とうやのひとり言

山形県議会議員 佐藤とうや ブログ

滑走路2500mで機能拡充を

2018年09月24日 | 日記

「東北で2500mの滑走路が無いのは、山形県だけ。山形も庄内空港も2500m滑走路の実現をを目指したい」インバウンドや観光客誘致の目玉政策として、山形県の吉村知事が打ち出した。
 それを受けて、庄内空港の機能拡充が、いかに観光や地域産業の振興に役立つか、その理解を深めるために鶴岡でシンポジュウムが開催された。基調講演はANA総研の岡田晃社長と、国交省航空局奥田薫空港計画課長だった。
 岡田社長は、インバウンドが激増する中で、そのコースの中心は、東京、京都のゴールデンルートに偏っている。沖縄や北海道なども多いが、庄内は外国人旅行客が少ないホワイトスポットとなっている。だからこそ可能性がある。庄内田園リゾートとして売り込むのも、ひとつ方向性である。国内にいくつかのホワイトスポットがあるが、そこの開発無くして、増え続ける外国人観光客の受け入れは出来ないと述べた。
 奥田課長は、費用対効果という面では、非常に難しい。2000mと2500mとは、どう違うのか。頑張ってる空港をどのように支援できるのか見極めていきたい。隣国受け入れに頑張っている佐賀空港がお手本になると思う。可能性は庄内空港のように見えるが、県管理の空港なので、県と一緒に考えて行きたい。
 2500m滑走路は、年間搭乗者数が50万人以上と言われている。高いハードルではある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 希望ホールに山響が響いた | トップ | 日東道のミッシングリンクに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事