とうやのひとり言

佐藤とうや ブログ

ジェットスター安さの秘密

2019年08月06日 | 日記

 庄内空港初のLCC定期便、成田行きが運航開始された。当初、知名度不足から予約率が悪く、知事から「誘致に頑張ったのに、庄内地域はどうしたの」と叱られ、私自身も行動しなければと予約した。  

 初飛行便はイベントもあり、満席との報道があった。私の予約はその2か月前である。私たちは3日庄内発、5日復路の予約をした。初めてのネット予約なので戸惑いもあったが、何とかクリアして決済も済んだ。ペーパーレスは物象がないので、真偽に不安が残る。メールで送られてきた予約ナンバーだけが頼りである。  

 しかし、搭乗1週間前から予告のメールが入り始めた。手荷物の予約や座席指定、飲食物もすべて料金が掛かる仕組みだった。1時間だけのフライトなので、座席指定だけで済ませた。  

 当日、庄内空港で発券機に予約ナンバーを入力すると、搭乗券が出てきた。全て自分の事は自分ですることで、人件費の節約を図る戦略に見えた。館内放送もあまりなく、搭乗口の電光掲示板に機材の遅れで40分の遅れが表示されていた。飛行機は40分遅れでフライトした。飛行機到着から40分程度で、離陸する早業にも驚いた。

 成田に到着すると、到着ロビーまではテント屋根の着いた空港ビルの外側の通路を歩かされた。これも経費節約と思われた。座席の間隔だけではなく、すべて節約された上でのLCC料金と感じた。  

 東京駅までは高速バスで1時間、機内料金900円で普通1000円である。スカイライナーは約40分で2200円だった。料金が革命的な安さであることは間違いない。

コメント   この記事についてブログを書く
« ジオパーク飛島の散策 | トップ | 鳥海ブルーライン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事