satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

知性の死

2019年01月29日 | Weblog
作家橋本治が死んだ。
PR誌ちくま2月号の連載が休載になっていたので病気の具合が悪いのだろうと案じていた矢先だ。
ガンの闘病中であった。
橋本治の”ファン”であったのは、彼の発想が自分の貧困な思考を正すものであったからだ。
と言っても、全面的に”かぶれていた”わけでもない。
最近のコラムなどには首をかしげるような言説もあり、さすがの”現代っ子”も時代に乗れなくなってきたのかと思うこともあった。
それでもこのくだらなく混迷した現代を分析する指標となる一人であった。
知性というのは無知を馬鹿にするものなのだが、橋本治の場合、その馬鹿にするわけを意地悪く解きほぐしてくれるので馬鹿な自分にもなるほどと納得できたわけである。
これがそこらにいる馬鹿が他人を「ば〜か、バ〜カ」というのとの違いである。
反知性主義という言葉の響きだけが好まれて知性や理性をすみに追いやって、銭儲けだけで世の中をはかるようになって、なんの儲けにもならない思想など劣等感を抱きこそすれ敬愛する必要性など感じない人も多いのでしょうが、そういう人もわけ知り顔でネットであれこれ言っているんだけど(自分もその一人だけどね)、やっぱりなんか腑に落ちない事が多いんだよね。
突っ込まれてひっくり返る言説など価値がないと個人的には思っているので、打たれ強い言葉を吐く人というのは貴重なんだよねぇ。
その一人が橋本治だったので惜しいのよ。
これからも続く乱世を今後も解き明かして欲しかったなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 恩送り | トップ | 反動買い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事