFD600V。

 

本来、このあたりは、ハムバッキン用とは云われてますが、

どうなることでしょうか。では作業に入ります。

 

つづく


9.29 エフェクトボード

2018-09-29 | ギター・エフェクターほか

昨夜、寝る前、ほんの少しだけど、珈琲を飲んだせいで、

あまり眠れず、今朝も6時に起きました。

雨は、しとしと、嵐の前の静けさ・・・。

 

さて、過日、半分やけっぱち、訳あって、

ボスもマクソンも、予備のピックアップ、シールドに至るまで、

必要最小限、全部、売りに出しました。

(ちなみに、エレキも、ストラトとテレキャの二本のみ・・・。)

 

たくさんありましたが、残ったのはこれだけ。

 

次のライブは、これで行きます!(多分。)

(ディレイは、外すかも。)

2018.9.29 エフェクター


蘭丸さん

2018-09-29 | 日記的

'蘭丸’こと土屋公平さん。

 

元ザ・ストリート・スライダーズ(最近また、ハリーさんとのユニット再開!)、

麗蘭(元RCサクセション、仲井戸麗一さんとのユニット)EX・・・。

 

さて、例の、娘のダンスメイトのお父さん、

先日、レッスンの待ち時間に話す機会ありました。

 

ジャンルの話から、

「私、昔、ストリートスライダーズが大好きでした。」

なんてこと、言ってましたら、

「蘭丸さんなら、先日もお会いしたばかり。

5枚目のアルバム、プロディースしてくれたのも、

蘭丸さんなんですよ。」とさりげなく。

 

ちょっと、びっくり。

さすが、東京の事務所でメジャーデビューしてた人は違う!

と言うことは、これで私も、蘭丸さんの知合いの知り合い?

その内、どこかでお会いできることを期待して。

 


仮想通貨現状

2018-09-28 | 日記的

今年の初め、有り金はたいて投資したイーサリアム、

とめどなく下がり続け、今や、購入額の8分の1以下。

 

目先の欲に駆られ、バカなことをしたものだ。

儲かるどころか、借金だけが増えていく。

 

破れたスーツ、シミだらけのネクタイ、

伸びた靴下、今の俺には、それがお似合い。

 

もうすぐ10月。

心機一転、リセットしたい今日この頃です。


情緒不安定

2018-09-28 | 日記的

気温の急激な変化により、

自律神経が乱れ抵抗力が弱まることから、

ここ最近、インフルエンザが流行しているらしい・・・。

 

ふと、気づいたことながら、

友人、知人を無くすのは、毎回、この時節。

 

理由は、その時々あるものの、

何かに押されたかのよう、気分を取り乱してのこと。

後になって反省、後悔すべきことも、少なくない。

 

今回、インフルエンザ流行のニュースを聞いた際、

それも、自律神経の乱れから来る情緒不安定が、

少なからず関係してたのかと思った。

 

とは言え、自分の愚かさ、弱さ、脆さが招いた結果に変わりなく、

言い訳にも、弁明にもならないことは、自覚している。

 

人との関りが、益々しんどいこの時節、

金まわりの悪さが、これまた拍車を掛ける。


「私の信仰はギターを弾くことです」

2018-09-22 | 日記的

「私の信仰は絵を描くことです」とは、

孤高の画家、渡辺貞一さんの言葉ですが・・・。

 

さて、久しぶりに3人で音出しましたら、

何かモヤモヤしてたものが、

幾分、軽減されました。

 

身体的、経済的、それなりに色んなリスクありますけど、

出来る範囲、出来うる限り、続けていけたらと切に思います。

 

「ギターを弾くのは私の信仰です」

ということで(笑)


ストラト・ハイパスコンデンサ

2018-09-21 | ギター・エフェクターほか

久しぶりにバンドでスタジオ入りましたら、

やはり、一人で弾いてるのとは、異なります。

ギターの音はもとより、エフェクターの調整加減。

 

エフェクターは、趣味的に好きながら、

本来は、アンプ直結的、よりナチュラルな音を好むところです。

結局、コンプもディレイも不要、

オーバードライブがあれば、事足りました。

(ついでを言えば、ボスの音は、よくも悪くも、やはりボスの音。)

 

 

クリーンから歪み、アルペジオ~カッティング~ソロまで、

理想は、ギターの手元で調整できること。

 

こうなると、やはり、ストラトに限りますが、

いかんせん、ボリュームを絞るほどに音がこもるのが難点。

 

なにぶん古いギターにて、できうる限り、いじりたくないものの、

この際、ハイパスコンデンサを付けようか、

或いは、テレキャス手放して、実用的なストラトに持ち替えようか、

などと考えてる今日この頃です。

 

(その前に、残ってるギターのローンどうにかせねば・・・。)

 

購買欲が高まる季節、

どなた様もご注意を!


続 おかたづけ

2018-09-20 | 日記的

時折、無性に片づけたくなる時がある。

片づけ=処分。

必要最小限、今現在、使わないものを探しては、廃棄或いは処分。

夏が終われば、夏物、来年の夏のことは考えない。

 

普段着、仕事着はもとより、ステージ衣装も同じく。

クローゼットを処分したいばかりに、引っ越しの際、

ほとんど処分してしまった。

(いつ見ても、同じ格好してるのは、問題ではありますが。)

 

中でも、機材は顕著、ギター、エフェクター、シールド、

細かな部品に至る迄、ともかく処分を考える。

 

ただ、自分のモノは、いいのだが、

家族のモノとなると、そうはいかない。

妻子ともに、私とは全く逆のスタンスなだけに、

このへん、悩みどころではあるものの、

 

・・・私自身が、掘り出されないよう、気を付けます。


9.19 四条大宮~西院

2018-09-20 | 音楽活動のこと

過日、久方ぶり、妻の親族に会うのに、

むさくるしいのはまずいと思い、

髪の毛すっきり切りました。

 

いかにも、仕事上がりのサラリーマンながら・・・。

 

さて、純ロックバンド【うっちい・ミシェル&ノグチサトキ】、

昨日、9/18(水)、久しぶりの顔合わせ。

6月のライブ以来。

最初、音作りに少々手間取りましたが、後半は、絶好調!

(写真は、うっちいブログより拝借)

 

スタジオを終えた後は、一路、西院へ。

ちょうどこの日、「ウーララ」の飛入りデー。

軽い気分で参加したところ、本番さながら、

入念なサウンドチェックの後のステージとなりました。

 

飛入りとは言え、やはり、ステージはいいもの。

 

なんですが・・・。

色々ありまして・・・。

次のライブがラストになるかも・・・。

いずれにしても、以後、当面、お目にかかれない感じ・・・。

詳細は、あらためて・・・。

 

ちなみに、仲たがいではありません(笑)

 

そういうことで、11/4(日)和音堂、(見納め?)

くれぐれお願いしときます。


『ピカソ展』

2018-09-18 | 日記的

娘が通うダンス教室のポスターにて知る・・・。

  

連休最終日、敬老の日、周辺駐車場、どこも満杯。

ようやく停められたものの、

オリンピックに便乗か、各所とも駐車料金値上げ、

しがない勤め人には、困ったものです。

南北通路よりエレベータ前へ行けば行列。たくさんの人だかり。

エスカレーターにて、2~5F、

靴、カバン、スーツ、ネクタイ・・・昔はよく来た6F越えて、

美術館がある7Fへ。 

 

ピカソをじっくり見るのは、初めてのこと。

たくさんの作品。

中には、とてもシンプル、水墨画に通じるものがあったり、

著名な作品をピカソ流にカバーしてたり、 

目を引く作品ばかり、とても興味深く、見応えありました。

 

専門的なことは解らないなががら、 

その辺の勘違いジャンクアートとは、別次元。 

やはり、ピカソは偉大。

あらためて感じた一日となりました。

 

ピカソに興味ある人もない人も、

絵画、版画に興味がある人もない人も、おススメします。

(作品集:2,400円、欲しかった~、給料前にて断念。)

 

『フランス国立図書館版画コレクション ピカソ(版画をめぐる冒険)』

京都伊勢丹 美術館「えき」KYOTO にて


ギターの居場所

2018-09-17 | 日記的

ストレス解消には、片付けが一番なんですけれど、

ストレスがたまりすぎると、それさえ億劫になり、

このところ、散らかりまくっておりました。

 

明日はしようしようと思いつつ、日は経つばかり、

何かきっかけがないと出来ないもので、

九州遠征は、それがいい機会になったかと思います。

 

この三連休、ぼちぼち進めて、ようやく。

気分も、すっきりしました。

どなた様も、ストレス解消には、お片づけ、

おススメします。

マーティンD-28&フェンダーJテレキャスター

(ちなみに、ストラトは、1Fの寝室に)


ストラト抱いて

2018-09-15 | ギター・エフェクターほか

遠出してちょうど一週間、今日から、三連休・・・。

 

さて、ここ最近また、’66のストラト、よく触ってます。

 

これを入手したのは、今のバンドを組む少し前、

東京の楽器屋さんにて、現物も見ずに注文しました。

その頃、無性に’66のストラト欲しくて、

ある種、運命的な出会いだったように思います。

 

これまた、バンド同様、

こんなに永く同じギターを持ち続けるのは、初めてのこと。

 

以前は、よくスタジオ、ステージにと持参してましたが、

年代的にデリケートなもので、実用する機会は減りつつあるも、

大げさに云えば、アイデンティティの象徴、

自己の存在証明・・・、

実際、部屋で一人、つま弾いてますと、

まるで精神安定剤のよう、気分も和らぎます。

 

このギター持ってから歌うようになったし、

バンドにしても、曲つくりにしても、このギターに促されたのかなと、

思ったりもします。

 

・・・昨夜は、10時に就寝、

寝る前にほんの少しながら、珈琲を飲んだせいか、

4時に目が覚めてしまって、ストラト抱いて、たわいもないこと書いてます。

 

どなた様も、いい休日を

(お仕事の方は、お疲れ様です。)

では、また


私的三大ギタリスト

2018-09-13 | 日記的

子供をダンス教室に送った後、

ふと立ち寄った本屋にて・・・。

通常、三大ギタリストと云えば、元ヤードバーズの三人、

ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジですが、

今月号のギターマガジンの特集は、

プロ・ギタリストが選ぶ我が心の新3大ギタリスト!

 

これにあやかり、本日は、

京都の無名、アマチュア・ギタリストの私的三大ギタリストを。

 

先ず最初は、

ハリーこと村越弘明さん(元ザ・ストリート・スライダーズ)。

十代後半、最初に聴いた時は、衝撃的でした。

こういう弾き方もあるんかと、その後、永く一番の憧れでした。

 

続いては、

山口冨士夫さん(村八分~ティアドロップ期)

二十歳の頃、先輩に録音してもらった『ひまつぶし』

「プライベートカセット」を聴いて以来のファンです。

(次のライブ、その内の一曲をカバーしようかと思ってます。)

 

最後に、

やはり日本のギタリストと云えば、この方、

チャーこと竹中尚人さん

ジョニー・ルイス&チャー期は、特に好みます。

 

バンド名を「うっちい・ミシェル&ノグチサトキ」にしたのも、

それが由来。

 

・・・読んでたら、なにかフツフツしたものを感じながら、

涼しくなってきたし、ライブも決まったし、

そろそろ、始動します。どちら様も、どうぞよろしく!


男性更年期

2018-09-11 | 自分史

急に涼しくなってきた。

感傷に浸る季節・・・。

 

さて、このところ、体調、心境の変化著しい。

 

急に近くが見えにくくなってきたし、

会話やテレビも聞き取りにくくなってきた。

 

しかし、自分がそんな風になるとは、思ってもいなかった。

 

聴こえに関しては、必ずしも、音量の問題ではなく、

大きくしても聴きにくい声があるかと思えば、

小さくても聴きやすい声があったり、

対応できる周波数が狭くなった感じがする。

 

反面、ライブハウスでは、耳栓無しではいられないし、

日常、総体的にうるさく感じるのも、

耳の耐性そのものが弱くなったのかとも思う。

 

比例して、耳鳴りがきついのも悩みの種。

音楽活動を控えているのは、実のところ、そんな事情にもよる・・・。

 

味覚に関しては、以前より敏感になってきた。

舌が肥えたとか、味が解ってきたというのとは異なり、

むしろ、舌が痩せてきたというか、

これまた、聴こえと同じく、許容量が狭くなったのかも知れない。

 

お年寄りが味にうるさかったりするのは、

こういうことかと思う。

 

内面に関しては、先の事柄に同じく、

感受性が狭くなってきたように思う。

俗っぽいいい方をするなら、ワクワク感が乏しくなったし、

訳もなく、気分も晴れないし、行動力も低下、

人との関りも、益々苦手になっている。

 

書いてたらキリがないものの、

これが、いわゆる更年期というものであろうか。

 

自覚は大事だが、気分負けしててもいけないし、

ここらへんで、気分転換も必要かと思う今日この頃、 

どなた様も、お力添えの程、よろしくお願いします。