satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

在庫消費

2019年03月15日 | Weblog
本を積んでおくだけでは”死ぬ”までに読みきれないので、できるだけ読んでしまおうと思っている。
花粉症なのか疲労なのか病気なのかとにかく体が重いので横になっていることが多いんだけど、そういう時に本を手にするようにしている。

おかしな男 渥美清 小林信彦著 新潮文庫

小林信彦という人の本を今まで読んだことがないし、どのような人か知らないんだけど、評伝とか人物伝が好きなので手に入れた本。
渥美清という人もよく知らない。
”寅さん”は一本も見たことがない。
見たことがあるのはテレビで「泣いてたまるか」ぐらい。
ただ永六輔がラジオで渥美清こと田所康雄のことをチラッと時々話したりするのを気に留めていた。
どんな人なんだろうなと。

書いてある事は基本的に「ふ〜ん、そうなんだァ」としか反応しようがないんだけど、例えば映画のシーンでのとらえ方などは、世の中便利になったもので、有中部などで確認することもできて、自分にはそうは感じられないなぁとか確認できる。
若い頃に同時代的に”生臭く”生きていた時の印象と後年関係性のない人間が感じる印象とはやはり異なっているのだろう。
例えば長山藍子がテレビ版寅さんにさくら役で出ているのだが、著者はさくらと寅との兄妹性に近親相姦的な匂いを感じる表記をしているが、2019年の今になって見てみると確かにベタベタした振る舞いはあるが、それが1969年当時に振る舞いとしてどうなのよとかわからないにしても、うがった見方じゃないのとか思ってしまう。
そもそもドラマとしてそういうシチュエーションだったのかよと思ってしまうのは、不自然なことなのか。ドラマって何から何まですべて作り込んであるんでしょとシロートは思ってるんだけど。
ま、当時25歳の長山藍子はかなりお色気を発していたのは確かだけれどね。
当時はそんなお色気には気づかず、むしろ色気の感じない人だなぁと思っていたんだけど、印象って受ける側で変わるもんですね。
著者はかなり長山藍子に”感じて”いたと思う。だからそういう方面に敏感になったんじゃないのかな。


大不況には本を読む 橋本治著 河出文庫
先が見えない時には自分の頭で考えろという話
コメント

途中経過を報告すれば・・・

2019年03月09日 | Weblog
本当はもう少ししてハッキリした段階で報告してお仕舞いにしようと思ったけれど、今日でだいたい見当がついたのでお世話になっている方々に報告をと。
一月末に定期検診先の医院から精密検査を受けよと言われて、これまで検査を続けてきたのですが、どうやら肺がんであろうと思われる影がシッカリと存在しています。
確定するには自費で10万円以上もする検査を月末にしてとなるのですけど、まあこんなものでしょうと考えている経過です。
二月の段階で、個人的には確定だろうと思っていたのですが、検査の順番として肺炎等の炎症も疑い、治療して結果を確認してなどと時間を潰していましたが、”活動”は保留にしてその間に「終活」にも取り組みつつ過ごしておりました。
”治療”には思う以上にお金がかかるため、仕事は相変わらす続けていますけど、これも”症状”が何も現れていないからでありがたいことです。
と言いつつ、年末ぐらいから口にもしていたひどい倦怠感が、検査の結果何もないことはないだろうと思わせるものだったので、ある種安心感もあります。「やっぱりね」と。
見た目は変わらないけれど、例えば目を閉じればマブタに感じる落ちくぼみとか、寝ても覚めても残る疲れとか、歩くのが億劫になってきた事とか、以前からの”違い”を感じることはありますね。
今月中は検査を続けて、その結果を見て来月から・・・という運びでしょうか。
ま、すぐにどうこうというワケでもないのですけれど、こんな状況なので撮影とかはきつくなってしまいました。

積極的ではないにしろ標準的な治療を受けて周囲には納得してもらうつもりです。
橋本治も死んじゃったしなぁ、というのが実は本音だったりしますけど。
コメント (2)

予定外の場所

2019年02月08日 | Weblog
最近は休みを取ってもなかなか疲れがとれなくて1日寝ただけではダルさが残ってしまう。
そのためもう一日寝たいのだけど、そうしていると撮影ができないので遅い朝を過ごしてから撮影に行く。
そうすると撮影時間が短くなってアップする動画の数が減り、頻繁に撮影に行かなくてはならず休む時間が削られるの悪循環。
最近は京王電鉄沿線を歩いているのだけれど、これは車窓からの街並みを見て、いつかいつかと思い続けていたのをやっと実現したのだった。
今日も京王線に乗って予定した場所へと向かったのだけど、ふと思い立って予定外の駅で降りた。
予定の駅へは歩いて行けばいいのだしと。
ところが降りた街が殊の外良いところで、撮影を進める事となった。
普段は予定の街の地図を持って、撮影した通りをカラーペンで塗りつぶして行くのだが、今日は予定外のため地図も持っていないし、予備知識もない。
そのまま歩き出して、目につく場所を歩き回った。
こういう場合、往々にして非効率的な歩き方になるのだけれど、そのぶん好き勝手に歩くこともできるわけで、「こんな街並みもあるんダァ」などと感心しながら楽しんだ。
が、気がつくと同じ場所を撮影していたりと記憶力の悪さに愕然とする。

明日から関東にも雪が降るというが(天気予報など信じていないけど)今日は比較的過ごしやすく、軽装で歩いたのだが暖かかった。
しかし膝と腰の状態は悪く、なんらかの対策をしないとなぁと。
おまけにスタビライザーも具合が悪く、水平が出なかったり異音がしたり、寿命と言ってしまえば電子機器の寿命の短さに嘆くばかり。
撮影終了後に床屋へ飛び込み短髪に散髪。
帰宅後急いで夕飯作り。
今日はうどんすき。
コメント

反動買い

2019年02月05日 | Weblog
思うように時間が取れないことへの反動なのか立て続けに”本”の衝動買いをしている。
本当は撮影機材をまとめ買いしなければならないのだが、まとまったお金がないので少額で済む本へと向かってしまう。
最近では電子書籍で
完全版 猪飼野少年愚連隊 奴らが哭くまえに 黄民基
’95~’98新・沖縄レポート 比嘉良彦
地図から読む歴史 足利健亮
世界大恐慌 1929年に何がおこったか 秋元英一
「日本人の神」入門   神道の歴史を読み解く 島田裕巳
「右翼」の戦後史 安田浩一

紙の本で
おかしな男 渥美清 (ちくま文庫) 小林 信彦
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫) アガサ・クリスティー
システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓(日経BP) 日経コンピュータ
トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか (プレジデント社)ケビン・メイニー
上海特電 アジア新世紀を読む人脈と金脈(小学館文庫)森田靖郎
戦後値段史年表 (朝日文庫) 週刊朝日
スキャンダルを追え!『噂の真相』トップ屋稼業 (講談社) 西岡研介
「事件」を見にゆく (文春文庫) 吉岡忍・・・これは以前にも買ったはず・・・
日本人ごっこ (文春文庫) 吉岡忍
やりたいことは二度寝だけ (講談社文庫) 津村記久子

てなものを購入したが、もちろん読む時間などそうそうなくて、「そして誰もいなくなった」だけは読み終えた。
コメント

知性の死

2019年01月29日 | Weblog
作家橋本治が死んだ。
PR誌ちくま2月号の連載が休載になっていたので病気の具合が悪いのだろうと案じていた矢先だ。
ガンの闘病中であった。
橋本治の”ファン”であったのは、彼の発想が自分の貧困な思考を正すものであったからだ。
と言っても、全面的に”かぶれていた”わけでもない。
最近のコラムなどには首をかしげるような言説もあり、さすがの”現代っ子”も時代に乗れなくなってきたのかと思うこともあった。
それでもこのくだらなく混迷した現代を分析する指標となる一人であった。
知性というのは無知を馬鹿にするものなのだが、橋本治の場合、その馬鹿にするわけを意地悪く解きほぐしてくれるので馬鹿な自分にもなるほどと納得できたわけである。
これがそこらにいる馬鹿が他人を「ば〜か、バ〜カ」というのとの違いである。
反知性主義という言葉の響きだけが好まれて知性や理性をすみに追いやって、銭儲けだけで世の中をはかるようになって、なんの儲けにもならない思想など劣等感を抱きこそすれ敬愛する必要性など感じない人も多いのでしょうが、そういう人もわけ知り顔でネットであれこれ言っているんだけど(自分もその一人だけどね)、やっぱりなんか腑に落ちない事が多いんだよね。
突っ込まれてひっくり返る言説など価値がないと個人的には思っているので、打たれ強い言葉を吐く人というのは貴重なんだよねぇ。
その一人が橋本治だったので惜しいのよ。
これからも続く乱世を今後も解き明かして欲しかったなぁ。
コメント