とうやのひとり言

山形県議会議員 佐藤とうや ブログ

育苗ハウスの温度データはスマホで

2018年05月12日 | 日記

 今年の育苗ハウスに「デジタルIN-OUT温度計」を取り入れた。時代遅れと笑われそうだが、棒状温度計と一般的な温度計で床土温度とハウス内温度を見ながら、温度管理をしていた。瞬時に変化する温度を観測するには、温度計まで出向いての計測である。それも、なかなか読みづらく大変だった。
 大型画面のデジタル温度計は、ハウス内温度と3mほどのリード線の先のセンサーで床土の温度とが同時に計測できる。刻々と変化する温度を大きいデジタル文字での表示はとても見やすい。床土とハウス内温度の傾向は違うので、相関関係も分かった。それも十分の一度まで表示され、温度の上下傾向も矢印で知らせてくれる。一日の最高最低温度も記録されており、日付とともに記録に残す機能もついている。
 JA庄内みどりの広報誌に、スマホを使ったハウス温度の確認装置を開発し、試験運転中との記事があった。それによると、温度計と水位計を搭載しており、5~10分間隔の計測データをLTEサーバーに送り、指定のURLにアクセスすると、スマホやパソコンで、遠隔地でハウス内データーが得られるというもの。なるほどである。やがては、ハウス管理はコンピューターに全てを任せる時代になると予感した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 子どもの日 | トップ | 竹久夢二の世界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事