とうやのひとり言

佐藤とうや ブログ

県議最後の日

2019年04月29日 | 日記

 私にとって県議会議員最後の日となった。天気は快晴、さわやかな春の風が心地よい日である。特別な感慨はないけれど、洪水のように流れてくる山形県からのファクスがピタッとと止まると淋しく感じるものだと、先輩議員から聞いている。たくさんの労いの言葉や花束も頂戴して、ありがたく、ただ恐縮の限りと思っている。  

 昨日は、事務所を閉める片付け作業を仲間の皆さんと一緒にやった。軽トラック3台に20年間の荷物が積み込まれた。思いがけない写真が出てきたり、パソコン、机、椅子、畳、カウンターなどは処分をお願いした。各地に立っていた野立て看板の撤収や、事務所前の看板も専門の方から消してもらい、事務所は大家さんに引き渡して全てが終わった。  

 夜は、20年間応援し続けてくれたコアな皆さん15人と慰労会をした。振り返ってみれば、20年もの間変る事無く、後援会を引っ張ってくれたからこそ、私が自由奔放に活動できたとつくづく思っている。  

 会報部は、51号のを発行で千秋楽となった。青年部長は還暦を迎えたと笑っていた。ブログくらい書けよと言った方が仙台から駆けつけてくれた。ブログは724本になった。  会報委員会は会議が終わればひたすら酒席に変わる。口もうるさいが、味にもうるさいシェフもいる。写真を撮り続けてくれた方。聞き上手の方の判断も正しかった。見た目ヤクザっぽいが実はやさしかったり、会社派遣の仲間も同じ気持ちになれる面白さがあった。  事務局も自分を含め、うるさい仲間にに耐えてくれた。

「終わり良ければ全て良し」悔いのない議員生活が送れた。皆さんに感謝である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自民党に除名申請 | トップ | 平成から令和に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事