守谷市議会議員 - 佐藤弘子の市政ブログ

もっと住みよい守谷市へ

子育て、くらしの願いに全力で応えます!!

佐藤弘子のホームページを開設しました。

2009-07-13 14:31:34 | Weblog
このブログに替えて、佐藤弘子のホームページを開設しました。
7月以降の記事は、このホームページに掲載します。
このホームページのアドレスは、http://satohiroko.sakura.ne.jp/home/ です。
より読みやすく、親しみやすいものにしたいと思います。
皆様の一層のご協力をお願いいたします。
なお、このブログは、過去の記事を参照して頂くため、当分の間維持します。

2009年度住民アンケートのお願い

2009-06-14 10:05:18 | Weblog
皆様のご要望を市政に活かすため、2009年度住民アンケートを各戸に配布して、ご協力をお願いしております。
このアンケートがお手もとに届いていない方で、ご協力いただける場合は、ここをクリックしてダウンロードの後プリントし、ご記入のうえ、郵送またはファックスでお送り下さい。
郵送先・ファックス番号はアンケート用紙に記載してあります。

守谷市議会6月定例会議会の傍聴に行きましょう

2009-06-11 20:24:31 | Weblog
6月8日から17日までの日程で守谷市議会が開催されます。報告案件が8件、議案が 
14件審議されます。佐藤弘子議員の一般質問はこれまで本会議の市政に関する一般質問第3日目に行われてきました。今回も6月16日と思われます。議会のスケジュールは下記の表をご覧ください。友人、知人を誘っていただき議会傍聴にいきましょう。

守谷民報4月号を発行しました・・・3月議会報告

2009-04-30 21:16:33 | Weblog
常総広域ゴミ処理施設建設で守谷市負担分が補正予算で可決

守谷市3月議会では、注目されていた常総広域ゴミ処理施設建替えにかんする守谷市負担分の予算が否決され、21年度予算には組み込まれないことになりました。
 この修正動議が採択されたことは大きな成果で、日ごろの佐藤議員の活動が議会を動かしたものです。
 しかし、守谷市議会終了後の3月26日に常総広域事務組合議会が開かれ、結果は、九対二で原案が採択されました。四月一〇日の守谷臨時市議会では補正予算を組んでやり直しをされる事態になりました。ゴミ処理施設建設はこれで終わりではありません。施設の検証、安全性を求め推移に関心を持ち続けましょう。


公民館の民営問題…市の条例案を否決

今回の市議会に市が「公民館の設置および管理等に関する条例案」を唐突に上程しました。文教福祉常任委員会
では否決、本会議においても、委員長報告が採択されました。日本共産党は「公民館の民営化」に反対の立場です。
 四五の利用者団体の意見も聞かず利益を目的にする企業を参入させるものです。
「この方法を取り入れているところは、県内を見てもなく、本当に社会教育を市民の立場で充実させるものであるなら導入すべきでない」と佐藤議員も指摘しています。

守谷小改築で何が問題 ?…地元・PTA・市教委で話し合いを

守谷小学校の改築問題で、市教育委員会の計画に対して、PTA、地元自治会が計画の見直しを求めています。
佐藤議員は、①道路をまたぐ形の新校舎建設では職員室と教室が離れており、子供の安全管理が損なわれる。②市道(生活道路)が閉鎖され利用者に不便。③安全性確保の面で死角となる部分がある。として、PTAおよび地
元住民、保護者たちと公聴会を持つよう要請してきました。
 安全性、防災防犯面、文化財を残す意味を含め計画の見直しを市教育委員会に求めるものです。

住民要求が実現

①信号機の設置
 百合ヶ丘の岡田屋の交差点の信号機(現在点滅している)
②ベンチの新設と整備
 五八基のベンチが改修され、ま
た道路の椅子の設置も21年度中に行う。    
③妊産婦検診十四回実現
 これは国の基準に沿ったもので守谷市でも行う。

 山田みえ子の市政ウォチング②

3月議会傍聴記
 
これを読んでくださっているあなた!「反貧困」もうお読みになりましたか? 昨年暮れに日比谷公園の年越し派遣村の主催をした湯浅誠氏の「貧困襲来」に続く著書です。一度人生つまずいたら、どん底まで滑り落ちてしまう「滑り台社会」になりつつある日本、もう政治に無関心ではいられません!まずは自分の生活するまちの議会にでかけて私たちの血税の行方をチェックすべきです。
3月の不順な天候にも似た、定額給付金さわぎは国会から地方議会に至るまで、与野党の思惑が錯綜しています。そのうえ、西松建設疑惑が報道され、民主党の小沢党首の秘書の逮捕、自民党の二階大臣関係へと疑惑が広がり政界をゆるがしています。自民・民主の両党は国会ではダンマリです。これでは国民の理解は得られませんよね!
守谷市議会も伯耆田副議長のいきなりの退任からはじまり、投票による副議長選挙から本会議がはじまったが、ちょっと市民にはなぜ退任か読めない展開である。
そして会田市長の施政方針演説。これはぜひ皆様、守谷市議会のブログか守谷議会だよりで読むことをおすすめします。いや選挙で選ばれた市長の施政方針は最大重要なチェック事項です。傍聴席で聞いていますと、市長に直接何故なのかとかいつまでにとか、聞きたくなる事項満載です。しかし傍聴席では手も足も出せません。身近な市会議員に代弁してもらいましょう。

市民会館建設基金が廃止

3月議会でこれまで積み立てた市民会館建設のための基金を廃止してしまいました。
住民アンケートにおいても市民会館建設を望む声がたくさんあります。発展する守谷にふさわしい市民会館が必要ではないでしょうか。

 3月議会報告

守谷市議会第一回定例会は3月2日から17日まで開催されました。報告2件、議案38件が審議されました。3月議会は予算議会とも言われます。予算特別委員会では常総広域ゴミ処理施設建て替えに係る守谷市負担分6600万円は修正動議が採択され否決されました。またいわゆる「公民館の民営化」に関する条例案も文教福祉常任委員会で否決され、本会議においても否決を報告した委員長報告が採決されました。平成21年度の守谷市予算は歳入、歳出ともに168億円となりました。日本共産党は土木費偏重の予算に反対しました。


一般質問

緊急雇用対策を講ぜよ

佐藤 昨年12月議会で私はこの問題について伺いました。私は直接常総市の労働基準局やハローワークに行って、この眼で見、担当者にも話を伺いました。ハローワークを訪れる人はあふれ、一方で職員は不足し、休日も休暇も取れないと訴えています。市の対策を伺います。
答 市としては労働基準局とは連絡をとっていない。佐藤議員の言うとおりです。市では専用の窓口を設けてないが生活経済課で対応します。国の方策として①ふるさと雇用再生事業(民間、1年以上の長期)②緊急雇用(自治体、六ヶ月未満)があります。
佐藤 県でも知事が各企業に「雇用の安定確保を要請する」と答弁している。市でも専用窓口を設け、職業訓練を希望するものは全員受け入れ、授業料は無料にするなど、守谷市においてもセーフティネットを働かせて下さい。
民生委員の任務の徹底と研修の充実をはかれ
佐藤 守谷には九十名に近い民生委員がいるが、これは「名誉職」ではない。守秘義務など任務、責任、役割の明確化を図ってください。福祉社会において、民生委員は福祉の最前線に立たねばならないと思います。そのための研修の充実をお願いしたい。
答 厚生労働大臣の任命であり、地域福祉の向上、社会奉仕のためなど幾つかの任務と役割を持っています。もちろん守秘義務もあります。研修は年十回開催し、協議会の中に事項別の委員会を設けて会合ももっています。

介護ボランティア講座を頻繁に

佐藤 ヘルパーになって社会に貢献したいという方の支援策としてボランティア講座を頻繁に開いて下さい。講座により介護現場を良く知って、ヘルパー資格をとることが長続きすといわれます。息の長い介護福祉につなげる労を市はとっていただきたい。
答 平成20年には認知症についての研修に6名が参加しています。受講者は130
名に達しています。今後もボランティアの育成に努めていきたい。
信号機設置を早急に
佐藤 百合ヶ丘の岡田屋のところの信号機が設置されました。事故があってからは遅いのです。ひがし野の通学路、小林医院前はまだです。急いでください。
答 先の議会でも本町小林医院前と駅前八坂口の信号設置の話がでました。取手警察へも要請しています。

公園、ベンチの新設・整備を

佐藤 公園の便所やベンチの老朽化がはげしい。またバス停や道路にもベンチを、という市民からの要望もある。
答 平成20年度から10年計画で改修をすすめる。すでにベンチ58基を改修した。遊具についても国の補助があるので改修をすすめる。道路に椅子を設置することも21年度中に試みたい。

防犯対策、情報の共有化をはかる

佐藤 市長の施政方針にもあるように防犯対策は市民が最も関心を持っている。連絡委員の状態はどうか。タテ線行政のため防犯パトロールを担当する方々の「つながり」がないときている。
答 協議会や自治会関係の参加者は二十年度延べ四百八日。二二二七名と聞いている。防犯委員の増員は自治会と一体となっての加入者増加が必要です。今後パトロール隊やその他の団体とともに情報の共有化をしていきたい。

災害対策について

佐藤 昨年は、これまで経験したことのない浸水、冠水地域を見た。災害マップが必要ではないか。
答 昨年ゆれ(地震)マップを作成した。二十一年度も浸水対策に対応する。気象庁と連動して対応することも検討している。時間をもらいたい。

ごみ減量化について

常総広域ゴミ処理施設建て替え予算については修正案が通り守谷市の21年度予算には組み込まれませんでしたー

佐藤 生ゴミの分別収集でゴミを減らし、徹底分別でリサイクルする自治体があります。また私は埼玉県のストーカ炉を見学して来ました。守谷のストーカ炉は建て替えせずに十分延命できるとアドバイスもされ、確信しました。この間に建て替え見直しの議論は可能だ。生ゴミ収集と炉の延命について伺います。
市長 現在の処理能力は350トンです。国の方針で250トンでないと認めないこともあり、これに対応するには生ゴミを別に収集して減量することは必要です。また現在のストーカ炉は平成12年から13年に建て替えで決定している。その後ダイオキシンは部分回収でやってきた。例えばバグフィルターで回収するには数10億円かかると思う。

守谷農業振興策について

佐藤 私はたびたび守谷農業の振興を願う立場から市に対して地域農業活性化の方策を伺ってきました。市長も今回の施政方針で地域農業活性化について触れています。耕作放棄地,優良農地はどうなっていますか。
答 耕作放棄地は49ha、優良農地は主に水田ですが560haです。新規就農者は20年度はゼロでした。農業アドバイサーは20年度から3名就任します。農地利用について、佐藤議員が指摘した牛久市の例(企業の参入を受け入れる)は市が農地を借り上げて企業に貸し出すというものです。農地法上の特例です。新制度(農地改革プラン)は企業が直接農家から借り上げることになる。しかし優良農地を一般企業と地元の農業担い手が奪い合うことになってくる。バランスのとれたものにしなければならない。耕作放棄地増加の原因は「採算が合わないからだ」ということだ。―その他幹線道路沿いの市街化調整区域(市内では2626ha)と市街化区域に関連した開発の際の税の不公平性について質問しました。―

クレノートン跡地開発について

佐藤 この不況時に開発は如何なものか、開発に市民の税金投入は見直せという市民の声です。守谷駅前は駐車場ばかりで、将来の見通しがない。街づくりの基本が見えないということです。
答 この地域は総合用途開発地域でマスタープランがあります。三井不動産が土地を取得しています。松並の地権者も開発を希望しています。準備組合など開発に向けて調査しています。

3月議会での各議員の態度
(賛成:○、反対:X)



守谷民報 新年号を発行しました

2009-01-22 13:15:43 | Weblog
守谷民報 09年1月発行

ごあいさつ
 世界と日本の歴史の激動を感じながら新しい年を迎えました。
 昨年は日本共産党に大きな関心と期待が寄せられました。北関東ブロックの埼玉・茨城・群馬・栃木県のたたかいが、雇用でも後期高齢者医療制度でも、ムダな 公共事業をやめさせ自然環境をまもることでも、住民の運動と党の国会論戦の力によって大きく前進しました。みなさんのご奮闘・ご協力に心から感謝申し上げます。
いよいよ今年は総選挙の年です。
国民が安心して働き暮らせるルールある日本社会実現へ、いきづまった自民党政治を変える絶好のチャンスです。私たちは、「日本共産党の議席が増えれば必ず政治は 変えられる」ことを訴え、「北関東ブロックで1議席から2議席に倍加」するために全力でたたかいぬきます。
2009年1月
日本共産党北関東比例区予定候補 衆議院議員  塩川てつや
      同      (茨城県委員長)田谷たけお
日本共産党守谷市議会議員  佐藤 弘子

12月議会の結果

☆一般質問の項は、質問した議員は○、しなかった議員は無印
☆請願*1は「ミニマムアクセス米の輸入停止を求める請願」
☆陳情*2は「第3次ごみ処理施設更新についての陳情」
に対しての賛否
○は賛成、×は反対

山田みえ子の市政ウォチング① 12月市議会傍聴記

2008年12月10日開会の第四回守谷市議会定例会の初日から傍聴した。
さて、12月10日午前10時に本会議場傍聴席に入った。しかし開会が告げられた
のは30分も過ぎてからだった。民主主義の国なら開始が遅れてる説明放送あってもいいんじゃないかな、と思いましたよ。官から民への説明一切不要の国もあるらしいが。現代の日本もそうなりつつあるのかな? 
しかし守谷市の議会棟は、国会のようなりっぱな議場に完璧な空調設備、実に快適空間だ。これでは、真剣に市民の暮らし、政策を討議してもらわないと困る。  議員のみなさんは、通告順に又耒議長に指名され一般質問とやらを始めた。ほとんどの議員は今回の11月23日の市長と市議会議員補欠選挙の結果、議席獲得の会田市長と高梨議員に祝辞を述べた。祝辞言う必要あるのかな?疑問です。さて初日にもどるが、広域常総衛生組合の議員選びの投票がいきなり行われた。結果は佐藤弘子議員2票、山崎裕子議員1票、そしてなんとたった今議席を獲得したばかりの高梨恭子議員に16票という結果には、傍聴者としてはびっくりしました。新人議員にいきなり16人の票がはいるなんておかしな世界。 
そのあと、市長の所信方針が終わり、議長の質疑の発言を促す言葉に真っ先に「はい、議長」と溌剌と手を挙げたのは共産党の佐藤弘子議員。やっぱりね共産党か、最初は。最初が肝心なのです。傍聴席は面白い。

【市長の所信方針に対する佐藤弘子議員の質疑】    

佐藤 今回の市長選挙では、市民を無視した両候補者での空中戦、悪質不法ビラ合戦が見られた。我党(共産党)が一方の候補者を応援したなどの悪質な口コミ宣伝がなされ、大変な迷惑をこうむった。選挙管理員会は、このような選挙違反があったかどうか、どのように把握しているか聞きたい。
答 違法性が無かったとは言えない。
佐藤 市長は、水道料金の値下げを、市長選挙の公約にして今回当選されたが、多額の黒字がある中で年間六千円程度の値下げでなく、1万円位の値下げが来年度からすぐできるのではないか。
市長 企業努力をしてきたので、6千円位の値下げができるようになってきた。22年度から実施したい。
佐藤 子どもの医療費を無料にするという公約の中で「一部負担を除く」というのは、何のことか。
市長 自己負担分の600円を負担してもらうということである。
佐藤 所信表明の中で、街づくりが、障害者の立場に立ったことが触れられていない。障害者の施設の建替えが急務となっているが、建替えについての考えは無いのか。
市長 まだ報告できる段階ではないが、考えている。
佐藤 ごみ焼却場見直しについて触れられていない。機種見直しの考えは無いのか。
市長 先週、管理者会議を開き、今工事を中止している。コンサルト会社が倒産したため、作業と技術関係のコンサルを指名する予定である。
佐藤 今国会でも国民の間でも、自民・公明党の選挙目当てのバラマキ「定額給付金」が問題になっているが、市としてどのように対処するのか。
市長 詳しいことが国や県からもまだ来ていないので、なんとも言えない。

 12月議会報告
 平成20年度市議会第4回定例会が12月10日から22日の日程で開催されました。報告1件・諮問3件・議案15件・議員提出議案6件・陳情3件・請願2件が審議されました。陳情のうち、「公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する陳情書」は全会一致で採択されました。 補正予算が提出され、12 億6千3百44万円が補正されました。

佐藤弘子日本共産党市議会議員の一般質問の要旨は次の通りです。

【一般質問】
中小業者への融資保障について

佐藤 今年の年末は、不況の中で、守谷でも中小業者が大変な状況になっている。現在どのように対応しているか。また、信用保障料の利子の保証はどのようにしてきているか。さらに、融資枠の拡大の考えはないか。
答 茨城県信用保証協会保証の自治金融では、設備資金1000万円、運転資金500万円。振興金融では、2000万円の共同設備資金等の融資を行っている。市としては信用保証料0.8%の保証をしている。
佐藤 借りられた場合でも、先に保証料が20%差し引かれているが、そんな状況では業者は100%の対応ができなくて困っている。市が責任をもっ
て保障していくことは考えていないか。
答 20%差し引かれていることは知らなかった。現在の中では、国の制度を利用して対応していきたい。
佐藤 市でも独自に信用保証を作り、融資枠の拡大に取り組み、業者の相談に細かに対応していただきたい。

リフォーム条例の制定について

佐藤 私が前から提案していることですが、現在市内の中小零細業者に仕事が無い状況の中で、リフォーム制度は重要になってきている。近隣の龍ヶ崎市等では市民が市内の商工業者でリフォーム制度を活用し、3億円もの経済効果が出ている。守谷市でもリフォーム制度をつくり、市内のあらゆる業種の業者が少しでも仕事ができるようにするつもりはないか。
答 近隣の市でどのようになっているか調査してみたが、古河市、坂東市、つくばみらい市、境町、龍ヶ崎市等が実施している。古河市や境町は補助金を減額している。当守谷市では、近隣の状況や市の財政状況を考慮すると、今すぐに制度を作って実施することは考えていない。
佐藤 市内の中小零細業者は本当に仕事が無い状態がこの数ヶ月続いている。
今の状態の中では経済効果が大きいので、補正予算で至急考えていただきたい。

大型店舗撤退に、商工会等に働きかけてデリバリーシステムでの対応を

佐藤 みずき野団地のスーパーの撤退で、住民は毎日の生活で本当に困っている。生協なども対応しているが、それだけでは対応できない人も大勢いると聞いている。その人たちを救うための一方策として、デリバリーシステムを商工会とも連携して作ることは考えていないか。
答 商工会を通じて商工業者の意向を調整・打診してみたい。
佐藤 市が商工会・農協と連携して、公民館などの前に野菜の直売所を設置して市民が利用できるようにしたらどうか。
答 農協を通じて関係する所の意向も確認した上で、検討したい。

職員の労働衛生について

佐藤。過去5年間で、市の職員で休職している人はどのくらいいるのか。
答 休職は過去5年間で37名あった。内1ヶ月以上の休職は14名。1名が退職し、1名が死亡している。
佐藤 14名というのは少なくない数である。その中には1名亡くなられた方もいる。配置転換によるものではないのか。
答 配置転換によるものではない。
佐藤 市役所の中には、労働衛生委員会があるが、機能しているのか。
答 守谷市役所にもある。本人にも病院にかかるように勧めてきた。
市長 毎週水曜日はノー残業デーを設けて、環境を整えてきた。
佐藤 市の職員は約半分がパート労働者で、正規職員への仕事のしわ寄せが増えて、過酷な労働条件になっている。労働環境や配置転換などが職員の精神衛生上大きな負担になり、身体を壊すことにつながっているので、定員増も含め対応してほしい。

子どもの保険証を取り上げるな

佐藤 市内で保険証から資格証明書に切り替えられた子どものいる世帯が7世帯、子どもの数は13人もいて、医者にもかかれないでいる。児童憲章の点からいっても非常に問題がある。保護者が保険料を払えないといっても、子どもには責任が無いこと。教育長は、児童生徒に責任を持つ立場から、どのように考えているか。
教育長 それぞれの立場で検討しながら、保護者としての義務を果たしていく中で進めたいと思う。
答 本日の国会で(保険証の無い子どもの医療費を無料にする)法案が通り、4月1日から実施されることになったので、それで対応したい。国保税は納税が滞ると大変に難しいが、本当に困るようであれば窓口に来ていただきたい。
佐藤 窓口に行っても、保険料を払えない事情をこまごまと聞かれ、結果的に保険証から資格証明書に切り替えられたという人もいる。
答 相手方の話を聞いて対応している。よく話を聞いて、どうしても仕方が無いと言う人しか資格証明書を発行していない。

守谷の古代「ハス」を守れ

佐藤 守谷には、大賀ハスという古代ハスが群生していたが、住宅地が造成されるにしたがい無くなってしまった。そのことを知っている人が群生を取り戻したいと、株を増やしている。観光資源としてももっと計画的に増すためには市の取り組みも大事。
答 市で管理している池で2箇所生育している。敷地もあるので、市民が楽しめるようにしたい。

以上報告いたします。ご意見や質問がございましたら、「コメント」に書き込んでください。







日本共産党守谷東・西合同後援会新春のつどい、12月市議会報告会のお知らせ

2009-01-09 08:05:43 | Weblog
先日行われた市議会議員補欠選挙では、大変お世話になりました。日本共産党の山田美枝子さんも、急な立候補とはいえ皆様のご声援をうけて精一杯の訴えをして、今までの守谷市議会議員選挙や国政選挙では支持を頂いたことのない6196票という方々からの支持を頂くことができました。残念ながら当選することはできませんでしたが、3年後の市議会議員選挙での複数議席獲得にむけ大きく前進したといえます。候補者と後援会もそのことに確信をもって、すぐにでも予想される総選挙での日本共産党の躍進に向けて頑張るつもりです。
つきましては、市委員会と2つの後援会の共催で、以下のように新春のつどいを計画いたしました。 楽しい会にしたいと思っておりますので、万障お繰り合わせのうえご出席くださいますようご案内いたします。
ご 案 内

日 時  1月31日(土) 午後1時30分~3時30分
場 所  白寿荘 1F 第1会議室
(守谷駅西口、一寸先のやまゆり号バスターミナル
          1:00発→白寿荘着1:10のやまゆり号が便利です)
内 容 第1部 12月議会報告、
    第2部 新年会(山田美枝子さんのシャンソントークとビールとお酒
簡単なオードブル・乾き物等で楽しい企画を計画しています)
西後援会役員の承認、当面の行事計画など。
        *当日は10時より第1会議室を予約していますので、早めに来
てお風呂に入ったり、食事を摂ったりすることが出来ます。
会 費 1000円(当日頂きます)
        *当日突然おいでになっても結構ですが、準備の関係で新聞の集
金の方や誘った方へ連絡をいただけると助かります。
             45-5656丸町
または 48-7661杉山 でも結構です。

12月市議会のおしらせ 多勢のご参加を期待します

2008-12-09 13:54:54 | Weblog
守谷市議会 12月議会…みんなで見て・聞いてみましょう
12月10日(水)開会から始まります
先ほどの市長選挙と市議会議員補欠選挙の結果をうけて、12月10日(水)から市議会が開催されます。
市長が新しく再選されたことによって、市長の「所信表明」が行われます。また、会派の再編も大幅に行われ、補選で新しく選ばれた市議会議員の発言も注目されています。それらは市民の暮らしを守る自治体議会のあり方とは、大きくかけ離れているようにも見えます。みんなで見守っていきましょう。
予定は、以下のようになっていますが、その日によって変更もありますので、市役所の議会事務局に電話で確かめてからお出かけください。(電話は市役所→内線で議会事務局につないでもらう)
なお、一般 質問での佐藤弘子議員の発言の日時は10日に決まるそうですので、またお知らせいたします。
12月10日(水)本会議 市長所信表明 質疑 議案提案請願陳情上程
12月11日 (木) 本会議 原案への質疑 議案・請願・陳情委員会付託
12月12日(金)常任委員会(10:00~総務委員会)
12月15日 (月) 常任委員会(10:00~都市経済委員会)
12月16日(火)常任委員会(10:00~文教福祉委員会)
12月17日(水)本会議 市政に対する一般質問
12月18日(木)本会議 市政に対する一般質問
12月19日(金)本会議 市政に対する一般質問
12月22日(月)本会議 各委員会からの報告 質疑 討論 採決

佐藤弘子の9月定例会報告

2008-10-15 21:24:09 | Weblog
 去る10月4日、日本共産党守谷市委員会と同後援会共催による議会報告会を行いました。当日の参加者はいつもより多く感じました。それは今回の議会で、佐藤弘子が提出し、尾崎靖男、酒井弘仁、高橋典久各議員が賛同者となった「第三次ごみ処理施設建設決定の見直しを求める意見書」が、議会最終日に、賛成多数で採択されたこと、またその経過と問題点を市民の皆さんに理解していただいたことにあると思っています。
 さらに当日は、常総地方広域事務組合議員でもある、取手市議の細谷のりお氏が参加されごみ処理施設の問題でコメントしていただき、参加された皆さんも一層理解を深めたことと思います。
 議会報告として、私はゴミ問題のほかに、一般質問で守谷市の農業振興策と農業委員会の役割、再び守谷小学校改築問題(市道の廃道問題)、水道料金値下げを求める問題、茨城空港、消防署の広域化計画などについて市の考えを質したことを報告しました。
 私の一般質問で質したことが、今回の議会を傍聴された方、また当日の報告会に参加された方に共感され、有難く思っております。また参加された方々から意見や要望も多く出されました。
 「今日参加してよかった。市政に対する佐藤さんの姿勢が良くわかった」「私は高野地区から来たが、私の方の高野公民館でも報告会をやってくれないかな」「農業問題では後継者がいない」「ゴミ処理施設で近くでできた米は汚染米だ、自分たちで米を作ってもそれを食べないで、買って食べていると聞く」「薬師台の砂ほこりをなんとかして」「ごみ処理施設については地元では不満があっても何もいえない」「市民健診では多くの市民で混雑するので、誕生日健診(市民の誕生月に健診)をしたら」など、いろいろな意見や要望をいただき、さらに議会で多くの皆さんの要望に応えなくてはと思い、私自身が守谷市内を歩き、もっともっと皆さんのお役にたてるよう頑張っていかなくてはと思った報告会でした。

市議会9月定例会、議会報告会のご案内

2008-09-20 12:12:19 | Weblog
日本共産党 佐藤弘子の議会報告会ご案内
とき:10月4日(土)午後1時30分~3時30分 
ところ:守谷市文化会館(久保が丘2丁目、ユニーとなり)

決算議会と言われる9月定例会(9月6日から19日)。平成19年度の守谷市決算がどうなったのか?また補正予算に関する議案など28議案が審議されました。定例会の最終日、日本共産党が提案者となり、賛同議員3名による「第3次ゴミ処理施設建設見直しを求める意見書」が採択されました。さる3月、常総広域市町村事務組合がごみ焼却施設建設で、機種選定の決定や入札したことに対し、透明性、競争性などに疑義があり、見直しを求める意見書です。関係する自治体にも大きな影響を与えています。日本共産党の佐藤弘子議員がこの経緯について、また議会の審議、一般質問の内容などについて詳しく報告します。多くの皆さんのご参集をお待ちしています

佐藤弘子の市議会6月定例会一般質問(守谷民報7月号抜粋)

2008-08-22 15:45:21 | Weblog
少し時期はずれですが、6月定例会の一般質問の概要をお知らせします。

後期高齢者医療制度は中止・撤廃しかない

佐藤 この制度が四月から実施されて、全国から怒りが沸騰し、政府、自民・公明与党も見直しや言い訳など混乱が続いています。七十五歳以上を切り離し、①保険料を年金から天引し、②二年ごとに保険料の見直しで自動的に値上げする仕掛けで、③差別医療、具体的には外来、入院、終末期、挙句は葬儀代まで差別が持ち込まれます。予防面でも特定健診制度で七十五歳以上は健診から外す、がん検診、人間ドックも補助はしない。守谷市ではどのような取り扱いをするのですか。伺います。
市の答弁 医療給付費が相当伸びているということが、事の始まりというふうに思っております。削減していかないと世界に冠たる国民皆保険の維持ができない。そのことがこの制度のスタートです。軽々に廃止ということはいえない。
佐藤 本来長生きをみんなで喜べる社会でありたい。高齢者医療は無料にしていくのが政治のあるべき姿勢です。年齢で差別医療などというものは、いかなる理由でも許されません。また岡山県の例ではがん検診の補助をしているところもあります。自治体の裁量で七十五歳以上の方に特定健診、がん検診、人間ドックの補助をしていただきたい。

木造校舎、守谷小の改築について

佐藤 守谷小の改築について、基本設計をプロポーザル(公募性)にした理由および実施内容を公表して欲しい。また木造建築と聞いているがその理由は如何ですか。もくぞうの場合の耐震強度や防災対策について伺いたい。また県は県産材の使用を奨励しているが、仮に木造にしたとき、県産材の活用はどの面で反映されるのか伺いたい。つぎに守谷小は、ひがし野地区や駅周辺地区を学校区としているが、今後児童が急増する可能性がある。現在二十クラスの建築規模で間に合うのか伺いたい。二酸化炭素など環境問題に関連して、太陽光発電は実施するようだが雨水利用がされていないようだ。守谷中学校では設備されたが実際の利用実績は検証されているのか。いずれにしても守谷小改築にあたって地域住民、生徒保護者を対象に公聴会を開催していただきたい。
市の答弁 地元区長、副区長、PTA役員さんに学校概要、周辺概要説明会を行いました。建築検討委員会を立ち上げてお話させていただきます。

里帰り妊婦に健診補助を

佐藤 今年度から妊婦健診の公費負担が五回に拡充され、安心して健診を受けられるという、妊婦にとってうれしい第一歩の施策です。そこで伺います。助産院での健診にも公費負担を願うものですが、その取り扱いはどうなっていますか。守谷市内には助産院はいくつありますか。健診対象は里帰り妊婦も対象になりますか。
市の答弁 守谷市内には三施設があります。分娩を取り扱っているのは二施設です。里帰り妊婦健診は医療機関が守谷市と契約した場合には可能です。ある程度対応していかなければなならいと考えている。
佐藤 東京都の例ですと、里帰りお産を実施するところでは償還払いを実施しています。守谷市でも検討してください。

休猟区は全面禁猟区に

佐藤 守谷市内の開発が進み、禁猟区、休猟区の区別なく、市民が散策しています。猟銃による事件も全国で多く見られるようになりました。守谷市内の森林、雑木林、河川敷など安心して市民が散策できるよう、休猟区は禁猟区にしてください。
市の答弁 守谷は鳥獣保護区域と特定猟具の使用禁止区域と二地区の指定をしている。都市化の進展ということで見直しの検討を始めたところです。

学校給食の民間委託を中止、生徒保護者や住民の意見を聞け

佐藤 学校給食の民間委託を本年9月に実施するとのことだが、多くの市民も知らない、市民に知らせない中で実施すべきでない。平成十八年三月の守谷市「行革改革集中改革プラン」においても、学校給食の民間委託は平成二十年と二十一年の二ヵ年を検討期間としており、本年は実施年度ではない。生徒保護者や住民の意見を聞き慎重に検討すべきです。
市の答弁 施政方針にものっている。市のホームページでも取上げてありますし、アンケートの中でも、調理部門の民間委託に対する質問ものせているところです。

子宮頸がんについて

佐藤 子宮頸がんは、ワクチンによって発生率を抑えられると聞いている。市でも研究して欲しい。
市の答弁 検討したい。