とうやのひとり言

山形県議会議員 佐藤とうや ブログ

県議会議員を引退

2018年12月02日 | 日記

 前々から自身で決めていた事なのだが、来期の県議選には出馬しない事にした。後援会との調整に時間がかかったが、乗り越える見通しがたった。
 世代交代がその理由である。3年前から30歳代、40歳代を中心に県議選へのアプローチを続けてきた。難関大学卒のJA職員、現役県職員、IT企業の社長、地域協力隊で山間地で頑張ってる人。私の近くには県議会で頑張ってくれそうな人の多い事に気づかされた。
 いきなり政治の世界に飛び込む不安は、どなたも口にされた。ましてや、退職して飛び込むリスクは想像を超えるものがあることも良く分かった。議員に年金がない事や、退職金もなく、ましてや若年で退職となると既存の退職金も少ない。そして知名度不足も手伝って、断る理由となってしまう。県政を担う青年が酒田・遊佐からも出て欲しいと今でも強く願ってる。
 周辺の酒田市議会議員とも何度も、何度も話し合いをした。しかし、結論には至らなかった。やがて新聞社からの取材攻勢も強まり、記事となってしまった。その後、ご苦労様でしたのねぎらいも多くあったが、お叱りも頂戴した。「私が立候補したいので応援して欲しい」と自宅を訪ねてくる人もいた。立候補する時よりも辞める時の難しさが身に染みた。
 県議会議員の責任は、選挙区の未来と山形県とどう向き合うのかにある。自分たちの地域の未来を背負うのは青年たちである。その方たちが、立候補しやすい環境を作る事も政治の担う大切な仕事である。
 若い人が手を上げてくれることを願っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 香港と山形県 | トップ | 気まぐれな冬の空 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (この辺りの者でございます)
2018-12-03 14:11:56
先日の山新で、先生のご勇退を知りました。本当に長い間、お世話になりました。僕は教員生活が長かったもので、卒業式、入学式になりますと、先生の祝電を頂戴して参りました。数多く届く電報の中で、何故か先生からの電報だけがほかの電報とは少し違って見えました。
それが何故そう見えたのか、最近少しずつわかるようになりました。ふるさとを思う心と志を大事に次代の人を育てるようにと、先生は誰よりも強く願っておられたからなのですね。
もしかしたら、一住民、一爺となられた時の先生の生き方やお話を聞くことの方が、僕は楽しみにしていたのかもしれません。
でも、これまで本当に本当にありがとうございました。これからも、どうぞこれまでに増してたくさんのお考えを聞かせてください。
Unknown (読み人知らず)
2018-12-05 09:59:12
正直なところ残念です。佐藤県議の取組(地域振興や難病支援)、目的達成のための整然とした理論とブレの無い対応(多少強引なところも)、芸能界まで広がる幅広い人脈、相手に対する暖かい心遣い等、地域を想い人を想う見識・信念に畏敬の念を持っています。また、問題の所在と対応方向を示してくれるこのブログを楽しみにしていました。任期はまだ十分にありますので、「お疲れ様でした」は、先延ばしにします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事